NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 501E CUSTOM SHORTS

今年は移転3周年に501Eのカスタムを製作。

昆虫クラブの5周年に何か作りたいと思っていたら

良いのがある事を思い出しました。

昨年か一昨年だと思うんですが

時間がなくて途中で断念していた物。


どうせなら手間と技術と感覚の全てを詰め込んで

昆虫クラブ5周年に恥ずかしくない1本を作ろうと

フルカスタムのショーツと言う

今までに制作した事の無いジーンズ完成です。

DSC_1821_2014080221403742d.jpg

自分で作って言うのもですが

今までに見たショーツの中で1番すごいし

1番カッコイイ。

あくまでも個人の意見です。

DSC_1826_20140802214037f21.jpg

製作に取りかかってから気付きましたが

フルカスタムと同じ構造で進めると

最も手間のかかる部分は残っているので

製作時間がほとんど変わらない…。

DSC_1831_20140802214036cd5.jpg

いつもと同じ作り方しても

ショーツとしての凄みが出てない。

と言う事でショーツでしか出せない

凄みの出し方を考えました。

縫ってはながめてを3日繰り返して何とか形に。

DSC_1833_20140802214035b74.jpg

キレイに作る事が1番でもないし、

汚く仕上げる事が1番でもない。

うちのジーンズと見て分かる

「独自のスタイル」である事が1番。

DSC_1835_2014080221403535b.jpg

もちろん使用したデニムはビンテージの

何とも言えない雰囲気のある部分。

これだってどこに何入れるかで表情が変わる。

DSC_1837_20140802214034b3f.jpg

当方のスタイルであるステッチングも

入れれば良いってもんではないので

バランス見ながら修理感を強めに意識して縫う。


何度も修理されてここまでのボロさになったように

仕上げておりますがこのベースは

部品取りレベルになるまで一回も修理されておりませんでした。

DSC_1843.jpg

フロントをこれでもかとうるさくしたんで

バックもそれなりに強調しながら

うるさくないバランスを考える。

DSC_1847.jpg

ポケットにインパクト出しながらも

それ以外の部分にグレーとブルーでグラデーション。

数色の組み合わせなんで見れば見るほど何色か分からない。


そこにボコボコ感を出す所と出さない部分を作るのは

いつものフルカスタムよりも気を使いました。

DSC_1849.jpg

もう一回作れって言われても作れないと思うし

時間もないので今年はもう作りません。


制作途中で気付きましたが

どれだけ作りたいもの作っても

欲しい方がいるかは全くの別問題…。

DSC_1852.jpg

5年前に昆虫クラブなんて馬鹿げた名前の

クラブ活動をスタートして、T−S作って、

ジワジワ買っていただけるようになって

今となっては物販をジーンズの修理屋が出来ているのも

昆虫クラブと小さなお店に興味を持ってくれた

皆様のおかげです。


このパンツはNAOSHIYA CUSTOM FACTORYから

昆虫クラブへ感謝の気持ち。

といっても両方とも私がやってるんですが…。


誰かに響いてくれればいつか売れるかな〜

なんて思ていたら仕上げ前の段階で見た方が

オーナーさんになってくれたので

店頭出しする前に巣立っていきました。


フルカスタムのフル補強なんで普通に穿いて、

洗っても壊れないと思います。

夏の主役として愛用して下さい。


長文にお付き合いありがとうございました。

本日も作業に没頭いたします。



明日は水曜定休日とさせていただきます。




2014..05 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 08
2014
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -