NAOSHIYA CUSTOM FACTORY シャンブレー シャツ JKT グレー

春に初登場したシャンブレーシャツ。

3日で完売し、見れない方も多かったので

秋にも作る事は早々に決めていました。


春は青と黒の2色。

でもシャンブレーを作るきっかけになったのは青と黒が欲しかった訳じゃない。

私が欲しかったのはグレーのシャンブレー。


じゃあ最初に作れって話なんですが、

グレーのシャンブレー作っても売れないでしょ。

なので次に欲しい黒と対になる青を作ったら予想以上の反響。


これでグレーを作る下地が出来たので

本丸の登場となります。


仕様の説明は春に販売したタイミングで長々と書いたので

もう一度同じ話はしないで良いですね。


ブログの検索でシャンブレーと打ち込めば

7回くらいに別れた製作日記が出るので

興味のある方は読んでみてください。

DSC_0005_20190927174807b67.jpg

これがグレーシャンブレーです。

レプリカを作ってる訳ではないのでこれが私のシャンブレー。


シャツとしてはルーズなシルエットなので

1サイズ下げればいわゆるシャツ、

いつものサイズでシャツJKTになります。

DSC_0007_20190927174807bca.jpg

杢の黒シャンが色落ちてグレーっぽくなってるのとはちょっと違う

最初からのグレーなので少しまだらの白っぽい感じだけど軽くない。

DSC_0016_20190927174806409.jpg

服の良さって絶対的に生地のレベルが関係する。

それをどんなシルエットや仕様で仕上げるかがポイントです。


例えば見せかけだけのパーツじゃないチンスト。

首の太い人が第一ボタンとして使えます。

DSC_0017_2019092717480528b.jpg

クセのないサイズの左胸ポケット。

お好きなものを入れてください。


カードとかを入れるイメージサイズです。

DSC_0020_201909271748050ea.jpg

目立ちすぎないピスネーム。

ベースの素材もピスネームもコットン素材。

DSC_0022_201909271748045ef.jpg

右胸は大きめサイズ。

最近の大きめスマホも入るように縦を長めにしてます。


今の服なので現代人には嬉しいサイズかと。

DSC_0024_201909271748514a1.jpg

ちなみに左の胸ポケはボタンのベースに補強入り。

不意に力がかかっても避ける可能性を減らすパーツです。


ここはボタンがベースごと抜けてる個体を見てるから

地味なところに修理屋のアイデア。

DSC_0027_20190927174850f88.jpg

最大の特徴はこの大きなポケットですかね。

子供が産まれたらオムツとかお菓子とか入れると思って特大にしましたが、

今のところオムツを入れた事はありません。

DSC_0028_20190927174850276.jpg

ですがイメージは正解。

大きめのポケットには必要なものがほとんど入るので

生活が楽になったのは事実です。

DSC_0031_20190927174849909.jpg

意味のないデザインやパーツはダサい。

このように必要な物が必要な場所にある事が

機能美ってもんです。

DSC_0032_2019092717484929e.jpg

みんな好きなマチ。

しかも耳付きです。


ポケットが特大なので構造上、

無理が出るなら排除しようと思いましたが

ちゃんと付きました。

DSC_0035_20190927175016654.jpg

実は言われても分かんないような袖の構成。

私が着る事を想定して作ってるので

その辺で売ってるやつとは違います。

DSC_0036_20190927175017a0f.jpg

このカッティングには意味がある。

少しだけロールアップしたいから角を落とす。

DSC_0038_20190927175017c95.jpg

袖先が擦れて裂けるのが袖先の悩み。

でもロールアップすれが寿命は倍になるでしょう。


重なる部分に負担をかける。

それと袖がちょっと長い人の調整にも使える。

DSC_0042_20190927175016bd7.jpg

エルボーパットって言うか、

肘当てもちゃんと肘に当たるように長め。

DSC_0044_2019092717501630e.jpg

脇下には菊穴でベンチレーション。

こう言うのはみんな好きでしょう。

DSC_0049_20190927175107d88.jpg

このシャツの醍醐味は背中のカッティングにもある。

見ただけでうちのシャツと分かる個性。

DSC_0052_201909271751062fe.jpg

肩が出ないように調整に調整をしたラグランスリーブ。

背中のヨークは大きさをかなり意識してデザインしたので

大きすぎず、小さすぎないバランス。

DSC_0054_2019092717510678f.jpg

ラングリッツの袖先〜ヨーク〜袖先の流れを

意識してないと言えば嘘になる。


良い物、好きな物からインスピレーションを受ける事はパクリじゃない。

パクリってのはただそのディテールを付けるだけで

世の中のほとんどはそれって残念だよなあ。


小さな頭を絞って、もう何も出ないところから絞り出すのが

物作りの醍醐味なのに。

DSC_0055_2019092717510565a.jpg

ここにも菊穴のベンチレーション。

重ね着のインナーにも使えるように

穴のサイズ、個数、位置を考えました。

DSC_0057_2019092717510517f.jpg

意味のあるデザイン。

菊穴ってサイズによって見た目が変わるので

目立ちすぎないように目立たせる良いサイズにできたと思います。

DSC_0058_20190927175104004.jpg

衿の後ろにはベトナムタイガーのカーブステッチ。

私の好みだけで構成したので古いシャンブレーのレプリカではありません。


衿の小ささはこのシャツのバランス構成を考えて

小さくしすぎるサイズにしました。


今後、このモデルが定番化するならもう少し調整して数パターン見てみたい。

台衿無しのドレスカラーも素材が変わればありかなあ。


そうやって次のイメージも作ってますが

これ以上のインパクトにはならないから

もうシャンブレーは作らないかもしれません。

DSC_0005_20190927174807b67.jpg

うちのように企画〜販売までの流れをほぼ自分でやってるケースはほぼ無い。

これは直し屋最大の武器だと思っている。


作り手がダイレクトに買い手にお届けできるって

小さなお店だからできる事であり、

売れてるブランドさんには絶対に真似できない。


これぞローカルビジネスの醍醐味でしょう。

ですが皆さんが買ってくれないと続けれません。

これは脅迫ですかね。


ショッピングページ

明日から少し休みます。


10/1(火) 休み

10/2(水) 定休日

10/3(木) 休み

104(金) 通常営業



皆さま、自信作です。

店頭では今日も販売しちゃいますが、

通販は休み明けの10/4(金)からとなります。

よろしくお願いいたします。

2019..30 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 09
2019
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -