どう見てもカスタムジーンズ

完全に書き忘れていましたが

激しい作り込みのジーンズを今年、作っていました。


正直、大赤字の仕事でしたが

オーナーさんに喜んでいただけたので報われました。

DSC_0001_20180508210322c08.jpg

どう見てもカスタムジーンズの製作ですが

これは修理として預かったジーンズで、あくまでも修理の延長線。

書き出すとキリが無いほど大掛かりな加工を施しています。

DSC_0008_201805082103228b3.jpg

なんでカスタムジーンズと言わないのか。

まず、現在カスタムジーンズのオーダーを受けておりません。

DSC_0018_20180508210320cc6.jpg

ボロっぽい感じで全体的に修理されていたジーンズで

うちでは追加の修理をしていました。


普通にお尻とバックポケットを中心に修理してた501XXですが

フロントが気に入らないので何とかしたいと相談を受けました。

DSC_0019_2018050821031927e.jpg

気にってないと分かってるジーンズの修理をするのは

修理屋には酷な仕事です。

お気に入りではない物に莫大なエネルギーをかける訳ですから…


とは言ってもカスタムジーンズを製作したきっかけは

部品取りレベルのジーンズを穿けるように加工した事から始まります。


ここで覚悟を決めます。

お気に入りではないジーンズのお気に入り化プロジェクトです。

大きく開いたこの大穴5個はどうあがいても上手くまとめれない。

だから受けたく無いと思った箇所でもある。

DSC_0023_20180508210318a01.jpg

改造系の修理は安請け合いできません。


大変だからと言うが理由ですが他にもいくつかあって、

全てが自分のやりたいようにできないからってのもあります。


これは何の修理、改造をする場合でもそうですが優先順位をつけて、

後にできる箇所は後にし、今しかできない部分に集中するのが鉄則です。


そうなんですが

連動してくる箇所もあるのでそうもいかない。


私のバイクの改造をする時に予算とやれる事、後に出来るところ、

今しかできないところ、連動するところを話し合って進めていきます。

何の修理、改造でも本質は変わりません。


これは予算をくださいと金の話をしてる訳ではなく、

物の作りを理解してもらえる良いタイミングな訳です。

DSC_0025_20180508210400dfd.jpg

修正しながらだましだましなら穿けますが、

気に入らない物にお金と時間をかけるのは無駄だと思ってるので

ここで二択となります。


もうやめるか、本気でやるか。

DSC_0031_20180508210358815.jpg

何かの縁で数年かけて直してるジーンズにピリオドを打つのは寂しい。


という事でオーナーさんに予算と時間をいただいて

できる範囲内で加工品を作る事になりました。

DSC_0033_201805082103584f6.jpg

が安請け合いできない理由が明確だから腰が重かった訳です。

そもそもフロントが気に入らないんだから

フロントの修理を全部外すことからスタートする。

丸一日かけてリペアを外し、洗濯しスタートラインへ。

DSC_0036_2018050821035778a.jpg

どちらかと言うと見た目のインパクトを重視した仕上げです。


最近、製作してるカスタムジーンズはよく見ると吸い込まれる

「通好み」の仕上げですが今作は見た目を重視。


最近のカスタムジーンズではコインポケット、ポケットの中、

袋布まで加工を入れています。


納品時に完成と言えるカスタムジーンズを作っていますが

予算の関係でそこは後にしました。


なので

次のタイミングでポケット口や全体のバランスを調整できるように

パッと見の見た目を意識した仕上げにした訳です。

DSC_0040_20180508210356ddc.jpg

先ほど書いた5個の大穴にはビンテージデニムを入れ、

さらにそれを修理したり、壊したり、横糸足したりしながら

新品のブランドさんが加工品としても真似しやすいような仕上げに。


トゲのある書き方をしましたが到底マネできません。

DSC_0029_201805082103593d1.jpg

このジーンズの難点は裾にもありました。

明らかにオーナーさんには長かったのでレングルの調整も追加に。

これによって全縫いしないで進めたかったジーンズが全縫いになりました。


ブーツを履くオーナーさんでしたので

ロールアップしてに合わせると非常にまとまった見た目になります。


なのでもうちょい良い感じにも仕上げれますが

ここは予算をかけすぎないようにしれっとした仕上げに。

ブーツに合わせた時のバランスで作ったので穿くと良いです。

DSC_0047_201805082104296c7.jpg

お尻は今回は無加工。

いずれはカスタム系仕上げにできるように数年前に直した

普通に穿ける未完成状態。

元々の修理がひどいのですがそこは残してあるので

次の加工時にもう少し良くしたい。

DSC_0055_20180508210428f55.jpg

元の修理の見た目を生かして穿けるようにしたので

フロントとのバランスは良くありませんが

数年後にもっと面白い感じに加工する余白として残っています。

DSC_0008_201805082103228b3.jpg

昔は未完成なカスタムジーンズを作っていましたが

加工技術が上がってきたので最初から激しく作り込んだ

今のジーンズしか作らないようになりました。


文章からも伝わると思いますが

自分としてはまだまだやれると言う気持ちで納品した訳ですが

オーナーさんにも喜んでもらえたし、

この先のカスタムジーンズ製作を考えても勉強になる1本でした。

と言っても持ち込みでもフルカスタムは行なっておりません。


ジーンズ修理は軽いのは大丈夫ですが、

どう見てもボロになってるのは3ヶ月はいただくので

もそろそろ年内の納品が間に合わない物が出てきます。


ジーンズに生じたダメージを見ながら、何人目の着用者なのか、

オーナーさんのライフスタイル、自分では気づいてないクセ、

ダメージを生んだ理由をイメージしながら次の修理までの時間を

どれだけ長く保てるのかを想像し、補強を入れる。


人様のお気に入りだからそれを触るってのは

ものすごく神経をすり減らします。

修理屋とはそう言う仕事だと思います。


今年、できればカスタムジーンズを1本作りたいと思っています。

販売用にするか、オーダー頂いてるジーンズを仕上げるかすら

決めていませんが来年の10周年を前にこれまでの感性と技術を詰め込んだ

これぞうちのカスタムジーンズってのを作りたいと思います。



2018..09 カスタムジーンズ comment0 trackback0

パナさんの15周年用に勝手に作った501XX

昨年の秋頃、長野県は松本のpanagoriasさんに

HBTを使って簡単に仕上げてくれと頼まれたのに

やった事のないスタイルで気合が入ってしまい

やりすぎた501XX。


パナさんの15周年記念と勝手に仕上げたジーンズは止めどころを失い、

簡単に→ライトカスタム→ミドルカスタムまで仕上げる事に。


ここまでやったらフルカスタムさせてくださいと言う事で納品しましたが

当店のお客さんが興味を持ってくれたので店に戻してもらって

すぐにオーナーさんが決まったのが昨年の話。


そして週末に完成品を納品したのですがこのジーンズが

ものすごく大変だった話になります。

DSC_0005_20180129124404ef6.jpg

12月には作業に入っていたのですがフロントポケット袋布、レングス調整、

バックポケット〜おしりを調整して5日〜1週間くらいで終わる予定で

見積もり出して了承いただいたんですが

完全に脱線して行く事になるとはこの時点では思ってもいませんでした。

DSC_0011_20180129124403f7f.jpg

ミドルでパナさんに渡した時にはこれやりたい、あれやりたいが

イメージできてたんですがあくまでもオーナーさんがいない状態での話なんです。


オーダー品の難しさはオーナーさんが決まってるところにあります。

その方のイメージに合わせて製作して行くので個人的な感情がかなり入ります。

DSC_0013_201801291244036be.jpg

例えばこのコインポケット。

自転車でお店に来てくれるオーナーさんがチャリ鍵を入れる姿を想像しました。

DSC_0014_20180129124402e6e.jpg

実際にはベルトループに付けてるフックに付けたとしても

架空のライフスタイルをイメージしていると作り手の思いが

どんどん詰め込まれていく。


それを着用していただいた時の笑顔があるから

こんな大変な事を続けていける。

DSC_0018_2018012912440277f.jpg

オーナーさんのオーダーも全部入れるとおかしな事になるので

最小限の情報だけいただいて進めます。

このジーンズは穴がふさがってる事とレングス調整。

DSC_0019_201801291244010b3.jpg

もともと作った時には壊れてしたからHBTが出てくるようにしてた部分も

修理したり、加工したりしてキズがバサバサしないようにしていく。

DSC_0025_20180129124440974.jpg

手こずったのがこの裾の処理。

簡単に考えていましたが3日かかりました。


何が問題かと言うとこのジーンズはもともとの状態で

修理がゼロのボロだったところにあります。

DSC_0054_20180129124538fd2.jpg

ぐちゃぐちゃのジーンズをまとめる方が簡単な部分もあり、

裾のようにジーンズの目につくポイントになる部分を調整する事は困難です。


そこで雑に短くしたような仕上げにしようとしたんですが

34インチを28インチにするので裾幅も合わないし、

1本でつなぐとダサい…

DSC_0051_20180129124515ec6.jpg

それでいてちゃんと処理して綺麗につなぐ事が

このジーンズの雰囲気には合わないので2本でつなぐ事に決める。


1本はストレート気味で2本目はカーブをつけて、自然な不自然で12センチ短くしました。

難しいのはこの12センチってところ。

最初から28インチにすると縫込み入れていくと5センチくらいは縮むので

長めに仕上げてから縫込みが必要なところにあります。


しかも「抜いた」部分には傷や修理があったのでそのバランスに頭をかかえる…


これは私しかやってない事なので正解も不正解もありません。

これがカスタムジーンズを作り出した7年以上前から実験的に作らせていただいた

初期のオーナーさん達に犠牲になっていただいた経験です。

DSC_0028_20180129124439ed5.jpg

初期の頃は今に比べれば控えめプライスで作ってました。

ベースもまだ安かったし、あくまでも修理に使える可能性のある技術、

ひらめきを試すための実験だったからものすごい赤字。


今はその頃と似て非なるカスタムジーンズになりましたが

作れば作るほど赤字です。

DSC_0031_20180129124438355.jpg

格段に完成度も上がったし、やれる事もすごく増えた。

なので物として余白もなく、極論的な物作りになっています。

ざっくり40時間かけてるといいますが実際に40時間でできるジーンズは

ほとんど無い。

DSC_0033_20180129124438202.jpg

初期の頃は不安定で未完成であくまでも穿いて、

追加を入れていく事で成長させるジーンズでした。

DSC_0034_201801291244377ac.jpg

そんな感覚をビンテージに理解のあるパナさんの記念用として

作り出した訳ですが各部位に実験的な部分を感じたので

自分で作ったジーンズをほぼバラして再構築する事にしたのです。

DSC_0021_20180129124440472.jpg

1週間の予定が2ヶ月となった理由はこれです。

DSC_0058_20180129124537fba.jpg

オーナーさんが決まった事でオーナーさんのイメージを

具現化する作業がそこに混ざります。

DSC_0040 (1)

オーナーさんがこのジーンズを最初に見た時のイメージを

最大限に残して全縫いを入れた方が普段着として

週末だけの私服を楽しめると思ったので

見た目を大きく変えない方向に進めました。

DSC_0042_2018012912451779e.jpg

ボロ感、雰囲気は50年代の501XXを穿いてる気持ちよさを残しながらも

何も気にしないでガンガン穿ける実用性のバランス。

DSC_0045_201801291245160dc.jpg

日本人の骨格と昔のアメリカ人ではウエストの位置、

お尻の大きさ、ウエストのくびれが全く違う。

長財布使う方は特にポケットの位置が合わないと感じてると思います。


ジーンズを直すって簡単な言葉ですが

なんで壊れたのかを考えると骨格や骨、筋肉の動き、利き足、

特徴的な体型、部位の使い方、ライフスタイル等まで考えなければ

本当の意味での修理は出来ません。


傷を直す事が修理だと考えていません。

なので元の構造に戻す事が正しい修理だと思っていない。

そこにはコスト、納期との兼ね合いも生じます。


あくまでもギアとして愛用できる事を一番に考えて修理する

着用型修理屋なので再生屋さん的な修理屋ではありません。

DSC_0047_2018012912451554e.jpg

それを解消するための工夫が機能美へと変わってるのが

バックポケットの位置変更です。


ポケット上はタイト目にジーンズを着用し、財布を入れる方はスレて傷んできます。

ここは簡単に追加で修理ができるように少しボコらせて擦れるように作っています。

DSC_0005_20180129124404ef6.jpg

書ききれないほどの多くの技術を詰め込んだジーンズは

とにかく時間と手間をかけて製作します。


ここまで書いて申し訳ありませんが多忙すぎてこの数年は

カスタムジーンズのオーダーは受けておりません。

たぶんこれからの数年も受けないと思います。


ジーンズ修理をすればするほどその必要性と、

その先にある終え方が見えてしまうようになった。


世界的にビンテージジーンズが再び流行ってます。

過去の流行りとは全く違い、骨董品のような扱われ方になってるから

さらにヴィンテージと言う言葉に逃げやすくなったように感じます。


集める事が難しくなってるからこそ修理屋の需要が上がりそうですが

実はそんな事ないと言うのが修理屋最前線の感想で

ひと昔前の方が普通の人が買って、穿いて、直してたように感じる。


余裕がある人の道楽が多く、昔みたいに日常着としての

着用目的で起きてるブームでは無いからでしょう。

そんな今でも普段着としての着用を一番に考えて買う方が「本物」かと。


これは特定の誰か、お店、商品、その他を否定してる訳ではなく、

色んな物を見て、失敗して、経験して、勉強しようって話です。


興味を持たないと色んな物に囲まれてても何も入ってきませんから

情報社会になって頭でっかちは増えても、

経験の足元にも及ばないと思ってる古い人間の考え方です。


そんな今だからこそ

「本物」に向けた終わりのないカスタムジーンズこそが

自分の経験してきたジーンズ修理の知識を

最も生かすすべではないかと考えております。


極論だけで作業してるとそうなっちゃうんですよね…


来月は3/1の9周年に向けて

うちでしか味わえないアイテムを販売しますので

楽しみにしてて下さい。


長々とお付き合いありがとうございました。



2018..30 カスタムジーンズ comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 501 E FULL CUSTOM 巣立ちました

本日より販売と告知しておりました

NAOSHIYA CUSTOM FACTORYのカスタムジーンズは

嬉し事に一人目の方に巣立ちました。

天気が悪いのにわざわざありがとうございました!

DSC_0069_20171017172602fb9.jpg

昔から修理を出してくれてた方なんですが

お話、伺ってたら大分県は日田市の出身との事で

y-notさんにも繋がる不思議。


うちで5年間生きたオオクワガタを生んだ大地でもあり、

昆虫クラブの聖地であり、昆虫クラブの九州総本山「y-not」さんのある土地。

また、夏にでも虫捕りに行きたいなあ。

DSC_0071_2017101717260162a.jpg

サイズも狙ってる感じでしたので作り手としても大満足。

カスタムジーンズのある生活を楽しんでいただければと思います。

ありがとうございました!!


新たにスタートしてるプロジェクトもあります。

春頃に販売していた全縫いのカバーオール型ユーティリティを

追加で加工しています。

物としてはすごく良かったのですが、遊び心が少ないと思っていたので

カスタム脳になってる今、新しい試に挑戦しながら製作しています。

これはすでに仕上げに近いところまで出来てるので

今月中には完成予定です。


それと次の販売アイテムは「LOW SPEED RACING」のパーカーです。

かぶりのパーカーは3年ぶりかな。

「オートミール×レッド」 「グレー×ブラック」 「ネイビー×ホワイト」の

3色展開でサイズはS〜XLの4サイズとなります。

スポットアイテムなので生産数はかなり少ないです。

タグ付け中なので販売は夕方くらいにでも店頭には準備できたのから出していきます。


ショッピングページ掲載したいのですが天気が悪いので写真が撮れません…

室内で撮るかなあ。


それと昨年、製作した「DENIM GARAGE」のトートバックを再生産中。

新色も作ってるのでそれは週末くらいの予定です。


月初にオーダーいただいた「BLACK357」ベースのベストは

ものすごく苦戦しながら進んでますので完成した方から電話いたします。

すごく良いです。


で今日のブログは終える予定がたくさん届いた郵便物の中に

「パナゴリアス」さんからの荷物。

パナさんの周年記念に加工した501XXが戻ってきました。

ライトカスタムとして販売し、追加するイメージで製作していたジーンズです。

フルカスタムにしてたぶん当店で販売予定です。

販売時期は未定ですがこう言うタイミングなので早めには仕上げたいけど

修理のスケジュール考えるとすぐは無理だなあ。

進行状況はブログで告知していきます。


今日は老舗2ショップが直し屋で交差する不思議な日ですね。


2017..19 カスタムジーンズ comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 501 E FULL CUSTOM 完成

この数日、告知しておりましたカスタムジーンズが完成しました。

1年間のギャランティ(無料修理保証)をつけて、

「DENIM GARAGE」のトートバックに入れてお渡しします。


販売は10/19 (木) 12時〜 初日は店頭販売のみ

ショッピングページへの更新は10/20 (金) 12時頃掲載予定

サイズ感は掲載後に電話で話せると良いと思っています。


主観ですがこれよりもすごいジーンズは無いと思います。

そう言うジーンズがうちのカスタムジーンズです。

DSC_0069_20171017172602fb9.jpg

機械オンチの私が天気も悪いのに

いつものオートではなく、マニュアル操作で撮ってみました。

挑戦です。

DSC_0071_2017101717260162a.jpg

写真の技術と才能はありませんので

現物の凄みが半分も表現できません…

この程度でも凄みが出てますので現物はこんなもんじゃ無いと言う事です。


洗いたてだとフラットなので2分くらい私が穿いて少し立体にしました。

DSC_0032 (2)

うちのカスタムジーンズの経緯としては

ボロくて、無知なリペアによって壊れた無残なジーンズを

着用できるように調整した事から始まります。


そうやって作り出した実験的なジーンズは

感度の高いアンテナを持つ「通」な方に好まれて作り出しました。

DSC_0033_20171017172345079.jpg

実験的な意味合いで修理では絶対に試せない新しい挑戦や

ひらめきを落とし込んで作る事が最初は楽しかった。


このコインポケットを見てください。

LevisなのにLeeみたいにしてあります。

正確に言えばLee型でもありません。


これには長く着用するのに大きな意味合いがありますが

理由はここでは書きません。

オーナーさんが興味がある場合のみ聞いてください。

DSC_0035 (1)

何度も書いてますがこのジーンズは3年前から作りだしたやりかけ。

カスタムジーンズの製作を前期、中期、後期と分けた時に

後期はもはや縫込みがエスカレートして作っただけなので

作る面白さは半減していきます。

DSC_0042_20171017172325313.jpg

とは言え、

物としての完成度も高いし、縫製も安定してるしすごくちゃんとしてる。

逆に言えばちゃんとしてるから初期の頃の不安定な危なっかしい感じがない。

でも初期、中期よりもはるかに出来る事が増えてるので

物の凄みはすごくあります。

DSC_0044 (1)

このジーンズを作り出した時は

初期や中期のように「修理の延長線上にあるカスタムジーンズ」を

作りたいと思ってやりだした。

DSC_0045_20171017172322bd3.jpg

が、超多忙な私にこれを作る時間も余裕も無い。

2年前の移転もあって一度はやりかけのまま封印。

DSC_0053_20171017172518049.jpg

今年に入って封印を一度は解くも、忙しすぎてまた封印。

その封印を解いたのは久々に製作意欲が出てきたので

仕上げまでたどり着けた訳です。

DSC_0056_20171017172518ce6.jpg

初期は手を入れていない部分が多いので今でいうライトカスタム。

中期から全張りとなりまして、後期にはほぼ全ての部分に

縫込みによる補強が入るようになります。

DSC_0058_20171017172517945.jpg

このジーンズは修理の延長線です。

初期、中期の空気感を後期の技術力で仕上げました。

これは私にしか分からない事なので穿く人は特に気にしなくて良いです。

DSC_0062_20171017172516f12.jpg

このジーンズには私以外の人が昔に施した修理のせいで

壊れて、直してを繰り返しています。

今作はベースの空気感を残そうと思って3年前に準備だけしていました。

DSC_0064_20171017172515f00.jpg

これもオーナーさんにしか分からない事ですが

洗濯すると濡れてる状態で私が入れたミシンと「もともと」入っていた

意図的に残した前の修理がわかります。

DSC_0050_20171017172519b26.jpg

エンジニアブーツに合うように作りました。

裾もかっこいいですね。

DSC_0076_201710171726005a0.jpg

手抜きなし。

バックポケットは中期の空気感でサークル入り。

この空気感には我ながら惚れ惚れします。

DSC_0079_20171017172559899.jpg

ボロく見えるように仕上げていますので

ボソボソしてる部分があります。

見た目のボロいジーンズとただボロい無知なジーンズは全くの別物です。

フルカスタムを穿いた方にしか分からないでしょうけどね。

DSC_0081_20171017172558879.jpg

見れば見るほど色が浮かび上がってくる。

吸い込まれないように気をつけてください。

DSC_0083_20171017172641396.jpg

ものすごい雰囲気のブーツでも歯が立たないでしょう。

DSC_0085_201710171726408ea.jpg

穿き心地が悪そうに見えますが全体のバランスによって

見た目よりもはるかに穿きやすい。

20オンスのジーンズよりぜんぜん良いです。

DSC_0088_201710171726390d0.jpg

何色使ってるか自分でもわかりません。

暇な人は数えてください。

多分ハズレです。

DSC_0090_201710171726389cd.jpg

左より右は縫ってます。

これは右利きで右のポケットに財布を入れる人が多いから。

それ以上の説明に興味があればオーナーさんは聞いてください。

DSC_0093_20171017172637808.jpg

裾は左右でなんとなく変えてます。

これも何色使ってるかわかんないですね。

DSC_0095_2017101717263623d.jpg

ウエストに「3年」と書かれたタグを付けて完成。

作りたいと思って作った、自分で穿きたいジーンズ。

DSC_0069_20171017172602fb9.jpg

売れる事を一番に考えていない、

作り手が作りたいジーンズを作りました。

DSC_0071_2017101717260162a.jpg

ビンテージという言葉に逃げない技術の結晶を

魂を込めて縫込みました。

これを見て欲しいと思った方はぜひ、現物を見てください。


発売は休み明けの木曜日。

オープン時間の12時からで先着1名様のみ。


現在、フルカスタム系オーダーは受けていませんので

過去のやりかけを作る以外ないのですが

他のやりかけはバラしただけなので無しとお考えください。


ショッピングページに実寸を掲載しておきます。

現物見て、穿いて、サイズが合う方に穿いていただければ幸いです。

2017..17 カスタムジーンズ comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 501 E FULL CUSTOM 最終の最終仕上げ

素晴らしいジーンズになりました。

と言ってもまだ完成してません。


先ほど最終加工を終えて、もう一度洗濯してます。

乾いて、もう一度チェックして大丈夫なら販売です。

DSC_0081_20171014185102b60.jpg

ベースはフロントにたくさん修理が入ってた501 E。

加工前は33×32で完成後のサイズは実寸で32×30。

小さくなった理由は裏に全貼りを入れて縫ってるってのが一番。

縫込み量のすごさから横に1インチ、

縦に2インチの縮みが生じています。

DSC_0082_201710141851017ba.jpg

穿いた事のない方には分からないのですが

着用感としては実寸よりも小さく感じます。

それによりオンスが上がってるので感覚としては

16オンス以上のジーンズを穿いてる感じです。

DSC_0087_2017101418510094a.jpg

とは言え、ただの分厚いジーンズとは全く違う。

このジーンズには知識と技術が練りに練り込まれています。

私の嫌いな分厚いだけのジーンズとは全くの別物の着用感となります。

穿けば意外と早めに馴染みます。

DSC_0088_201710141850595aa.jpg

今日、洗濯しても東京は雨なので乾きません。

毎日、雨なんで写真も撮れない…

乾いてからの最終の最終仕上げに入りますので明日の販売はありません。

今のところ最短で火曜日かと。

DSC_0090_2017101418505820c.jpg

問い合わせも多いので販売方法を決めねばならぬ。

別に人気のお店でもなければ、

流行りの物でもないので偉そうな事は言えないが

魂を込めて製作したジーンズだからお店で穿いてもらいたい。

作り手の思いです。


作り手の覚悟、とオーナーさんになる方の喜ぶ顔を見てから

対価をいただければそんな幸せな事はないと思ってる。


とは言え、

1クリックで試着もしてないジーンズを買う覚悟ってすごいと思う。


なので販売初日の営業時間は店頭販売し、

その日の夜にでもショッピングページへ掲載しようかと思っています。

火曜日に販売の場合は水曜が休みなので木曜に掲載して

電話対応できるようにしようと思います。


まだ完成してませんが今のところそんな感じです。

写真撮りと販売日、方法を決めたら告知いたします。



2017..14 カスタムジーンズ comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 09
2018
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -