平成最後のブログ

今日で平成最後のブログ。

オープン当初から書き出したブログも10年目ですから

何千個の愚痴や小言をゴミ箱に吐き出したんだろう。


ざっと2000以上は書いてるんだと思いますが

この数年はジーンズの修理屋なのにジーンズの記事はありません。


理由としては今、ジーンズ修理の記事を書いて

伝えたい事がちゃんと伝わる可能性は低いし、

これ以上の修理に対応できる状況にもないので

たぶん今年もジーンズ修理については書かないと思います。

まだ11月の仕事してますし、9月の追加カスタムジーンズも完成してません。


SNS、インターネットがこれだけの規模になってしまった現代。

トライ&エラーの繰り返しでしか成長できない技術者の経験値が

ネット見ただけでやれるような、知ったような感覚になってしまうでしょう。


ただ、技術者ってそんなもんではありません。

店でもがき苦しんだ時間しか成長できませんし、

1歩進んで3歩下がる事すら日常茶飯事。


だから外に出てる技術者なんて技術者じゃないと思ってます。

自分の店でそこに来てくれる人に出来る事をする。

それが技術者ってもんでしょう。


という事で

平成最後のブログはこれにします。

DSC_0001_20190430122956795.jpg

ダブルライダース用 スナップボタンキャップ 4個SET 15ミリ

ショットのライダースに付くか問い合わせをいただいていたのですが

持って来てくれた方がいたのでその場で加工して写真撮らせてもらいました。

DSC_0006_201904301229555e4.jpg

え、この流れってジーンズでしょって思った方は

うちをわかっていませんね。

うちは他では味わえない世界観で勝負するカルチャーショップです。

この加工は真似ではなく完全なオリジナルだから

うちから生み出した物を最後に選びました。

DSC_0010_20190430122955300.jpg

ダブルのライダース専用ドレスアップパーツ。

今回は15ミリのサビ加工で作りました。

15ミリは黒、金、銀、サビから選べますのでオーダーもらえれば作ります。

DSC_0013_20190430122954566.jpg

そしてショットにはジッパープルが付いてないので

うちのオリジナルジッパープルがオススメです。

DSC_0021_2019043012295379c.jpg

ダブルライダース用 スナップボタンキャップ 4個SET 18ミリ

ショットが悪いんじゃない、

ラングリッツが凄すぎるだけ。


ショットで満足してる方にこそ、ラングリッツを着ていただきたい。

別次元です。

これには18ミリを付けました。

DSC_0028_201904301229524f6.jpg

18ミリはサビ加工しかありません。

これはサイズ感の大きいライダースか小さくてもコロンビアのような

作り込みと雰囲気のすごいライダースに適しています。

キャルレザーにも合いそうですね。

DSC_0030_20190430123019192.jpg

見れば見るほどすごいレザー。

うちでお買い求めいただいたコロンビア。

オーナーさんが着て眠りから覚めたな、

命が宿ったように感じます。

DSC_0034_201904301230188e8.jpg

このカスタムは1,080〜1,620円で出来る簡単で安価なカスタム。

やらない理由が見つからないでしょ。


今月には間に合いませんでしたが

来月にはコロンビアが数枚届く予定です。

現物見てからですが欲しいと声かけてくれてる方に

合いそうな個体でしたら連絡します。


誰にも合わなそうな感じなら販売用となりますので

気になってる方は楽しみにしてて下さい。

DSC_0173_2019042112045541b.jpg

今年1番の問題作。

製作枚数は3日で終わりましたが秋にまた作ります。

基本的には受注生産みたいなのはしたく無いってこないだ書きましたが

すでに紹介してるアイテムは興味を持ってもらった方には着て欲しい。

DSC_0017_20190421120455b5f.jpg

今すぐではありませんが秋の販売分を決める段階で

予約を取ろうかとも思っています。

確定ではありませんが秋物でシャツを買うか悩んだら

天秤にかけてみて下さい。

これに勝てるのなんて無いでしょう。


からの

5月販売予定で動いてるデニムのカーゴショーツ。

新車の原付買えるくらいのお金をぶっこんだパーツが出来ました。

DSC_0041_20190430123018567.jpg

ドーナツボタンの黒ラッカー。

これがデニムのカーゴショーツに付きます!


古っぽく作ると鉄にメッキ〜塗装ですが

うちは錆びるから鉄を使いません。

DSC_0043_20190430123017848.jpg

下手に塗って下さいと技術屋さんには嫌なオーダー。

完璧とは言いませんがこのレベルなら良いと思います。


備品と呼ばれる副資材。

ここにお金とこだわり詰め込めるかが物作りの完成度を決める。

有名なブランドさんで6万円以上する服に、

うちよりチンケなボタンが付いてるの見た時は

がっかりしたもんです。


これにアジャスターまで付きますから、

とんでもないショーツが出来上がりますね。


これ以外のこだわりは製作記で書きますが

技術屋が本気で作るんだから金出したら買えるような

チンケな物とは別次元の物になって当たり前田のクラッカー。


ワクワクさせる物作りで申し訳ございません。


明日は水曜定休日。

GWもただの水曜定休で通常営業いたします。


ありがとう、平成。

今日も鬼残業します。
2019..30 SALE comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 04
2019
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -