NAOSHIYA CUSTOM FACTORY カスタム ベイカーパンツ 味あり

昨日でワールドカップが終了。

今回の大会はロシア、クロアチア、日本もですが

ベスト16に上がると思われてなかった国が爪痕を残した

非常に面白い大会でした。


スイス、デンマーク、スウェーデンもですが

ヨーロッパのサッカー大国ではない国が、

自国の色を出して結果を残したと言うのも印象的です。


アルゼンチン、ドイツ、スペインが思ったよりもイマイチで

何となく世界のサッカー図式が変わったように思える大会でした。


日本的にはベルギーとクロアチアから学ぶことが多く、

次からは長期政権のチームJAPANでベスト8以上を

コンスタントに狙える総合力の強いチームを目指してもらいたいです。


やっと観戦地獄から解放されるのでこれから真夏の暑さと戦いながら

少しずつ体力を回復させたいと思います。


からの

昨日、掲載したベイカーは早々に巣立ちましたので

同時に製作した2本目も投入します。

DSC_0043_20180716133355b50.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「naoshiya」 カスタムベイカーパンツ 味あり

写真だけでは昨日のと何も変わらないように見えますが

少し洗いが多いので色も薄めで

真夏の暑い日には軽めに見えて良いです。

DSC_0061_20180716133351071.jpg

やっぱりかっこいいなあ。

ミリタリーなのにワークテイスト。

DSC_0055_201807161333528f8.jpg

この辺のパーツチョイスがうちの特徴。

まとまりが良いので違和感はありません。

DSC_0050_2018071613335398d.jpg

右ヒザに小傷あったので修理済み。

こう言うのは洗い込むと良い味となります。

DSC_0048_20180716133354b9a.jpg

東京の直射日光ハンパない。

T-Sのネイビーなんて写真では色が全く出ません…

グリーンはまだマシですね。

DSC_0053_20180716133353dfa.jpg

裾は長過ぎたので丈上げ済み。

股上が深いので実寸より長く感じます。

なのでこのようにロールアップがオススメです。

DSC_0066_20180716133419a53.jpg

お尻のポケット大きめなので着替えのT-Sや、

ペットボトルが入るので便利です。

DSC_0070_2018071613341978c.jpg

初期型の特徴はアジャスター。

バタつき防止とアジャスターとして1インチ絞れますので

ノンベルトで楽ちんパンツです。

DSC_0074_201807161334188c2.jpg

これは見た目と機能の両立として格となるポケット。

これを使えば手ぶらでの外出が可能です。

DSC_0078_201807161334175f0.jpg

お気に入りのサイドスタイル。

このパンツの良い部分が全て詰め込まれている。


とりあえず現段階で確保したベイカーは終わりです。

入手できればまた作りますが次回は未定です。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。

2018..16 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY カスタム ベイカーパンツ

今年の春頃から定期的に作っていたカスタムベイカー。

ものすごい反響で常にはご用意できておりませんが

連休用に2本作ったので掲載します。

DSC_0003_20180715125644617.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「naoshiya」 カスタムベイカーパンツ

そのままでは野暮ったくて合わせるのが難しいパンツですが

このように加工するとかなり良いパンツになります。

DSC_0023_20180715125643886.jpg

サイドポケットにする事で太すぎるシルエットが緩和され

ポイントにもなるし、物も入るので便利パンツでもあります。

DSC_0006_20180715125643b2e.jpg

来年はオリジナルでもベイカーパンツ作ろうかなあと

思わせてくれたのがこのパンツと皆様の反響です。

全くの未定ですけどね。

DSC_0013_20180715125641864.jpg

60年代のコットンサテンは本当に質が高い。

今、日本ではこのクラスのコットンサテンが手に入りません。

味のある質感とブラックのドーナツは相性良し。

DSC_0010_20180715125642f09.jpg

レングスは長過ぎたので丈上げしました。

股上が深いので実寸よりも1インチ長めの感じです。

DSC_0024_20180715125641c77.jpg

オリジナル設計の丸ポケ。

ミリタリーアイテムなのでワークの匂いがする。

これがうちのテイストです。

DSC_0028_2018071512570289d.jpg

ウエストのプルタブが初期型の証。

元は1つしかボタンが付いてないので絞るとき以外は

ぶらぶらで邪魔なんでうちでは2個にしてバタつかないようにしてます。

DSC_0034_201807151257000ba.jpg

サイドスタイルがこのパンツのポイント。

太めなので大きめにロールアップして半端丈にしても良いですね。

ブーツ、スニーカー、サンダルとどんなタイプの靴にも合うのも嬉しいです。

DSC_0030_20180715125701586.jpg

今時期はとにかく暑いのでペットボトルを持ち歩くのに

ポケットが多いのはありがたいですね。


もう1本は店頭にありますがこれよりも味あり系なので

綺麗な方から掲載しました。

そちらの方が少しレングスは長めです。

暑いので外出も危険ですがお越しいただければ2本見れますので

お気軽にお越しください。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。

2018..15 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 真夏のロンT 良いスタート

昨日から販売を開始した「真夏のロンT」

いまいちかなあとビビってましたが素晴らしいスタートです。


時期的に「真夏のロンT」と言っていますが

年間着れちゃうユーティリティ性が一番の特徴です。

「真夏でも着れちゃうロンT」がこのアイテムの正式名称かもしれませんが

面倒なので「真夏のロンT」と言ってるだけです。

DSC_0007_201807091808195d0.jpg

すでにMサイズは販売できる枚数が少ない…

真夏よりも秋口の方が反応良くなるかと思っていましたが

すごい反応で驚いております。


ショッピングページで完売となったアイテムも

連休用に店頭分を少しだけ確保してあるので

店頭にお越しいただければと思います。

連休明けに店頭とショッピングページの枚数を合わせます。

DSC_0033_20180709180817b7e.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY オリジナル ポケロンT ホワイト

真夏は白が良い。

大きめに着るのが嫌いじゃない方はLサイズにして、

ちょっとルーズ目に着ると風の流れができて快適です。

DSC_0037_2018070918081774e.jpg

シンプルに。

何に合わせてもうるさくないのが素晴らしい。

DSC_0044_201807091808160c0.jpg

袖の隙間がポイントなんですが

バタバタしないのもポイントです。

DSC_0041_20180709180815d9b.jpg

長袖のポケTとシンプルなネーミング。

マイナスの美学こそ物作りの難しさ。

DSC_0063_201807091850331ac.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY オリジナル ポケロンT ネイビー

無意識ですが私はネイビーを着る事が多い。

白だと汚れが目立つバイク通勤の味方です。

DSC_0073_20180709185031be5.jpg

日差しが強すぎて色が出てない…

DSC_0097_20180709190745189.jpg

うちのオリジナルT-Sを着ちゃうと

他のT-Sが着れなくなる方が続出しています。

素材の良さとシルエットのバランスが我ながら本当に素晴らしい。

DSC_0087_201807091850305c2.jpg

良い物に出会う事がほとんどないから

オリジナル企画商品をスタートさせましたが

作りたい物を作ればそれは自らの写し鏡となる。

DSC_0100_201807091851259a5.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY オリジナル ポケロンT ブラック

真夏の夜と秋口はブラックが一番かな。

ワークテイストがプンプンする極上のギア。

DSC_0131_20180709185124e00.jpg

カー○ートじゃんって言わないでください。

パクリとオマージュは全くの別物で好きな空気感に

どうやってお店の色を出すかがオマージュです。

DSC_0120_201807091851236d6.jpg

シンプル。

大人のと言えば聞こえが良いのですが

おじさんが着てもかっこいいと思っております。

DSC_0125_20180709185122946.jpg

今回は裾にピスネーム付けました。

これで袖をめくっても当たらないから着心地も良いし、

シンプルなバックスタイルにもアクセントとなります。

DSC_0025_201807091808187e7.jpg

真夏に販売開始の冒険的なリリースとしましたが

一年中着れる事への証明は難しい時期に試していただく事だと考えています。


安牌ではなく、難しい事へ挑戦。

皆様のご協力、サポートありがとうございます。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。

2018..13 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「真夏のロンT」 

ちらっと書いたままで特に説明もしていませんでしたが

直し屋オリジナルボディでロングスリーブT-Sを作りました。

現物を見れない方に想像していただくには

昨年の8月に販売した直し屋初めてのオリジナルT-Sを

ロンTにしたイメージです。


カラーリングは昨年のポケTとは違いまして

今年モデルのポケTと同じホワイト、抜けのネイビー、ブラック。

サイズはM、Lの2サイズとなります。


シルエットはルーズ目で直し屋オリジナルボディのT-Sと比べると

ハーフサイズくらいゆったりさせてあります。

大きめのシルエットにした理由は真夏のロンTがタイトだと

暑くて着れませんよね。

その辺も含めて制作の経緯を書いていこうと思います。

DSC_0025_201807091808187e7.jpg

そもそもロンTなんて日本では不人気商品の代名詞でした。

体温の高い外国人も同じで需要が高いアイテムではありません。


それがこの数年、プリントできる範囲の大きさと、

ファッション的な流行ってやつなでしょうが

若い人達を中心に着用者が増えてきました。


多くのブランドさんがこぞってプリント主張のロンTを作っておりますが

うちのは必要に迫られて作り出したギアなので別物です。


私は昔からT-SとロンTの重ね着を好んでするロンT好きです。

重ね着もロンTが下なのか、T-Sが下なのかで好むサイズ感も変わってきますので

いつかはオリジナルで作りたいと思っており、

それがこのタイミングとなった訳です。

DSC_0007_201807091808195d0.jpg

春、秋に販売するのが安牌ですがあえて真夏に投入した理由は

現代人のライフスタイルが変化してるからです。


最近の大人はアウトドア、フェス等の外遊びに出る方も多く、

直射日光、紫外線との戦いを考えると半袖では危ない。

しかも夜は寒いので寒暖差とも戦う必要がある。


もちろん私は店に籠城するだけですが、

都市部でも同じような悩みがあって日差しの強さ、コンクリートの照り返し、

なのに室内や電車では寒すぎるエアコンと過酷な温度差が生じています。

こうなると半袖と長袖が場面によって使い分ける必要がある。


私は外出する時、替えのT-Sを持っていきます。

濡れて湿気を含んだコットンは自らの体力を奪いますので

真夏の外出時は絶対に着替えを持ち歩いた方が良いです。

DSC_0033_20180709180817b7e.jpg

このロンTは実験台として動き出しました。

まず、最初のサンプルはインナーに出来ちゃいそうな

普通に出すならこのシルエットだなあ。

で練り直し。

1stサンプルの写真はありませんの掲載写真が完成品です。

DSC_0063_201807091850331ac.jpg

ルーズ目のシルエットにする事で体とT-Sの間に隙間を作り、

空気の流れを作り出すと少しでも快適にできる。

感覚的にはハーフサイズ大きめな感じです。


さらなる快適性を出すのが上質な直し屋オリジナルボディ。

水分量が多く、とにかく着心地の良い生地です。


米綿はザラつくタイプのアメリカ系コットンなのですが

いわゆるアメリカ物のドライでザラザラしてるコットンとは全く別物。

洗濯機から出て着た時の触り心地が全く違うから

初めての方は驚くと思います。

DSC_0100_201807091851259a5.jpg

通気性を考えると袖先はリブではなくて筒袖です。

リブは秋冬には良いんですがめくる時のストレスを考えると筒型でしょう。

DSC_0044_201807091808160c0.jpg

さらり。

そのままでも太くないし、細くもないからロールアップもできる。

DSC_0078_20180709185031413.jpg

この袖の作りが風通しを生み出し、ボディまで風をブーストしてくれる。

この形が真夏のロンTには最適でした。

DSC_0116_201807091851231f4.jpg

袖は予想していなかった副産物を生み出しました。

バイクに乗った時、袖先からの侵入した風が裾に抜けるので

ものすごく快適でした。


直射日光がジリジリ腕を焼くのでそれの緩和にもなるし、

風を流してくれるからストレスがかなり減る。


真夏に着れるロンTは結果として自らのライフスタイルにも

絶大な快適性までもたらす事になりました。

やっぱり考えて作り出したギアはただの物と明確に違いが出ます。

DSC_0055_201807091809140bf.jpg

先日、T-SとロンTの重ね着で夜中の高速道路を

100キロほど走ってきましたが本当に快適でした。

自らの熱、湿気を風が流してくれるので着心地が最高。

DSC_0062_20180709180913731.jpg

いつもは袖に付けるピスネームは裾に。

これは袖だとめくった時に当たると不快だから。

DSC_0089_2018070918503262b.jpg

10年は最前線で戦えるギアを作る事が物作りの絶対条件。

長く着る物はシンプル。

余計な味付けはしてません。

DSC_0097_20180709190745189.jpg

ピスネームはいつもの裏を表に。

かなり挑戦したアイテムなので

実験的な気持ちも込めて逆付けにしました。

DSC_0120_201807091851236d6.jpg

アウトドア的であり、都会的でもあり、バイク乗りに最適。

こんなこと言われたら試してみたくなるのが物好きでしょう。

DSC_0125_20180709185122946.jpg

そろそろ物作りに自信を持っても良いと

常連さんにも言われましたが

ゼロからの物作りには何の保証も保険もありません。


だから面白いし、やりがいもあるんですが

やはり物を生み出すと言うのは

物を生み出しちゃう事でもあるので怖い…


恐怖感はありますが当店のオリジナルは

他では作れないアイデアの集合体なので

自信を持ってオススメさせていただきます。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。


2018..12 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

明日は休みますので連休です

急ですが明日7/10(火)休みます。

水曜は定休日なので7/10、7/11は連休となります。

ご来店予定の方は7/12(木)以降でお願いいたします。


さて、毎月のように新商品を投入しておりましたが

とりあえず夏までに企画してたアイテムとしては最後の新商品、

「真夏のロンT」を近日中に投入予定です。


半袖よりも暑くないロンTなんて世の中にはありませんが

そう言ってもおかしくない可能性があるテストサンプル的なロンTです。

詳細は販売時に書こうと思いますが大きめの作りでM、Lの2サイズ。

ホワイト、ネイビー、ブラックの3色展開です。


すでに私は着用してますが予想以上に良いので

当店のオリジナルアイテムを好んでくれてる方には

かなり気に入っていただけると思います。

DSC_0001_20180616171854974.jpg

からの

大好評で夏前に即完売した直し屋のショーツ。

先日、工場の方が打ち合わせで来てくれて大好評だと伝え、

すごく少量だけなんですが作ってもらえる事になりました!

生地の残りがわずかなのでS、Mの2サイズでLサイズはありません。

当店だけの補充で本当に少数です。

DSC_0011_20180616171853373.jpg

なんでおねだりしたかと言うと

自分で穿いててこれ以外はもう穿けないと思ってしまったから。

それとこれから販売する「真夏のロンT」との相性が抜群で

買えなかった方にもセットで着てもらいたいと思ったからです。


が、スケジュールってのがありますのでそんなにすぐには制作には入れません。

お盆明けごろの8/20の週を予定しています。


どうせ今年も9月中は真夏でしょうし、秋口にロンTと合わせても

すごく良いので買い逃した方、補充したい方はスマホだと現れる

ショッピングページの入荷待ちにチェックしといてください。

DSC_0216_20180617181833c52.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「ADVENTURE SHORTS」 Tパターン

Tパターンは来年作るか断言できません。

生地メーカーさんが作らなければ来年は無しになっちゃいますが

かなり良いので来年も作りたいなあ。

DSC_0226_20180617181831598.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「ADVENTURE SHORTS」 グリーン

グリーンは来年も作ろうと思っています。

安定のグリーンは何色のT-Sでも合うのでユーティリティ性が高い。

かなりオススメです。


ショーツを作ろうと思った時にTパターン、グリーンとブラックが作りたかった。

と言うかギリギリまで3色作ろうと思ってましたがここまで反響があるとは

思いもしてなかったのでブラックは企画で終わりました。

やっぱり作りたいなあ…


一ヶ月以上先の話ですが興味のある方はしばしお待ちください。

新商品、ワクワクするなあ。


と言う事で明日、明後日は休みますので

ご来店予定の方は木曜日以降でお願いいたします。




2018..09 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 07
2018
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -