LANGLITZ LEATHERS カスタム キャスケード

さて、今日は久々に写真のあるブログです。

作り物の説明は販売時にしますが

まずは10月に春、大爆発したシャンブレーがあるので

楽しみにお待ちください。


からの

今日はラングリッツです。

夏に紹介した個体はクリーニング出してるので

11月ごろの販売予定です。

春は奇跡のような展開数でしたが、

そんな事は二度とないでしょう。

これからはポツポツしかないと思います。


今日のは別の個体です。

コンディションも良く、着用感も弱いので

クリーニングには出さず、

当店の基本メンテナンスで販売です。

DSC_0012_20190919134550d69.jpg

96S LANGLITZ LEATHERS 「CASCADE」 オールドモデル マニアックカスタム

ゴートスキンの綺麗なキャスケード。

サイズは最近、好まれがちな特大です。

大きく着たい方、体の大きな方には国内でここまで大きなサイズは

入手できる可能性が極めて低いのでこの機会にいかがでしょうか?

DSC_0074_20190919134711773.jpg

ここで気付いた方は素晴らしい。

基本型は前短、後ろ長でカーブが通常のキャスケードですが

オーダーでストレートのボックスにカスタムされています。

私が自分用にオーダーしたやつ以外では

このスタイルは見てませんね。

DSC_0013_20190919134550fdc.jpg

これは96Sのオーダー品なので

結果としては私がマネをした事になる…


そんなことよりもこの質感、コンディション素晴らしい。

DSC_0022_20190919134548b64.jpg

メインはスコービル。

ジッパープルのコンディションは

個体のコンディションは直結します。

DSC_0027_20190919134627f82.jpg

たぶんこれは後打ち。

質感の違うスナップが打たれていますが

アメリカ製の真鍮なのでラングリッツに持ち込んで

打ってるかもしれません。

DSC_0030_20190919134626bef.jpg

ラングリッツってファクトリーブランドだから

細かい部分にまでちゃんと対応してくれる。

それほど気にならないので着れてば馴染んじゃうでしょう。


日本製の薄いスナップが付いてる服見るとがっかりする。

私はアメリカ製の硬くて、肉厚なスナップが好きです。

山の高さ、材質の違い、あのカーブはアメリカっぽさなんです。

DSC_0040_20190919134626954.jpg

このライダースはかなりマニアックなカスタムで構成されてるんですが

その一番はこのポケットにあります。

DSC_0043_20190919134625e91.jpg

タロンのジッパーを下げると袋布がレザーです!

何度か見た事がありますますがボディと同じレザーで袋布作るって

日本の物作りではありえない仕様で、

単純に強度を優先させたアメリカっぽい仕様に脱帽です。

DSC_0048_20190919134625010.jpg

ジッパーも問題なし。

古着を買う時に最も神経質になるポイントでもありますね。

うちは変な個体は出さないので通販でも安心してお買い求めいただけます。

DSC_0018_20190919134549511.jpg

袖はタロン。

ガゼットの開くキャスケードタイプ。

コロンビアタイプはクローズドです。

DSC_0020_20190919134548b50.jpg

薄めの餅みたいな質感がこの程度の写真でも伝わりますね。

ジッパーの変色もちょうどよく綺麗です。

DSC_0053_201909191346597a0.jpg

いらないのになんか嬉しいのがガンポケ。

ピストルを入れるポケットなのでボディよりも肉厚な袋布ってのは

なんでそこにそんな力入れるのか日本人にはわからない仕様。

DSC_0057_2019091913465875f.jpg

ピストルを入れた形跡なし。

いらないじゃん…

DSC_0050_20190919134624449.jpg

タグも綺麗。

縫い方で年代が判断できますが数年間は混雑するので

それだけでの判断はできません。

DSC_0060_201909191346589ed.jpg

右の裏地にもポケットが付きます。

これは私もカスタムしましたがジッパー付けちゃうんですすよね。

かっこいいから。

ジッパーもオーダーです。

なのでここだけで追加ポケットとジッパー付きって2つが追加されてます。

DSC_0063_20190919134657027.jpg

使ってないじゃん…

そこが魅力なんです。

必要な物を足したり、引いたりするのが日常着の改造。

ライダースのカスタムとはいらない物をバランス良く足すのが面白い。

DSC_0068_20190919134712ca4.jpg

裏地のコンディションも良好です。

この年代まではオールドモデル特有の裏地ですが

00年代に入るとさらに肉厚な裏地になるので着心地が悪いです。

DSC_0064_20190919134657671.jpg

綺麗ですね。

コンディションの良い個体を買う事が

最も安く好きな物を楽しむポイントです。

DSC_0066_20190919134656191.jpg

たまにカッコよくてウチとしてはコンディション悪い個体も出しますが

基本的にはビカビカを買って、軽いメンテナンスと風通しだけで

楽しく所有するのが良いでしょう。

DSC_0012_20190919134550d69.jpg

袖も太いのでリバースとの重ね着もできちゃいます。

これは吊るしでは存在しません。

カスタム品ならではのクセを楽しむにはすごく良いモデルだと思います。


ショッピングページ


国内新品オーダーの半値以下でオールドモデルが楽しめます。

サイズの合う方、ご検討お願い致します。

大きくて綺麗なの本当にないんです。


2019..19 SALE comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 09
2019
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -