1983 SHOVELHEAD FXRS チャーチルグローブ最高

フェアリング取って、ナックルガードも外して

納車された時のスタイルに戻しました。


綺麗に手入れされてる良いバイク。

人のバイクだったとしてもそう言います。

image1 2

必要最低限の改造しかしてない純正ルックは

若い子には乗りこなせません。

おじさんか、おじさんに片足突っ込んでから

初めて乗る権利が生じるスタイル。


あえて今っぽいクラブスタイル風にするかも想像して楽しめる

最高の相棒。


最近はあまり乗ってませんでしたが、

グローブが届いちゃったから乗りたくてしょうがなくなった。


土曜日の仕事後、4台で100キロくらい走ってきましたが

とにかく最高でした。

DSC_0027_20190405161443c61.jpg

USA MADE 「CHURCHILL」チャーチル パット付きグローブ ブラック

自分が欲しいから輸入したパット入り。

100キロの半分を冬用、半分をこれで試しましたが

パット入りは化け物です。

DSC_0031_20190405161442039.jpg

上質なディアスキンと手の平に入るパット。

これのバランスが良すぎて振動を無効化!

化け物グローブです。

DSC_0041_20190405161440650.jpg

と書いてしまうと嘘になりますのでちゃんと言うと

無効にはならないがものすごく緩和。

-70%くらい普通のとは変わります。


リジットフレーム、エンジンのリジットマウント等が多い

ハーレーや改造車の敵は振動です。

DSC_0043_20190405161440ed2.jpg

振動を和らげる事で体への負担もすごく減るから

乗って楽しいバイクがさらに楽しくなる魔法のグローブです!

image1 5

おまけは走行中に先輩が撮影してくれた写真。

「LOW SPEED RACING」の中綿入りウインドブレーカーに

もちろんこのグローブ付けてます。


それとフルフェイス最高です。

合うバイクと合わないバイクが有りますが

今まで被らなかった事を後悔してます。


自分で運転してる姿なんて見れないので

こんな感じなんだなあ。


手足の長さとバイクの形、ゆとりのある乗車姿勢、

自分のバイクだなあって思いました。


高速ですから80キロは出てるのに50年のパンヘッドに乗って、

当たり前のようにスマホで写真や動画を撮る。

全員を撮影してからさらっと先頭に戻って

何事も無かったように走る。


この先輩が一番の化け物です。



2019..09 バイク comment0 trackback0

HARLEY DAVIDSON 1991 FXRS-C

これは我が愛車1983 FXRS。

ショベルヘッドの最終でFXRとしては2年目の若造。

FXRは82〜94までの12年間製造されたダイナ系の元になったモデル。

DSC_0006_201901271249052a2.jpg

正確にはエボ初年度84年のFLだけなぜかショベルだったり、

FXR3、FXR4って名前でアメリカだけで90年代の後半に

なかなか強烈なグラフィックで出てましたので

あくまでも一般的な分け方としてはです。


FLHXなる超マニアックモデルが日本向けで

85年にショベルヘッドエンジンで販売されてるので

1番のイレギュラーはそれかな。

ショベルのFXRよりレアな車両の1番と言えばFLHXかもしれません。

全く人気ないですけどショベルの完成系はそれのはずです。

DSC_0013_20190127124904358.jpg

純正の空気感を残して乗りやすくしてるところですが

バランスよくカスタムするのは難しいのでちょうど良い感じに

個性を出すのが今の楽しみです。


ノーマルライザーに戻して、フロント2インチ伸ばしが良さそうと思っていますが

納車のタイミングでフロント新品入れてるのでもったいないから

いつかのカスタムでしょうね。

それまではプルバックライザー入れようと思っています。


なんでまたこんな話を聞かされるんだと思ってる方、

本題はこれからです。

o0600045014350963585.jpg

1991 FXRS-C

この車両は後期エボのFXRS コンバーチブル。

FXRのスポーツモデルFXRSの純正カスタム版とでも言いましょうか。

ハーレー純正の豪華仕様版です。


もともと少しカスタム色が出るコンバーチブルを

センスよくカスタムしたちょうど良いFXRS-C。

貴重なバックまで残ってるし、写真で見たところ全体的に綺麗だし、

タイヤも綺麗だし、サンダーヘッダー入ってるからバリバリ走ると思われます。


良い車両だなあ。

これは私が愛車を購入した福島のバイク屋さんが輸入して販売した車両。

それが国内1オーナーで戻ってきたそうです。

そう、販売車両です。


価格も聞いてませんし、現車も見てませんし、

バイク屋じゃないから絶対に良いとは断言できませんが

すごく良い車両だと思います。


これを告知したところで私にお金は入りませんので

ブログで紹介する意味はありませんが

あまりに良い車両なので誰か欲しい人がいれば

その人に乗ってもらいたいと思って勝手に紹介しました。


もちろん私からの保証はゼロですが、

バイク屋さんが販売しますので整備してくれるから安心ですね。


冷やかしでバイク屋さんに連絡する人は困るので

(うちのお客さんでそんな人はいないと思いますが…)

本気で欲しい方はうちに連絡してください。


オーナーさん一人でやる大変さは私もわかりますので

本気で気になる方だけそのバイク屋さん紹介します。


私のもそうですが旅に出たくなっちゃうバイクです。

2019..12 バイク comment0 trackback0

HARLEY DAVIDSON 1983 FXRS シート交換

先日、愚痴のようなブログを書きましたが

心配いただいてわざわざ連絡いただいた方、

ご来店いただいて大丈夫かと声をかけていただいた方もおり、

何だか申し訳ない気分です。


製作アイテムの質が落ちるのは嫌だと言う方もいると思うので言っておきますが

質が落ちるくらいなら作りませんのでご安心ください。

シフトチェンジしてできる最大限を形にしますので

楽しみにしててください。


からの我が愛車の話。

1983 FXRSは超希少車両で現存数も少ないので

あまり情報がありません。


基本的に改造が好きなのでノーマル車に乗り続けた事はない私が

5000キロ程度の極上車を入手してしまったので

購入時にノーマルとして後世に残そうなんて考えてしまった。


が、ちょっと乗っただけで当時のアメリカ人用に作った車両が

痩せ型の私に合うはずがない。

防風用にシールド付けて、ハンドガードも付けて外せるカスタムから

純正のバランスを壊さないように楽しんでましたが

どうしても車高が高いのが気になる。

DSC_0007_201812241551211c7.jpg

シートを変えるか、サスペンションを落とすか悩んでましたが

特殊な構造のシート付けの為にポン付け出来るシートが無いのが悩みで

もう1セットのシートを入手してアンコ抜きするしか無いと思っていました。

DSC_0011_20181224155120c2e.jpg

ふと昔の記憶が蘇る。

この車両に乗ってたバイク屋さんがオリジナルで製作したシートの存在を。

もう5年は前の話なので問い合わせてみると

オーダーで2ヶ月納期で作ってるが、

ちょうど在庫があると嬉しい返事をもらったのでさっそく購入。

DSC_0006_201901271249052a2.jpg

取り付け方法は聞きましたがウインカーがつかなくなって見てもらいたかったので

お願いしてるラフさんに持ち込んで装着してもらいました。

高速道路ではそりゃあソファーみたいなシートの方が楽ですが

主に通勤の下道なので足つき性は重視したかった。

DSC_0009_20190127124905f8b.jpg

腰ホールドも出来て、何より足つきが良い。

そして見た目もカッコよくて横から見たタンクからのラインも美しい。

DSC_0013_20190127124904358.jpg

前のシートは高級車に乗ってるような乗り心地で、

このシートはハーレーに乗ってる感じがする。


ラバーマウントのショベルヘッドにノーマルシートは快適そのもの。

このシートは後輪が道路を蹴っ飛ばす感じが伝わるから

ハーレーの荒々しい部分が出てきた感じです。

DSC_0017_20190127124902760.jpg

すごく美しいラインですね。

このシートは「ジーンチョッパーズ」さんのオリジナルアイテム。

全く流行っていない時代からFXRの魅力を表現していた数少ないバイク屋さん。

DSC_0016_201901271249039d8.jpg

私も昔から好きでしたが所有しないとわからない事も多く、

とにかくネットで調べてもあまり情報が出てこない。

DSC_0019_20190127124927745.jpg

ジーンさんもそうですが購入したバイク屋さんのように

この車両に乗ってたバイク屋さんからの貴重な情報を聞きながら

ショベルのFXR乗りの方が見た時に役立ちそうな情報を書いていこうと思います。

DSC_0021_20190127124926205.jpg

初期エボのFXRも構造は近いようなので

初期エボのFXR乗りの方は是非ともお店まで乗って店に来てくれると嬉しいです。

ちなみにこのシートは82〜94までの全FXRに対応してるようなので

気になる方はジーンさんまでご連絡ください。

DSC_0024_20190127124926c34.jpg

シールド付けて、ハンドガード付けて、グリップ変えて、シート交換。

やりすぎて無い大人のカスタムとしてはこんなもんかな。

ちょっとパーツは確保してあるのでちょこっと追加してこうと思っています。

DSC_0029_201901191837494cf.jpg

HARLEY DAVIDSON 純正 83FLT FXR系 オーナーズマニュアル 新品

中身が見たければ私のがお店に置いてあるので見に来てください。

これを入手したところからショベルのFXRに乗りたくなって

探す方がいれば嬉しいです。


さて、バイクの掃除しよっと。


2019..27 バイク comment0 trackback0

HARLEY DAVIDSON 1983 FLT FXR FXRS FXRT オーナーズマニュアル

私の愛車は1983 FXRS。

ハーレーの中でもかなりのマイナーバイクです。


こう言う変な物を好きになってしまうと情報の少なさに困る。

今は情報社会なのでなんとか得る事はできるが

詳しく知る事は難しい。


と言ってもそう言うものが好きなお店は必ずある。

でもそこが通える距離なのかも問題です。


そこで私も自分で集めれる物は集めておこうと

車両購入を考えてるタイミングでサービスマニュアルは入手済み。


サービスマニュアルとは取り扱い説明書のかなり詳細まで書いてある物。

もう一つパーツカタログが有ればその2つで

当時のアメリカなら必要なパーツと構造が理解できると言う物。

ちなみにパーツカタログも入手しております。

簡単に言えばバイク屋さんが修理する時に見るやつです。


エンジン、ミッション等を考えればショベル用のもっと詳細まで書いてある

図鑑的なものが必要ですがあくまでも趣味ですから

素人の物集めとしてはこれで十分です。


と思っていたら

もう一つ書物がある事がわかりまして、

それの入手もできましたので今日はその話。

DSC_0029_201901191837494cf.jpg

それがオーナーズマニュアル。

さっきサービスマニュアルが説明書的な物と書きました

もっとライトに必要最低限が記載されてるのがこれです。

新車購入時に入手するスタートラインの書物。

DSC_0031_201901191837489a6.jpg

AMFのステッカー付きの未開封デットストックです。

ここであれ?と思った方はすごい。

83年のバイク用なのにAMFステッカー。


ハーレー社は68年に身売り交渉が始まり、

69年には買収されてAMF社の傘下となります。

81年にバイバックが始まったと言われてるので以降のバイクにはAMFの表記がなくなる。

83年の愛車にはもちろんAMFが入っていないのに

このオーナーズマニュアルにはAMFのステッカーが付いてる。


これでわかった事は81年に買い戻しが始まったの意味。

車両を作る時に車両関係の部品以外にもこのような備品的アイテムも多い。

メインの買い戻しからスタートし、各部門は81年ではなく

それ以降であった事がこの書物でわかりました。

歴史を感じる書物です。

DSC_0002_2019011918374765b.jpg

で、パッケージを開封。

36年前にラッピングされたアメリカの空気を解放。

DSC_0010_20190119183747255.jpg

純正の証。

DSC_0007_201901191837467c7.jpg

デットストックでなければこのようにオーダー表は破棄されてるでしょう。

さすがに今はFAXでパーツ注文しませんが

今でもパーツが買えるのか興味があります。

DSC_0012_20190119183745d46.jpg

新車を買うと何キロ点検ってありますよね。

日本だとメンテナンスノートって呼ばれるのかな。


83年にもそれはあったようで最初は500マイル。

その時に整備した事や気になった事を書き込む欄があります。

次の整備が何キロかは次のページに書いてありますが

これを入手した人だけのお楽しみ。

DSC_0013_2019011918382416f.jpg

中身はこんな感じ。

整備内容がもちろん全て英語で書かれています。

DSC_0015_20190119183823f81.jpg

サスの調整方法。

この工具がないので私には調整が出来ません…

DSC_0018_201901191838220ac.jpg

メーターの説明まで書いてある。

昔、新車で買ったバイクにもそう言えば小さな説明書付いてたなあ。

DSC_0020_20190119183821d0a.jpg

給油口や残量の読み方まで。

ここで2種類あるのは何でだと思った方は最初の写真に戻ってください。

DSC_0021_201901191838202b4.jpg

私のバイクはFXRSですが同じ構造のFXRも書かれています。

何が違うかと言えばFXRのスポーツ版がFXRSで

ホイールがキャストになり、フロントはダブルディスクになります。

DSC_0026_20190119183820866.jpg

これは何だと言うとFLT。

見た目は違いますがフレームからエンジン、ミッションまでは

FXRシリーズと同じでいわばFXR系の元になったバイクです。


バイバック後にハーレーここにありを表現しようとした

初めてのコンピューター設計フレームはFXRではなく、FLTなんです。

FXRがダイナ系の親ならば、FLTがFXRの親です。

FLH系のこれぞハーレーって感じの車両に

走行性のを保たせた進化モデルでしたが

その独特のフレームから全く人気が出ずに廃盤となった

個人的には最も幻と言って良いハーレーです。


人気もないので出れば安いんですが

日本に持ってくる人はほぼいないですね…

私も1台しか見た事ありませんし、

それすらランニングコンディションではなく、

FXRのパーツ取りに使われてました。


ミッションの話ですが84年の1stエボリューションが4速なのに、

83年のFLT、FXR系は5速です。

ハーレーで最も出来の悪い5速ミッションですが

このバイクに使うには意味があります。

弱点のリターンスプリングは入手済みなので

弱いところを知っておくのは旧車乗りには大事な事です。


進化モデルなのに1速が短くてFLHの4速ミッションが5速になった感じ。

パワー重視のサイドカー引っ張れるタイプのミッションが

ハイウェイのバレリーナと呼ばれるFXRに乗ってるのも面白いなあ。

あり物使って新しい物を作り出すのに苦労した証こそが

移行期モデルの醍醐味です。


骨格が同じなので82、83のマニュアルでは

FLT、FXR、FXRS、FXRTがまとめられてるのにはそう言う事です。

DSC_0029_201901191837494cf.jpg

HARLEY DAVIDSON 純正 83FLT FXR系 オーナーズマニュアル 新品

よくわからない説明を何でブログで見せられたのか?

それはこのオーナーズマニュアルを販売するからです!

DSC_0011_20181224155120c2e.jpg

これを必要としてる方は日本では数名でしょう。

それだけマニアックな車両ですから情報が手に入らないんです。

アメリカのバイク屋さんが持ってたのでデットストックを2冊購入しました。


1冊は自分用なのでもう1冊は超レアなFLT乗りか、

ショベルのFXRシリーズに乗ってる方がに喜んでいただければと思います。

もちろんこれからショベルのFXRに乗りたい方にはマストです。


ショベルとエボのFXRに乗ってたバイク屋さんに聞きましたが

ショベルのFXRはトルクがすごいから

下道〜高速までノーマルでバランスよく走れる車両。

エボのFXRはトルクが弱いから高速型にチューニングする人が多く、

乗りにくくなる事が多いようです。


こう言う生きた情報を聞くと

レア種のショベルFXRを選んで良かったと思うし、

こう言うバイクには物好きのハーレー1台目か、

何台か乗ってる方のゴールに選んでいただきたい。

全く出ませんけどね…


ショッピングページ


私はハーレーのゴールとして乗り換えましたので

このバイクの事を趣味として学んでいきたいと思います。


ちなみに販売価格は横流し以下の価格です。

何せレア種なので買い逃すと入手できる可能性は

ほぼゼロです。

2019..20 バイク comment0 trackback0

1983 FXRS 久々のバイク通勤

仕事が忙しすぎてバイクで来るとちょこちょこ掃除したり、

気になる部分を探したりと仕事に集中しきれない。


なので自粛してましたが

さすがに気力、体力も限界なので

ご褒美でバイク通勤しました。

DSC_0016_20181224155119732.jpg

乗りやすいようにカスタムも準備だけしてたので

まずはフェアリング付けました。


このバイクはダサかっこいいがポイントなので

フェアリング付けるならエンジンガードも付けたい。


最初からそのイメージだったので購入したバイク屋さんに言ったら

エンジンガードはくれたので後は付けるだけ。

こうやって進めてるのが楽しいのですが

仕事に支障が出て来るのでエンジンガードは今度だな。

DSC_0007_201812241551211c7.jpg

FXR用のフェアリングは基本的に39パイ。

私のショベルFXRSは35パイなのでFXR用が無い。

なので考え方を変えてショベル35パイ用のフェアリングを探したら

ハーレー純正のアイアン用が入手できたので今日から装着しました。

DSC_0011_20181224155120c2e.jpg

ダサい、渋い、かっこいいのちょうど良いバランス。

リアキャリアはFXRP用を付けてますが

これがまたダサくて渋い。


個人的には世界で一番かっこいいノーマル車だと思って

先月、乗り換えたのでこれから少し仕事が落ち着いたら

グリップ変えて、ライザーをノーマルに戻して、

これまたダサいハンドルガード付けて、

少しローダウンして完了かな。

DSC_0017_2018122415511896d.jpg

今日、デッキパンツで乗りましたが、

日中ならインナー穿かないでもぜんぜん大丈夫でした。


最高に気にってるデッキパンツ穿いて、愛車に乗る幸せ。

インナーはサーマル、その上にはロンTと毎日自分で作った服を着てます。


テンション上がってスピード出しそうですが

「LOW SPEED RACING」所属なのでもちろん安全運転。

先週更新して来ましたがまさかのゴールド免許。

16か17歳で原付の免許取ってるから20年越しで初めて。

これを維持する自信は全くない…


早く帰路のバイク乗りたいなあ。

って事で作業へ帰ります。


2018..24 バイク comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 08
2019
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31