バイクのメンテナンス

今年の夏は暑かった。


9月もそれなりにでしたが、

10月の台風から急激に気温が低下して

体調管理が難しいですね。


今の季節はユーティリティシャツがちょうど良いと思います。

そこそこ枚数を作ってきましたが私の性格上、

熱した時に一気に作業して飽きたら全く作らない。


今年もそのパターンです。

数件の個人オーダーを頂いてるので

それはビチッと仕上げて納品します。


販売用はそろそろ終わりで良いかと思っています。

すごい勢いで触ってたから

もう飽きてきてます…


と言う事で

次に販売するのでコンプリートが

ゴール目前って感じです。


スターターキット的なの作ったので

そのままでも良いですし、追加でパッチ付けても良いです。


完成してるので天気が良い時にでも撮影して掲載します。

エントリーモデル的な感じでさらに格安で出しちゃおうと思っています。


気になる方はしばしお待ちください。


からの

今日は久しぶりにバイクの話


真夏の35℃超えの気温では空冷バイクは

壊れる危険があるので乗れません。


そんなタイミングで気になる部分をメンテナンス依頼してました。

その相棒が先日、帰ってきました。

image1_202010101344417aa.jpg

オイル交換のタイミングでしたので

エンジンとミッションにフィルター交換。


エンジンヘッドの目玉からのオイル漏れも気になってるし、

オイルポンプのホースとかオイル交換のタイミングでやる作業を

まとめて依頼してました。


メイン作業ははエンジンマウントです。

37年前のゴムパーツが劣化してたのでラバーマウントなのに

エンジンが嫌な振動を出す。


これはかなり作業が面倒だと調べてあったので

いつかと思っていましたが、全く別物のバイクになりました。


これが1983年に作られたFXRS本来の性能な訳ですから

もっと早くやらなかった事を後悔してます。


FXR系に乗ってる方は絶対にエンジンマウントの前後を

新品に交換する事をお勧めします。


色々と試してる方の話ですと

安い社外品、高額な強化パーツより

絶対に純正が良いとの事。


社外だと前後で8,000円くらい、

純正は前後で50,000円。

高価な強化パーツより純正のが高いです。


ただのゴムパーツ5万って高すぎでしょ…

と思っていましたがその価値あります。


それとフロントは穴あきタイプに交換してたディスクですが

リアも穴あきタイプに変えてキャリパーも調整。

驚くほどブレーキが噛むようになりました。


純正のプレーンは前後とも穴あきにする事をお勧めします。

今回はラッセルにしましたがこれもお値段以上の価値を感じれます。

いずれはフロントもラッセルだな。


そして地味すぎて全くわからないマフラー交換。

初期エボの綺麗な物に交換。

見た目では交換されてる事がわかりません。


だけではありません。


今までのはマフラー内に穴が開けられてて

抜けが良くなっていたのですが、直管みたいでうるさい。

ご近所迷惑で家前でエンジンかけれない…


昔からある手法ですがキャブとのバランスもイマイチでしたので

一度ノーマルに戻してド純正で乗ってみたかった。


結果は驚くほど良くなった。

たぶん抜け過ぎてたんでしょう。

音もショベルヘッドらしい音で好みです。


ガソリン入れてから近所を流すつもりが

気づいたら高速道路に乗ってました。


5速に入れたらまだまだ余裕って感じ。

これが1983 FXRSの性能なのかとビビりました。


こんなバイク乗ったら

「LOW SPEED RACING」

じゃなくなっちゃう…


ラバーマウント特有の振動を感じれるが心地よい振動で

ゴムが振動を逃がしてくれてる感じがすごく分かる。


今回、改造と言う改造はしていません。

メンテナンスと言うか、本来の性能を取り戻す作業です。


見た目ばっかりの人って中身がない。

何でもそうですが大事なのは中身です。


これで気になる部分はほぼクリアしましたので

あとは乗ってあげる事でしょう。


良いバイクだと思っていましたが

きちんとメンテナンスを繰り返す事でさらに良くなりました。


こう言う経験を自分の仕事にも落とし込んで

皆さんの愛用品を良い状態にしてあげねばと

改めて思いました。


が、

現在は修理の受付をしていません。

年内は修理の再開をしない予定です。


コロナの状況を見ながら再開タイミングは決めようと思っています。

再開についてはその時にまた書きます。


皆さんも愛用品に愛情を注いでください。

コロコロを否定はしませんが1つをちゃんと使う事でしか

分からない事ってたくさんあります。


愛用品を所有し続ける事って

買い物を続けるとは別次元の事です。


皆さんも豊かな感性で愛用品を楽しんでください。

長々と書きましたがそんな話でした。


2020..10 バイク comment4 trackback0

高速道路を走る

土曜日の夜、久々にバイクで走ってきました。

バイクで走る事に意味はありませんが

この時間がもたらす高揚感は何にも例えようがない

素晴らしい時間となります。

image1 2 (1)

先輩しかいないと思ったらこの台数。

1900ccのモンスター〜1200ccの旧車が同じフィールドで

同じように楽しめるのがハーレーの良さでしょう。

東京のクラブバイクがこれだけ集まって、

一緒に走ったのは初めて。


やっぱり加速感が違うし、車両の安定感もすごい。

ダイナは優秀だなあって思います。


その中で後期型エボFXRのちょうど良い感じは

やはり完成度の高さを感じます。

image1_20191006165304558.jpg

高速道路を楽しむ高年式の素晴らしさを

まざまざと見せつけられましたが

私は余力を楽しむ今のスタイルがちょうど良い。


自分のバイクの良い部分を楽しむ

良い息抜きとなりました。


ちなみにこの強烈に綺麗な写真は100万円のカメラで撮影。

いくらスマホがすごくなっても本当にすごい奴には

絶対に勝てないんですね。


何でもそうですがすごい物はすごい。

他分野から勉強させてもらいました。



2019..06 バイク comment0 trackback0

1983 SHOVELHEAD FXRS チャーチルグローブ最高

フェアリング取って、ナックルガードも外して

納車された時のスタイルに戻しました。


綺麗に手入れされてる良いバイク。

人のバイクだったとしてもそう言います。

image1 2

必要最低限の改造しかしてない純正ルックは

若い子には乗りこなせません。

おじさんか、おじさんに片足突っ込んでから

初めて乗る権利が生じるスタイル。


あえて今っぽいクラブスタイル風にするかも想像して楽しめる

最高の相棒。


最近はあまり乗ってませんでしたが、

グローブが届いちゃったから乗りたくてしょうがなくなった。


土曜日の仕事後、4台で100キロくらい走ってきましたが

とにかく最高でした。

DSC_0027_20190405161443c61.jpg

USA MADE 「CHURCHILL」チャーチル パット付きグローブ ブラック

自分が欲しいから輸入したパット入り。

100キロの半分を冬用、半分をこれで試しましたが

パット入りは化け物です。

DSC_0031_20190405161442039.jpg

上質なディアスキンと手の平に入るパット。

これのバランスが良すぎて振動を無効化!

化け物グローブです。

DSC_0041_20190405161440650.jpg

と書いてしまうと嘘になりますのでちゃんと言うと

無効にはならないがものすごく緩和。

-70%くらい普通のとは変わります。


リジットフレーム、エンジンのリジットマウント等が多い

ハーレーや改造車の敵は振動です。

DSC_0043_20190405161440ed2.jpg

振動を和らげる事で体への負担もすごく減るから

乗って楽しいバイクがさらに楽しくなる魔法のグローブです!

image1 5

おまけは走行中に先輩が撮影してくれた写真。

「LOW SPEED RACING」の中綿入りウインドブレーカーに

もちろんこのグローブ付けてます。


それとフルフェイス最高です。

合うバイクと合わないバイクが有りますが

今まで被らなかった事を後悔してます。


自分で運転してる姿なんて見れないので

こんな感じなんだなあ。


手足の長さとバイクの形、ゆとりのある乗車姿勢、

自分のバイクだなあって思いました。


高速ですから80キロは出てるのに50年のパンヘッドに乗って、

当たり前のようにスマホで写真や動画を撮る。

全員を撮影してからさらっと先頭に戻って

何事も無かったように走る。


この先輩が一番の化け物です。



2019..09 バイク comment0 trackback0

HARLEY DAVIDSON 1991 FXRS-C

これは我が愛車1983 FXRS。

ショベルヘッドの最終でFXRとしては2年目の若造。

FXRは82〜94までの12年間製造されたダイナ系の元になったモデル。

DSC_0006_201901271249052a2.jpg

正確にはエボ初年度84年のFLだけなぜかショベルだったり、

FXR3、FXR4って名前でアメリカだけで90年代の後半に

なかなか強烈なグラフィックで出てましたので

あくまでも一般的な分け方としてはです。


FLHXなる超マニアックモデルが日本向けで

85年にショベルヘッドエンジンで販売されてるので

1番のイレギュラーはそれかな。

ショベルのFXRよりレアな車両の1番と言えばFLHXかもしれません。

全く人気ないですけどショベルの完成系はそれのはずです。

DSC_0013_20190127124904358.jpg

純正の空気感を残して乗りやすくしてるところですが

バランスよくカスタムするのは難しいのでちょうど良い感じに

個性を出すのが今の楽しみです。


ノーマルライザーに戻して、フロント2インチ伸ばしが良さそうと思っていますが

納車のタイミングでフロント新品入れてるのでもったいないから

いつかのカスタムでしょうね。

それまではプルバックライザー入れようと思っています。


なんでまたこんな話を聞かされるんだと思ってる方、

本題はこれからです。

o0600045014350963585.jpg

1991 FXRS-C

この車両は後期エボのFXRS コンバーチブル。

FXRのスポーツモデルFXRSの純正カスタム版とでも言いましょうか。

ハーレー純正の豪華仕様版です。


もともと少しカスタム色が出るコンバーチブルを

センスよくカスタムしたちょうど良いFXRS-C。

貴重なバックまで残ってるし、写真で見たところ全体的に綺麗だし、

タイヤも綺麗だし、サンダーヘッダー入ってるからバリバリ走ると思われます。


良い車両だなあ。

これは私が愛車を購入した福島のバイク屋さんが輸入して販売した車両。

それが国内1オーナーで戻ってきたそうです。

そう、販売車両です。


価格も聞いてませんし、現車も見てませんし、

バイク屋じゃないから絶対に良いとは断言できませんが

すごく良い車両だと思います。


これを告知したところで私にお金は入りませんので

ブログで紹介する意味はありませんが

あまりに良い車両なので誰か欲しい人がいれば

その人に乗ってもらいたいと思って勝手に紹介しました。


もちろん私からの保証はゼロですが、

バイク屋さんが販売しますので整備してくれるから安心ですね。


冷やかしでバイク屋さんに連絡する人は困るので

(うちのお客さんでそんな人はいないと思いますが…)

本気で欲しい方はうちに連絡してください。


オーナーさん一人でやる大変さは私もわかりますので

本気で気になる方だけそのバイク屋さん紹介します。


私のもそうですが旅に出たくなっちゃうバイクです。

2019..12 バイク comment0 trackback0

HARLEY DAVIDSON 1983 FXRS シート交換

先日、愚痴のようなブログを書きましたが

心配いただいてわざわざ連絡いただいた方、

ご来店いただいて大丈夫かと声をかけていただいた方もおり、

何だか申し訳ない気分です。


製作アイテムの質が落ちるのは嫌だと言う方もいると思うので言っておきますが

質が落ちるくらいなら作りませんのでご安心ください。

シフトチェンジしてできる最大限を形にしますので

楽しみにしててください。


からの我が愛車の話。

1983 FXRSは超希少車両で現存数も少ないので

あまり情報がありません。


基本的に改造が好きなのでノーマル車に乗り続けた事はない私が

5000キロ程度の極上車を入手してしまったので

購入時にノーマルとして後世に残そうなんて考えてしまった。


が、ちょっと乗っただけで当時のアメリカ人用に作った車両が

痩せ型の私に合うはずがない。

防風用にシールド付けて、ハンドガードも付けて外せるカスタムから

純正のバランスを壊さないように楽しんでましたが

どうしても車高が高いのが気になる。

DSC_0007_201812241551211c7.jpg

シートを変えるか、サスペンションを落とすか悩んでましたが

特殊な構造のシート付けの為にポン付け出来るシートが無いのが悩みで

もう1セットのシートを入手してアンコ抜きするしか無いと思っていました。

DSC_0011_20181224155120c2e.jpg

ふと昔の記憶が蘇る。

この車両に乗ってたバイク屋さんがオリジナルで製作したシートの存在を。

もう5年は前の話なので問い合わせてみると

オーダーで2ヶ月納期で作ってるが、

ちょうど在庫があると嬉しい返事をもらったのでさっそく購入。

DSC_0006_201901271249052a2.jpg

取り付け方法は聞きましたがウインカーがつかなくなって見てもらいたかったので

お願いしてるラフさんに持ち込んで装着してもらいました。

高速道路ではそりゃあソファーみたいなシートの方が楽ですが

主に通勤の下道なので足つき性は重視したかった。

DSC_0009_20190127124905f8b.jpg

腰ホールドも出来て、何より足つきが良い。

そして見た目もカッコよくて横から見たタンクからのラインも美しい。

DSC_0013_20190127124904358.jpg

前のシートは高級車に乗ってるような乗り心地で、

このシートはハーレーに乗ってる感じがする。


ラバーマウントのショベルヘッドにノーマルシートは快適そのもの。

このシートは後輪が道路を蹴っ飛ばす感じが伝わるから

ハーレーの荒々しい部分が出てきた感じです。

DSC_0017_20190127124902760.jpg

すごく美しいラインですね。

このシートは「ジーンチョッパーズ」さんのオリジナルアイテム。

全く流行っていない時代からFXRの魅力を表現していた数少ないバイク屋さん。

DSC_0016_201901271249039d8.jpg

私も昔から好きでしたが所有しないとわからない事も多く、

とにかくネットで調べてもあまり情報が出てこない。

DSC_0019_20190127124927745.jpg

ジーンさんもそうですが購入したバイク屋さんのように

この車両に乗ってたバイク屋さんからの貴重な情報を聞きながら

ショベルのFXR乗りの方が見た時に役立ちそうな情報を書いていこうと思います。

DSC_0021_20190127124926205.jpg

初期エボのFXRも構造は近いようなので

初期エボのFXR乗りの方は是非ともお店まで乗って店に来てくれると嬉しいです。

ちなみにこのシートは82〜94までの全FXRに対応してるようなので

気になる方はジーンさんまでご連絡ください。

DSC_0024_20190127124926c34.jpg

シールド付けて、ハンドガード付けて、グリップ変えて、シート交換。

やりすぎて無い大人のカスタムとしてはこんなもんかな。

ちょっとパーツは確保してあるのでちょこっと追加してこうと思っています。

DSC_0029_201901191837494cf.jpg

HARLEY DAVIDSON 純正 83FLT FXR系 オーナーズマニュアル 新品

中身が見たければ私のがお店に置いてあるので見に来てください。

これを入手したところからショベルのFXRに乗りたくなって

探す方がいれば嬉しいです。


さて、バイクの掃除しよっと。


2019..27 バイク comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 05
2021
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -