「WESCO」&「VIBERG」

ライダースが好きで

たどり着いたのは王様「LANGLITZ」でした。

これはおじさんに片足を突っ込んでやっと分かった。


ブーツも好きで

たどり着いたのは「WESCO」でした。

これは20台の前半から愛用してるから

すでに15年くらいは愛用してるのかな。


と言ってもウエスコより先にすごいと思ったのは

「VIBERG」でした。

まだ代理店もない時代に初めて履いた時は

その軽さと見た目のゴツさの反比例に驚かされたもんです。


頂点はウエスコだと分かっていますが、

ちょいズラしとしてビバーグは好きです。

てな訳でこの2ブランドは常に所有してまして、

今はバイク用にこの2ブランドのエンジニアを愛用してます。


からの

DSC_0068_20190509194414839.jpg

ビバーグとウエスコ入荷です。

基本は新品を扱いますが綺麗なUSEDは

自分なりに綺麗にして販売する事がごく稀にあります。

DSC_0006_2019050919431785a.jpg

12S WESCO BOSS 9D 美品 おまけ付き

エンジニアブーツの王様 ウエスコのボス。

仕様はスタンダードなので11インチにビブラムの100番ソール。

日中に写真撮れなかったので暗いですね…

DSC_0016_201905091943159f2.jpg

USEDではありますが綺麗です。

やっぱり王様は違うなあ。

ラングリッツのコロンビアを見てるのと同じ気分です。

DSC_0008_201905091943167c5.jpg

バイクに乗ってた形跡もありませんので

傷もほとんどありません。

DSC_0021_20190509194314cab.jpg

ちょうど硬さも抜けて、

着用するにはちょうど良い入り口みたいな感じ。

サイズの合う方はかなりラッキーだと思う。

DSC_0022_2019050919431336a.jpg

黒のレザーなので雪の日も雨の日も関係ない。

意外と梅雨時はスニーカー濡れるのでブーツを履く事が多い。

DSC_0025_20190509194313df5.jpg

ソールもほぼ減ってない。

本気で履いても10年は交換いらなそうですね。


とは言っても

個人的にはクレープソールで軽くした方が

登場回数は増えるからオススメしてます。

ウエスコの重さはほぼこの100番ソールのせいです。

交換すると大げさに言えば半分になるのでかなり軽くできます。


ウエスコでラプターソールにしてもらうのが今のオススメ。

ビブラムでよければブラスさんに出してから納品でも大丈夫です。

DSC_0040_201905091944028c0.jpg

VIBERG ショートシャフト エンジニアブーツ 8.5インチ おまけ付き

ブラックとベージュが有名ですがレッドドッグ。

いわゆる赤茶です。

DSC_0044_20190509194401838.jpg

ぼてっとしてる感じが本気すぎなくて好き。

私はボスも履きますが、

ビバーグも履くのでどっちも好きです。

軽いから街では主にビバーグです。

DSC_0050_201905091944008f3.jpg

ウエスコのラフアウトはケバがほぼ無いけど、

ビバーグはフサフサです。

DSC_0047_201905091944017b3.jpg

こんなゴツい見た目なのに軽い。

スニーカーとは違いますがいわゆるエンジニアのイメージとは

全く違います。

DSC_0053_20190509194359eba.jpg

カナダの名門。

1931年からの歴史。

このエンジニアでビバーグを知った方は

こう言うブーツを作るメーカーだと思ってる方も多いはずですが

本当はこれがイレギュラーなんです。


カナダとはアメリカ的な空気感と、

フランスの洒落た空気感が混雑する国です。

いわゆる北米的デイトンとヨーロッパ的ビバーグ。

そんな感じです。


カナダの中でもバンクーバー近くの離島

ビクトリア島にVIBERGはあります。

旅行では行けませんでしたが行きたかったなあ。

DSC_0059_20190509194358798.jpg

本来はシャープなサービスシューズ、サイドゴア、短靴を中心に作ってます。

特にサイドゴアの上品な感じからは想像もできないフォルム。


日本で代理店もなくなり、本来の姿に戻ったビバーグは

エンジニアの製造を辞めたようです。


本国サイトでも昨年からラインナップから消えましたので

今後は入手できなくなります。

DSC_0064_20190509194415705.jpg

これもほぼソール減ってません。

驚くほど軽いので何もしないで履けちゃいます。


雨の心配を考えれば防水スプレーだけ吹いて、

定期的にブラッシングすれば問題なし。

ラフアウトは水に弱いイメージがありますが額です。

汚れとしては目立ちますが浸透は通常のレザーよりも強い。

70年代のマウンテンブーツはレザーもありますがほぼ、ラフアウトです。

もっと本気になるとラフアウトに特殊オイル塗って、

オイルドのラフアウトにしちゃってます。

ヌバックのオイル潰しもありますので全てではありませんが

汚れとしないで味として留めてあげれば、

自分だけの風合いを出せます。

DSC_0068_20190509194414839.jpg

職人気質の物作りをする2つのブランド。

10年ちょっと前の日本でのブームで正直、荒れました。


会社だから売れるのなら売る。

そうやって会社が潤うようにするのは当たり前なんだと思う。

「売れたら廃れる」

これは散々見てきました。


ビバーグは日本の代理店が出来て、

その辺で売ってるようなブーツになった。

そうなると後は落ちるだけ。


今はその辺では売ってない。

むしろ探しても売ってないからそう言うのが良い。

元の紳士靴的に戻ったビバーグ。

素晴らしい。


ウエスコも荒れた。

とんでもなく売れたと思うが今はたぶん売れてない。

と言うか本来は今くらいがちょうど良いんだと思う。

手作りには限界があるから

ファクトリーメイドって魅力なんだと思ってます。


さっきのビバーグと同じで今が良いって良い。

けっきょく、本物って残ります。


目先のお金に惑わされる事なく、

ブームや流行に流される事なく、

本物を楽しんでほしい。


偉そうなこと言ってますが

やっぱり良い物は良いって話でした。


ショッピングページ


どっちも新品の半値以下です。

かなりお得です!!


2019..09 SALE comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 05
2019
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -