15周年記念SALE 2日間だけ

特に準備していなかった15周年。


おまけの制作も終わりましたので

これを皆様にお届けするには購入品と一緒に送るのが

一番簡単で分かりやすい。


すでにお持ちのアイテムも多いと思いますが

ショッピングページの掲載品を2日間限定で

スーパーSALE価格にしました!!


ショッピングページ


3/2(土)のお昼頃までとなります。

ズルズルSALEしても意味ないと思いましたので

短時間ですがよろしくお願いいたします。


15周年記念で制作したノベルティを同梱包いたしますので

タダだと思って何かに使ってください。


2024..29 その他 comment0 trackback0

もうすぐ15周年

本当に毎日が慌ただしく、

周年なんて無視していました。


3月で15周年。

数年前に終活の方向と言いますか、

もうやりたくない事はやらないと決めて、

そしたらコロナ。


辞めるタイミングを「パン!」と

決断できなかった修理業を辞めれたのは

コロナのおかげでもありました。


あのくらい大きな決断を迫られなければ

もう少しズルズルやる事になったでしょう。


コロナの3年なんて

ほとんど記憶がありません。


本当に危ないと思って眠れぬ夜もありました。

一度や二度ではありません。


そんな厳しい状況ではありましたが

皆様のおかげで何とか存続できました。

本当にありがとうございます。


応援してくれた皆様に何かしらの形で

感謝の気持ちを伝えなくてはならない。


そんな事を考えてたタイミングで

友人とそんな話になりました。


今年で10周年となった彼は

周年記念にTシャツを作っているとの事。


周年と言うのは

記念だからとお金を使ってもらう事よりも、

10年の感謝を皆さんに還元するのが

感謝ではないか?


そう言って

そのTシャツを配ると言うのです。


本当にやめて欲しい…


なんて思いながらも、

それこそが感謝の気持ちであると

彼の人間性を素晴らしく思いました。


とは言っても

私は周年の準備なんて何もしていません。


今から何かを企画してお届けすほど

気持ちと脳みそに余裕が無いのも事実です。


そんな事もあり気持ちに引っかかりがありましたが、

ふと今の私にできる事を思いつきました。


企画して、工場さんに作ってもらうプロダクト。

それはいつもの販売商品でやれば良い。


私にしか出来ない感謝の気持ち。


技術屋なんだから自分で作って、それを使ってもらう。

これがウチならではの感謝では無いか!


そこでこの春にスポットで作って販売しようと

ぼんやりと思っていたミルスペックパーツの

当店らしい小物を販売しないでプレゼントする企画に

シフトチェンジしてさっそく作りました。

IMG_2796 (1)

アメリカ製ミルスペックパーツで作る

当店らしいプロダクトになったと思います。


写真では10本ちょっとですが

これは30本作りました。


じゃあ誰にプレゼントするんだ?


そこでショッピングカートの顧客管理を

活用しようと思っています。


購入回数、価格が分かりますので

トップ10名くらいの方にはこれでは無く、

製品化も考えている試作品(仮)を差し上げようと思っています。


これは今後の販売アイテムとドッキングして

使えるようになる予定の第一歩です。


ちょうど藍染めプロダクトの入荷も近いです。

通販の皆様には現在、ご予約いただいてるプロダクトの発送時に

同梱包させていただきます。


3月にはBDUと日本の伝統生地のシャツも

入荷予定となりますのでそれらに同梱包予定です。


とりあえず制作分を1客1点にて

3月はお届けしようと思います。


明日は休み。


木曜にもお伝えできる企画があるので

財布の紐を緩めておいてください。

2024..27 その他 comment0 trackback0

現在の作業

現在の作業状況です。

先日、オーダーいただいた10ポケット

フルスクラッチのユーティリティを2枚制作中です。


もう半年以上は作っていませんでしたので

ダミー機を作って、忘れている感覚を取り戻します。


途中まではバラしなので同時進行。

6枚のデットストックをバラしましたので

ベースの個体、材料にする個体の選別をします。


ここまでは先日のブログで書きましたので

今回は縫製の話となります。

IMG_2798 (1)

見ていただければ分かりますが

これしかスペースがありません。


チェーンステッチを全部解いて、

シングルステッチに変更しますので

約20箇所の縫製を入れ直します。


フルスクラッチの究極形態が

フルシングルステッチ化となります。

IMG_2797 (1)

私の作るユーティリティを見もしないで、

袖も通さずに高いと言うのは簡単です。


なぜその価格を付けたのか?


もちろんデットストックを2枚使っていますので

その価格も考えればむしろ安いと思います。


フルシングルステッチ化についてですが

世界で私しかやっていないクレイジーな加工です。


チェーンステッチをただ入れ替えるのは

最初の個体だけでした。


どこから入れ直すかで

完成度が変わると分かってしまったので

バラす順番と縫い直す順番も非常に大事です。


意味がないと言う方は縫製の素人以下です。

縫製と言うものが服の着心地に

どれだけ大きな影響を与えるのか?


それはこの写真でシングルとチェーンの横に出る

引っ張り感を見ていただければ伝わると思います。

IMG_2799 (1)

ストレスを抱えながら仕事してる人と、

ある程度の自由の中で仕事してる人。


そのくらい違います。

縫製も綿糸で行いますので条件はほぼ同じ。


縫い直すと言うのは簡単ですが、

運針を大きくする事で引っ張りを減らす工夫も

この写真から伝わるでしょう。

IMG_2800 (1)

こうやって昔の人が具現化した量産品を

今の人が次の世代に伝えていく事が技術者の役目。


ヴィンテージ風だと騒いで作られている服の恥ずかしさを、

服が作れない作り手は感じていないから

あんな物を作って偉そうな顔ができる。

IMG_2801.jpeg

そうやって愚痴の一つ言いながら

自分の未熟さと向き合うのが技術者であります。

IMG_2802 (1)

フルシングルステッチとチェーンステッチ

ダブルステッチで縫製する事で誤魔化されそうな部分ですが

これだけの違いが袖通しから分かります。


持っただけでも明らかに軽さを感じれるようになるのも

このフルシングルステッチ化の特徴です。

IMG_2803 (1)

まあ地味な作業です。


ダミー機の骨格を作って縫製の順番を思い出しましたので

次はオーダー品2枚の骨格作りです。

IMG_2805 (1)

ポケットを作るのも面倒ですが、

この骨格を作る作業が最も面倒です。


綺麗にバラして再構築。


言葉にすれば簡単ですが、

ものすごく面倒な作業と、構成と、

縫製を組み合わせてプロダクトを作っております。


これを見て高いとか、

いらないと思う方がほとんどでも、

興味を持ってくれる方が一人でもいれば良い。


それが専門店という物です。



2024..26 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 03
2024
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -