NAOSHIYA CUTOM FACTORY WAFFLE2018 

さすが連休ですね。

店頭にお越しいただいたお客様も多く、

反応を感じれて良かったです。

DSC_0129_20180913125358450.jpg

Mサイズはイメージができるんですが

Sサイズを着る方の体の薄さと、

Lサイズを着る方の体の厚みを見れたので

次から製作するアイテムのサイズ感の山行にさせていただきます。

DSC_0116_20180913125610b8e.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ホワイト

まさかのLサイズ完売。

取り扱い店舗さんにはまだご用意ありますので

買い逃した方はチェックお願いいたします。

DSC_0077_201809131256077a1.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ブラック

ブラックをメインに着る方も多いカラーなので

こちらも順調に巣立っております。

DSC_0086_20180913125605e65.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 グレー

新色のグレーはかなり評判良いです。

今のところ一番人気かな。

DSC_0102_20180913125626d4b.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ネイビー

通好みのネイビーもお好きな方には響きました。

個人的にもネイビーは好きなのでこの4色はどれも自信作です。


ちなみにSサイズだと女性も着れます。

インナーっぽくSサイズを着る方もいれば、

ざっくりとMサイズを羽織る感じも良いです。

圧倒的に男性のおじさんが多いお店ですが、

女性の方が物を見る目があるので質の良さ、

シルエットのバランスはご理解いただけるかもしれません。


ショッピングページ


埼玉県のEAST VILLAGE OTERさん

福井県のLegrowさん

滋賀県のLittle Bastardさん

上記3店舗さんでも取り扱いがありますので

お近くで興味のある方は是非とも現物を見てください。


そしてついに九州初上陸!

今期から昆虫クラブの九州支部y-notさんでもWAFFLEの展開がスタートしました!

上記4店舗さんもよろしくお願いいたします。


2018..17 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY WAFFLE2018

おかげさまの大好評で

ショッピングページからお買い求めいただいた方からの

「おかわり」もいただいております。

通販希望の方はサイズ感に不安の方も多いでしょう。

その場合は基本的にいつものT-Sと同じサイズ感で選んでください。

DSC_0139_2018091312535714b.jpg

3サイズともそれほどサイズ感が変わらないように感じますが

伸縮性のある素材なので横への伸びが生じ、

それに引っ張られるように着丈も詰まります。

それと生地の縮みは洗濯と乾燥で出ますが着れば伸びるので

2センチ身幅が違うとちゃんとサイズ感に違いが生じます。

DSC_0147_2018091312535403c.jpg

グレーとネイビーの組み合わせ渋いなあ。

ジワジワくるのがネイビーです。

やっぱり良いなあ。

DSC_0107_20180913125612ff7.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ホワイト

今のところ一番人気。

ホワイトで良さを感じていただける方からの別色での

おかわりお待ちしております。

DSC_0073_20180913125609a60.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ブラック

ブラックのサーマルって良いのが特にないと思います。

コットンの素材感を感じれる荒々しいサーマルには

何色のT-Sを重ねても良いです。

DSC_0080_2018091312560627e.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 グレー

新色のグレーはかなり反応良い。

個人的にも満足の素材感と色のバランス。

店頭で現物を見たほとんどの方にお買い求めいただいております。

DSC_0097_201809131256295ab.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ネイビー

万能といえばグレーですがネイビーもかなりの万能です。

まだ重ね着と言ってもライト系アウターすら東京では必要ありませんが

ユーティリティシャツ等の重ね着とのバランスを考えても

この渋いネイビーはジワジワ良さが伝わってくると思います。


ショッピングページ



品質とシルエットにもこだわり、

荒々しい見た目と、しなやかな着用感のバランスは

サーマル界のロールスロイスでしか味わえません。


2018..16 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型WAFFLE 販売中

うれしい悲鳴の梱包地獄。

現物も見てないのにご注文いただいた皆様、本当にありがとうございます。

東京は今日も雨なのでショッピングページのストックが減ったら

店頭分を補充し、ご用意できる各サイズを充実させるようにしております。


店頭までわざわざお越しいただけるお客様には、

洗い込んだサンプルも見ていただきながら

サイズ選びのお手伝いをさせていただいております。

質の良さは現物を見ないと伝わらないので、

連休中にお時間ある方はお越しいただければと思います。

DSC_0139_2018091312535714b.jpg

昨年と同様に1シーズン分を1回の作り切りで製作しました。

現在、ご用意できるストックでいわゆる秋冬物は追加生産しない予定です。


最初に1枚お買い求めいただき、おかわりしていただく事が多いのですが

すでにご用意できなくなりそうなサイズが出ております。

試しに1回洗ってから着ていただいて、ご検討いただければと思います。

DSC_0147_2018091312535403c.jpg

全く知りませんでしたが世間様は3連休が2連続なんですね。

お越しいただける距離の方はぜひ、現物を見に来て下さい。

DSC_0116_20180913125610b8e.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ホワイト

やっぱりホワイトをお買い求めいただく方が多い。

売り文句じゃなくて、すごく良いです。

DSC_0077_201809131256077a1.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ブラック

こちらも抜群の安定感。

汚れも目立たないし、重ね着に重宝するのがブラック。

DSC_0086_20180913125605e65.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 グレー

予想以上に大好評なのが新色のグレー。

グレーのサーマルはとにかく万能。

DSC_0102_20180913125626d4b.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「WAFFLE」 ネイビー

大爆発はしませんがやはり直し屋のネイビーは強いですね。

ネイビーはブラック系を良く着る方が追加でお買い求めいただく事が多い。

例年の感じだとおかわりが多いです。

DSC_0129_20180913125358450.jpg

数日かけて製作日記を書いてきましたがおかげさまで大好評なのは

作った人にしか説明できない視点を直接伝えれるからかな。

私の文章で伝えれてるかは分かりませんが

伝えようとする事に意味があると思っています。

DSC_0145_20180913125356bc0.jpg

今の時代はお金出せば何でも買えます。

でも作り手の思いが込められた物を買う事は簡単に出来ません。


暑苦しい思いを押し付ける気はありませんので

響いてしまった方にはぜひ袖を通していただきたい。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。

2018..15 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY WAFFLE 2018

昨日から販売を開始したWAFFLE2018。

14時ごろからショッピングページで掲載しましたが

実寸を書き忘れる凡ミスに気付いたのが16時。

不完全な掲載でしたが爆発的な反響ありがとうございます。


火曜日と昨日のブログで昨年のおさらいと

必要な変更点について長々と説明してきましたので

今日は完成品である新型WAFFLEのアップデート版を紹介します。

DSC_0129_20180913125358450.jpg

私は自分が着用したい服を作っています。

なので製作する色も自分が着るのしか作りません。


色だけだとつまらねえ店だと思いますが、

差し色を作ってメインカラーを売る方法よりも物作りに説得力があるかと。

自分の引き出しを完全に公開してるんだからリアルです。

DSC_0139_2018091312535714b.jpg

ホワイト、ブラック、グレー、ネイビーの単色4色展開です。

サイズはS、M、Lの3サイズ。

伸縮性が高いのでこの3サイズでほとんどの方に対応可能だと思います。

DSC_0145_20180913125356bc0.jpg

並びを変えてみます。

今年のイチオシは新色のグレーです。

万能中の万能。

「キング オブ ユーティリティ」です。

DSC_0147_2018091312535403c.jpg

写真は未洗いですが洗い込むと表情が全く変わりますので

毎日の洗濯も楽しいです。

DSC_0107_20180913125612ff7.jpg

サーマルと言えばホワイトって方も多いでしょう。

重ね着の下に来た時のイメージが作りやすいですね。
DSC_0073_20180913125609a60.jpg

当店では最も反応が良いブラック。

ブラック×ブラックの組み合わせも素材感が変わると

すごく好きな組み合わせです。

DSC_0080_2018091312560627e.jpg

新色のグレー。

色、着心地、素材感の全てが良いのでものすごくオススメです。

これ、絶対に売れる。

ものすごく自信あります。

DSC_0097_201809131256295ab.jpg

直し屋の象徴的なネイビー。

ネイビー×ブラックの組み合わせ好きです。

独特のネイビーはインディゴのライトなコットンセーターみたいに見える。

DSC_0088_20180911182901baf.jpg

首リブはバインダー。

いわゆるオールドテイストな仕様なんですが

私はバインダーが好きではありません。

DSC_0115_20180911182852ab8.jpg

え、どう言うこと?

あくまでも個人の意見ですが私はリブの首が好きです。

首の長さで衿の形は合う、合わないがあります。

この話はタイミングが有れば書きますが面倒なので今日はやめます。

DSC_0038_20180911182843abb.jpg

では何でうちの自信作と言い切ったサーマルがバインダーなのか?

簡単です。

サーマルだから。

DSC_0064_20180911182838bea.jpg

私の考えではバインダーのサーマルと

少し高めに設定した直し屋のT-Sを組み合わせた時の見た目、

着心地こそが最も良いと思っているバランス。

だからサーマルにはバインダーなんです。

DSC_0093_20180911183527801.jpg

袖先はもちろんのリブ仕様。

先ほども言いましたがサーマルの良さは

重ね着してこそ発揮されます。

DSC_0118_20180911183525d0b.jpg

伸縮性が高い素材を体に密着させ、

自らの熱を逃がさない為に袖先はリブです。

DSC_0046_201809111835218a9.jpg

私はT-Sと重ねる事がほとんどですが

このサーマルの性能を最も発揮するのが長袖との重ね着です。

厚手じゃなくてロンTで問題ない。

DSC_0068_20180911183519898.jpg

簡単に説明しますと冬にフリース着てて暖かいのは

室内かインナーに着てる時だと思いませんか?

バイクや自転車でも風が強ければフリースってかなり寒い。

風を通しちゃうからです。

なので最近はウインドストッパー等で防風性を高めたフリースが

主流となっていますがサーマルも同じようなもんです。


サーマルはいくら肉厚に作っても保温性は高いが防風性はゼロ。

なので冬のインナーまではT-Sとの重ね着で問題ないが、

真冬のインナーにするとサーマル×ロンTが良いんです。


ポイントは冬と真冬の使い方。

熱が逃げてくれる事で蒸れずに不快指数が低いってのもポイントですが

あくまでも外、室内、動く、動かない等の状況で

サーマルと何を重ねるかを考えると面白いです。

その読みが当たった時の快適さこそがうちの日常着がギアとなる瞬間でしょう。

DSC_0139_2018091312535714b.jpg

物作りには意味がないとダメ。

色んなディテールを詰め込んだ服って意味がないから

今年しか着れない服になるし、ほとんどの場合ただダサい。


サーマルが最も輝くインナーとしての機能を求め、

そこに特化したサーマル本来の姿が表現できたと思います。

ちなみに重ねるロンTはリブなしの方がゴロゴロしないで着やすいです。

まさにうちの真夏のロンTはベスト。

身幅大きめの重ね着も出来るロンTなので抜群です。

DSC_0147_2018091312535403c.jpg

写真の悪さで物の良さが表現できていませんが、

一度でも袖を通してしまうと他のサーマルが着れなくなります。


少しでも興味を持ってしまった物好きの皆様、

サーマル界のロールスロイスをご堪能ください。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。

2018..14 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型WAFFLE2018 公開

手塩にかけて成長させた直し屋の代名詞「WAFFLE」の

2018年バージョンがこれです!


素晴らしい技術の工場に変更し、地味ですが縫製糸まで変えています。

パッと見では伝わらない部分を煮詰めた今年のサーマルは4色展開。

DSC_0029_20180911203601f4d.jpg

ホワイト、ブラック、グレー、ネイビー。

どの色との組み合わせも可能にする合わせやすいカラー展開。

DSC_0030_201809112035596fd.jpg

ホワイト&ブラック。

例年の動きを考えればこの2色が2トップ。

直し屋のT-Sと組み合わせる事を考えるとワクワクします。

DSC_0039_201809112035567df.jpg

新色のグレー&いぶし銀のネイビー。

グレーは新色なのですごく皆さんの反応が楽しみです。

ネイビーはブラックとの組み合わせで渋く着るのが好きです。


ここまでのブログで伝わったと思いますが

全力でこの生地と向き合ってきました。

もちろん今年の「WAFFLE」が完成形ではありません。


今春には今年版のサンプルを製作し、縮みとの戦いをしてきました。

それがこのブラック。

もはやサーマルと言うよりもワンピース?みたいな

ものすごく長い着丈で縮みをチェックしてきましたが

何回洗っても思ってる着丈にならない。

DSC_0004_20180911203553388.jpg

ちなみにこれが未洗いの状態。

ノリが付いてるので最初に洗濯してから着用してくださいと言ってますが

ノリが付いてると洗濯機に注水しても浮き上がってきますので

ちゃんと沈めて洗ってください。

DSC_0010_20180911203549b10.jpg

で、洗い込んだサンプルがこれ。

写真が下手で全く伝わりませんが目詰まり感と

ワッフルの膨らみ方がすごく良い。


話は戻りますが着丈が長すぎるサンプルと向き合って分かった事があります。

もちろん生地は同じロットでも何らかの理由で縮み方が違う。

普通の洗濯条件で考えれば1枚で洗う事もありますが複数枚で洗う。

そうなると服は絡まる。

ネットに入れてれば絡まる量は減るがノンストレスって事は無い。

洗濯機から取り出した洗濯物をイメージして下さい。

ここで縮みと伸びの関係が整理できてくる。


コットンの特徴は洗って、乾かして縮みが出る。

でも実際の洗濯層の中では縮む事よりも絡んだり、脱水時の遠心力を考えれば

実は伸びる量の方が多いんでは無いかと言う仮説です。

DSC_0016_201809112036214b1.jpg

そこでさらに次のサンプル製作に入ります。

着丈を伸ばしたブラックよりも着丈を短くし、販売製品のサイズ感で

最終サンプルを試しに入ります。


これが洗濯前の状態。

販売商品そのものです。

DSC_0022_20180911203619596.jpg

それを15〜20回ほど着込んだ狙ってるサイズ感になった状態。

ブラックと同様に生地感、素材感共に素晴らしい。

ゆるくなりやすいグレーなのにしっかりとした目詰まり。

グレー史上最高のグレーかと。


先ほどの仮説をグレーとブラックで比べた結果、

この生地の縮みとシルエットの関係が昨年よりもちゃんと分かりました。


要するにすごく縮む生地でWAFFLEを作る場合、

着丈の設定が短めだと絡まりでの引っ張りが少ないし、

遠心力も少ないので縮みが出やすい。

初期予想の縮みよりも、もう一発縮みが出た理由がこれだと思われます。


そして着丈を長くしすぎると遠心力で縮みと伸びが相殺されて

ただ長い着丈のWAFFLEになる。

これが今年の結論です。


ちなみに袖丈も縮むでしょって言われそうですが

着丈よりも袖丈の方が絡まりが多い為、

予想の範囲内の寸法に落ち着きます。

DSC_0029_20180911203601f4d.jpg

これが昨年、完全リニューアルした

「新型WAFFLE」からもらった宿題への私の返答です。

それを考えてサイズ感を調整しましたので

基本的にはいつもと同じサイズでお選びください。


ショッピングページ


魅惑のコットンワールドへ誘います。

自称です「サーマル界のロールスロイス」に袖を通してみて下さい。



2018..13 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 09
2018
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -