今年の夏の方向性

ジーンズ修理の忙しさで

全体的に後ろ倒しになってしまったのですが

新しい事を進めています。


昨年は新ライン「BLOCKS」を発表しましたが

今年はそれの進化版を作っています。


アメリカの空気感を直し屋的に表現した「BLOCKS」を

さらにうちらしい感じに。


生地選びからスタートして、シルエットは完全オリジナル、

縫製も東北で手作りの「ALL JAPAN」


アメリカの空気感にこだわり続けてきたのになぜ?

と思われるかもしれませんがアメリカ製の良い部分と

悪い部分をちゃんと見てきた当店にしか出来ない

ゼロからの物作り。


完全オリジナルのファーストアイテムは「ポケT」

流行りものは何年も着れません。

今っぽくなくて、かといって古臭くなくて、

少しクセがあって、愛らしい。

何年も着込めるギアにはスタートしてから数ヶ月かかりましたが

やっとサンプルも出来て、修正ポイントも見つかって、

1ヶ月後くらいに販売予定です。


こだわりを詰め込んだポケTに付ける新しいタグも作ってます。

これが思うようにならずに作り直しまでして大変でした…


うちのような小さな規模のお店が

完全オリジナルで物作りをするにはリスクしかありません。


初めてなので1つ形にする事がゴールではなく、

これを煮詰めて、自分で着て、皆様にも着てもらって、

新たな修正点を見つけながらギアとしてのレベルを

少しでも上げていけたら良いと考えております。


が、単純に売れなければこの企画は継続できませんので

そうならないように物好きの皆様に

興味を持っていただけるように最後の修正、調整がんばります。




2017..13 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「NEXT ADVENTURE」

新しいコンセプトで不定期に製作してる

「NEXT ADVENTURE」の新作を作りました。


コンセプトモデルとして作りたい時に作りたい物を作る。

同じ物は作らないから全てが完全な1点物です。

これが第3弾でとりあえず今期はこれで最後となります。

DSC_0060_20170610120014e75.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「NEXT ADVENTURE」SEABEES C-A

パッチ付ける予定ではなかったんですが

全体のバランスにハマったので途中からシフトチェンジして

このスタイルになりました。

DSC_0105_20170610120222735.jpg

何となくのイメージで作り出すのですが

決まり事はなく、完成形は予定と全く違います。

そこが良いのです。

DSC_0070_20170610120011c08.jpg

強烈です。

ユーティリティシャツとベイカーパンツの融合。

今作は4個1のハイブリット。

DSC_0078_20170610120009fdc.jpg

民間の2ndがベースでベイカーパンツのバックポケットを胸に。

DSC_0076_2017061012001024a.jpg

グリーンとネイビーの組み合わせ最強。

カンヌキとかジッパーでネイビーをポイントにしていましたが

やっぱり「SEABEES」合わない訳がない。

DSC_0085_2017061012005851e.jpg

左胸にはベイカーパンツのフロントポケットに

コンマージッパーを移植したオリジナルのジップをセット。

脇側からも物を出し入れ出来ます。

DSC_0088_2017061012005708e.jpg

ジッパープルもレザーで作りました。

テープとムシはWALDESにオーダーした特注品。

スライダーと同年代のブルックス製レザーパンツのレザーと

パーツへのこだわりハンパない。

DSC_0069.jpg

袖は細めの筒袖。

ロールアップがオススメです。

DSC_0082_201706101200590c0.jpg

衿は濃紺の縫込み。

ここもグリーンとネイビーの組み合わせを

主張しすぎない程度に主張する。

DSC_0102_201706101200544da.jpg

裾には大きめのカバーオール型ポケット。

この1着で手ぶらで外出出来ます。

DSC_0093_20170610120055cb2.jpg

500ミリのペットボトルも入ります。

スポーツドリンクと水かお茶みたいに数本入ります。

DSC_0090_201706101200554a1.jpg

機能美。

この上着にはドーナツボタンも良く似合う。

DSC_0112_2017061012022186f.jpg

このシリーズにか刻印しない特別なスタンプ。

DSC_0066_20170610120013e79.jpg

ハンティング、トラベル、アウトドアからインスピレーションを受けた

このシリーズは旅に出たくなるアイテムをイメージしてます。

ただし、旅というのは旅行に行く事だけではありません。


買い物に行く、街に出る、公園に行く…

日常から少し抜け出す気持ちを後押しする、

そんな1着になると思います。


ショッピングページ


確認お願いいたします。

2017..10 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新作ユーティリティ

昨日はグローブを洗った話。

誰も興味ないと思いますが今日もグローブ洗いました。


今日はほとんど使っていないグローブで通勤しましたが

使っていない理由を忘れてました。

指先の滑り止めが滑ってスクーターくらいにしか使えなかった事を…

洗ってるグローブで帰ります。

DSC_0428_201706041251180ff.jpg

今日、外人さんがお店に入って来て

「ナイスなバイクだ!」

と褒めてくれたので久々にバイクの写真を撮ってみました。


16966年のハーレーダビッドソン社製アーリーショベルのエンジンとミッションを

70年代のアレンネスフレームに載せたドラッグとディガーの中間的なバイク。

久々に横から見たら完全にディガーですね。

こんな古い乗り物が毎日の通勤に使えるんだからすごいなあ。


ちなみにほぼ全てのパーツをワンオフしてるので

何もポン付け出来ません。

お金と時間しかかかっていませんが未だに未完成。

フロントフェンダーはタイラップ止め、シートは代用品をロープ締め。

早くシート出来ないかな…

DSC_0304_20170604124611754.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「ブルゾン型カバーオール」

前回のブルゾン型が良かったので仕様違いで作りました。

ブルゾンちえみさんに寄せすぎた表現だと言われましたが

着丈がそれほど長い訳では無いのでやっぱり表現としてはブルゾンになります。

DSC_0292_20170604124613fe1.jpg

ベースはMサイズの1stユーティリティ。

お探しの方はご存知でしょうがMサイズの現存数がSよりも

はるかに少ないのでベースの確保が大変です。

DSC_0291_20170604124850189.jpg

袖はロールアップした方が良いと思ってますが

そのままでも良いですね。

DSC_0299_20170604124610c14.jpg

ロールアップしない方がカバーオール感が出る。

ロールアップするとシャツ感も出る素晴らしい上着。

DSC_0312_201706041246095fa.jpg

日差しが強すぎて色味が出ない…

DSC_0318_2017060412464194a.jpg

ボタンは黒のドーナツ。

ポケットの付け根は機能美の丸補強。

DSC_0321_20170604124640204.jpg

大きめのパチポケはオリジナル設計。

相性の良い別年代のコットンサテンでまとめました。

DSC_0325.jpg

使ってるパーツは昔からアメリカにある物なので

直し屋的ユーティリティへのオマージュと言うか、

官給品がこれならカッコ良かったのにねって思う仕様です。

DSC_0308_20170604124610440.jpg

スタンプ刻印の1stだから50年代の後半。

ジーンズだったら数十万円なのにユーティリティだと数千円。

もう少し評価されても良いと思う。

DSC_0329.jpg

今回はスタンプを見せたかったので

見返しにタグ付けました。


ショッピングページ


確認お願いいたします。



2017..04 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 6分と7分袖のユーティリティ

朝からブラグがカブってプラグ交換してから大汗で出勤。

いつもより1時間早く出てるから時間的には問題ないが

疲労感はものすごい。


からの

掲載品の写真を撮ってる途中でゲリラ豪雨…

日差しが戻って写真を取り直し。

何点掲載するか悩んで今日は4点にしました。

DSC_0047_2017060116050323e.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 

7分袖ユーティリティ 緑衿&月桂樹 15ハーフ


DSC_0062_20170601160501d69.jpg

カスタムユーティリティが定番化してから

非常に人気の高い半端袖のユーティリティ。

衿には緑の縫込み入れました。

DSC_0056_20170601160500c5c.jpg

ボタンは久々に月桂樹。

味のある緑色コットンサテンに合いますね。

DSC_0059_201706011605022e5.jpg

左袖には矢印のパッチ。

全体のバランスを重視したカスタムサンプルです。

DSC_0071_2017060116150758d.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 

7分袖ユーティリティ 緑衿&13スター 16ハーフ


DSC_0095_20170601161503e1c.jpg

ボロとは言えない味わい深いボディを使いました。

細かい傷はローカルっぽく修理済み。

DSC_0093_20170601161504986.jpg

衿は緑の縫込みでボタンは13スター。

最近、カスタム依頼の多い仕様ですがサンプルもないので

カスタムサンプルとして製作。

DSC_0084_20170601161506451.jpg

ボタンホールが少し緩かったので

補強と見た目の両立的なカスタムと言うか修理。

DSC_0087_20170601161505426.jpg

貴重な16ハーフなので大きめサイズお探しの方にオススメです。

DSC_0128_20170601162227612.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 

7分袖ユーティリティ 黒衿&黒ドーナツ 16ハーフ

DSC_0142_201706011622245f0.jpg

2トップは先ほどの緑縫込みと13スターと

この黒の縫込みと黒ドーナツボタンです。

DSC_0141_20170601162225af7.jpg

ペンキ、小傷、ローカル的リペアのバランス良いです。

これも貴重な16ハーフ。

今のところ確保できたこのサイズはこれで終了。

DSC_0145 (1)

袖の長くも短くもない半端なこの丈は個人的にもかなり気にっています。

春はもちろんですが夏場のクーラー地獄や秋にも最適です。


3枚もとコンプリートモデルで16,200円

縫込み5,400円 金属ボタン6,480円 ベース6,480円 

袖上げ1,620円と考えればかなりお買い得です。


ショッピングページ


確認お願いいたします。

15ハーフ、14ハーフは掲載品以外にもありますので

気になる方はお気軽にご相談ください。


2017..01 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY フルステッチ カバーオール

1ヶ月前には完成していましたが眺めてました。


2ポケスタイルの夜戦型で作ろうと形にしたんですが

洗濯前に胸ポケ付けようか悩み出しちゃって、

洗濯してから決める事に。


洗ったらやっぱりこの空気感すごく良い。


が、見れば見るほど胸ポケ付けるか悩んでましたが

1ヶ月間、毎日のように眺めて

やっぱりかっこいいのでこれで完成となりました。

DSC_0001_20170529122809776.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「フルステッチ カバーオール」

自称ですが「世界で一番のユーティリティ」

興味のない方には何も響かないと思いますが…

DSC_0009 (1)

ベースは1stユーティリティシャツ。

ベストで1回だけ作りましたが墨黒で縫込み入れたC-Aは初挑戦。

DSC_0017_20170529122806eff.jpg

ボコボコ感は洗い込むとさらに出てきます。

洗濯すら楽しいユーティリティ。

DSC_0020 (1)

衿の縫込みがエスカレートしてこのスタイルが生まれました。

C-Aはこれで6枚目ですが全てが仕様違いです。

DSC_0023 (1)

元々の1stは開衿なのでトップと下のボタンの距離が長い。

真ん中にスナップボタン打ち込んでバランス調整しました。

スナップにワッシャー入れて強度も問題なし。

DSC_0031 (2)

黒いスナップボタン、黒のドーナツボタン、墨黒の糸を

緑色のコットンサテンに馴染ませる。

DSC_0035 (1)

胸ポケはいつもより縦長でパチポケの上に

ステッチが出るようにしてあります。

間延びしない絶妙なバランス。

DSC_0047_201705291229085f8.jpg

パッチ外しの跡とポケット外した色落ちが表情を引き立たせる。

DSC_0039_20170529122909874.jpg

緑系のベースにカーキ系のポケットを付けたツートン仕様。

全体は縦縫いですが目立たせる部分だけは縦横に縫込み。

DSC_0052_2017052912290609f.jpg

大きめのパチポケには手荷物のほとんどが入るでしょう。

かばん持ちたくない人には最適なサイズ感。

DSC_0013 (1)

スレやすい袖先と裾にも縦横の縫込み。

強度を上げてくれるのと見た目の両立。

DSC_0054_201705291231178c6.jpg

背中もすごいです。

物好きがこれを見たら二度見するでしょうね。

DSC_0061 (1)

ボコボコの出かたは縫い方で均一な部分とバラつかせてるので

同じ表情の部分が存在しない。

DSC_0059_2017052912290582d.jpg

2年着用した緑の縫込みC-Aもベストもものすごい事になっていました。

これもどれだけすごい事になるのか楽しみです。

DSC_0063_20170529122944a66.jpg

縦長の内ポケット。

大きなスマホも問題なく入ります。

DSC_0065_201705291229437f9.jpg

ポケットも入り口とそれ以外で縫い方を変えています。

これには狙いがありますので数年後に見せてください。

DSC_0004_201705291229425da.jpg

日差しが強すぎて見にくいですが

現物が醸し出す雰囲気はこんなものではありません。


お越しいただける方は現物を見て下さい。

通販で買うには悩む方もいると思いますので

興味のある方はお電話ください。

身長、体重で着用感をイメージしたいと思います。


ショッピングページ


確認お願いいたします。

2017..29 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -