カッコイイって こう言う事

私は一般的に良いと言われたり、

人気のある物にどうも惹かれません。


はっきり言うと人が良いと言う物は良い物ではありません。

売りやすい物や売れる物が良いと言われる今の時代、

本当につまらない感性が良いと誤解されてる気がする。


世の中には隠れた名品もあれば、隠れた迷品もある。

そう言う物に惹かれちゃうのが物好きなんでしょう。


ブームで知った古着。

中学生のお小遣いで買えるのはビンテージではなく、

いわゆるレギュラー。

501XXなんて夢のまた夢だった頃に買ったのは

今考えれば価値のないただのレギュラー。

お金ないからそれすら買えない。

そのレギュラーの中のイレギュラーが面白くて

古着に魅了されていった。


その頃にスケートボードに出会い、初めてのバイクにも乗る。

スノーボードにも出会いとにかくやりたい事だらけだった10代。

服買う金なんて本当にわずかだった。


それがいつからかヴィンテージで育った人達の作った

裏原ブランドに魅了されてそっち側へ。

高校生の時に服を作りたいと言う感情が芽生えたのだから

これは必要な足踏みだったと思う。


新しくて、古くて、斬新で、見た事もない物に溢れて面白かった。

大きくなってしまった物はもう元に戻せない。

メジャーへの反骨心が生み出す、インディペンデントな空気感。

そこに魅了されたんだと思う。


16歳からバイクに乗り出した。

バイト先の先輩のスクーターに初めて乗った時は衝撃的だった。

バイク便の先輩はカワサキのZZR1100に乗ってて、

後ろに乗せてもらった環七の上り坂での110キロは一生忘れない。

死ぬと思った初めての体験。


初めてのギア車はホンダのシルクロード。

専門学校の帰り道、いわゆる右直事故でヒザが潰れて足首に穴もあいた。

次の年はスノーボード中の事故。

人がヒザに突っ込んできて、左ヒザも潰れた。

これでギア車を降りる事になる。


就職した某有名ジーンズメーカーの先輩が

カワサキの250TRを買ったのをきっかけで、ホンダの400SSを買った。

1年ちょっと乗ったところで初めてのハーレーを買った。

これは完全に先輩たちの影響。

1999 FXDX。

今となってはクラブバイクの代表格ですが14年前には人気なかった。

とにかく早かった。

3速で100キロ以上、スロットルちょい開けで体が置いてかれる。

そして何よりもあの振動。

体だけじゃなくて、心まで震えた。

そして3ヶ月でまた事故にあい、初めてのハーレー生活は終わる。


若い時は感覚がおかしい。

バイクの性能と運転技術を無視し、出るだけスピード出す。

ハーレーは心にゆとりがないと乗れないと気づく。


その事故で持ち込んだバイク屋さんで腐れ縁となった

1966 アーリーショベルと出会い、青春時代のほとんどを捨てる事となる20代。

8年の製作時間と乗り出して4年。

その8年間でいろんバイクに乗った。

もはや書くのが面倒なので書きませんが10台以上乗ったが

どれにもそれなりの愛情しか残っていない。


その頃にこのバイクを知る。

8年間完成させなかった店の店主が愛したバイク。

ハーレーダビッドソン FXR

f19e9088.jpg

初期モデルは82〜83S 

ショベルヘッド後期の完成されたエンジンを

初めてのコンピューター設計フレームに積んだ革命的なバイク。


元はツアラーのFLTに使ったフレームに初のエンジンをラバーマウントし、

ツーリングフレームに足回りはスポーツ系FXを移植したハイブリットモデル。

ロングツーリーングをスポーティに楽しめる新しいハーレー。


これは翌年から完全リニューアルするエボリューションエンジンにも引き継がれ、

後のダイナモデルへと進化した角フレームの元祖。

正確には84SのFL系にはショベルヘッドエンジンが使われる謎の1年。

94Sまで続いたFXRはFXRT、FXRP、FXRS、FXLR、FXRC、FXRD、FXRDG…

などの進化モデルまで生み出した80〜90年代のハーレーを象徴するモデルです。

HD39423.jpg

写真は82Sモデル。

あくまでも私的な考えではあるが100年以上あるハーレーの歴史で

最もかっこいいと思うのがこの初期のFXRで、

おじさんにしか似合わない大人のバイク。


FXRはスポークホイールで単色、

FXRSはキャストホイールにツートン、

この2モデル出していた。


現車を初めて見た時にいわゆるハーレーとは違う感じに驚きました。

XLSってスポーツスターをローライダーに落とし込んだモデルも面白い。

キビキビ走るアイアンをクルージングモデルにした変化球。

FXRとXLSにはこの時代のハーレーが示した新しい時代だと思います。


脱線しすぎるのでFXRの話に戻りますが

あの有名なバイクチームのメンバーも愛用し、

90年代のポスターやカレンダーを見れば多くのメンバーが乗ってます。

街は旧車のチョッパーで別の街に行く時はFXR。

バイク乗りにその走行性能を認められた本物のバイク。


ですが

シート下の三角フレームがチョッパーにならない事から

一般的には不人気だったのは事実で、

特に日本では全く人気が出ず、エボなのに国産アメリカンじゃんと言われ

最も人気のないハーレーと呼ばれたくらいです。

ショベルのFXRはほとんど入ってないので国内モデルはほぼ無いかな。


アメリカではエンジンだけ別のフレームに移植する事も多く、

ハーレー史上最も完成度の低い5速ミッションは廃られたそうです。

もともとの生産台数の少ないショベルのFXRはそんな感じですから

現存数がとにかく少ない。


当時1000台作られてても形がちゃんと残ってるのはものすごく少ないでしょうし、

ほとんどがいじられてるからオリジナルコンディションはほぼ無い。

83年にはツアラーのFXRTが出ますが皆無に近い。

FXR、FXRT、FXRSの3種類合わせてもオリジナルコンディションは数台でしょうから

世界的にもほとんど残されていない幻のオートバイ。


初期エボはぐちゃぐちゃに改造されてる物がほとんどでクズ扱いされ、

中期エボで進化のベースを作り、後期エボはその完成度の高さから

アメリカでのクラブバイクブームのど真ん中。


81年にAMFからバイバックし、82年に生まれたFXRは

新しいハーレーを表現した名品になるはずだった迷品。

改造されてない完全なノーマル車両のローマイルで、

しかも83Sの一年しか作られていないカラーリングの

バキバキが出たら欲しいと思って10年以上。


人と違う物や事に魅力を感じ、外れた道を選んだ訳ですから

その道をどんどん脱線していく事が私の道だと思っています。


来年で店も10年。

自分の感性で進む新しい道のスタートです。



2018..30 バイク comment0 trackback0

バイクの修理と改造が進んでる

今日は7連勤の最終日。

風邪なのか、花粉なのか分かりませんが

昨日から少しボーッとします。


新商品のショーツがセカンドサンプルに進みました。

数日間だけお店にファーストサンプルありましたが

見た方の反応はかなり良い。

ほとんど仕様が決まってたのに、さらに面白いアイデアが出ちゃった。

本当に素晴らしいギアが出来そうで本当に楽しみです。


楽しみと言えば我が愛車もガンガン進んでます!

IMG_1715 12.50.22

ネスのディガーをドラッグスタイルに落とし込んだ前のスタイルから

その後のベイエリアスタイル〜フリスコスタイル的な

オールドスクールチョッパーへ。

image1_20180326214917c82.jpg

かっこいい。

かなり変わったので、

もはや自分のバイクじゃないみたい。


ぜんぜん合ってなかったヘッドライトがトリプル変えたら

良い感じに見えるのはかなりラッキーでした。

image1 4

普通に乗りやすいバイクに、ちょっとずつ変えてこうと思ったんですが

ダメな部分が1つの変更で終われないパーツの集合体だったので

バイク屋さんと相談して大掛かりに仕様変更となりました。


今までなら細かいパーツ1つ1つにこだわり、

いろんなバランスを悩んでましたが今回は好きなテイストを伝え、

ほとんどを基本お任せで仕上げてもらっています。


私もこんな仕事をしてると大掛かりなカスタムは

基本的にお任せで作らせてもらいます。


それは作り手とオーナーさんにちゃんとした信頼関係が有り、

感覚のすり合わせが成立してないとと出来ないやり方です。


アイドリング高めでかぶり気味で走ってましたが

デスビを変えればハーレー特有の三拍子も出そうなので

どのくらい乗り味も変わるかが楽しみだなあ。


と言う事で明日は定休日。

のんびり休みます。




2018..27 バイク comment0 trackback0

バイクの修理と改造

先月、バイクの修理と改造のスタートブログを書きましたが

今日は続編です。


スプロケットの変更は23丁を26丁に変更と書きましたが

正しくは25丁のようです。

とうとう数も数えれなくなった…


元々はダメなところをまともにしようと入庫しましたが

ダメなところが多すぎる。


オイルタンクにチェーンがぶつかるので

オイルタンクを削ろうと思っていましたが色々考えた結果、

オイルタンクを交換になりました。

それとつながるリアフェンダーも交換となります。

image1 4

そしてシートも新たに作る事になりました。

これがシートベースです。

極細フレームに合わせて形を作るのは大変だったと思います…

image1 5

補強を入れながらも綺麗なベースを金属で作るんだから大変です。

金属加工への憧れが強いので途中経過が好きです。

image1 6

まあ、そうですよね。

リアとオイルタンクが変わるならタンクをそのままって訳にはいきません。

タンクは普通のフレームだと長すぎて使えない

ロングのスポタンにする事になりました。


マフラーはドラッグパイプの長さを変えて、

サイレンサーを付ける事に。

走りの部分でも本来の性能を出し切れてなかったので

この仕様でどれほど変わるか楽しみです。


まだ仮付の写真ですがもうちょい短めにセットしたら抜群になりましたので

その写真は次回のバイクネタの時に書きます。

image1 2

前のスタイルで個人的には最大の特徴で好きだった

極細トリプルを純正39パイ用のトリプルへ。


極細だと隙間が無さすぎてメーターケーブルも入れれませんし、

キャリパーの裏は削って付けてましたが数ミリしか余裕がなく、

フロントフェンダーも無理やり付けてたので

今回はノーマルに戻して修理、改造がしやすいようにしました。


するとホイールまで削ってたことが判明。

スペーサーを作って取付てとバイク屋さんも大変だったと思います。


ハンドルストッパーもライトのステーに当てるだけの作りから

安心して乗れるようにしてもらいました。


元のスタイルはベースが90年代に作られたワンオフパーツを多用した改造車。

今回の改造と修理ではちゃんと走れる仕様へのアップデートです。

image1_20180316140559fbe.jpg


アンコの形は半日悩みながら削って決めました。

オールド感も好きですが90年代ごろの頑張って改造車を作ってた頃の

カスタムが好きなので今っぽくない、少し野暮ったい空気感が出ればと思ってましたが

イメージ以上の形に仕上がって大満足。


細かい部分は予算的にもやり直せない部分がありますが

使える物は使い、とにかく走れるバイクになるのが楽しみです。


次は塗装し、もう少し形になった写真を掲載します。


2018..16 バイク comment0 trackback0

バイク修理のはずが…

昨年の11月末の話になりますが

バイクで帰宅中、ラフォーレの前でスロットルが効かなくなり、

フルスロットルで固着し、ジェット機のエンジンみたいな轟音。


エンジン切って、掛け直したらなんか怪しいけど走れそうだったので

再び走り出し帰路へ。


弱めのスロットル操作で帰れば何とかなると思っていましたが

上り坂で再び轟音。

これ以上は危険と判断してレッカーのお世話になりました。


もうちょっとでバイク屋に入庫し、

前々から気になってる怪しい部分を修理する予定だったのに…

image1 4

轟音はキャブで間違えなさそうなのでそこは後にして

秋頃に修理、改造を打ち合わせしてた部分を潰していきます。


まずはサイドスタンド。

とてつもない車高の低さと、スタンドを目立たせたくなかったので

アイアン用のノンロックを加工して付けてましたが

セルなし、キックオンリー車両には危険だったので

ちょっと古めかしいタイプのスタンドへ。


ステップがオープンプライマリーのベルトと干渉しちゃうので

そこも修正が必要だから色々と外していきます。

プライマリー付いて無いとエンジンむき出しかっこいいなあ。

image1 3

今回のメインはここ。

1次ドライブがプライマリーで2次ドライブがミッション。

ここから後輪に力を伝えるチェーンがオイルタンクに干渉。

これだとヤバいのでオイルタンクを削るか、作り直すか。


ここで考えてもいなかったアイデアがバイク屋さんから出て、

根本から今回の修理が変わっていく事に。

オイルタンクを加工してオイル容量が減るのはまずいので

有り物を付けてみる提案。

有り物と言っても古いハーレーに使われてたタイプのレプリカや

カスタムメーカーが販売してる物とたくさんの種類があります。


フレームが細すぎてワンオフしないと綺麗に収まらないのが難点でしたが

逆に古っぽいオイルタンクを付けてそれに合わせてシートを作っちゃう。


右が付いてた23丁。 左が新たに入れた26丁。

オイルタンクへの干渉が原因で小さなスプロケット入れてたので

1200ccもあるのに激遅だった私のバイクは3丁の変更でそうなるのか?

リアタイヤのスプロケはスプロケットブレーキだから変えれないので

フロントだけでどれだけ変わるかが楽しみです。

image1 2

プライマリー〜オイルタンクがメインだったのに

リアフェンダーはほぼセットだし、シートも作るならリアフェンダーも。

と言う事で外装をフルカスタムする流れに。

ジーンズの修理もそうですがここを直すならここもセットってなるんです。


オイルタンクを削って修理の予定は大きく変わり、

購入から12年目の愛車は新たなスタイルに生まれ変わります。


70年代のネス製ディガーフレームに、

70年代のキャストホイールにハイテクタイヤを履かせて、

フロントフォークは90年代のダイナ用付けて街中を走れる

ドラッグスタイルとディガーの中間を狙ったスタイルを目指していましたが

今まで全く興味の無かったチョッパーを作ります。


ちなみに私のバイクを製作したバイク屋さんではなく、

今回から先輩が長年お世話になってるバイク屋さんにお願いしました。


アメリカ人の作り出すチョッパーにはアメリカ人が乗るからかっこいい。

数年前のチョッパーブームはガラクタの寄せ集め感があって、

好きじゃ無かったんですが「走るチョッパー」を愛するバイク屋さんと

作り上げる事になりました。


人に何かを頼んで修理、カスタムしてもらう事はバイクと車しかないので

うちにカスタムしてもらう側の気持ちはこうしないと味わえない。


ワンオフやカスタムって本当に楽しいですね〜


次はシート〜リアフェンダー〜オイルタンク〜プライマー関係の煮詰めかな。
2018..13 バイク comment0 trackback0

東京ナイトクルーズ

昨日は仕事を1時間サボって、

バイクで走りに行く予定でしたがとんでもない豪雨。

雨とにらめっこしながらいつもと同じように働きました。

全くサボらせてもらえませんね…


中止にしようと思いましたが先輩方も走りに行こうと

誰も中止の空気を出さないので2時間遅れでスタート。

image1 (1)

○東京で1番飛ばすパンヘッドは2名が遅くてプラグかぶり気味。

一般道でもパンパン言ってました。

○雨宿りでラーメン食べてから、晩御飯へ。

2度も晩御飯を食べたLOE SPEED RACINGのインディアン。

○LOW SPEED RACINGの私は安定の低速。

出さないだけでバイクだけはそれなりにスピード出ちゃう。

○ナックルのチョッパーは早いと遅いのまとめ役。

LOW SPEED RACINGなのにこのチョッパー早い。

○神戸から自走のショベルはFCR2機にサンダーヘッダーの極悪バイク。

東京の道路事情には全く向いてませんね。

○鎌倉から参加のショベルは集合地点の手前で壊れてレッカー。

ハンバーグ食べて電車で帰りました。


初めて「海ほたる」に行きましたが外にも出ず、

ジュースじゃんけんして帰りました。

贅沢な大人の遊びは雨でも高速道路を楽しむ方法ですね。

DSC_0419_20170606131704316.jpg

プラグを見て驚きましたが見た事もないほど完璧な焼け具合。

渋滞と信号地獄でバイクにダメージを与えていますので

たまには高速走行でカーボン溜めないようにしないと。


缶詰仕事でで300日働いてます。

たまにはサボって外に出ないとダメですね。


明日は水曜定休日。

そろそろ梅雨入りだそうです。

さて仕事しよ。


2017..06 バイク comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 11
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -