寒い日はデッキパンツ

今日の東京は真冬の寒さ。

12月早々にダウンを投入するとは思いませんでした。

もちろん下半身は寒くありません。

デッキパンツがあるから。

IMG_0414.jpg

と言っても最初は「OK OIL」

これほどの反響とは思っていませんでした…

入荷分が早々に終わりました。


イメージでは1シーズン分の予定でしたが

物好きはいるんもんですね。

ご新規さんも多かったのでまだ欲しい方がいるのではないでしょうか?

という事でオーダーしたので年末か年始にでも届く事でしょう。

買い逃した方は入荷待ち入れといて下さい。


完売とは言いましたが1個だけ隠してる。

今すぐ欲しい方は店頭でその思いを語っていただければ

お譲りしたいと思います。

image0_20191128131257447.jpg

からの冬の相棒「デッキパンツ」

サーマル、シャンブレー、デッキパンツを

順にお買い求めいただくと快適に過ごせる。

DSC_0001_20191121160925a02.jpg

遅れた秋物みたいな感じになった「WAFFLE QTR」

これは早すぎた春物なので別ですが

リブのあるパーカー、トレーナー等と重ねる場合、

リブとリブは着心地悪いので通常丈のサーマルより

快適に過ごせるのでオススメです。


そんなメッセージを込めてオリジナルアイテムは

スケジュールを組んできました。


このクラシックラインは来年にも続いていくので

どんな感じにしようか絶賛悩み中。

来年も楽しみにしてて下さい。


12月〜2月までは打ち合わせ地獄なので

早々に集めて置いた材料をどうやって形にするか?

楽しみながら苦しんでおります。

image0 2

話は戻りましてデッキパンツ。

今年モデルのシルエット抜群に良い。

完成形というと次がないように思いますが

それくらいの覚悟と熱量で作っています。


販売価格を高いと感じてる方もいるかもしれませんが、

当店のオリジナル商品はものすごくコスパが高いです。


こんなすごい生地で、パーツでこの価格。

小さな店の手売りだから出来るギリギリです。

出来る事は自分でやってと、

とにかく他の人の手間を減らしてコストカットしてます。

DSC_0224_20191027135504700.jpg

生地とパーツとサンプル製作にお金をかける事で

お支払いいただいてる金額以上の満足感を

楽しんでいただけると思います。

DSC_0050_2019102713550549c.jpg

これは企業努力でしかありませんので

多くの方にお買い求め頂いておりますが

まだ赤字です…


価格相当の生地に落とすだけで黒字になりますが

それは違う。


商売ですが、商売ではない。

自分が着たい服がないから作る。

だから質を落としてまで利益に走る意味を感じていない。

それがうちの物作りです。


ショッピングページ


季節に合わせた相棒を選んでみて下さい。

よろしくお願いいたします。


2019..07 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型デッキパンツ 7

毎日愛用してる新型デッキパンツ。

昨日の夜にブラックを洗濯したんですが

朝にはそりゃあ乾いてない。


オリーブを穿こうと思ったら無い。

洗ったの店に忘れてたあ…

しょうがないのでいわゆるジーパンで来たんですが寒い。

早々に穿き替えていつもの感じとなりました。


何がそんなに違うかって

いわゆるジーンズは仕掛けが何も無い。

なので春と秋のわずかな期間にしか穿けません。


夏が暑くて、冬は寒くて、春と秋が短い。

夏なんかは熱帯化しコンクリートジャングルに熱を閉じ込める。

冬はそれの逆で冷えたコンクリで冷蔵庫状態です。


アメリカの西海岸でも下の方に最適なのであろう

13oz前後の重さで作られてるジーンズは日本の気候には合わない。

これはまぎれもない事実である。

image0_20191128131257447.jpg

で、うちのデッキパンツ。

これは明確に着用期間を設定してる。

10月〜4月の秋冬専用です。


これを穿いてしまうと冬場にはデッキパンツしか穿けなくなります。

昨年からデッキパンツを作って思いますが

こんな素晴らしいズボンはそれほど多くはないでしょう。

image0 3 (1)

これが昨年モデルのダークネイビー。

1シーズン愛用でこの雰囲気。

下手な写真で伝わりませんがかなり良い感じです。

Sサイズが1本だけあるのでサイズの合う方には非常にオススメです。

image0 7

裾幅の話を続けてましたね。

これから本題に入ります。


昨年も今年も裾は幅広のダブルステッチ。

めんどくさいから裾上げしたくないんですが

この雰囲気にはかないませんね。

image0 2

うちのデッキは素材が良いと言ってますが

触っていただければ多くの方に伝わると思います。


5万円のスーツと30万円のスーツって

ぜんぜん違う素材使いますよね?

そう言う事です。


ジャングルクロスって表の畝が目立つのでそこに注目されがちですが

うちのように裏地のない一重で使わないと裏が見えません。

image0 6

ジャングルクロスは40年代の最高峰。

防風性と防寒製のバランスはもちろんですが風合いが良い。

それと大事なのは裏起毛。

この裏起毛が寒くないパンツの正体です。

image0 5 (1)

ベージュの1シーズン愛用品。

いい感じにくたびれてこの感じ。


クラシックなスタイルで愛用できるパンツとしては

本当に素晴らしい完成度です。

image0 4

先ほどまでの写真で見つけた方は通です。

昨年と新型では脇の仕上げを変えています。


昨年モデルは片返し、新型は脇割。

ワークパンツ的な仕上げと、ジーンズ的な仕上げに変えました。

これは後に作るであろうジーンズへの布石です。


昨年がどストレートの太め。

今年は腰回りは細くないが裾が細め。

こうなると膝にかかる負担が変わる。


膝のスレが激しくなったり、穴になったら修理が必要になるので

修理屋が作る服は修理しやすい構造にしておかねばならない。

人が作った物を真似して服作ってる人が多すぎて

直す事なんて考えられてる服はほとんどありません。


無知な服作りのシワ寄せは修理屋にしかきませんから

後世に迷惑をかけない、何か学べる服を作らないとみっともない。

技術屋とはそう言うもんだと思っています。


ショッピングページ


うちのデッキパンツは洗濯機で洗えます。

40年代のデッキJKTやN-1の袖が縮んでジワが強く出て壊れるのは

表と裏の縮率が違うのを普通に洗っちゃってるから。


裏地がありませんので縮んでも問題なし。

縮み分は裾上げ時に長くしてるので日常着として

気兼ねなく洗濯機に投げ込んでください。


これが日常着に特化した神経質なジーンズ修理屋が作る服です。

よろしくお願いいたします。


2019..28 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

LANGLITZ LEATHERS カスタム コロンビア

デッキパンツの説明途中ですが、

クリーニングに出してたラングリッツが届いたので

今日はそれを紹介します。


冬になってくると日の高さが変わる。

いつもの場所で写真が撮れないので今日は入り口の横。

DSC_0003_20191124115037f18.jpg

83S オールド LANGLITZ LEATHERS スタンドカラーのコロンビア

私が今、最も欲しい形がスタンドカラーのコロンビア。

まさにこれ。

自分で着れればラッキーだと思っていたら少しデカイ…

DSC_0006_20191124115037929.jpg

しかも私のバイクと同じ83年。

これは惜しかった…


と思っていたら届いた時はTシャツの時期だったからで

サーマル着ちゃうと意外と着れちゃう。


なので売れなかったら自分で着ます。

DSC_0007_20191124115036d0a.jpg

バイク乗りがオーダーしたんでしょうね。

通好みな仕様になっています。

衿にはスナップボタン無し。

DSC_0010_20191124115035001.jpg

ジッパーはデカタロン。

80年代の特徴です。

DSC_0012_201911241150356d5.jpg

ハンドポケットは洋ナシ型の刻印無し。

昔は嫌いだったけど今は好きなスライダーです。

DSC_0014_20191124115116f03.jpg

袖はコロンビア袖。

ガゼットが開かないタイプがコロンビアで、

開くのがキャスケード。

DSC_0017 (1)

レザーの質感は素晴らしいの一言。

80年代のカウレザーは質が高いですね。

DSC_0019_20191124115115f6a.jpg

珍しくスナップがブラックです。

表面がハゲて下から金属の色が出てくる。

ダールのブラックはこれが魅力ですね。

DSC_0027 (1)

差込口も問題無し。

サイドレースがある利点はジッパーの痛みが

緩和されるところにもあります。

DSC_0041_201911241151578e5.jpg

サイドレースはカットされて変な感じだったので

手持ちのレザーシューレースに交換しました。

DSC_0021_20191124115115228.jpg

絞り方で表情が変わるのもポイントですね。

昔嫌いだった物が好きになる例としてこのサイドレースがある。

DSC_0023 (1)

機能的で、造形も美しく、何よりも使える。

自分でライダース作るなら付けちゃうだろうなあ。

DSC_0024 (1)

これを理解できる方は大人ですね。

まだフリンジだけは理解できてないので

私はまだ子供です。

DSC_0037_20191124115158700.jpg

着丈の長さが嬉しい。

コロンビアでこの着丈は貴重です。

DSC_0043_201911241152107f5.jpg

痛みやすい首もコンディション良好。

60年代のモデル以外は

ここが痛んでるとうちでは扱わない。

DSC_0030_20191124115159de1.jpg

タグも綺麗。

USA表記の入らない80年代前半のタグ。

縫い方も囲まないタイプ。

DSC_0031_2019112411515909b.jpg

裾も綺麗。

ここが毛玉になって、スレて続けて薄くなるんですが

ナイスですね。

DSC_0034_20191124115158508.jpg

もちろん反対も綺麗。

綺麗な個体でしたが夏に届いてたので

クリーニングに出してあります。

クリーニングの納期が現在は3ヶ月なのでこの時期となりました。


ラングリッツはかなりの枚数を見てきましたが

同じカウレザーでも質感、雰囲気、匂いが違います。


60年代はホースハイドが中心、

70年代はレースっぽい使用が多く普通のライダースが少ない。

なので情報も少なく、ランウリッツで最も混沌としてる。


80年代はバランスが良くて綺麗な個体があれば当たりが多い。

このライダースがまさにです。

80年代のカウレザーはだいたい同じ匂いがします。

カビ臭いのとは違うんですがクリーニング出しても残るので

たぶんなめしの関係なんでしょうね。

詳しい革屋さんがいたら教えてください。


90年代も良いですね。

カウレザーなら80〜90年代が好みです。


00年代はゴートが素晴らしい。

60年代のホースより分厚いゴートは見事。

カウも良いが裏地も変わって分厚くなりすぎるのが難点。


このように各年代でいろんなのがあります。

私のは裏地が分厚すぎて根気負けしてるからぜんぜん着てない。

これは勉強代です。

今物を知らずにオールドモデルは語れない。

どっちにも良さがあるのでマイナスをプラスの感情が上回れば

それは最高の相棒となります。

DSC_0003_20191124115037f18.jpg

クリーニング前に1時間くらいかけて掃除してます。

それを出してますので日本で販売されるライダースとしては

最も管理されてるラングリッツだと思います。


ショッピングページ


通販の場合、サイズ感は電話でもいただければ

だいたいでご説明しますのでお気軽にお電話ください。


2019..25 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型デッキパンツ 6

東京は水曜日から冬みたいになってきました。


昨年もそうでしたが秋が短く、

ライダースを着るメインシーズンが

どんどん少なくなってきてますね。


今年は春も着なかったので秋は着ようと思っていましたが

今日みたいな雨だと濡れるし、寒いから無理だしなあ。

皆さんは天気の悪くない週末に楽しんでください。


さて、飛び飛びとなったデッキパンツの続きです。

DSC_0224_20191027135504700.jpg

デッキパンツにはジャングルクロスと呼ばれる

コットンの素材を使っています。

その中にもたくさんの種類があり、ポリ混もあれば

コットンだけど厚みがなかったり、

畝の出方がイマイチだったり、単純に物が悪かったりと

私がオーダーメイドで作るにはどれも使わないような生地ばかりでした。

DSC_0050_2019102713550549c.jpg

その中で最後に見つけたのがうちで使ってるジャングルクロス。

生地屋さんには高いから誰も使わないと言われましたが

コストの事なんて考えてないから使えた素材です。

IMG_E0212.jpg

昨年はベージュとダークネイビー。

今年はオリーブとブラック。

自分で愛用する物しか作らないので

このようなカラーバリエーションとなります。

DSC_0004_20191027140956856.jpg

メインは黒で少し少なくオリーブのイメージでしたが

サンプルのオリーブがあまりに良すぎて

同量の生産となりました。


どっちが良いかと言われれば

もちろん両方良いです。

なので店頭では2色購入の方が多い。

本当にありがとうございます。

期待は裏切らないので安心してください。

image0 4

これがアップの質感 良いですね。

それなりにいろんな生地を触ってますが

こんな良いのを使ってるパンツは無いでしょう。


この写真で気づいた方は素晴らしい。

縫製にはポリ糸を使っています。

これは狙ってのチョイスです。

image0 3

質感と雰囲気は綿糸の方が良い。

ですがこれは私のギア。


下半身の筋肉は大きくて強い。

それにお尻もあって、ジャングルクロスが分厚い。

そうなると10年とかは問題ないでしょうが、

ノーメンテナンスで穿く期間を後ろ倒したいから

ポリ糸のチョイスとなった訳です。


おじさんの休みの日パンツとして作れば綿糸でも良いんですが、

2色で10月〜4月までローテだし、バイクにも乗るしって考えると

売り文句を増やすより実用性を考える。

これがうちの機能美な考え方です。

image0.jpg

糸では実用性を前面に出しながらジッパーはこれ。

グリッパーのダブルピンで60年代のデットストック。

この価格で販売するパンツにこの付属品のチョイスは

当店にしか出来ないやり方です。


ちなみにこのジッパーは構造が単純で、破損の心配が極めて少ない。

物として非常に完成度が高いので多くのジッパーの中でも

見た目と実用性のバランスが最高峰です。

image0 2

黒はタロンで作ってもらいました。

40年代のジャングルクロスを使ってるパンツには

その年代のジッパーを付けたかった。


が、

オリジナルですとデットで1本1万円みたいな感じだし、

本数も手に入らないのでレプリカです。

シルバーが使われる事が多いんですがひねって黒。


黒いパンツに黒いジッパーの組み合わせ。

金属を加工して黒にしてるので使うと下から

アンティークっぽいゴールドが出てきます。


うちの服は素材もジッパーも経年変化も楽しめる。

素晴らしいですね。

ジャングルクロスの表畝とジッパーで今日の話は終わり。


次は裏起毛の話と、

この素材は意外と雨の日に活躍してくれる話です。


つづく
2019..22 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE QTR」 登場

まだデッキパンツの紹介が終わっていないのに

12月発売予定だったスポットアイテムが入荷しました。


なので今日も脱線です。

物作りって売る為の物作り、売れる物作りが一般的です。

90%以上はそれですがうちのような小さな店でそれやる意味はありません。


うちは製作者の生活に密着してるかなり狭き門な物作り。

今回のスポットアイテムもそんな日常から切り取られた

針の穴に糸を通すようなアイテムとなります。

DSC_0001_20191121160925a02.jpg

この質感、配色は「WAFFLE」ですね。

これはモデルチェンジを繰り返した三代目。

若い子に人気の三代目とは違い、

華やかさのないおじさんのインナーです。


このおじさんのインナーには自信がある。

20枚近いサンプルを作ってたどり着いた三代目は

サーマルの完成形だと思っています。


日常生活、バイク時も想定したサイズ感で作りましたが

作業中だけは袖が邪魔になる。

寒いから短いとダメだけどミシンを扱う時だけは

もう少し短くて良い。


そんな話を知人としてたら同じ悩みを抱えていた。

悩みというには大げさなんですが

針の穴ってそういう事なんですよね。

DSC_0008_2019112116092404c.jpg

で、新たに製作したのが「WAFFLE QTR」

骨格は完成形の三代目。

それをベースに7〜8分袖に仕上げたクオーター丈バージョンです。

DSC_0029_2019112116092483a.jpg

ワッフルのモディファイド。

言い方ですがかっこいい。

DSC_0027_2019112116092390e.jpg

安心、安定の「WAFFLE」をリブ無しの筒袖にしたバージョンです。

人によって長さの感じ方が違うので通常版だと長いなあって方には

ちょうど良いかもしれません。

DSC_0017_2019112116092239a.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE QTR」

同じような商品ページが増えると紛らわしいので

「WAFFLE QTR」は1つのページで4色の販売にしました。

これは今年の新色で生成り。

DSC_0023_20191121160922ab5.jpg

いつもですと白と黒のツートップだったんですが

今年は白がないのでセンターフォワードがブラック。

DSC_0024_20191121160937843.jpg

グレーはいつもだとサポート的な万能選手。

ディフェンスもボランチもサイドバックもできるんですが

「QTR」になった事でウイングまでこなせるようになりました。


今回の4色ではグレーが最も脚光をあびるでしょう。

1サイズあげての単品着用を考えても最高かと。

野球だと外崎ですね。

複数ポジションこなせるユーティリティプレーヤーは

国際大会でも必要な存在になります。

DSC_0033_20191121160936cb0.jpg

いぶし銀のネイビー。

ベテランのキーパーって感じかな。

ベンチに置いといても頼りになる存在ですが、

スタメンでもかなり良い選手です。

DSC_0001_20191121160925a02.jpg

うちのワッフルはサーマル界のロールスロイス。

大げさな言い方ですが、袖を通していただければ

違いを感じていただけると思います。


品質の良い物を肌に一番近いところで着てください。

つまらないネームにお金出すよりも品質にお金を出す人の方が

人生は豊かだと思います。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。




2019..21 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 12
2019
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -