ワークシャツの反響がすごい

先日、販売したワンオフのシャツについて

ものすごく問い合わせいただいております。

すいません。

もうボディがありませんのでMとLはご用意できません。

Sサイズはネイビーが未完成ですがホワイトは完成。

もうちょい眺めてからパッチを足すか決めたら販売です。


からの

「WAFFLE2018」がものすごく減ってます。

DSC_0139_2018091312535714b.jpg

ホワイトは完売。

グレーはMサイズのみ

ネイビーとブラックは全サイズご用意ができます。

DSC_0147_2018091312535403c.jpg

こないだまで昨年の「WAFFLE2017」を着てました。

昨日から「WAFFLE2018」にしましたが別物ですね。

去年のはクラウンで今年のはロールスロイス。


クラウンが好きな人もいますし、

ロールスロイスが好きな人もいます。

どちらが良いといえば今年のモデルは昨年の修正点が

今のところかなりちゃんと表現できてると思います。


取り扱い店舗さんでは当店よりもサイズが揃ってるお店もあるので

お近くの方はぜひ、現物を見に行ってみてください。


ショッピングページ


来週はリブロンが届くかなあ。

ショッピングページには春に販売した3色を掲載したので

どんなのだったか見てください。

2018..13 SALE comment0 trackback0

M-65作業中

販売用のジーンズが数本ありますが

どれもそのまま出せるようなコンディションではない。

今年はほぼジーンズの販売がないので最後に1本は作ろうと思ってるが

たぶん無理なのでうちっぽい修理と改造で、

しれっと穿けるようにした66かEを出すのが限界かな。

と言っても全く作業には入ってないので期待しないでください。


今週は長らくお待たせしてる持ち込みのM-65カスタムを数枚製作しながら

販売用のM-65の製作にも入ります。

枚数はそれほどないのですが1枚にとにかく時間がかかる。

ユーティリティシャツのフルカスタムとM-65では販売価格も変わらないのに

裏地付きで重いし、かさばるから作業が進まないのと

半年以上さわってないアイテムの加工は思い出すのに時間もかかります。

DSC_0001_20180930140524878.jpg

こんな感じのツイントラックは今のところ作る予定はすぐにありませんが

フロントフルスナップのジッパー残してるうちではプレーンなモデルを

S-R、M-Sの2枚だけ作ろうと思っています。

ウッドランドのデットが1枚だけあるのでそれも加工しちゃおうかと思っていますが

まだ5月の激しいジーンズ終わってないし、

作ってるワンオフのシャツも4枚しか完成してないし、

ジーンズ修理の依頼は毎日数件あるし、

毎日の電話問い合わせが5〜10件あるし、

毎日メールのと合わせもあるし、

たぶんリブロンも届くのが近日っぽいし、

毎週、来年販売用の新作が打ち合わせもあるし、

思うようになんて進むはずがない。


これは私のゴミ箱でもあり宝箱でもある。

これ読んで皆さんも仕事頑張ってください。

私も喜んでいただけるように頑張ります。


お待たせしてる皆様、遅くてすいません。

これが現状なので首を長くしてお待ちいただければと思います。


明日は水曜定休日。

ご用命は木曜以降でお願いします。



2018..09 SALE comment0 trackback0

WAFFLEがかなり減ってきた

ゴートスキンのコロンビア  すごかったなあ。

販売初日で巣立ちました。

クリーニングは今シーズンが終わったら出しましょう。

DSC_0006_20181006125201838.jpg

ミディアムウエイトだとこうやって下にだらんと落ちないんですが

ゴートは重力に正直ですね。

ビンテージモデルでこのコンディションですから

普通に着れちゃいますね。

オーナーさんのライフスタイルが少しでも豊かになると思いますので

ラングリッツライフを楽しんでください。

DSC_0139_2018091312535714b.jpg

からの

爆発的に動いてるワッフル。

1シーズン分を作りましたがかなり減ってきました。

あの検品を一人でやった時を思い出すと

残り20枚くらいになったのが不思議でなりません。


これからが本シーズンなのでおかわり、ご新規さんが増えると思いますが

あれだけ作ったMサイズですらどの色も残り1、2枚です。

DSC_0147_2018091312535403c.jpg

店頭分を少しだけ確保してますが1、2枚。

ショッピングページで完売してるカラー、サイズは店頭でも完売です。

ほぼ毎日、巣立っていますので悩んでる方はお早めに!


ショッピングページ


今月はリブロンこと「アコーディオン」が春と同じ仕様で

新色のグレーを入れた4色展開で販売いたします。


縫い上がったようなので検針や検品を考えると

1週間〜10日くらいで販売スタートできるのかな。

楽しみだなあ。

2018..08 SALE comment0 trackback0

88S VINTAGE LANGLITZ LEATHERS CUSTOM 「COLUMBIA」  販売

今年は完全にライダースだなあ。

久々にウズウズしてる感覚。

それは先日、販売したラングリッツのせいです。

60Sがコロンビアとキャスケードの2枚。

その後は写真すら撮れていない80Sダークブラウンのクレセント。

ビンテージって言葉に逃げてない本物のギアは3枚ともクリーニングに出しています。

もう古いのは無理だと思っていましたが良いのが入りました!



大きめサイズだからってだけの理由で

新品国内販売価格が40万くらいだから1/4って格安でしょう!

DSC_0006_20181006125201838.jpg

88S VINTAGE LANGLITZ LEATHERS CUSTOM 「COLUMBIA」 

アメリカンライダースの王様 コロンビアの通好みなカスタムモデル。

個人オーダーなのでサイズ表記はありませんが44〜46インチの感じです。

DSC_0011_201810061251580df.jpg

肉厚で馴染むのに10年はかかるミディアムウエイトが主流ですが

通好みのゴートスキンです。

ミリタリーウエアの衿にムートンが付いてる「G-1」が

ゴートスキンなのであれのイメージ。

DSC_0015_2018100612515612b.jpg

ゴートスキンの魅力は何と言っても軽さ。

ミディアムウエイトの半分以下の重さしか感じません。

そうなると強度が不安ですが強度も強くて、軽くて、水に強くて、暴風性も高い。

そんな特徴からバイク乗りにも60年代から愛されてるのがこのゴートスキンです。

DSC_0023_201810061251546cb.jpg

衿にはピンズの穴が1つ。

こんなのは何の気にもなりませんね。

ゴートの特徴である表面のボコボコがすごい雰囲気を出してる。

DSC_0026_20181006125152b07.jpg

フロントはタロン。

この年代だとスコービルも多いがジッパーのセレクトはアメリカ的で

店にあるストックを統一感なく使ってるのでメーカーも混雑します。

DSC_0029_20181006125150881.jpg

オプションの胸ポケットは無刻印。

この無刻印は80年代にか無いように感じる。

DSC_0032_20181006125252498.jpg

裾ポケットも無刻印。

ベル型とも違うひょうたん型がかわいい。

DSC_0035_20181006125250b7d.jpg

なのに袖はタロン。

これは60年代からある程度統一されてるようで

この形のタロンかスコービルを使う事が多い。

こう言う細かいデータは枚数を見ていないと分からない事。

ネットや写真だけでの判断はあくまでもデータの1つでしかなくて、

現物からの情報が一番ですね。

DSC_0040_201810061252471f2.jpg

すげー革質。

こんなの見せられたらゴートスキンが欲しくなる。

バイク乗るには一番良いかも。

DSC_0043_20181006125244904.jpg

キドニー的なウエストベルトにはループが無い。

これはオーダーで無しにしたんですね。

ループがあると別売りのごついアイダホレザー製のベルトが付けれるが

いならい場合は最初からループ無し。

シンプルなウエストになりますね。

DSC_0053_2018100612524269c.jpg

すごく洗練されてるバックスタイル。

袖の縫い目〜バックヨーク〜袖の縫い目への背中のラインの美しさこそが

ラングリッツの最も美しいラインだと思っています。

これによってアクションプリーツが余計に開かない完璧な機能美。

最高すぎて改善点が全く見つからない。

DSC_0056_20181006125241583.jpg

サイドレースのヒモが変わっています。

レザーのシューレースなのかな?

本来は表革と同じレザーを切り出したヒモを使うが切れた場合か、

当時のカスタムで使いやすいようにレザーヒモに変える事がある。

今回がどちらか分かりませんが丸っこいヒモを叩いて、

少しだけ平っぽく潰しました。

DSC_0066_2018100612533824e.jpg

インナーの枚数でサイドレースの絞りを変えると

ジッパーの入り口が痛むのも防止できるし、何よりも着心地が格段に上がります。

その際はジッパー横のスナップを止めるのもポイントです。


背中もループが無いのでシンプル。

美しいバックスタイルに酔いしれてください。

DSC_0094_201810061253585cf.jpg

インナーも綺麗です。

これならクリーニング出さなくても良いと思ったのでそのまま販売。

今シーズンはこのままでシーズンオフにクリーニング出せば良いでしょう。

うちはカドヤさんに出してるのでだいたい8,640円くらいです。

10万円以下でビンテージモデルはかなり良いでしょう。

自分のサイズだったら完全私物化を考えちゃいますね。

DSC_0103_20181006125356b7a.jpg

痛みが一番最初に出る首元に数ミリのスレ。

気になるのはこのくらいです。

問題ないですね。

DSC_0070_201810061253336ea.jpg

このライダースにはマニアックなポケットも追加されてます。

IDEALジッパー付きのポケットを右の胸にセット。

私もオーダー製作したキャスケードに付けましたが

落としたくないものはここです。

DSC_0077_201810061253306f2.jpg

USA表記の入るのは84年までと言われてますが

88年製のライダースに以前のタグが付いちゃってる。

これは初めて見たので歴史的にも貴重なデータです。

80年代は混雑する。

これが正解でしょう。

DSC_0082_20181006125328a72.jpg

ガンポケット付き。

これもオーダーですがほとんど見ないレアカスタム。

DSC_0085_20181006125325699.jpg

このガンポケットは内側もレザーなので現代人にはスマホ入れでしょう。

このようにオーダーした方のライフスタイルが反映されたオーダーモデルには

いわゆる「吊るし」では味わえない生活感というか個性が出る。

DSC_0006_20181006125201838.jpg

アメリカンライダースはジャストよりも大きめで着るのが良い。

こうやってジッパーを締め切らないスタイルが一番好き。


バイカー的なスタイルも良いですが今はラフにざっくり羽織るような感じが良い。

腕も太めなんでリバースでも良いからパーカー着て、

ワークパンツ的な太めのパンツにスケシューでしょう。


90年〜00年代初期のスケートボードに没頭したあの頃の空気感に

極上のライダースを落とし込みたい。

12月に販売予定のデッキパンツにも抜群だなあ。


ライダースとは別の話ですがあの頃の空気感を漂わせるシャツを

6枚だけワンオフで作っています。

今日、間に合わせようと思ってましたが間に合わず…

来週には完成予定ですがまだ未定です。


フル装備なのにゴートスキンだからとにかく軽くて、

気軽に着れちゃうラングリッツは本当にオススメです!


ショッピングページ


自分で作っていないライダースなのに、

ここまでの文章がスラスラとかけるんだから

やっぱり私はラングリッツが好きです。

2018..06 SALE comment0 trackback0

3連休にスペシャル「LANGLITZ LEATHERS」投入!

今日から3連休。

とてつもなく忙しいので事前告知すら間に合いませんでしたが

秋の入り口に超スペシャルライダース投入します。


アメリカンライダースの王様「LANGLITZ LEATHERS」の中でも

現存数の少ない60Sモデルでキャスケードとコロンビアの2種類がそろいました!!

過去にも2枚だけ販売した事がありましたが掲載前に即完売。


この流れだと今日から販売スタートですが

実はまだ何の準備もできていません…

が、今日からの3連休でお店に来ていただければ試着可能です。


バキバキは当方がメンテナンスして販売してますが、

古いモデルは入荷したタイミングでは100%クリーニングに出されていないので

当店ではカドヤさんのレザーリフレクソロジーと言う

日本の最高峰技術でクリーニングした状態で販売します。

このクリーニングが高い…

でも素晴らしいのでお願いしております。

DSC_0053_2018092213043624f.jpg

コサックスタイルの最高峰「キャスケード」

ブラックでラングリッツとしてはレザーが薄めに感じますので

ゴートではありませんがライトオンスなのかなあって感じです。

なのでものすごく気軽に羽織れちゃいます。

DSC_0047_201809221304409c9.jpg

むちゃくちゃカッコイイ。

サイズ感はオーダー品ですが40インチくらい。

ラングリッツは小さめなので38〜40の感覚です。

この雰囲気、オーラですからバキバキではありませんが

ものすごく味があっていわゆる「抜け殻」まではいってないコンディション。

ジッパーは全てオリジナルで稼働します。

こんな素晴らしいキャスケードにはもう出会えないだろうなあ。

DSC_0054_20180922130433ee6.jpg

お次はアメリカンライダースのスタイルの象徴「コロンビア」

いわゆるアメリカンスタイルでラングリッツらしい肉厚レベルでは無い

これぞラングリッツなミディアムウエイト。

日本では肉厚といってもラングリッツのライトオンスレベル。

これがラングリッツって見ただけでわかるやつです。

DSC_0048_20180922130437ba3.jpg

見てくださいこの感じ、むちゃくちゃカッコイイ。

オーダー品で44インチくらいかな。

超貴重なロング着丈にサイドレースに腰にもキドニー的なサポート付き。

そしてこのライダースのすごいところは裏地とレザーの間に中綿入りの

真冬のアウターに出来ちゃうスペシャルカスタム。

現在だとシンサレートが入れれますが新品でこの仕様作れば50万でしょう。


裏地も綺麗で全体的にそこまで着込まれた感じもないので

こちらはクリーニング出さなくても良さそうですが

自分で着るならクリーニング出したいのでこれも出そうと思っています。


クリーニング出さなくて良ければ今日からすぐに販売もいたします。

試着していただいてOKだったらうちでクリーニング出すので

もちろん追加のお題はいただきません。

クリーニング出さなくて良い場合はその分を引いて販売しますので

着ない時期にでもクリーニング出してください。


販売価格は今のラングリッツでオーダーするよりも半値以下です。

当店でたまに販売するバキバキの古くないモデルとほとんど変わらないので

お好きな方にはかなりお買い得だと思います!


2枚とも50年以上前のライダースですが現役バリバリで着れちゃう本物のギア。

こんなスペシャルが選べる事は二度とないので

お好きな方見に来て下さい!


連休明けにはクリーニング出しちゃうと思うので

興味のある方はご連絡ください!!


これで古いバイク乗ってたら最高だろうなあ。



2018..22 SALE comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -