修理屋とは

修理屋をやってると感じる事があります。


と、その前に何度か書いてますが

私はジーンズの修理屋がやりたくて

ジーンズの修理屋を始めた訳ではありません。

自分の部屋みたいな店をやりたかった。


その入り口として趣味ではなく、

特技に近かったジーンズ修理を窓口にしました。

大した経験もない若造がスタートしたんだから今考えると恐ろしい。

経験と呼べるような経験値がないんだから本当に申し訳ない気持ちです。


私が修理屋になった頃、ジーンズ修理をしてる人がすごく少なかった。

なので小さな窓口のはずが大きな窓口になってしまった。

下火だったビンテージジーンズのマーケットが

ちょっと再加熱した時代だったのも理由でしょう。


その時はこの仕事が天職だと思った。

多かれ少なかれ天狗だったと思うし、

今と違ってカリカリのピリピリだった。

常にイライラして奥歯が無くなるくらいの噛み締め防止として

常にガムを噛んでいたのは5年前までかな。


世界一のジーンズ修理屋になりたいと思っていたが

今は全くそんな考え方はない。

向上心が無くなった訳ではなくて、

全力でジーンズ修理にぶつかってきました。


今となっては全く天職だと思っていないし、

いつジーンズの修理屋を辞めるかの

終活にこれからは向かっていくと思っている。


これは良くも悪くも自己責任で多くの経験ができた事だと思ってる。

さすがにラック2個分の作業を常にかかえ、

修理200本待ちが続けば作業も雑になるし、何も面白くない。

そこで切り捨てる事を学び、出来る作業の事だけを考えた。

これは必要な時間でした。


無我の境地と言うかこれこそ成長だと思う。

今となっては好きだったビンテージジーンズは別に好きじゃない。

嫌いではないところがポイントです。

古い物を崇めるのは嫌いで、

昔の物が教えてくれた物の作り方と終わり方を見せてもらう事で

オリジナルウエアの製作に生かすための材料でしかない。


修理屋の作る服がレプリカみたいな物だったら修理屋が作る意味がない。

進化とは向上させる事だから私の考える物作りは

前に進みたい。

そう言う服がほとんどないから服が面白くない、

服の売れない時代が来てるんだと思います。


話がすぐに脱線するので話を戻します。

今では見積もりまで出して作業をしない事を勧める事も多い。

小さな穴なら1,000円で直るのに、ほっといて5,000円になる。

ここで直せばまだしも、ボロボロにして2万円以上になり、

けっきょく見積もり出して、説明して、ならやらなくて良いですと

私が悪かったみたいな空気感で帰る。


定期的にいますがこのタイプは物への愛着が無いから

修理してまで使わなくて良いと思う。


私の話を聞いてそのジーンズ1本を犠牲にし、

次のジーンズに活かせる柔軟な考え方ができる人は

この先のジーンズとの付き合い方が変わるので

ジーンズ生活は豊かになります。

たぶん物の考え方が変わる可能性があるので感覚の成長だと思う。


前者は仕事もできないでしょうし、

後者は仕事もできる人のはずです。


失敗からしか経験はできないの1例で

日常的に私はこの現場を体感しています。

これが修理屋として感じることの1つです。


最後に何かを修理したいと考えた時に技術屋目線で

最初に考えて欲しい事があります。


◯ジーンズの修理屋はうち以外にもあります。

 調べたり、探したりするのが面倒だからってのはお勧めしません。

◯好きな人に直してもらうのが良い。

 お金と時間をいただいて作業するんだから当たり前の事です。

◯数人の技術者に聞いてみる。

 ポイントは受付じゃなくて、技術者ってところです。

 経験値だけが実力です。
 
 見た事、聞いた事で無くて、実際に触って経験して失敗してるか。
 
 ここが大事です。

◯メールのやり取りだけでなく、対面で話すか、電話で聞く。


この数点を意識するとお願いするお店が変わるかもしれません。

物によって修理屋を変える選択肢はぜんぜんありです。


納期と金額だけ聞いて安い方に出す。

この考え方の方は基本的に物を直して愛用するタイプの人ではないので

どこに出しても同じだからうちみたいな考え方のお店には

出さない方が良いです。


あとジーンズを褒めて欲しい方もうちには向いてません。

ビンテージジーンズを褒めて欲しい方は買ったお店か、

褒めてくれる店に行ってください。


修理屋は悪いところを叩き出して、

良い方向に持っていくのが仕事だから

正直、褒めるところなんてほぼ無い。


と行ってもジーンズを見ればその人が見えるから

ちゃんとメンテナンスして愛用する人は人間が良いと感じる。

人の良いところは褒めませんが素晴らしいと思う事はあるので

ただの嫌な奴だとは思わないでください。


修理内容、修理についてをこの数日で明確にしました。

自分の部屋みたいな店を作りたくて10年目にしてやっと骨格が出来てきた。

オリジナルアイテムの充実、

セレクトアイテムを味付け程度に置いて、

いつも店でミシン踏みながらカスタムや修理の話が出来る。

良い店だなあ。

こんな店は世界中探しても無い。


10周年イヤーは少し自分勝手に楽しむ初年度にしたいと思います。

ゆっくりでも、少しでも良いから感覚を深めたい。

それが少しでも皆様の遊び心を刺激できれば幸いです。


長い文章に最後までお付き合いありがとうございました。


2019..10 デニム comment0 trackback0

ジーンズ修理について

前のブログでレザー修理の終了をアナウンスしましたが

当店で行う修理を明確にしておきたいと思います。


とにかく修理全般の問い合わせをいただきます。

行えない作業でも分かる範囲内でお答えしておりますが

当店は古着全般の修理屋ではありませんので

いわゆる洋服の修理屋さんで行われる作業の

ほとんどを行なっていません。


何屋だと言われれば、ジーンズ修理の専門店なので

基本的にはジーンズの修理以外は行っていません。


とは言っても

個人的に好きな物の販売も行っていますので

売りっぱなしみたいな事はいたしませんので

当店で販売したアイテムには対応します。

対応作業は下記内容となります。


◯ジーンズ修理全般 

洗濯後の目詰まりしてる物をお持ちください。

基本的にジーンズの修理はほとんど行いますがお断りする場合もあります。


洗われずにいた期間が長く、腐ってる物。

炭鉱系と呼ばれる触るだけで崩壊する物。

ほぼ崩壊し、着用物としての再生が不可能な物。

目詰まりしてる状態で修理しますので

洗濯をしないで穿き続けたい方もお断りさせていただきます。


日常着として愛用できる事が当店の修理なので

それが出来ないと判断した場合もお断りさせていただきます。


そもそも最低限のマナーとして

洗ってないジーンズを持ち込む事は失礼です。

ブーツの修理に出すときはインソール外して綺麗に掃除して渡しますし、

バイクのメンテナンスや改造に出す時は最低限の洗車をして渡します。


そもそも日々の愛用でコンディションをチェックしておく事が何でも大事です。

ジーンズ洗濯後に、チェックポイントを見る習慣をつけると

愛用品の寿命は格段に上がりますので皆さんにお勧めいたします。


裾上げですが当日出しは一切していません。

おおよそで1週間いただきます。

丈上げをナメてる人が多いですが

個人的には最も難しい作業の1つだと考えています。


ほとんどの人が知らないと思いますが、

左右の長さが同じジーンズなんてほぼありません。

それと個人的にこだわりはありませんので

ユニオンスペシャルではありません。

そもそも好きじゃない作業ですから

こだわりのある方は別の方にお願いしてください。


それとデニムJKTの修理ですが

得意ではないので出さない方が良いです。

元々はGジャンが好きでしたが物としての完成度が低いので

10年前に着るのを辞めました。

好きじゃない人には直してもらわない方が良いと思います。

それとブランケット付きモデル等の裏地付きはほぼお断りさせていただきます。


じゃあ何をしてくれるんだと言われれば

壊れたジーンズを修理して穿けるようにする事です。

修理する事で変わるパワーバランスを考えて修理する事は

簡単ではありません。


当店は日常的にジーンズを安心して穿けるようにするお店なので

ビンテージジーンズを修理する事が多いですが

レプリカでも、現行品でも、安物でも、デザイナーズでもOKです。

基本的にジーンズであれば対応させていただきますので

お気軽にご相談ください。


納期は激しい作業で3ヶ月、まあまあで2ヶ月、軽めで1ヶ月と

お時間はいただきますが一人でやってるので

気長にお待ちいただける方のみご依頼いただければと思います。


よろしくお願いいたします。

2019..07 デニム comment0 trackback0

直し屋の考えるジーンズ修理

東京も37度超え。

これだけ暑いと外に出る気がしません。

どうせ店にしかいなので外には出ませんがね…


と言う事で猛烈なスピードで作業に没頭しています。


ちなみにデニムの上着修理は得意ではありません。

やれと言われればやりますが自信を持って上手ですとは言いません。

正直、直す事におもしろさも感じていないので

やりたく無いと思っていたら10枚以上溜まっていたので

週末からやり続けています。


自分の考えでは壊れる構造してるんだから

直してて面白いはずが無いのは当たり前だと思う…

特に70505は進化系にて、最も完成度が低い。

あの立体をチェーンステッチで縫ったらこうなるよねって感じです。

DSC_4663.jpg

毎年、夏場はオーダーが少ないので減らす事に集中できるのですが

なぜか今年はオーダーがものすごく多い。

技術者としては嬉しい悲鳴でありがとうございます。

DSC_4671 (1)

常にパンクしてる当店では修理品の置き場にも困るので

出来ればじゃんじゃん出したい。


1週間で30本以上は直したので終えた作業を入れてるラックが

パンパンでもう入りません…


1日に10本くらい直す日もあれば、3日で1本の日もある。

平均で毎月100本は修理依頼がありますので

100本直せないと溜まりに溜まって今みたいな状態になります。


DSC_4668.jpg

ひどい時は200本以上のオーダーに追われていました。

5か月くらいお待ち頂いた方もおりましたが

最大3か月、平均で2か月以内を目標にしてきましたが

全くそうは出来ませんでしたが

やっと目標に近づけそうなくらいのオーダー数になってきた。

DSC_4676_201608091255119c8.jpg

7年目の店ですがこのくらいのパンク状態になりもう5年目。

2か月後にこの納期になっていれば4年かかって目標納期です。


もちろんこれで全部ではありませんし、カスタムジーンズのオーダーは

そろそろ2年待ってもらっています。

DSC_4675.jpg

販売用のやりかけカスタムジーンズは1年放置中、

今年の夏に出そうと思って作り出してるカスタムショーツは

まだ3割くらいしかできてないまま3か月放置。

両方ともW29インチの片面で全く違ったコンセプト。

カスタムジーンズの脳みそになったら制作に帰ります。

DSC_4677_20160809132213bee.jpg

そしてこの修理たちの中に私のジーンズは1本もありません。

自分のジーンズは実験台ですが壊れないように直してるから

想定してる環境下で着用してれば2年以上は壊れない。

夏はジーンズを穿きませんが3本でローテーションして

バイクにも乗って大丈夫なんだから想定内かと。

DSC_4680 (1)


昔はビンテージシーンズを直す事にやりがいを感じていましたが

今は全くそんなことありません。


昔からそうなんですが古い物を崇めるような考え方は好きじゃない。

人の作る物って60年代にはほとんど完成されていて

基本構造は電化製品以外はそれほど大きく進化していないと思う。


衣類と言うのは着る為に作られた物なんだから

穿けないような物に価値があるのかは疑問である。

どれだけ古くて、高くても穿けなければ着用物としての価値は無い。


新しい物作りとは常識を疑って、どれだけ基本構造の

根本にたどり着けるかではなかろうか。

パーツの組み合わせで再構築する事と全く新しい物を作る事は別の事で

当店の物作りはこの両方を作りたいと思っています。

DSC_4691 (1)

ビンテージジーンズを崇める事と

ビンテージジーンズを穿き続ける事って

同じような枠組みに考えてる人が多いのですが全く違う事だと思う。


ジーンズが好きな事に変わりは無いから前者を否定してるわけではなく

何か好きな事があるってすごく楽しい事だと思うので

あくまでも捉え方、感覚が違うという事。

DSC_4684_20160809141208a55.jpg

こうやって自らの考えを表面に出す事で

穿く事が一番で無い方からのオーダーは減るでしょう。

それで良いと思う。


ジーンズの修理屋というのは正解が無い。

誰が直しても同じという人も納期が遅いから来なくなる。

それで良い。


ビンテージでも、レプリカでも、現行でも、ブランドさんのでも

縫えるジーンズならば何でも直します。

ジーンズ穿く事を一番に考える方なら話をすれば

当店のスタイルを理解していただけると思うから。

DSC_4688.jpg


ふと考えたら修理したジーンズは1万本くらいになりました。

裾上げ入れたらその倍近いでしょう。


私の考えるジーンズ修理とは

雰囲気を最大限変えないで着用物にする事です。

カスタムジーンズは全く別の物に再構築して着用物にする事。

DSC_4687 (1)

その中には今見たら恥ずかしい物もたくさんあります。

数年後に帰ってきた修理に今の技術で修正して出す事もあります。

帰ってきたジーンズから学ぶ事が一番多い。


この答え合わせの本数が技術者を成長させる一番の教材。

そう思って独学でスタートしたジーンズ修理を勉強しております。

DSC_4681 (1)

こう言う考え方の人が作るウエアと言うのは他とは尺度が違う。

だからうちのオリジナルウエアは物好きに好んでもらえてると思います。


全く動いていませんが頭の中にある「自分の穿きたいジーンズ」を

いつか作るのが今のところの大きくても手が届く目標です。


単純に良いジーンズはありますかと聞かれる事がものすごく多いのに

どのジーンズにも長所と短所があって私の考える短所の部分が

改善されてるジーンズが1本も無い。


自分で穿きたい新品のジーンズが無いから勧めたいジーンズも無い。

うちにはジーンズ作るためのミシンも経験もありませんので

国内のジーンズ工場さんに力を借りて作ろうかと考えております。

私とジーンズを作ってみたいと言う変わった方がいれば嬉しいですね。

何年後になるかわかりませんけど



水曜定休のいつもと同じ定休日で夏休み、お盆休みも無し。

店を構えて仕事をすると言うのはそう言う事だと思うので

出来る限りではありますがこのスタイルにこだわりを持って

やっていきたいと思います。


長文にお付合いありがとうございました。

直し屋とはこう言うお店です。


2016..09 デニム comment0 trackback0

加工ジーンズの加工を変える

加工品のリーバイスを再加工しました。

加工本は量産なのでどうしても…

と言う事で2万円予算でまとめました。


バンダナが縫い込まれてるダメージのやり直しを4カ所、

カスタムジーンズの製作で行うバックポケットの位置を下げる、

チェーンステッチがイマイチなのでやり直しを行いました。


洗えばすぐに馴染みますので今は馴染んでない状態です。

DSC_0391_20151012121203489.jpg

大人の穿くジーンズなのでやりすぎないってのもポイント。

再加工の場合はとにかく違和感が少ないように

元の空気感も残したい。

DSC_0394.jpg

グレーとネイビーの組み合わせ。

色落ちがどのように進んでも大丈夫な設定です。

DSC_0396_20151012121202680.jpg

このジーンズは紺の色が少し変わってるので

そこに合わせていつもとは使う糸も変えました。

感覚と言うか経験と言うか色落ちした数年後を想像します。

DSC_0398.jpg

今回のジーンズの1番ポイントになったのはこの2カ所。

すごく小さなキズがありましたので油染みっぽい感じを出してみました。

もちろん染みじゃなくて縫い込みです。

DSC_0399_20151012121200b72.jpg

右はモモで左はヒザでした。

ここはいつか壊れたら追加入れるイメージです。

すぐに壊れる事はないでしょうから

何年後になるか分かりませんが育てる楽しみです。

DSC_0402_2015101212115943c.jpg

この部分は本当に下手な加工でオーナーさんも嫌だった部分。

70年代の色落ちしたコーズを入れてサラッと縫いました。

やりすぎないんだけど元とは別のジーンズにしていきます。

DSC_0406_20151012121221b51.jpg

バックポケットは2.5センチくらい下げました。

シャツ着てもポケット見える視覚的効果と

この位置の方が単純にバックポケットが使いやすい。

DSC_0410_20151012121220df8.jpg

フルカスタムだとゴリゴリに縫いますが

部分カスタムなのでここもやりすぎないようにしています。


隠しリベットはもちろん抜いてます。

個人的には隠しリベットは意味がないと思いますので

カスタムの基本はいらない物を外すと言う意味でも外します。


隠しリベットの無くなる年代からはポケットの付け根に

中からカンヌキが打ち込んであります。

メリットもありますがデメリットの方が多い。


中から止めてあるとジーンズは縮みますので

付け位置で1センチくらいズレてくる。

直す側が抱える問題は初期で改善しておきますので

ポケットの付け根は上から目立たないような色で

カンヌキ打ち込んで終了。


とにかく穿いて、洗って馴染ませて下さい。


もう少しで6月終わるのですが7月は衝撃的に大変な作業が

10本はあるので相変わらず納期は短縮できないと思います…



2015..12 デニム comment0 trackback0

今日もジーンズの話

今週は直し屋オリジナル商品

「NAOSHIYA CUSTOM FACTORY」

からお知らせが2つあります。


1つは昨年の秋から復活した「WAFFLE」を今年もやります。

準備中で今日の夜にはショッピングページに掲載予定です。



もう1つは「MODIFIED」のロゴT−Sの話。

今週の金曜日放送のテレビ番組で着用されました。

もちろん着用はあの方です。


何の番組でしょうね?

ダウンタウンDX? 浜ちゃんが?

それとも「HEY!HEY!NEO!」


もう説明不要ですね…

9/25(金) 23時〜放送なので皆様、見て下さい!!


◯グレー  ◯スミクロ  ◯ネイビー


着用カラーは当日までのお楽しみ。

すでに完売サイズもありますが悩んでる方はお早めに!


からのジーンズの修理屋なのでジーンズの話。

今日はペインターパンツです。

DSC_0884_20150913125648e55.jpg

オンスが低いので修理に向いてないんですが

ある程度は穿いて、直してが繰り返されると伝えて直します。


やりすぎないようにしないとですが

このパンツは厚手なのでいつもよりは少し縫い込みを増やしています。


洗わずにボロになったペインターは修理してもすぐに壊れるので

直す事を進めない場合も多々あります。

多々あります。

多々あります。

DSC_0561_20150913125651b76.jpg

からのレプリカジーンズ。

普段はこのような方法を使いませんが久々にやってみました。

レプリカ特有の壊れ方ですね。


洗濯回数と着用頻度のバランスでこのように色落ちしたジーンズは

何色と言えない色になり、糸の色が合わないので

このレベルにしか出来ませんでした。


あくまでも同じような穿き方で

同じように穿いていくと想定してこの方法にしました。

ビンテージジーンズにはもう少し目立たないように修理します。


ビンテージジーンズの多くはキズではなく

補強の入れ方に最も気を使いますが

特有の穿き方がされたレプリカの場合はちょっと違います。


自分だけが穿いたジーンズはキズ、へたり、色落ち等をみれば

その人がどのように穿いてきたのかだいたい分かります。


中古品を穿きだすビンテージジーンズと新品で穿きだすレプリカ、

現行、新品メーカーとでは直し方も変わる事が多い。

加工品はまた別の話なので別の機会にでも書きますね。


今週は水曜定休を木曜に変更して連休は全て営業しておりますので

皆様のご来店お待ちしております。



2015..21 デニム comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 10
2019
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -