88S VINTAGE LANGLITZ LEATHERS CUSTOM 「COLUMBIA」  販売

今年は完全にライダースだなあ。

久々にウズウズしてる感覚。

それは先日、販売したラングリッツのせいです。

60Sがコロンビアとキャスケードの2枚。

その後は写真すら撮れていない80Sダークブラウンのクレセント。

ビンテージって言葉に逃げてない本物のギアは3枚ともクリーニングに出しています。

もう古いのは無理だと思っていましたが良いのが入りました!



大きめサイズだからってだけの理由で

新品国内販売価格が40万くらいだから1/4って格安でしょう!

DSC_0006_20181006125201838.jpg

88S VINTAGE LANGLITZ LEATHERS CUSTOM 「COLUMBIA」 

アメリカンライダースの王様 コロンビアの通好みなカスタムモデル。

個人オーダーなのでサイズ表記はありませんが44〜46インチの感じです。

DSC_0011_201810061251580df.jpg

肉厚で馴染むのに10年はかかるミディアムウエイトが主流ですが

通好みのゴートスキンです。

ミリタリーウエアの衿にムートンが付いてる「G-1」が

ゴートスキンなのであれのイメージ。

DSC_0015_2018100612515612b.jpg

ゴートスキンの魅力は何と言っても軽さ。

ミディアムウエイトの半分以下の重さしか感じません。

そうなると強度が不安ですが強度も強くて、軽くて、水に強くて、暴風性も高い。

そんな特徴からバイク乗りにも60年代から愛されてるのがこのゴートスキンです。

DSC_0023_201810061251546cb.jpg

衿にはピンズの穴が1つ。

こんなのは何の気にもなりませんね。

ゴートの特徴である表面のボコボコがすごい雰囲気を出してる。

DSC_0026_20181006125152b07.jpg

フロントはタロン。

この年代だとスコービルも多いがジッパーのセレクトはアメリカ的で

店にあるストックを統一感なく使ってるのでメーカーも混雑します。

DSC_0029_20181006125150881.jpg

オプションの胸ポケットは無刻印。

この無刻印は80年代にか無いように感じる。

DSC_0032_20181006125252498.jpg

裾ポケットも無刻印。

ベル型とも違うひょうたん型がかわいい。

DSC_0035_20181006125250b7d.jpg

なのに袖はタロン。

これは60年代からある程度統一されてるようで

この形のタロンかスコービルを使う事が多い。

こう言う細かいデータは枚数を見ていないと分からない事。

ネットや写真だけでの判断はあくまでもデータの1つでしかなくて、

現物からの情報が一番ですね。

DSC_0040_201810061252471f2.jpg

すげー革質。

こんなの見せられたらゴートスキンが欲しくなる。

バイク乗るには一番良いかも。

DSC_0043_20181006125244904.jpg

キドニー的なウエストベルトにはループが無い。

これはオーダーで無しにしたんですね。

ループがあると別売りのごついアイダホレザー製のベルトが付けれるが

いならい場合は最初からループ無し。

シンプルなウエストになりますね。

DSC_0053_2018100612524269c.jpg

すごく洗練されてるバックスタイル。

袖の縫い目〜バックヨーク〜袖の縫い目への背中のラインの美しさこそが

ラングリッツの最も美しいラインだと思っています。

これによってアクションプリーツが余計に開かない完璧な機能美。

最高すぎて改善点が全く見つからない。

DSC_0056_20181006125241583.jpg

サイドレースのヒモが変わっています。

レザーのシューレースなのかな?

本来は表革と同じレザーを切り出したヒモを使うが切れた場合か、

当時のカスタムで使いやすいようにレザーヒモに変える事がある。

今回がどちらか分かりませんが丸っこいヒモを叩いて、

少しだけ平っぽく潰しました。

DSC_0066_2018100612533824e.jpg

インナーの枚数でサイドレースの絞りを変えると

ジッパーの入り口が痛むのも防止できるし、何よりも着心地が格段に上がります。

その際はジッパー横のスナップを止めるのもポイントです。


背中もループが無いのでシンプル。

美しいバックスタイルに酔いしれてください。

DSC_0094_201810061253585cf.jpg

インナーも綺麗です。

これならクリーニング出さなくても良いと思ったのでそのまま販売。

今シーズンはこのままでシーズンオフにクリーニング出せば良いでしょう。

うちはカドヤさんに出してるのでだいたい8,640円くらいです。

10万円以下でビンテージモデルはかなり良いでしょう。

自分のサイズだったら完全私物化を考えちゃいますね。

DSC_0103_20181006125356b7a.jpg

痛みが一番最初に出る首元に数ミリのスレ。

気になるのはこのくらいです。

問題ないですね。

DSC_0070_201810061253336ea.jpg

このライダースにはマニアックなポケットも追加されてます。

IDEALジッパー付きのポケットを右の胸にセット。

私もオーダー製作したキャスケードに付けましたが

落としたくないものはここです。

DSC_0077_201810061253306f2.jpg

USA表記の入るのは84年までと言われてますが

88年製のライダースに以前のタグが付いちゃってる。

これは初めて見たので歴史的にも貴重なデータです。

80年代は混雑する。

これが正解でしょう。

DSC_0082_20181006125328a72.jpg

ガンポケット付き。

これもオーダーですがほとんど見ないレアカスタム。

DSC_0085_20181006125325699.jpg

このガンポケットは内側もレザーなので現代人にはスマホ入れでしょう。

このようにオーダーした方のライフスタイルが反映されたオーダーモデルには

いわゆる「吊るし」では味わえない生活感というか個性が出る。

DSC_0006_20181006125201838.jpg

アメリカンライダースはジャストよりも大きめで着るのが良い。

こうやってジッパーを締め切らないスタイルが一番好き。


バイカー的なスタイルも良いですが今はラフにざっくり羽織るような感じが良い。

腕も太めなんでリバースでも良いからパーカー着て、

ワークパンツ的な太めのパンツにスケシューでしょう。


90年〜00年代初期のスケートボードに没頭したあの頃の空気感に

極上のライダースを落とし込みたい。

12月に販売予定のデッキパンツにも抜群だなあ。


ライダースとは別の話ですがあの頃の空気感を漂わせるシャツを

6枚だけワンオフで作っています。

今日、間に合わせようと思ってましたが間に合わず…

来週には完成予定ですがまだ未定です。


フル装備なのにゴートスキンだからとにかく軽くて、

気軽に着れちゃうラングリッツは本当にオススメです!


ショッピングページ


自分で作っていないライダースなのに、

ここまでの文章がスラスラとかけるんだから

やっぱり私はラングリッツが好きです。

2018..06 SALE comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -