デニムのデッキパンツ 製作日記 その7

長々と製作日記を書いてきましたが

これにて完結です。


今日の写真が販売品です。

未洗いでの着用は考えていませんので

Mサイズの1WASHを撮影いたしました。

DSC_0077_20200531164556c99.jpg

これまでの写真は私が穿いてるサンプルでしたので

20回は洗濯した個体でした。

なのでこの1WASHとは色がぜんぜん違います。

DSC_0081_20200531164558ecd.jpg

写真技術のない私の撮影では同じ物を撮影しても

このように感じが変わってしまう…


どちらにしても表情が良いですね。

レプリカではないのでドス黒くて、

濃淡を出すためのデニムではありません。

DSC_0085_20200531164601ecf.jpg

これが噂の直し屋オリジナルボタン。

うちの規模でこのレベルのボタンを作るって凄い事です。


ボタンサイズがトップ下も同じです。

ボタンが小さい理由は私には分かりません。

指の動きが悪いので大きい方が使いやすいからそうしただけです。

DSC_0088_20200531164602843.jpg

新品に見えないこの雰囲気。

見た目だけじゃなくて、ボタンの形(作り方と構成パーツ)から

好みの話ですがこれ良い良いボタンを知らない。

DSC_0090_20200531164604dee.jpg

タグは全て当店で手押し。

簡素化し、構成パーツを採用限まで削ぎ落とした

当店の物作りを感じてください。

DSC_0092_20200531164606bb2.jpg

使いやすいポケット。

今回のステッチカラーはグレーです。

綿糸なのでデニムとともに風合いの変化も楽しめます。


私がこのタイプのポケットにこだわる理由は

使いやすさだけではありません。

ジーンズ修理で最も難しいのはフロントポケットです。

これはカーブ、デニムが重なる、袋布もあって、それが脇に入る。

しかもリベットが打たれてる。

この構造を直すのは困難です。


厳密に言うとどのジーンズも付け焼き刃と言うか、

昔に合った物の再現でしかなく、

直して使いやすい構造ではない。


壊れにくく、壊れても直しやすい構造って考えると

これ以上のポケット構造はありません。

DSC_0057_202005281511372c1.jpg

着用感にもこだわりました。

いつも長ズボンを作る場合、バックヨークは付けません。


それにプラスで今回は脇の重なりを最小限にしました。

脇割のまま、上のベルトに入りますのでほぼノンストレス。

このパンツ最大のポイントは実はここです。

DSC_0082_20200531164559cfe.jpg

裾は太めのチェーンステッチ。

悩みに悩んで上糸20番×下糸30番の組み合わせにしました。

このデニムの特徴と縮みと、

チェーンステッチの糸調子を合わせるのが本当に難しい。


これで完璧だとは思いませんが落とし所としては悪くないかと。

この作業は工場でお願いできなかったので

全て当店で行います。


アポイントのお客さんにはその場で縫って納品します。

通販の方は数日いただいてオーダー順に縫って発送いたします。


その辺の説明はショッピングページの注文画面でご確認ください。

ざっくり言うと6/1(月)午前中指定とは対応できません。

平日の19〜21時とか、土日の午前中とかそんな感じには対応できます。

DSC_0095_202005311646075ed.jpg

バックヨークのないお尻。

でもこのポケットのバランスから物取りさは感じないですね。

DSC_0103_20200531164611a1b.jpg

いろんな物を削ぎ落とし、

本当に必要なものだけで構成してるのに

単純にかっこいいと思う。

DSC_0097_20200531164608d87.jpg

その縫い方、糸の太さ、負担のかかる部分と逃げる部分のバランス。

壊れても修理がしやすい構造は修理屋ならでは。


私以外の人でも見ればどう直すのが最適かを判断するのが楽です。

とは言っても修理は私がやった方が良いと思います。

DSC_0098_20200531164610b10.jpg

レーヨンじゃなくて、コットンのネーム。

デニムは綿、糸は綿糸、ネームも綿。

基本的に全てが昔からある物で今を作りました。

DSC_0081_20200531164558ecd.jpg

これが私なりのデニムパンツです。

日常着としてとにかく穿き心地が良くて

最高以外の表現が今はない。


色落ちとも良いですが、

縦落ちやヒゲを入れる事は考えず、

ただ洗濯機に投げ込んでください。

DSC_0103_20200531164611a1b.jpg

最後に洗濯方法を紹介します。

あくまでもこれは私の推奨なので絶対ではありません。

参考程度に読んでください。


洗濯機を満水にし、それに適量の洗剤を入れてください。

デニム専用みたいな洗剤じゃなくて良いです。

漂白剤は入っていない方が良いですが

入ってるのしかなければそれで良いです。

最初は糊も落ちるので単品で洗ってください。

次からは数本でも良いです。


ボタンを全部閉めて、裏返して入れてください。

もちろん脱水もしっかりかけてください。


終わったら表に返し、干してください。

構成パーツが全て裏ではなく、表に出してるので

表で乾かした方が早いです。

以上です。


次からの洗濯は同じ事をしてください。

最初の洗濯に比べて次からはデニムの色抜けが減ってきます。

数回の洗濯後は黒物と一緒に洗濯しちゃって良いです。

間違えても白物とは一緒に洗濯しないでください。


私は臭くなるくらいなら漂白剤入れても良いと思っています。

雑菌の繁殖した臭いジーンズ穿いてる人とは価値観が合うと思えません。

なのでジーンズは洗って当たり前だと思います。

この話は長くなるのでこの辺で。


絶対にやって欲しくない事が少しあります。

○乾燥機に入れないでください。

これは縮みが出すぎる可能性があるからです。

それと変なシワが付いて、そこが色落ちして変になります。


○洗濯しないで濃淡を出そうとしないでください。

個人の自由ですが洗わないデニムは密度が下がるのと、

汗、油、汚れによって天然繊維であるコットンが弱ります。

それを続けると洗濯してもデニムの密度は戻りませんので短命になります。


それと雑菌の繁殖で臭くなりますし、

洗ってないジーンズはトイレより雑菌が多くなります。

コロナを考えると1回の着用で洗濯する事をお勧めします。


○糊を付けないでください。

これも個人の自由ですが物を短命にします。

数年穿いて、その後は飾りで良ければご自身の判断でやっても構いません。


硬くなった筋肉がぎっくり腰、40肩、50肩の原因だとすれば

硬くなり、自由を失ったデニム組織がどうなるかを想像してみてください。

しかもそれの洗濯回数が少なければ寿命を劇的に減らします。


これはジーンズの修理屋としての経験から

壊れた物だけを見てる私の思いを表現したデニムです。


手に入れたらオーナーさんの自由ですが

作り手の思いだけは伝えないと無責任だと思うので書きました。


とは言っても簡単に言えば

何も気にしないで洗濯機に投げ込んでください。


ショッピングページ


無駄に長い製作日記に

お付き合いありがとうございました。


皆さんの日常生活がこのデニムを使用する事で、

少しでも豊かになれば幸いです。


よろしくお願いいたします。

2020..31 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

デニムのデッキパンツ ショッピングページでの販売について

店舗の再開まで、定番商品として展開するアイテムも含め、

特別価格で販売しておりました。


悩んでる方もいたと思いますので

今月中までに延長いたします。


シャンブレー、デッキパンツ、ラングリッツ等…

普段ではやらないSALEになります。

気になってる方は今日を入れて2日ですが

ご検討いただければと思います。


ショッピングページ


嬉しい事にデニムのデッキパンツについて

多くの問い合わせをいただいております。


今日からアポイント制で物販のみ再開しました。

まだ毎日は開けないのでお電話で予約時に確認してください。

明日は埋まってしましたしたので

土日希望の方は来週の予約でお願いいたします。


店頭で数名ですがお客さんに着用いただいた感覚を

通販に役立てればと思っています。

コロナ時代に入った事で通販の販売がより増えます。

出来る限り通販でお買い求めやすい説明が出来ればと思っています。


今回のパンツは丈上げを当店で行います。

発送までの作業に少し時間をください。


いつものように例えば6/1(月)午前指定のような

日時の指定には対応できません。

平日の19〜21時指定とか、土日の午前中みたいな

大まかな指定にのみ、対応可能です。


指定があれば備考に書いてください。

何も指定がなければ最短で注文順に発送いたします。


今作からサイズ感の見直しをしたので

サイズ感の問い合わせが多そうです。


昨年までSサイズの方はMサイズ。

Sサイズで少し大きいと感じてた方はそのままSサイズです。


Mサイズの方はMのままか、Lサイズに変わります。

Sサイズと同じように、Mサイズでもサイズが変わる方が多いと思います。

1サイズ上げるか、そのままかの悩みです。

ここは店頭で穿いていただいた感じを問い合わせいただければ伝えます。


Lサイズの方はLサイズのままの可能性が高いです。

XLサイズの方は変更ないのでそのままで大丈夫です。


未洗いと1WASHのサイズをショッピングページに記載しますので

そちらを参考にお選び下さい。


デニムなので縮みと伸びがでますが、

細かいサイズ感を気にして着用するイメージでは作っていません。


当店の長ズボンのスタンダードが今回のパンツです。

悩んだらお気軽にご相談ください。


最短で日曜日の夜に掲載します。

間に合わなければ月曜日のお昼頃かと思いますので

どのサイズかな〜ってもう少しイメージしてお待ちください。


よろしくお願いいたします。


2020..30 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

デニムのデッキパンツ その6

4thサンプルは3rdをベースに縫製方法まで変える事にしました。


とにかく楽に穿ける事を1番に考えて、

縫製方法の見直しはこれまでに何度したかわかりません。

うちの服は全てがシングルステッチ。

フルシングルで作られてる服は今、流通してる服にほぼありません。


壊れる部分を減らす、それでいて壊れたら楽に直せる構造。

ここに重きを置いて構成してるので50年後にでも

修理屋か、作り手が見て何かを感じてくれれば嬉しい。

維持費がかからない事も修理屋の服のポイントです。

今回のパンツは特にそこのこだわりを強く表現しました。

DSC_0044_20200528151130c5d.jpg

そしてこれが4thサンプルです。

デッキとしては初めてのボタンフライである事、

ポケットの構造が単純なので修理が楽である事、

そして脇の縫製にこのパンツへの挑戦が込められています。

DSC_0048_202005281511314ad.jpg

これまた2日に1回は穿いてるのですでに穿き込まれてます。

なので新品とはすでに色落ちが出てるので雰囲気が違います。

それよりもぜんぜん色が出てないのが残念…


今回のパンツの最も変化球なポイントはサイドの作りです。

通常、耳付きのパンツですとセルビッチを生かして脇まで持ち上げで、

ロックでまとめて、ステッチを乗せて終わりです。

DSC_0057_202005281511372c1.jpg

このパンツは脇割のまま上まで持ち上げて、

カットした部分だけをロックでまとめて、そのままウエストベルトにインします。


これで脇のゴワつき感がほとんどありません。

バックヨークが無い事と相乗効果で今までに味わった事のない、

まるでジャージのように穿きやすいパンツになりました。

DSC_0074_202005281511444b0.jpg

デニム素材のパンツでこのような縫製方法は見た事がありません。

これぞ修理屋にしか作れないパンツです。

DSC_0064_202005281511404f4.jpg

パターン数を減らし、縫製箇所を減らす事でストレスを減らす方法は

効率的でないし、取れ高も悪いし、無駄な生地を出す。


それよりも自らの考えを表現する事がうちのアイテムの持ち味なので

その辺は考えてません。


今までの経験から縫製の少ない服の方が壊れにくいです。

こう書くと淡白でつまらない服になりそうですが、

ぜんぜんそんな事はありません。

DSC_0054_20200528151134162.jpg

ポイントになるボタンは今回、直し屋オリジナルで作りました。

今、手に入るボタンはかなり見てきましたが良いのが無い。

あくまでも好みの問題ですが…


好みのボタンが廃盤になってからモヤモヤしてましたので

廃盤ボタンの型を使って材質、色を別注で作りました。

なのでこのボタンはうちにしか無いオリジナルボタンです。


うちのように小さな規模のお店でボタンまで作って、

しかもそれが伝わらない無刻印…

「NAOSHIYA」と入れれば喜ぶ方もいるかも知れませんが

無刻印で素材の良さ、仕上げの良さを楽しんでいただきたかった。

刻印入りって子供っぽくなるからあまり好きじゃ無いってのもあります。

DSC_0055_20200528151135ab3.jpg

ここまでに気づいてる方はほぼいないと思いますが

ボタンのサイズが全て同じです。


これには理由があります。

私は指の使いすぎで数年前よりも思うように右手の指が動きません。

腱鞘炎と言うか、常にその手前みたいな感じです。


なので小さいサイズのボタンは使いにくい。

指の太い人は同じような使いにくさを感じてると思うので

全部が同じサイズで構成しています。


それと3rdまではステッチの太さが30番の糸でしたが

4thから20番の糸にしました。

ちょっと太くしたって事です。

多くのジーンズの裾チェーンステッチに使われる太さと言うと

伝わりやすいですかね。


ですが、

20×20番の糸だと弱テンションのデニムと相性が悪い。

20×30で部分的に20×20にしてます。

DSC_0071_20200528151143ee5.jpg

この問題は裾の仕上げでも最後まで悩ませてくれています…

糸の引く力が強すぎて、チェーンステッチで仕上げると

引っ張りすぎて「アタリ」が出すぎちゃう。


今回の裾は仕上げがどんどん変わってる。

幅広のダブスステッチ→LEE幅のシングルステッチ→APC幅のチェーンステッチと

見た目と着用感のバランスで変更をしました。


3rdからいろいろ挑戦してますが糸の組み合わせが

まだ仕上げが決定してません…


最終決定の「APC幅のチェーン」が一番難しい。

一般的にはアタッチメント(ラッパ)にセットして縫います。


これは幅が均一に縫えて、量産では絶対に使われてます。

多くのジーンズショップの丈上げにも使われてますが、

当店はラッパなしの「手曲げ」で縫います。


これはLEVISでも各年代で幅が違うし、LEEはそれよりも太いとか、

現物あわせで調整するのでラッパを裾幅ごとにセットし直すよりも

感覚で縫う方が数倍早いからです。


20年近く手曲げでしかチェーンを縫ってないので

この方法をさほど苦痛に思ってませんが慣れてない人だと不安定で、

下手で慣れるまでにかなり時間がかかるはずです。


しかも今回の「デニムのデッキパンツ」は

全て当店で裾の仕上げを縫います。


弱テンションデニムで「APC幅のチェーン」

通常のデニムとは糸調子のバランスを変えなくては縫えないし、

量産でそれをやるのは無理だったので全て自分で縫います。


と言う事で4thでサンプルは終わり、本生産。

DSC_0071_20200528151143ee5.jpg

のはずでしたがセルビッチの幅が改善されてなかったので

残念ながら5thサンプルが決定し、発売が早くて5月末になった訳です。


先ほども同じ写真を掲載してますがちょっと幅が太いので修正します。

と言うか修正されてませんでした。


物作りは簡単ではありません。

こだわればこだわるほどって事ではなく、

このように工場とのコミュニケーションも大きく関わってきます。


1人の人が縫い上げるスタイルの方が

当店のオリジナルには向いてると思います。


オーダーメイド的アイテムの魅力を十二分に理解してますが

このパンツは量産服を作って販売してます。


ジーンズとは大量生産された消耗品であり、使い捨てる物。

古いリーバイスのジーンズが高額で取引される事を

誰が望んでいるのか?


比べるには大企業すぎますが

あくまでも日常着を作ってると言う意味では、

量産という物を意識して作る事に意味があると思っています。


最終5thサンプルは見た目がほぼ4thですので

製作日記はこれにて完結。


次回その7で最終を紹介しますがその前に

土曜日からアポイント制での販売が始まります。


部屋着としても穿きたくなる着用感。

もうこれを穿いたらいわゆるジーンズには帰れません。


その7につづく

2020..29 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

デニムのデッキパンツ その5

そんな流れで動いた3rdサンプルがこれです。

DSC_0023_20200528145714cd4.jpg

基本的な作り方は1stサンプルに戻して初心に戻る。

生地を変えた3rdなのに1stと言うか、1stなのに3rdが完成です。

DSC_0033_20200528145720bd7.jpg

これを穿いてこの方向転換が正解だと確信します。

このメンフィスコットンの11オンスデニムがものすごく良い。


いわゆるジーンズに使われるデニムは13〜14オンス。

密度が高い織り方をしてるのに対して、

このデニムは弱テンションって織り方。

DSC_0025_202005281457164e2.jpg

簡単に言うとゆるく織ったふわっとしたデニム。

それで11オンスと公表されてますが13オンスくらいに感じる質感。


洗いたてはデニムっぽいのにすぐに伸びるところが伸びて、

とにかく運動性が高いから着用感がストレス少ない。


縦の縮みはイメージくらいの寸法で、横は伸びるから

次はこれを穿いてサイズ感の見直しになります。

DSC_0030_2020052814571908e.jpg

この生地にはこのボタンじゃないなあ。

そこでボタンも作る事に。

こうなったら手抜きなしで今出来ることは全部やる。

DSC_0034_2020052814572325c.jpg

ピスネームの入れ忘れ。

サンプルって依頼が全て表現されない事が多々あります。

DSC_0039_202005281457248e7.jpg

この写真は私がさんざん穿いてるので色落ちしてます。

コロナには洗濯が有効との事なので着用毎に洗っています。

なのですでに20回は洗ってるサンプルです。


これで4thサンプルの製作が決まります。

この段階で4月の販売も諦めてますので

納得できる物を作ろうと完全に腹をくくりました。


その6につづく。

2020..29 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

デニムのデッキパンツ製作日記 その4

2ndサンプルの完成から少しした頃。


これで予定してた2月の販売が流れたんですが、

さらにとてつもない行動に出ます。


年末、生地屋さんの展示会に行ったんですが

そこでこの企画を根底から変える出会いがありました。


多くの新作生地の中で

誰も見てないデニムに引き込まれる。


それは11オンスのデニムでシルバーのセルビッチ付き。

面白いなあと思ったら質感も良い。

説明によるとアメリカはメンフィス州のコットンを使って、

日本で織られたデニムであると書いてある。


これは洗って見たいなあと

サンプルを取り寄せて、洗って、確信する。


1stで感じていた違和感の正体に。

これまでのサンプルはどこか古っぽい匂いがする。


これは悪い訳ではない。

でもそれが違和感の正体だったんです。


私が作る服の根底にあるものは

当店のフィルターを通過しないと存在しない服。


修理屋の仕事って壊れた原因を探す事がスタートラインであり、

物作りのバトンを次の世代に繋げるのが私の仕事だと思っている。


なので当時のような縫製で服を作る事は考えていません。

ビンテージの縫製って言われる多くは量産都合の縫製です。


100年前のジーンズ、80年前のジーンズ、50年前のジーンズが

何を教えてくれてるかってヒゲとか縦落ちなんかじゃないと思ってる。


どういう作り方をして、どうやって穿くと、どのように壊れるのか。

それを修正していく作業が修理屋の使命だと思う。


要するにファッションブランド、レプリカ屋さんが作る服とは

根本的に違う服の作り方を形にするのが修理屋の服作り。

時計の針を戻すのは服屋、時計の針を進めるのが修理屋。


ここで大きく方向転換する事になります。


私は服を着る事で面倒な行為を増やしたくない。

だからビンテージを着る事はほとんどありません。

家に帰ったら着てる服を洗濯機に投げ込んで洗いたいから。


基本的に当店の服は気軽に着れる事が一番。

そこに戻ってもう一度最初から作り直す事にしました。


なので3rdサンプルでありながら、

1stサンプルと打ったタグを付けた次のサンプル作りを始めます。


やり直しのサンプルは

3月の納品すら諦める事を前提に動き出します。


そしてこのブログもいつ終わるんだか…

ゴールがまだ見えてません。


その5につづく
2020..28 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 06
2020
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -