ユーティリティカスタム サンプル

緊急事態宣言の延長が決まりましたが、

さすがにこの天気では人が出てもしょうがない。


季節の変わり目に動くなって無理です。

店が開いてればそこに人は集まるし、

人の集まる街に人は集まる。


とにかく人に会わない事で、いろんな可能性を減らせるなら

移動は最小限で何とか頑張りましょう。


そうは言っても

オリンピックやるんでしょう。

私はスポーツが好きです。

関係者さん達の努力や苦労もとてつもないでしょう。


でもやらない方が良いでしょ。

どう考えたって今じゃない。

なので私が決めて良いなら

2024年のオリンピックにスライドさせてもらいたい。


選手は悔しいでしょう。

でも今じゃないんですよ。


そもそもワクチンの接種が全国民に終わってるならまだしも、

我々の順番なんて夏以降でしょう。


完全無観客なら商売として成立しないから

お客さんも入れるでしょ。

平和の祭典だと思っていたオリンピックはけっきょく大きな商売。

関係者の皆さん、好き勝手言ってすいませんですが

今はそんな時じゃない。


そんな悲観的な感じなのかと言われればそんな事もない。

今しか出来ない事を一生懸命やってるから

つまらない人生だとは思っていない。


このコロナになってからの1年以上の時間を

ただ座っていたらなそうかもしれませんが、

思いっきりもがいて、やれる事をやってきた。


だから技術者としてのレベルも下がってないし、

今しかない感覚も自分なりに理解してる。

なのでここからのアイテムの完成度はすごく良いと思います。

IMG_5015.jpg

いくら技術や感性が向上しても、

娘の成長スピードにはかなわない。


もうすぐ2歳になりますが乗らせて見たらストライダー乗れました。

もちろん下手ですし、飽きちゃってすぐにやめる。


それでもスポンジのように色んな物、事を吸収してるのを見ると

まだまだ私も頑張らねばと思わせれる毎日です。


これで「直し屋クルー」が増えたので

英才教育していこうと思います。


ちなみにこのストライダーは普通のバージョンではなく、

軽量化されてるプロってやつでアルミフレームです。


わんぱくになりすぎないようにマルーンのメタリックにしましたが

1年前に買ったので今なら違う色にしたなあ…

ストライダーの改造を始めたら仕事しなくなりそうです。

IMG_5019.jpg

私のストライダーは簡単に改造できません。

ポン付けパーツも少ないし、純正ルックを残したまま機能を向上させる

やり方で乗ってるので見た目の変化はこの3年でほぼありません。


今年は輸入新規3年車検の最終で6月には車検です。

このバイクに関わるアイテムの販売も何かできればと思っています。


売れないでしょうがそこが狙いではなく、

変なのが好きな人っているのでその人達と何か楽しみたい。


からの今、ユーティリティ作ってます。

毎年3月には春のシャツとしてコンプリート製作してますので

今年も昨年はそこまで作りこまなかったってスタイルを

表現したいと思っています。


それは販売用として作りますが

これはお客さんからのオーダーでうちっぽい感じに仕上げました。

IMG_5020.jpg

民間の2ndをベースにしたかっこいい感じの1枚。

ティンバーの右胸付けのお手本みたいな構成です。

IMG_5021.jpg

良いですね。

見事なバランス。


今シーズンはこんな感じで

ティンバーを主役にしたカスタムを作る予定です。

IMG_5022.jpg

全て当事者で構成しています。

とにかくユーティリティはバランス重視で作りますが

綺麗にまとめるのも良いですが、

ちょっとだけ外すのも好きです。

IMG_5023.jpg

外しはセンスが問われる。

ダサいのと、バランス悪いのと、外しすぎちゃうのはさけたい。

IMG_5024.jpg

なのでとにかくバランスにこだわって作ります。


おおよそですが2〜3万円の予算をいただけると

ボディ、加工、パッチでほぼ妥協なく製作する事ができます。


とんでもないパッチ付けると話は別ですので

その辺はお気軽にご相談ください。



からの最後。

IMG_5025.jpg

久しぶりに取材していただきました。


この数年、ファッション誌の取材はお断りしています。

一人なので対応できないし、

これ以上の作業依頼はすでに依頼していただいてるお客さんに迷惑がかかる。


なので3年以上は受けてませんでした。

ライターさんのページ稼ぎ程度で取材されても伝えたい事が伝わらないし、

そもそもその程度の記事に魅力があると思ってない。


なんですが今回は修理も受けてないし、再開も未定。

それをちゃんと書いていただけるならって事で

主にジーンズ修理ではない話をちゃんとさせていただきました。

IMG_5028.jpg

さすがポパイさん。

ちゃんとしてます。


なんでもそうですがノリとか、雰囲気とか、何となくとか、

歴が長いとかそんな理由じゃないちゃんとした素晴らしい雑誌。


今日、届いたので発売はたぶん来週でしょう。

最後の方のページに載ってますので

興味を持っていただけたらお買い求めください。


雑誌の売れない時代ですが

ちゃんとした物はちゃんとしてます。


良い物は良い。

当たり前ですが、今のご時世では一番難しい事かもしれませんね。


みなさん、良いものだけを吸収しましょう。

幾つになっても人は成長できます。


12周年イヤーも信念曲げずに自分が良いと思ってる物だけを

ちゃんと扱う専門店として活動していきます。


今日のブログなげーな…

終わり




2021..06 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

今月の予定

やっと終わりました。


昨年の3月末でオーダーストップしてほぼ1年。

少なく見積もって200本以上の作業がありましたが

昨日でレギュラー修理が完了しました。


と言っても

まだ終わってはおりません。


ここからは1つに100時間くらいはかかるような

地獄のカスタム系作業が待っています。


レギュラーのジーンズ修理が終わっただけで

その他みたいな作業も数件ある。

今月はそれから終えていきますのでお待たせしてる

数名の方、しばしお待ちください。


さて、多くの方が待ち望んでるであろう

直し屋2021年 最初のオリジナル商品が今月から販売となります。


3月の予定としては

新作のカットソーです。

すでに店頭にサンプルがあるので見た方は数名いますが

かなり反応が良いです。


個人的には「アコーディオン」以来の

大爆発もあると思っています。


それと超個人的なアイテムが超少量で販売します。

超個人的すぎるので売れなくても良いと思っていますが

すごくかっこいいので反応あれば増産というか、

定期的にリリースしても良いと思っています。

これは日本人よりもアメリカ人に人気がありそうな気がします。


それと4月に間に合わなければ秋に作ると以前も書いた

「デニムシャツ」がついに形になりました!


工場へのスケジュール確認で今月の最終週と言うか、

4月の1週目に間に合うとの事でしたので今春リリースします。


一昨年のシャンブレーシャツがものすごい反応でしたので

それに負けずとも劣らない感じになると嬉しいです。


と言ってもこのご時世。

来客も少ないでしょうから通販のみで

どれだけの方に欲しいと思っていただけるか未知です。


かなりの時間と知恵とテスト的な挑戦も詰め込んだ

問題作である事は間違いありません。

他で余計なお金は使わずにしばしお待ちください。


それ以外は1点ものカスタムです。

ユーティリティシャツがけっこうあるのでコンプリート作ります。


それとストップしてるポーチJKTの

スペシャルカスタムも仕上げて投入します。


こんな感じで通常のジーンズ修理が終わり、

やっと気持ち的にも解放された気がしています。


修理の再開は現状、未定です。

修理屋を辞める訳ではありませんが、

コロナの状況を考えると年内は再開しないと思います。


そのかわり手作りのアイテムリリースが増えます。

完全な自給自足アイテムも楽しみにしてて下さい。


1点物はいきなりリリース。

それ以外は製作の過程なんかもブログに書こうと思っています。



さて、作業に帰ります。




2021..05 その他 comment0 trackback0

完全に忘れていました

昨日、カレンダーを見て 

ふと 思い出しました。


3/1ですから周年です。

12周年イヤーに突入しました。


去年の今頃はたまった作業に追われすぎて、

周年記念アイテムの製作もやめました。

今年は考えてもいませんでした…

最近はただただ作業をしてるだけです。


コロナってやつがクルーズ船で蔓延したニュース見て、

マーズとか、サーズみたいな感じだと思ってました。

まさか世界規模でこんな事になるとは思っていなかったですよね。


なんて終わった事を言ってもしょうがない。


今年と去年の大きく違う事は

「全く何だか分からない恐怖」→「少し分かってきた脅威」

って事です。


昨年の3月から修理をストップし、

人との接触を最小限にした営業スタイルに変更しました。


あの決断は正しかったと思う。

私も家族もストレスはありますが無事な訳ですから。


感染する事よりも、感染させちゃう恐怖と毎日戦っています。

完全な鎖国は店の終わりを意味するのでこれがギリギリの戦いです。


穴を直してって言われて、

分かりましたで終わるような仕事をしてるつもりはありません。


何で?どうして?どうするって話を

現物みながら出来ないのであれば

自分のスタイルは出来ない。


自分のスタイル変えてまでやる仕事じゃない。

そんな仕事するくらいならやらない。

極端ですがそう言う性格です。


半ば強制的にではありますが、

数年かけてシフトしていた物作りメインの

営業スタイルになりもうすぐ1年です。


アポイント制でお客さんのバッティングをしない。

これで生活する事が出来たのは全て皆さんのおかげです。

本当にありがとうございました。


昨年をしのぐ事が出来たのは大きな経験です。

ジメジメ、グズグズした事もありましたが

今は完全に開き直っちゃった。


色々を捨てた訳ではありません。

覚悟を決めちゃっただけです。

こうなると強いと思う。


私は天才です。


これまでにいなかった分野の事を仕事として成立させ、

好きな物作りをして生活できたんですから

天才である事は間違い無いでしょう。


でも残念ながら才能はありません。

センスもありませんし、

研ぎ澄まされた感性も生まれ持っていません。

たくさんの失敗をして、失敗からしから学ぶ事が出来ません。

なので残念ですが才能はありませんでした。


始める事よりも、続ける方がはるかに体力、気力、精神力が必要です。

足踏みしながらも、前に進んでる自覚があるので天才と言わざるをえないでしょう。


今年はこれまでの物作りよりも階段を1段登ります。


修理を受けないから作れた時間で

小さな脳みそをフルに使い、無い感性を研ぎ澄まし、

自分の好きなカルチャー、スタイルを落とし込んでます。


修理で得た知識を元にした新しい構造は

これまでの作り方では表現できない新しいステージです。

これまでもそうですが、今年はさらに1歩踏み込みます。


トライしてもエラーの方が多すぎる。

1アイテムを形にするのに1年以上かかってしまった物も多いです。

そうやって販売まで辿り着いたアイテムはすごいと思います。


12年だからって何も変わりません。

今までと同じです。

自分が満足できる物作りをするだけです。


修理の再開は未定です。

修理屋をやめるとは言いませんが、

この状況って無理でしょ。

今までみたいにならないと再開は無理だと思っています。


ワクチンが鍵なんでしょうが、我々の順番なら夏以降でしょうから

一番動ける年代の行動、移動がある以上は無かった事にするのは無理でしょう。

なので今年も修理の再開は無理だと思っています。


と言う事で今年も完全アポイント制の物販のみ。

このスタイルで営業いたします。


井の中の蛙は井戸の中だけで成長します。

大海に出るつもりはありませんし、出るつもりもございません。


非常に保守的なスタイルですのでバズる事もないです。

物好きの専門店の存続は皆様に委ねられました。


ワクワクするような物作りをしますので

引き続きサポートよろしくお願いいたします。


さて、3月の修理に帰ります。


2021..02 その他 comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 03
2021
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -