「OK OIL」 補充

昨年の11月ごろに販売し、非常に反響の高かった「OK OIL」

DAYTONのファクトリーで作られる手作りのオイルです。

IMG_0411.jpg

早々に初回文は完売。

追加分はさすがにバカ売れとはいきませんが

ちょこちょこ巣立ち1ダースが終了。

IMG_0410.jpg

当方が使ってるオイルは4〜5年前に作られてるので

今、販売してるオイルよりも馴染んでいます。

IMG_0415.jpg

入手当時、匂いを嗅いでただのミンクオイル程度に思っていたが

昨年、久々に嗅いだらミツロウと言うよりも蜂蜜?と感じるほどの香り。


おそらくですが時間の経過でガスが抜ける、馴染むと言う現象が起き、

今、当方が使ってるデザートのような香りになると思われます。

IMG_0414.jpg

なのでデットストックとして数年置いておけばと思いましたが

興味のある方に使いながら熟成させていただければと思います。


おそらく定期的にフタを開けて、ガス抜きしても良いと思います。

1ビンでライダース20枚以上、ブーツ10足以上の手入れに使って

まだ半分以上残っています。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。


2020..26 SALE comment0 trackback0

通常営業中

ブログの更新は少ないですが通常営業しています。


今月で5月の作業は終えるとノルマを設定してますが、

最大の敵との戦いに今日からスタートします。


ほとんどの場合、この金額までやる人はいません。

そのくらい激しい作業。

時間と予算をいただいたので今日から

何日かかるか分からない戦いに挑んでいきます。

DSC_0001_20200119140459fb8.jpg

からの

1月後半となれば春物の投入がスタートする時期でしょう。


今年最初のオリジナル商品は

3月予定でしたが4月にズレました。

DSC_0002_202001191404580f3.jpg

それまではとにかく溜まりに溜まったジーンズ修理を減らし、

一昨年までの納期には戻したいと思っています。


なので今年は周年記念アイテムの製作はないかな?

2月に入ってからの作業状況で決めようと思います。

DSC_0084_202001161221486de.jpg

さすがに作業だけでは飽きるし、精神的にもしんどいので

このように小物製作なんかはしてくと思います。

DSC_0065_2020011612211054c.jpg

テープは無限にある。

金具は無限になんて無い。

DSC_0002_202001251223270f6.jpg

手持ちのパーツは渋谷区で一番でしょう。

これを組み合わせて新作も作りたい。

DSC_0085_202001161234329cf.jpg

今のところ一番人気はキーホルダー。

これを超えるような何か新しい形はないかなあ。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。


2020..25 SALE comment0 trackback0

商品いろいろ

やっぱり黒白のコンバースは良い。

腐る物ではないので悩んだら買っておいた方が良いやつです。

DSC_0002_202001191404580f3.jpg

まだ説明が終わっていないA-2デッキの話は

指がバカでパソコン打つのがしんどいので

もう少し回復を待っています。

指先を使う細かい作業が多いので、ガンガンに詰め込むと腱鞘炎になります。

ごまかして仕事してますが詰め込んでたので弾けました…


からの今年のオリジナル商品の話。

定番として製作してたWAFFLEは

自分で欲しいサーマルを作り現在のが3代目。

56a181442059912e9384ee9909907f3a.jpg

春物先行で投入した「WAFFLE QTR」は

それの加工品なので4代目ではありません。

DSC_0001_20191121160925a02.jpg

この時期は普段Mサイズですが、

Lサイズのグレーを寝間着として愛用してます。

着心地と家事の利便性からかなり活躍してますので

皆様にもオススメの着方です。

DSC_0008_2019112116092404c.jpg

パーカー等との重ね着でもリブの枚数が増えないので

着心地を向上させて、暖かいと言う利点しかありません。


うちのWAFFLEは完成度も高く、

マイナーチェンジをする必要も感じていないのですが

時代として同じ物を続けるのは難しい。


サーマルとしては高額ですが生地の値上がりは毎年ですし、

企業努力で続けてますが下代と上代のバランスが悪すぎるし、

定番品として続けるとバカ売れする事もない。


そんな理由もあって確定ではありませんが

今年の秋冬はたぶんWAFFLEやりません。

やっても新色の生成りだけとかになると思います。


が、

「WAFFLE QTR」は春物として欲しいので

今のストックを加工してQTR化させようと思います。

通常袖が欲しい方、ストックしておきたい方はお早めにお買い求めください。

近日中に通常袖は終了とし、加工しようと思います。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。


2020..20 SALE comment0 trackback0

コンバース

私は靴に強いこだわりがある。

ブーツはもちろんですがスニーカーもうるさい。

と言っても基準は簡単でインソールが外せる事。

いつも使ってるインソールが移植できないとダメだからです。


この数年はおじさん化の影響もあってニューバランス。

ニューバランスはバランスを考えられてるので

社外のインソールは入れずに純正のままです。


990って型番だけを愛用しておりましたが

昨年、久々にコンバースを買った。


と言っても

普通のコンバースはたぶん買う事は無いと思う。

レプリカっぽいシリーズとか、コラボ物とかにも興味なし。

コンバースはスケートラインしか履かない。

アウトドア物以外はスケートラインのみです。


そもそもコンバースって

雑に履いて汚れたら捨てるスニーカーの代名詞。

もちろん古い物は育った世代的に見てきましたが

人の履いたスニーカーは絶対に履きたくない…

DSC_0001_20200119140459fb8.jpg

で、久々にコンバース。

王道のブラックにホワイトソール。

DSC_0002_202001191404580f3.jpg

最新モデルとかって言うよりも、

自分の好きな物だけを使用したい。


デッキパンツにも合うなあ〜


2020..19 SALE comment0 trackback0

LANGLITZ LEATHERS ダークブラウンのコロンビア

年明け最初の新商品はラングリッツ。

昨年の春はまさかの大量確保に成功しましたが、

今年はそんな事ないでしょう。

コンディションの良さ、雰囲気のバランスで探すと

うちの基準はかなり高いのですが、

今年はどんな個体と出会えるか非常に楽しみです。


からの

非常に綺麗な個体が入荷してますので紹介いたします。

DSC_0002_2020010913115257c.jpg

91S OLD LANGLITZ LEATHERS COLUMBIA DARK BROWN 美品

アメリカンライダースの王様「コロンビア」

通常はブラックですがオーダー品で、

珍しいダークブラウンのレザーです。

DSC_0008_20200109131152f30.jpg

写真では黒っぽく見えますが深いダークブラウン。

ミディアムウエイトより肉厚に感じるのでヘビーウエイトかも。

これはオーダー伝票がないと判断が難しいです。

DSC_0011_20200109131151310.jpg

コロンビアは若い子供には着れません。

年を重ねたおじさんにしかこれは着こなせません。


と言っても勝手に年はとるのでおじさんになるのは簡単。

いろんな物に触れて、失敗を重ねたおじさんにしか

似合わないのがラングリッツ。

DSC_0013_20200109131151090.jpg

古い年代はかっこいいんだが、

どうしても痛んでるので投げ脱ぐようには着れない。

トータルで考えてバランスが良いのが80〜90年代の個体。

レザーの質感、雰囲気のバランスが素晴らしい。

タロン、スコービルのセンタージッパーの年代です。

DSC_0017_20200109131150415.jpg

仕様は非常にプレーンです。

ジッパー付きの裾ポケットはプル付き。

このプルもオーダーで付けるか決めれます。

DSC_0015_202001091311506d2.jpg

スコービルの良いのが付いてる。

60年代のチェーンタイプは雑に引くと切れちゃうから

袖と同じようなタイプに70年代ごろから変わります。

DSC_0018_20200109131247047.jpg

袖先はタロン。

各部位でジッパーの銘柄が変わるって日本人には絶対できない。

私のような凡人は統一してしまいます。

DSC_0020_202001091312479e4.jpg

コロンビアは袖の風除けがクローズのタイプ。

キャスケードはオープンです。

ここも仕様変更がオーダー可能なパーツ。

DSC_0023_20200109131246996.jpg

このライダースの革質は袖が一番すごい。

シボ感の強い肉厚レザーに袖シワが入る。

DSC_0030_2020010913124625f.jpg

薄めのレザーで袖シワ入ったって喜んでる人達が

ライダース好きには多いんですが私はそっちではない。


肉厚のレザーを何年もかけて立体的にしていく。

これがアメリカンライダースの醍醐味です。

DSC_0027_202001091312451ab.jpg

コロンビアは昔、嫌いだったディテールの集合体。

30すぎてやっと魅力が分かってきたんですが、

ウエストのこの作りは抵抗しかなかった。

DSC_0028_20200109131245280.jpg

でも今は違う。

意味のあるパーツが持つ美しさ。

コロンビアは機能美の塊です。

DSC_0054_20200109131309fac.jpg

ジッパーも問題なし。

しかしダークブラウンが深いなあ。

DSC_0056_20200109131308758.jpg

これは完全な好みですが三角カンがループに合う。

手持ちの70年代ミリタリーパーツからこれはサービスで付けておきます。

DSC_0059_20200109131308bfb.jpg

キーホルダーとか付けてるとダサくて良いですね。

DSC_0032_202001091336328bc.jpg

日本人がオーダーしたら

こんなに着丈が長いモデルは作ってもらえない。

あくまでもラングリッツ基準で作ると

60センチ前後になってしまう方が多いでしょう。


吊るしのコロンビアなんてサイズによりますが

63センチあれば短くない。

確か42インチの長くしてないのはそんなもんでした。

DSC_0037_20200109133631e11.jpg

私の思うラングリッツで一番すごいのはここ。

アクションプリーツとバックヨークと袖縫いラインのバランス。

ライダースを縫う専門の技術屋さんに聞いてみたい。

DSC_0041_20200109133631a13.jpg

このループにはオプションのベルトを入れる。

古くはフリスビー社、アイダホレザーに変わって、

今はラングリッツ名義になってるかと。

DSC_0047_20200109133629e02.jpg

表も綺麗ですが裏地もすごく綺麗。

ほぼ着用感ありません。

DSC_0043_20200109133630947.jpg

痛みやすい首も綺麗。

このモデルは超レアな中綿入りです。

この後の年代からシンサレートに変わるので

中綿としては最後くらいでしょうか。

DSC_0045_2020010913363028e.jpg

タグもぜんぜん汚れてない。

新品みたい。

DSC_0049_20200109133707991.jpg

裾もすごく綺麗。

DSC_0051_2020010913370795e.jpg

中綿モデルはふくらみが出るので

通常のとちょっと見た目も変わりますね。

DSC_0052_20200109133706e64.jpg

反対側も本当に綺麗。

味のあるモデルもかっこいいんですが、

綺麗な個体が一番良い。


後の維持費もかからないし、

何よりも自分とともに成長する楽しみを味わえる。

DSC_0002_2020010913115257c.jpg

自分があと何年生きるか分かりませんが

レザーや愛用品とともに成長できる人生は幸せだと思います。


ショッピングページ


国内オーダーですと35万円くらい。

お正月価格でいつもよりお買い求めやすくしました。

超綺麗なオールドモデルが40%以下ですから

サイズの合う方は買った方が良いです。


よろしくお願いいたします。

2020..09 SALE comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 01
2020
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -