Tシャツの新色も投入です

先日、新色のロンTを投入しました。

着てますが本当に良い。


気温も上がり、

ちょうど良いタイミングでの投入となりましたが

今日の東京は暖かいを超えて、暑い。


こうなると半袖も欲しくなります。

本当はGWが終わってからでも良いかと思っていた

半袖の新色も投入します!


検品、撮影、掲載とほぼ全ての作業を一人でやるのは

すごく大変なのでちょっと後にしたかったのんですが、

昨日、検品終わったので写真だけ撮影しておいて良かった。

DSC_0298_20200502115226303.jpg

ロンTで採用した新色を半袖にも採用しました。

が、今回のホワイトは変化球です。


フロントは無地のポケTでバックにボックスのロゴをプリントしました。

昨年、10周年記念T-Sのバックプリントが好評だったので

今年はバックで何かを作ろうと思っていたので

良いのが出来たと思います。

DSC_0236_2020050211522677e.jpg

もう1色は抜けの紺。

当店では定期的に採用する色で

鮮やかな紺と抜けの紺はデザインで使う色を変えています。


今回の抜け紺に抜染の組み合わせは

当店を代表する配色と言っても過言ではないでしょう。

2色ともすごく良いバランスに仕上がりました。

DSC_0250_202005021152251db.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY オリジナルポケT 白 バックプリント

日差しが強すぎて色が出てないのが残念ですが

現物の配色はもっと綺麗です。

DSC_0255_20200502115225720.jpg

今年はボディのシルエット変更で

身幅だけ少し広げました。


さらに着心地が良くなって、

本当に素晴らしい完成度です。

DSC_0259_202005021152240af.jpg

派手に見えますが着るとそうでもありません。

バックプリントなので最近のテレワークでテレビ電話みたいな

打ち合わせだと上品なポケTにしか見えません。

DSC_0265 (1)

フロントはこんな感じ。

写真は1WASHです。


シンプルに良いものを作るのが一番難しい。

骨格がしっかりしてるから遊びのプリントがさらに良く感じる。

DSC_0270_20200502115253e49.jpg

セブイレブン行くのにナナコ入れたり、

写真を撮る時にレンズのフタを入れるのに最適。

DSC_0274_20200502115252f0c.jpg

今回はタグも裾付け。

ロンTにはこの方法を使いますが

ボディをとにかくシンプルに仕上げるってイメージで

こうなりました。

DSC_0275_202005021152520e0.jpg

タグは「無名」

無名と言えば「甲鉄城のカバネリ」を思い出します。

早く続編が見たいのですが数年後でしょうね。

DSC_0277_2020050211525166d.jpg

ホワイトにはステッチが目立ちます。

うちのタグはデザインとして使ってるので

こう言うのもポイントなんです。

DSC_0281_2020050212361691b.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY オリジナルT-S 抜けの紺

ネイビーのTシャツはうちの代名詞でしょう。

ネイビーと言っても当店は2色を採用してます。


明るめの鮮やかな紺と、

今回採用した抜けの紺。


デザインによってボディ色を変えると

物の完成度が格段に上がります。

DSC_0287_20200502123616324.jpg

抜けの紺はスミクロにちょっと似てる。

と言うかスミクロが少し紺ぽい。

DSC_0290_20200502123615cc6.jpg

そこには抜染プリントです。

このプリント方法ができるプリント屋さんは国内に少ない。


当店はこのプリント方法の難しさと戦いながら

10年以上この抜染と歩んでます。

DSC_0295_20200502123614bcd.jpg

ラバープリントだと異物感を感じますが、

ボディから色を抜いてるので染み込みと同じく

無地と変わらぬ着用感です。

DSC_0292_20200502123615797.jpg

こちらは袖にピスネーム。

いつもの仕様です。

DSC_0296_2020050212361482a.jpg

タグには「DIY」

ホームセンターも人が来ちゃう場所なので

今は行かないでください。

DSC_0303_202005021244161dd.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 七分袖 バックプリント

写真を取り直しました。

最初の写真は1WASHでこれは未洗い。

DSC_0307_20200502124416579.jpg

洗った方が全然良い質感です。


縮みが出る生地を使う理由は風合いの向上と、

何より質感が良い。

DSC_0310_20200502124415b0a.jpg

そこに染み込みプリントが馴染むと

数年着れば表情がかなり変わる。


成長が楽しめるって素晴らしいと思います。


デザイン的にも外で直射日光を浴びながら着用したいと思いますが

今は外出を自粛しましょう。


ショッピングページ


原宿でも数件、感染とクラスターの話が出ています。

しかも近所です。


今の国のやり方って

多くの人が感染し、抗体を持つのが影の狙いでしょう。


そう言うと叩かれるからしれーっと外出しないでくださいと

民度の高い国民に訴える。


それをはっきり言うか言わないかで

何かが変わるかわかりません。


でも今はとにかく人との接触を最小限して

感染のリスクを減らして頑張りましょう。


2020..02 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 05
2020
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -