CLIX メインジッパー アルミの再入荷

1、2月は修理依頼が減る。

昨年はそんな事なく、むしろ多かったのでパンク。


そのタイミングで何とか減らしておかないと

2、3ヶ月後がとんでもない事になる。


という事で何とか減らしてきましたが2月の月末頃から

予想以上の作業量をいただいたので相変わらずパンパンの状態が続きます。


皆様のおかげで半年は新たな修理が1本も入らなくても、

作業ゼロにはならないくらい追われています。


からのUKライダースに使うCLIXの再入荷。

縫製は外注でお願いしていますがパーツの製作だけは当店で行なっています。


ジッパーはこだわる方が多いので当店では一生かけても使い切れないほど

アメリカ物のビンテージジッパーを確保していますが

UKライダースに使えるものはかなり少ない。


5年以上前から特注で作ってるCLIX。

先日、1年では使い切れない量を確保したので販売していますが

アルミのメインが即完売でしたので追加生産しました。

DSC_0206_20170221184236b27.jpg

CLIX 栓抜き型 シングル フロント用ジッパー アルミ&ニッケル

こちらはニッケル。

現行のルイスレザー等に使われている事が多いタイプです。

DSC_0218 (1)

再入荷のアルミ。

古いライダースにはアルミの方が多いですね。


ルイスレザーが一番メジャーなので参考に書いていますが

ハイウェイマン、TTレザー、KETT、INTERSTATE等のUKライダースには

どのタイプも抜群の相性です。



修理にはもちろんですが販売される事のないパーツなので

ストックに確保しておく事もお勧めします。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


レザー修理の業者さんでパーツとして大量に欲しい方がいましたらご連絡ください。


2017..06 ライダース修理 comment0 trackback0

CLIXジッパーの入荷

ライダースのジッパー交換に関する相談がものすごく多い。

ジーンズの修理屋なので当店で縫製は行えませんが

とても上手な技術者さんにお願いしてパーツの製作を当店で行い、

縫製は外注で修理対応しております。


アメリカ物のビンテージジッパーはスライダーだけオリジナルを使い、

それ以外のパーツは特注で1本1本製作してもらっています。

それを使い縫製をしてもらうので見た目と強度のバランスを考えれば

ビンテージや雰囲気を重視するジッパー交換としては最強です。

パーツの販売だけは行いませんが日焼け加工までしてるのは

世界でもうちだけでしょう。


昔は少なかったんですがものすごく問い合わせが多いのがUKライダース。

アメリカ物は廃業するまでに使い切れないであろう、

とんでもない数のジッパーをストックしていますがUK物はほとんどない。


ということで1年に1回くらいだけ特注で製作してるCLIXを作りました。

1年間では使い切れないであろう量のCLIX。

初めて買った新車の原付よりも高い代引きが届きました…

DSC_0320_2017022118424043b.jpg

これが全バリエーション。

ビンテージに使えるアルミと現行のルイスに使えるニッケルの2種類。

普段はパーツ販売しないのですがまとめて確保したので

かなり久しぶりにパーツ販売いたします。

DSC_0167_20170221184239152.jpg

ボールチェーンのアルミ。

袖先かポケットに使えます。

DSC_0184_201702211842386c9.jpg

ボールチェーンのニッケル。

これも袖先かポケット。

DSC_0198_201702211842372a0.jpg

ライトニングのニッケル。

ほとんどの場合が袖先ですがたまにポケットにも使われてます。

DSC_0176_20170221184336479.jpg

ライトニングのアルミ。

ほとんどの場合が袖先ですがたまにポケットにも使われてます。

DSC_0206_20170221184236b27.jpg

メインジッパーのニッケル。

現行品の多くがニッケル。

DSC_0218 (1)

メインジッパーのアルミ。

ビンテージはほとんどがアルミです。


現行品はそれほど気にしなくて良いのですが古い物を見てると

アルミは軽くて良いが歯飛びの可能性がある。


ニッケルは重くて、最初は滑りが悪いんですが

馴染むとシルバーメッキが剥げて、金色が出てくる頃には

なんとも言えない風合いと滑りも良くなり歯飛びの可能性が極めて低い。


どちらにも良さがあるので元々の仕様に合わせて交換修理するか、

好みでパーツを全交換するかを選択できます。

DSC_0232_20170221190324f99.jpg

ここからはダブルジッパーでスクエア型のニッケル。

CLIXのダブルジッパー仕様を生み出したのは当店です。

DSC_0247_20170221190323065.jpg

こちらはスクエア型のアルミ。

5年以上前からやっていますがネットの普及でかなり問い合わせが増えて

昨年は何度、同じ話をしたかわかりません

DSC_0260_20170221190322dba.jpg

これは栓抜き型のニッケル。

現行のサイクロンに交換依頼が多いので

これを使う事が一番多いかと。

DSC_0278_20170221190321a9c.jpg

栓抜き型のアルミ。

古いライダースに使うならこれでしょう。

ルイスは製作時期、工場などで使われてるジッパーが全然違います。


正直、現行品や近年のルイスレザーは全くわかりませんが

パーツにお金をかけないで作るんだからどうしても質は低くなるのでしょう。

最近も数枚見ましたが当店で使用してるCLIXの方がはるかに良いジッパーです。

DSC_0307_2017022119034670b.jpg

アルミとニッケルの違いがわからない方も多いでしょう。

上アルミ 下ニッケル

DSC_0302_201702211903202b8.jpg

上アルミ 下ニッケル

少し黄色っぽく見えるのが新品のニッケルです。

DSC_0289_201702211903204c6.jpg

上アルミ 下ニッケル

ここまで見るとなんとなく分かってくるかと。

DSC_0314_20170221190345dfc.jpg

アルミのセット。

現行ルイスのポリテープは退色も変色もしません。

なので物好きの方はメイン、袖先、チケットポケットのテープが見える部分だけ

コットンテープに交換します。

昨年だけでも数件やりましたが全く別物になります。

DSC_0318_2017022119034445b.jpg

ニッケルのセット。

パーツ販売だけでは行いませんが当店で交換依頼いただければ

日焼け加工まで行えます。

日焼け加工の詳細は以前のブログを検索して見てください。

DSC_0320_2017022118424043b.jpg

数年分は作ったと思いますがパーツ購入者さんのほとんどが

複数購入されるのでいきなり減る可能性があります。


ショッピングページ


リペア、ストック用に購入したがどっちの素材か分からない場合は

写真をメールをいただければ確認いたします。


明日は水曜、定休日。

8周年記念のC-Aは1枚巣立ちましたのでもう1枚を掲載予定です。

今週はとにかく忙しかった…

来週もよろしくお願いいたします。




2017..21 ライダース修理 comment0 trackback0

CLIXのダブルジッパー入荷!!

昨日、書きましたが特注品のジッパーが届きました。


イマイチならボツなので何にも使えないところでしたが

このクオリティならばということでパーツ販売いたします!

DSC_2998.jpg

CLIX 栓抜き形 フロント用ダブルジッパー 特注品 綿テープ 53センチ

DSC_2996.jpg

黒のコットンテープにアルミのムシを使ってますので

現行品だけでなくビンテージにも使えます。

あくまでもビンテージに使って違和感が出ないパーツしか

使いたくないのです。

DSC_3004.jpg

今回ボツの可能性も高かったのがこの下側のスライダー。

何とか良い感じにまとまりました。

差込口は強度重視にしてるので安心です。

DSC_3008.jpg

CLIX スクエア形 フロント用ダブルジッパー 特注品 綿テープ 53センチ

DSC_3015.jpg

シングルライダースには絶対にこっちでしょう。

スクエアのダブルはかなり「通」です。

DSC_3005.jpg

栓抜き形がうるさいと思う方にはこちらのスクエアをお勧めします。

昔、サイクロンにも使いましたがちょうど良い大人の感じでした。

DSC_0371_20151026130259c18_20160306141645e36.jpg

以前ですが現行のサイクロンに使った写真がありました。

こんな感じです。

タイトに着てると差込口が壊れますがこれにすれば安心ですね。

寿命は倍に伸びると思います。

DSC_0374_2015102613025864a_20160306141645027.jpg

この時はニッケルで作ってますが今回のはアルミなので

より昔っぽい感じになります。


当店で交換依頼いただければ日焼け加工もできますが

現行品ならわざわざ加工しなくてもいいですね。


コットンテープなだけでも十分と思う方はこのパーツを使って

レザーを縫える方にお願いすれば当店で交換受けるよりも

早く作業できると思います。


今後はパーツの販売をそれほどしないと思いますので

ストックとして確保するのも良いと思います。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


2016..06 ライダース修理 comment0 trackback0

ルイスレザー ジッパー交換

昨日も書きましたがライダースが好きです。

でも、ほとんど着ません。

今年は例年よりも着ようと思っています。


からのライダースの話。

問い合わせが多いのがジッパー交換。

普通に着てても壊れることがあります。

だいたいは差込口が裂けたから何とかならないかって内容です。


最近はルイスレザーのジッパー交換についての

問い合わせが特に多いです。


ビンテージから人気が出て10年以上かけて

現行品が爆発的に売れてるそうです。

DSC_2919_20160303200946270.jpg

個人的には現行のルイスはシャツジャケットかと。

気軽に着れるライダースとしては素晴らしいと思います。


ルイス < ラングリッツと言う当方の見解ですが

あくまでも主観でありそれぞれに良さがあります。


両方着る方は少ないと思いますが感覚としては

ライダースを着ようと思って着る「ラングリッツ」と

気軽にライダースを楽しもうという「ルイス」って感じだと思っています。


5年前にはもうやっていましたが当店はジッパー交換時のみ、

ジッパーの日焼け加工を行っております。


ルイス嫌いだったらこんな面倒でギャンブル的な加工は絶対にしません。

DSC_2917_20160303200947ae6.jpg

これは現行品をオリジナルのような雰囲気にしました。

壊れたから直したいと言うよりも、

ポリテープの見た目が悪いから少しでも良い感じにしたいと言う

カスタムの問い合わせが多いのが現行のルイスレザー。


オーダーいただければ日焼け加工を行ったコットンテープで

特注ジッパーを作ります。

縫製は専門の業者さんにお願いするので

当方は良い感じのジッパーを制作するだけ。

DSC_2924.jpg

たまにベージュテープを使って日焼けした感じを出してる

ライダースを見ますがベージュまで色落ちする事は

ほとんどありません。


物のバランスを考えると中古加工にベーシュは手っ取り早いんでしょうが

私にはその感覚がない。

あくまでも大人のライダースに仕上げます。


簡単な方に逃げないで、

本当に日焼けが出たような仕上げにしていますので

これからの成長が楽しみな1着に仕上がりました。

DSC_2734.jpg

そしてこれは当時物のベルスタッフ。

最小限の変化で最大限の効果を発揮するような仕上げ。

このように40年経過してるビンテージでもベージュになる事は

ほとんどありません。

交換前と遜色ないレベルに出来ました。

DSC_2736.jpg

もともとはビンテージの雰囲気を壊さないジッパー交換をしたくて生み出した技術。

このような方法はおそらく当店でしか行っておりません。


○ジッパー交換時のみしか日焼け加工は出来ません。

○失敗の可能性もあるので持ち込みでは対応していません。

○縫製は専門の業者さんで行うのですが納期がジッパー制作も含めて

おおよそ3か月の納期をいただきます。


このようにお時間をいただきますのですぐに欲しい方には対応できませんが

お待ちいただければお持ちのライダースは進化します。


修理というのは直すだけだと思われていますが

カスタムであり進化させる事だと考えております。


このように当店にルイスレザーの問い合わせが増えたのは

間違いなく特注のダブルジッパー仕様でしょう。


先日、販売用に制作していたダブルジッパーが

ボツになったと書きましたが作り直してもらえる事になりました!!

完成品を見ていないので出せるレベルで仕上がってくるか

不明ですがちゃんと説明したので大丈夫ではないかと

少し期待しております。


入荷次第、ショッピングページに掲載予定です。

これを使って日焼け加工したジッパー交換も可能です。

完成品が納品された段階でアナウンスしますので

興味のある方はお気軽にご相談ください。


この辺の説明はメールだと難しいので

知りたいことがあれば電話ください。


2016..05 ライダース修理 comment0 trackback0

ルイスレザー ジッパー交換 CLIX ジッパー

最近、毎日のように問い合わせがあるのが

ルイスレザーのジッパー交換について。


何度かブログに書いておりますが当店ではパーツの製作のみ行い、

縫製は専門の業者さんにお願いしております。


特注ジッパーを作るのでジッパーの製作に1か月、

縫製に約3か月のお時間をいただきます。

当店もそうですが実績のある修理屋さんは

とにかくオーダーがパンパンなのですぐには修理対応できません。


早く欲しいからジッパーだけ欲しいと言われることも多いのですが

パーツは物によって違うので特注で1本1本対応しております。


最近は現行のルイスがものすごく売れてるようで

現行品の問い合わせが多いのでそうなると

パーツ単品の販売でも良いかと思いましてご用意いたしました。

DSC_2708.jpg

CLIX フロント用ジッパー 綿テープ 53センチ ビンテージ用

DSC_2712.jpg

当店ではもう5年以上このCLIXを使って

ライダースの修理に対応しております。

DSC_2716.jpg

70Sのルイス等にはこの古いタイプの差し込み口が使われています。

強度を考えると現行のタイプの方が強いですが

雰囲気を考えればこちらですね。

あくまでも今の基準なんで普通に使えちゃいます。

DSC_2721.jpg

CLIX フロント用ジッパー 綿テープ 53センチ 強度重視タイプ

DSC_2726.jpg

ビンテージ用と掲載したジッパーとほとんど仕様は同じです。

DSC_2728.jpg

違いは差し込み口としたのパーツ。

こないだ修理オーダーが入ったサイクロンがこのタイプでした。

何枚か見た感じではジッパーのパーツは

統一されていないようなのでこの仕様で作りました。

タイト目に着てる方はストック持ってると安心ですよね。

DSC_2683.jpg

「CLIX」ボールチェーン 15センチ 2個1セット

DSC_2693.jpg

壊れやすいパーツの代名詞はボールチェーン。

手に入る中では最も完成度の高いのが「CLIX」

DSC_2687.jpg

写真はボケてますがCLIXの刻印入りです。

ルイスを着てる方はストックとして確保しといて下さい。

DSC_2697.jpg

「LIGHTNING」袖、ポケット用ジッパー 15センチ 2個1セット

DSC_2699.jpg

ここまでの3種類は「CLIX」でしたが

これは「LIGHTNING」

袖先やポケット等に使われるジッパーです。

DSC_2703.jpg

最近のライダースのポリテープでは味が出ないので

こだわりの強い方には現行品は満足できないでしょう。


あくまでも当時物に使えるパーツにこだわりを持っているので

現行品のアップデートには最適のパーツ達だと思います。


製造メーカーさんの協力でこのレベルのジッパーをご用意しておりますが

当店のオリジナルカスタムパーツであるCLIXのダブルジッパーは

入荷しましたが残念ながら納得できるレベルではなかったので

今回は販売分ございません。


ダブルジッパーは上下のスライダーのバランスが納得できない事が多いので

今回のようにこれを使いたくないと思ったらそれは販売いたしません。

新しい事に挑戦するには代償も大きいですね。

という事でダブルジッパーの入荷は今後未定です。


ショッピングページ


今回確保できた分以降はパーツ販売をしないかもしれません。

確認お願いいたします。

2016..23 ライダース修理 comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -