スペシャルなラングリッツ

最近は作業に集中してたので販売品の紹介も

写真の使い回しで面白くなかったですね。


今日はラングリッツの紹介です。

ブログでの紹介は久々に感じますが、

実はこれまでにも欲しいと声をかけてくれてた方に

数枚を販売してたので私的にはそれほど久々ではありません。


店頭にはありましたが雨で写真が撮れなかったので

久々の晴れ間に写真撮ったので久々に新商品紹介です。

DSC_0005_201907191527224b6.jpg

00S LANGLITZ LEATHERS CUSTOM 「COLUMBIA」 フルカスタム

オーダー品でしか存在しないスペシャル中のスペシャル!!

ブラック×ダークブラウンのツートンで

写真では分かりにくいんですが極厚のゴートスキンです。

DSC_0009_2019071915272108a.jpg

お洒落だなあ。

センスが良い。

昔ならダサいと思ったろうが、

センスの塊ですね。

DSC_0011_20190719152720ef3.jpg

オープンではウエスタンチック、

クローズでは男らしいクールな見た目。

個人的には後者で着るなあ。

DSC_0015_20190719152720a65.jpg

ゴートには見えませんね。

日本で入手できるカウ、ホースよりもはるかに肉厚です。

これはすごい。

けっきょくライダースはレザーの質で決まります。

DSC_0075_20190719152901ef2.jpg

衿はドレスカラーの延長。

ウエスタン系のオーダーですね。

DSC_0083_20190719152858b93.jpg

衿の後ろにはスナップが2個。

入荷時から欠品でしたがおそらくはムートンボアが付いてたと思います。

ほぼ着用感のないコンディションからオーダー内容のミスでオーナーさんに巣立たず、

ファクトリーで販売された物かもしれません。


私も存在しない形でオーダーした経験があるので

やはり1回では全くダメで、作り直してもらった経験があります。

それとは違いますが細かいオーダーだと1つでも違えば作り直してくれるので

20年前にそうしたんではないかと勝手に想像しました。

そうでなければここまで神経質なオーダー品にムートンボアが付いてないはずがない。

DSC_0029_20190719152755316.jpg

この雰囲気。

凄すぎるでしょう。

DSC_0025_201907191527561f1.jpg

ライダースの良さはレザーを見れば分かる。

カウレザーが好きですがこんなの見たらゴートで作りたくなる。

DSC_0021_20190719152719cf3.jpg

玉縁ポケットもツートン。

これもオーダーの仕様ですね。

DSC_0018_20190719152719b63.jpg

ここのポケットで何がすごいって

60年代にしか使われてない丸カンタイプのジッパーって事。


これの良さは見た目ですが物としてはどうしても普通のタイプより強度が弱い。

だから切れてるのが多いんですがこれは完品です。


2000年のミレニアムモデルなので年代的には合いませんが

オーダーでアメリカでは作れたんでしょう。

スライダーとムシの相性的に少し固く感じますが

丁寧に使えば問題ないですね。

DSC_0039_20190719152831495.jpg

このステッチ。

47初期のコロンビアに見られる仕様なんですが

最近のビンテージラインに採用されてる事で知りましたが

20年前のアメリカではオーダー出来たと判明しました。

DSC_0023_20190719152756efd.jpg

ウエストのベルトループ。

ここには当店のストックからアメリカ軍ミリタリーDカンを付けました。

ここにキーホルダー付けるのがわんぱくで好きです。

DSC_0034_201907191527547e7.jpg

袖ジッパーはタロン。

DSC_0032_20190719152755181.jpg

ガゼットの風除けはキャスケードタイプに変更で

ここもツートンに。

DSC_0037_20190719152753648.jpg

メインもタロン。

アメリカを象徴するのはタロンですね。

DSC_0058_20190719152830d08.jpg

このライダースは背中もお洒落。

そして着丈の長さも街着には嬉しいですね。

DSC_0070_20190719152829948.jpg

背中の構成の美しさこそがラングリッツの凄さ。

DSC_0073_20190719152828af5.jpg

汚れもありますがこんなの無視ですね。

神経質な方は買わないで下さい。

DSC_0064_20190719152830b3e.jpg

3ホールのサイド。

レース仕様のサイドって大人になって初めて分かった。

本当に素晴らしい機能と見た目ですね。

DSC_0067_201907191528290d0.jpg

背中のパットもカウよりぜんぜんボリュームがない。

これなら街着でも気にならないです。

DSC_0076_2019071915290014b.jpg

縫製糸のオーダーでブラウンにしてある。

細かいところまでこだわりが詰め込まれてる。


そしてこの内ポケットにもオーダーでジッパー追加。

しかも丸カンって。

DSC_0078_20190719152900a60.jpg

首の写真でも伝わったと思いますが

裏地のコンディションも抜群です。

DSC_0080_20190719152859d9a.jpg

本当に綺麗で着用感ほぼない。

DSC_0082_20190719152859709.jpg

私には少し大きい…

70キロ前後の方なら問題ないと思いますが、

着方は個人の好みがあるので気になる方は見に来てください。

DSC_0011_20190719152720ef3.jpg

王様の変化球。

マーくんのスプリット、菅野のスライダー、千賀のフォーク、

高津のシンカー、大魔神のフォーク…


変化球を生かすにはあくまでもストレートが走ってるかが大事です。

ラングリッツは両方持ち合わせてる。

全盛期のダルビッシュもすごかったなあ。


ショッピングページ


よろしくお願いします。



余談ですが大魔神は三振用のフォーク、ファールを打たせるフォーク、

カウントをかせぐフォークと数種類を投げ分けていたそうです。


2019..19 SALE comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 07
2019
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -