NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新作ユーティリティ

昨日は久々の休み。

ダラダラしながらちょいと息抜きできたのですが

なまじ休んだもんで今日のだるさがハンパない…


ハンパないと言えば高校時代に対戦相手から

「大迫ハンパない」と言われた大迫の出場するであろう

W杯の最終予選が今日です。

ワンセグで仕事しながら見るか、前半の後半は捨てて

後半メインで家に帰って見るか悩み中。


悩み中で言うと今季から完全リニューアルする「naoshiya」名義の

フルオリジナルサーマルもサイズ感を決めきれていない。

販売時期を考えるとすでに生産に入ってる予定ですが

後ろ倒しになってかなり遅れています。


遅れてるで言うと作業が遅れてる。

水道管の入れ替え工事も終わって気合入れてやらねばと言う感じで

とんでもない忙しさなので販売品は9月の物販は少なめになります。


今さらですが「naoshiya」のベイカーカスタムショーツの最終分が

週末には出せると思います。


からの今日は寒いのでシャツ欲しい気温という事でこちらを紹介。

DSC_0138 (1)

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 1stユーティリティカスタム「BALLARO」

袖がロールアップできるので真夏以外は着れちゃう。

DSC_0141 (1)

衿は黒の縫込み。

もはや定番のカスタムですが普通に考えると斬新。

DSC_0145_201708251212349c2.jpg

スナップボタンで開衿スタイルを解消。

こう言う細かい仕事はうちでしか味わえません。

DSC_0158_20170825121233991.jpg

黒のドーナツボタンはミリタリーを少しワークテイストに寄せるパーツ。

DSC_0148_2017082512123630d.jpg

良いネームパッチ。

外されることが多いから以外と貴重。

DSC_0150 (1)

この刺繍パッチはレアタイプ。

胸だけパッチのお手本のようなカスタムです。

DSC_0108_20170825115735c6c.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 1stユーティリティカスタム「BERLIN」

このバランス新鮮です。

DSC_0111_201708251157345e8.jpg

衿は緑の縫込み。

ミリタリー感を生かす改造のサンプル。

DSC_0119_2017082511573305a.jpg

なのでボタンは緑青サビ加工の13スター。

開衿を解消するスナップもサビ加工。

DSC_0115_20170825115733c5d.jpg

サビ加工のスナップボタンはかなり高い。

発注するとメーカーさんが本当に良いのか確認してくる。

うちは見つけた中で一番良いパーツを使うので高コストでもかまわない。

DSC_0121_201708251157321cc.jpg

右袖は外れてるので左だけは残ってる。

このバランスがツボ。

何か今年の物作りに生かしたいなあ。

DSC_0124_20170825115731a6e.jpg

60年代の前半に在ベルリンのパッチ。

ベトナム戦争という時代を考えるとかなり珍しい事はお察しいただけるかと。

DSC_0126_2017082511574444f.jpg

紫に退色するレア種。

こう言う良いパッチが残ってるユーティリティも本当に減っています。

カスタムベースの確保も難しくなってきてるので

例年みたいに今年はカスタムユーティリティ作れなそうです。


ショッピングページ


確認お願いいたします。

2017..31 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -