50th LANGLITZ LEATHERS COLOMBIA

10月から数枚のスペシャルライダースで店頭を飾っておりましたが

やはりスペシャルは動きが早いですね。


ブログで紹介する前に巣立った物も多数ですが

本日もスペシャルライダースを店頭へ。

DSC_0273_201612061247016bd.jpg

LANGLITZ LEATHERS 「COLOMBIA」 50周年記念タグ

20年前の50周年記念タグが付いたコロンビアです。

表記サイズは41と書いてありますが実寸は38インチくらい。

38か40インチを普段着る方に良いサイズで袖丈、着丈からすると

175センチ以下の身長の方に合うと思います。

DSC_0277_20161206124701934.jpg

コンディションは説明不要でしょう。

20年前のモデルからすればバキバキです。

DSC_0288_201612061246598ff.jpg

革質も素晴らしい。

60年代のモデルはどうしても革の匂いも出てくるし、

日常着にするには考えてしまいます。

DSC_0287_20161206124659a3b.jpg

数十枚見てきましたが吸い付くような質感、風合いを考えると

日常着に着たいのはこの年代。

この年代が一番クセのない良い革だと思う。

DSC_0299_2016120612474686e.jpg

フロントジッパーはスコービル。

これが付いてると80〜90年代の可能性が高いです。

DSC_0292_20161206124658c3d.jpg

袖はタロンの扇型。

現在はレプリカが使われますがこの時代は

デットストックが使われています。

DSC_0294_20161206124748805.jpg

キャスケードはガゼットが開きでコロンビはクローズ。

ジッパー閉めた時の防風性はこちらの方が高いです。

DSC_0283_20161206124700305.jpg

ポケットも袖と同じくデットストックのタロン。

ジッパープルも同じレザーで編まれている。

こういうのが嬉しい。

DSC_0301_20161206124746166.jpg

3ホールのサイドレース。

お子様が着たって似合わない。

大人のおじさんが着るからかっこいいんです。


インナーの種類でサイドレースを調整すれば

着心地も良いし、ジッパーの差し込み口も傷みにくい。

DSC_0308.jpg

この仕様は腰の安定感も出せるので

長時間のライディングを考えると嬉しい。

DSC_0303_201612061247454fc.jpg

美しいですね。

ラングリッツは背中のカッティングが抜群に美しい。

DSC_0310_201612061248017c6.jpg

それを生み出すのは袖先〜背中のヨーク〜袖先へと

ステッチが一直線に結ばれる縫製的にもかなり難しい事を

当たり前のようにやってるからすごい。

DSC_0312_20161206124801d4b.jpg

肉厚のレザー、裏地を使えば着心地が悪くて当たり前ですが

着心地も良いのがラングリッツのすごいところ。

アクションプリーツの作り方と袖の作りが抜群に上手で

ショットやラングラーのようにアクションプリーツが開いて

かっこ悪い何て事にはならない。

DSC_0296_2016120612474715f.jpg

タグに書かれる50周年の文字。

完全ハンドメイドのファクトリーブランドが作り出す

世界で一番すごいライダースをご堪能ください!


ショッピングページ


確認お願いいたします。


明日は水曜なので休みです。

2016..06 SALE comment0 trackback0

LOW SPEED RACING ストック減ってます

完成してから毎日愛用していますが良いです。

自分で欲しいから作ったので当たり前ですが

カッコつけすぎてない感じが好きです。


DSC_0194_20161203125805b3f.jpg

サイズ切れもかなり出ていますが少しでも興味のある方は

店頭に袖を通しに来てください。

DSC_0205_20161203125803020.jpg

リブ付きのウインドブレーカーでアメリカ製ですから

アメリカの匂いがプンプンします。

DSC_0177_201612031258071d9.jpg

すでに増産希望の連絡をいただいているのですが

かなり珍しいボディを使っているのでボディの確保が難しい…

確保できたらその分だけ作るかもしれませんが

今後の展開は未定です。

DSC_0192_20161203125805549.jpg

本当はウインドブレーカーなんて雑着だから安価にしたかったんですが

アメリカ製のリブ付きボディを確保して、デザイン作ってもらって、

シルクスクリーンで手刷りしてもらって、生産枚数も少ないとなると

正直この値段でも赤字覚悟…


ショッピングページ


確認お願いいたします。


2016..05 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

LOW SPEED RACING ストックまとめました

昨日からゲリラ的に販売開始した

「LOW SPEED RACING」のウインドブレーカー

大好評ありがとうございます!

店頭とショッピングページのストックをまとめました。


ベースにはリブ付き&肉厚のシェルのUSA製ウインドブレーカーを使用。

アメリカでもなかなか売ってないような特殊なボディなので

草レース等も盛んだった70年代を感じるウインドブレーカーに仕上がりました。


一般的なアメリカ物のウインドブレーカーよりも倍以上の価格がしますし、

何よりもボディの確保が難しい…

プリントはシルクスクリーンの手刷りなので古き良きアメリカの物作りを

この現代で行うってのがこだわりです。

アメリカで売っていたら大量に買い込みたいと思えるアイテムが出来ました!


販売用のアイテムとして制作したら2万円以上付けねばならない

高コストになりましたがプライベートラインなのでギリギリの価格です。

自分が着たいから作りましたので興味のある方は是非ともお付き合いください。

DSC_0201_201612031258041ce.jpg

アウター的なキルティング入りモデルと、

いわゆるウインドブレーカーの2タイプ。

DSC_0186_20161203125806c84.jpg

左の2枚が普通のタイプで右の2枚がキルティング入り。

普通のタイプは3シーズン着用可能な万能アイテムで

キルティングは秋と冬用です。

DSC_0235_20161204124339b4a.jpg

何回写真を撮っても群青色の色味が出ない…

全く表現できないので現物を見に来てください。

DSC_0241.jpg

直し屋といえばネイビーって事で2パターンあります。

この時期は特にキルティングがオススメ。

昨日、これ着てバイクで帰りましたが寒くない。

暴風、防寒性は実証済みです!

DSC_0239_201612041243370bd.jpg

のろまな亀が背負ってる物の大きさ…

通好みのデザインになっております。


ウサギとカメをもじってるので甲羅にはプレイボーイ。

DSC_0213_20161204124340163.jpg

背中には大きなロゴマーク。

ロンTもそうですが背中に大きめのプリントが好きです。

DSC_0218_201612041243367fd.jpg

現物はこの色味が近いかな。

群青系のネイビーに焦茶じゃなくてオレンジ系のブラウン。

色味出しは普通の色味を使わないのがうちらしい。

DSC_0231_20161204124348161.jpg

ハーレーのレージングパーツを製造してるS&Sの空気感に

LOW SPEEDの逆行してる感じも好き。


ちなみに私のバイクにもS&Sの定番レースキャブ

通称Eキャブ付けてますがのろまな亀です。

DSC_0229_2016120412433621c.jpg

66年式のハーレーでも1200ccあるので

アクセル開ければ出ちゃいますが出さない我慢。


LOW SPEED RACINGとは精神を鍛えるフレーズでもあります。


街着にもバイク乗りにもかなりオススメのウインドブレーカー2型です。

興味のある方は袖を通してみてください。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


2016..04 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 12
2016
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31