ワンオフのワークシャツ

今日のブログは長いので興味のない方は読まないほうがいいです。


シャツを作ってると書きましたが

これを予想できた方はいないでしょう。

ユーティリティシャツがうちで言うシャツですが

若い頃、買えるシャツはアメリカの企業物ワークシャツでした。

DSC_0042_20181011133729a4f.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY カスタムワークシャツ 水色

日本だと清掃関係の方のユニフォームっぽい色ですが

アメリカだと囚人が着てるのがこの色かオレンジのイメージ。

DSC_0038_20181011133726035.jpg

このシャツは若い頃の思い出を今のニュアンスで表現するがテーマでした。

当初はさらっと仕上げて1万円でしたが作り出したら

制作意欲が溢れて、作業を追加に追加してこうなりました。

DSC_0048_201810111337238a3.jpg

ビンテージワッペン付けて終わりから、

けっきょくはポケットをツートンにして、

DSC_0050_20181011133718604.jpg

「naoshiya」のタグも付けて、

誰も気にしなでしょうが量産的なステッチの幅で戻したり、

DSC_0052_2018101113372086d.jpg

1つだった予定のワッペンが2つになったり、

DSC_0055_20181011133717056.jpg

だったらアメリカ的なちょっと合ってない色の裾上げで

ボックスシルエットにしてみたり、

DSC_0058_2018101113380319b.jpg

袖はロールアップ出来るようにしたいからそのままのはずが、

強度とのバランス考えてちょっと手前にカンヌキ入れたり、

DSC_0064_2018101113380708e.jpg

背中には

「デカワッペンでしょ」って事で

秘蔵の背中用バッペンを付けたりしてたら

DSC_0071_20181011133759198.jpg

今みたいにいろんな事が出来るようになっていない

昔の感覚に戻れて本当に楽しかった。

DSC_0119_20181011134753eae.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY カスタムワークシャツ チャコールグレー

6枚持ってたこのユニバーサル製ワークシャツの

ワンオフ製作がスタートしますが今回は4枚しか作れませんでした。

DSC_0116_20181011134754a72.jpg

理由は単純にイメージで勝手に手が動いたのがこの4枚だったから。

作って売ろうじゃなくて、作ったから買ってください。

表現は似てるが全く別の感覚。

DSC_0120_20181011134751c6c.jpg

かっこいい物を作った訳じゃなくて、むしろダサい。

これがこのシリーズの特徴です。

DSC_0123_20181011134747aa7.jpg

ダサいって言ってもただダサいんじゃなくて、

ダサいけどなんかかっこいい。

そこがポイントです。

DSC_0125_20181011134745b83.jpg

そうやって1万円予定だったものが加工代とパッチ代だけで

当初の予定をオーバーしましたがそんなの関係ない。

DSC_0128_201810111348200ed.jpg

若い頃に自分のシャツを加工した感覚で作ったから

販売価格もやはり買いやすい値段が良い。

だから12,960円て決めたけど加工とか作業内容は値段に反映してません。

DSC_0130_2018101113481993a.jpg

しかもボディは新品でワッペンも新品。

誰か気にってくれる方がいると思う…

DSC_0086_20181011135522f66.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY カスタムワークシャツ 暗い青

天気が悪いから色がぜんぜん出ない…

これも囚人カラーです。

DSC_0076_20181011135524d4b.jpg

3,800円のレギュラーしか買えなかった高校時代のスケートスタイル。

今はその頃よりもお金稼いぐら今だったら12,960円

当時のバイト代考えたら買い物するのが本当に楽しかった。

DSC_0089_201810111355207b4.jpg

無駄に良いワッペンを投入しています。

物の価値じゃなくてこの1枚を良い感じに仕上げる事だけしか考えてない。

DSC_0091_20181011135516d82.jpg

でかめならパーカーと重ねたり、

普通サイズならライダースのインナーにも渋い。

DSC_0093_20181011135512f15.jpg

最近、物作りに集中してて気づいたが

自分が好きで熱量を持って形にした服は本当によく着る。

DSC_0096_2018101113560017b.jpg

だから私は自分で作った服しか着てない。

そう言う物を作って、販売するってすごく楽しい。

DSC_0105_2018101113555575e.jpg

20年前のワクワクを取り戻した。

この収穫は本当にでかい。

DSC_0109_20181011135553e9e.jpg

このシャツには売れなくても良いから

感覚を研ぎ澄ませる意味があった。

そんな4枚です。

DSC_0141_201810111403501ee.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY カスタムワークシャツ ベージュ

上の3枚はMサイズでこれだけLサイズ。

Sサイズはホワイトとネイビーがバラしたところで止まってるので

イメージが出来たら製作に入ります。

DSC_0137_201810111403513e8.jpg

ダサいとかっこいいは紙一重。

ダサカッコイイがこのシリーズです。

DSC_0149_201810111403482ea.jpg

昔に買えたのはポリですがこのシャツはコットン100%。

そこは譲れないポイントでアメリカ企画のコットン100%シャツは

ほぼ全滅くらいありません。

DSC_0150_20181011140345be9.jpg

ツートンで3年くらい前に製作した「BLOCKS」の空気感を

よりワークテイストに仕上げてます。

DSC_0160_2018101114034775c.jpg

贅沢なワッペン。

出し惜しみのない感じが出てますね。

DSC_0163_2018101114034184f.jpg

Sサイズも完成したら掲載しますが天気の良い日に撮らないと…


こんな感じでスケートボードに熱中した20年前の感覚を

これからも販売商品に表現していこうと思っています。


ショッピングページ


次はM-65のODカラー。

今持ってるストックを全部仕上げたので

サイズの合う方はチェックお願いします。

ウッドランドもあるので次はそれだな。


と言っても来週にはリブロン入るのでジーンズ修理をなんとかしないと…


2018..11 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -