ぽっかり

週末、数名のお客さんに会いました。

と言っても私は毎日、2人くらいにしか会わないので

最小限だと思っています。


お客さんと話すのは電話以外ないので、

いつもにはもう戻れませんが、いつもに戻ったような気分でした。


やはりお店をやってる醍醐味は価値観が近い方と

普通におしゃべりが出来る事にあったと

今だからこそ思います。


あの日常は戻りませんが、

今なりの日常が帰ってくるまではとにかく我慢です。


もう鎖国生活に戻ってます。

かれこれ1.5ヶ月くらいこんな感じ。


ユーティリティの波も落ち着いたので最も地味な作業

ジーンズ修理に集中してます。


激しい作業は昨年の作業がまだ残っていますが

最後の1件となりました。


これはカスタムは的な仕事なので修理と

ちょっと使う頭を使います。


今後のジーンズ修理にも使えそうな全く新しい手法に挑戦してるので

これが数十年後にどうなるか楽しみです。

それまでお店を存続できるかが今の問題ですが…

DSC_0045_20200512184934dc7.jpg

多くの方が感じてると思いますが

これまでの日常を失い、

心にぽっかりと穴が空いてる感じです。


とは書いてますが毎日が本当に忙しい。

落ち込む時間すらもらえないほど忙しい。

むしろ通常営業してた時よりも忙しいのではないかと思う。


とにかくやる事が多いのに、こんな状況にならなければ

やらなくても良かった事をやったりと面倒な事も多い。


文句でも言いながら毎日と戦っています。


バイクと言うのはそんな時間を一瞬、忘れさせてくれます。

良い趣味があって本当に良かった。


と言う事で私は元気です。


家族もいるので孤独ではありませんし、

支えてくれる皆さんがいるのでお店も再開できる日まで

力を蓄えています。


嘘です。

お店はもう体力がありませんので

こないだも書きましたが色々と詰め込んだパッキンの封印を解いてます。


出し忘れてたアイテム、サンプル、コレクション、秘蔵品と

出せそうなアイテムは準備が出来次第、

ショッピングページに掲載していきます。


ヴィンテージマニアが欲しがるような物はありませんが

うちのお客さんがうなるようなアイテムは何かあるでしょう。


店舗営業の再開は未定です。

東京都の緊急事態宣言と「にらめっこ」しながらですが

今月は再開しないと思います。


再開は多くの問い合わせをいただいてる

デニムのデッキパンツの販売タイミングになると思います。


コロナ以後の店舗のあり方についても考えていますが、

アポイント制でとにかく人との距離、接触時間を気をつける。


三密を意識しながらの営業をどうするか?


うちは横丁スタイルだから

よそよそしく営業しなきゃいけないのは辛いです。


でも大事なのはそこじゃないですね。

今までと同じで一生懸命を表現すれば伝わると思います。


よし、明後日からも頑張ろう。


2020..12 その他 comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 05
2020
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -