直し屋的M-65カスタム

昨日はワンオフのワークシャツで今日はM-65。

M-65は当たり年とハズレ年があって一昨年は当たり、

昨年はハズレなんで今年は当たりでしょう。

先日は「TWIN TRACK」の変化球から入りましたが

今日はどストレートです。

DSC_0174_20181011161709a78.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY M-65 CUTOM  S-R インク汚れ

やっぱりM-65はレギュラー丈でこそM-65らしさがある。

特に物として見た時のバランスはこのS-Rが最強です。

DSC_0172_20181011161706b23.jpg

M-65らしさは美しい。

もんくを言えばキリは無いがS-RこそM-65らしさです。

DSC_0189_20181011161701abf.jpg

そこをうちらしく味付けしていくとこうなる。

衿のマジックテープは排除してスナップへ。

DSC_0184_201810111617033a0.jpg

小ぶりな隠れてるスナップは外し、

アメリカ製の一般的なサイズに打ち変える。

これによってジッパー使わなくてすごく着やすい。

DSC_0193_2018101116180707e.jpg

こう言う味付けは今できない。

古着の魅力とはダメージではなく、汚れとかの個性。

DSC_0181_20181011161657531.jpg

袖先は外折りでスナップ。

アクセントに良いですね。

DSC_0179_201810111616594e2.jpg

もちろんサイズ調整可能です。

これで合わない場合はスナップの追加も可能です。

DSC_0195_201810111618048aa.jpg

最後にタグ付けて完成。

M-65は縫製が悪く、歪みもひどいのがある。

それは左右の長さが違うんですが修正できるレベルでは無い物も多いです。

できるやつは直しますがはっきり言ってそう言うのは直しきれません。

これは修正不要のちゃんとしたやつです。

DSC_0199_20181011161758d9c.jpg

本当の最後はジッパープル。

オリジナルはくたびれてるのが多いのと

単純にうちで販売してるプルが良いので交換済み。

DSC_0201_20181011161752419.jpg

味付けは最小限でもともとの個性を残したやりすぎてないカスタム。

欲しければパッチでもリフレクターでも付けれるので

まずは素材を楽しんでください。

DSC_0017_20181011162950eaf.jpg

87S M-65ライナー XS 1WASH

M-65にはライナーが付けれます。

デットではありませんが綺麗なXS。

XSのライナーはXSかSサイズに付けれますので上で紹介したS-Rには装着可能です。


物のレベルとしては低いんですが意外と暖かくて、

これを重ねて真冬のアウターにしてる方も多いです。

DSC_0214_20181011163327dc0.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY M-65 CUTOM  M-S ステンシル

レアサイズのM-Sをベースにしました。

先ほどS-RがM-65らしさと書きましたが

ショート丈にはショートの良さがある。

DSC_0208_20181011163324521.jpg

何よりも探しても見つかりにくいレアサイズ。

物のバランスとしてもよく、普段Lサイズの方も着れるし、

中に枚数着るなら普段Mサイズの方にも良い。

DSC_0219_201810111633225dc.jpg

スタンドカラー的な仕上がり。

これは我ながら良いアイデア。

DSC_0230_20181011163320c77.jpg

色的にサビ加工が似合うので今回はサビスナップを採用。

Mサイズには大きめのスナップが合うのでフロントのメインは大きめで、

衿と袖には通常サイズを使っています。

DSC_0220_201810111633196d6.jpg

細かいとこですがパーツへのこだわりと、

パーツチョイスのバランスなくして、

良いバランスのギアは出来ません。

DSC_0223_201810111633150d7.jpg

ライト系ダウンみたいな薄手のアウター着れば

真冬のアウターになりますね。

DSC_0232_201810111634177c8.jpg

これも歪みは少なめなので問題なし。

今作ってる奴が歪みひどいので頭抱えてる…

DSC_0233_20181011163414972.jpg

もちろんプルは交換済み。

このプルはライダースにも合います。

DSC_0236_20181011163411a54.jpg

そしてこのM-65最大のポイントはみんな大好きステンシル。

こう言うのって今からやっても偽物。

DSC_0238_20181011163409400.jpg

なのでうちでは今までに一度もステンシルは吹いてません。

DSC_0241_201810111634068e8.jpg

嬉しいことにライナーの裾にもステンシル。

超価値がある訳ではなくてあったら嬉しいのがステンシル。


物の良さを最小限の加工で最大限得る。

うちのカスタムをまさに表現した2枚です。

次の政策はオーダー品なので販売用は作っていません。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。

次はデットのウッドランドがあるからそれかな。


2018..12 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -