新型ナイロンショーツ そろいました!

先週末に一部入荷しておりましたが

本日、製作数が全てそろいました。


サンプルが戻っていませんので製作日記が書けませんが

本当に苦労して形になった思い入れの強いショーツとなりました。


今回は初のナイロンと言う事もあり、

今までのコットンではあり得なかった事がたくさんあります。


苦労話はたくさんですが現物を見て、

良いか、悪いかで判断してください。

DSC_0117_202007311606205ee.jpg

一瞬、晴れたかな〜って感じになったので撮影。

残念ながら暗いですね…

DSC_0129_202007311606217d1.jpg

写真によっては明るくなるので

梅雨明けしたら撮影し直します。

DSC_0009_20200731160623240.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型ナイロンショーツ オリーブ

当店の代表カラーである緑。

今作でももちろん作りました。


オリーブと呼んでますが、

ユーティリティシャツの色落ちしたような発色です。


どぎつい緑ではありませんし、

写真より少し濃いです。

DSC_0024_2020073116062402f.jpg

これから着用回数が増えると

修正点が出てくると思います。


今のところこれで良いと思うレベルになったので

販売に辿り着きましたが、

ファーストモデル特有の今後の課題探しが楽しみです。

DSC_0032_20200731160625874.jpg

着用感はもちろんですが、

見た目のバランスも素晴らしい。


本当によくここまでなったと思う。

捨てるしか残されてないたたき台には感謝です。

DSC_0052_20200731160627512.jpg

メッシュの裏地は使うと壊れるので

表地より強い裏地に挑戦した。


私の服作りは着用感の向上にこだわってます。

なので裏地にも考えを持ってチョイスしていますが

考え方としてはいつもとちょっと違います。


メインシーズンが夏と決まってるので

夏のアクティブな動きにも対応し、

運動性と強度を両立させるためのアイデアでこうなりました。


すごく良いと思います。

DSC_0087_20200731160730c27.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型ナイロンショーツ ブラック


当店のショーツは看板商品だと思っています。

ショーツって安くて、使い捨てみたいな位置にある。


だからこそ作り込まれたちゃんとした物がない。

うちのショーツは高価です。

安く作ろうと思っていません。


やりたいアイデア、イメージを形にすると

安くおさまる訳がない。

DSC_0076_20200731160728aee.jpg

最初のショーツでも説明してますが、

服の値段とパターン数の多さ、生地種類の多さ、

パーツの多さは比例します。

そこに生産数って壁があるので

どうしてもちゃんと作るとこのくらいの価格になります。


それでも一般的なブランドさんの

半分の利益で作ってるので儲かりません…

DSC_0096_20200731160731824.jpg

人が作った物をマネするのは簡単です。

それを偉そうに売るのも簡単です。


そんなつまらない事で利益を出して、

良い車に乗って、社交場で業界人みたいな顔する人がたくさんいます。


つまらない事してないでもっと勉強して、頭使って、チャレンジして

1つ上のステージに行く努力をしましょう。

DSC_0111_20200731160733ff9.jpg

生活の半分を仕事にぶつけ、もう半分は家族との時間。


酒も飲みませんし、遊びにも行きません。

ずっと物作りの事を考えて、ぶつかる壁の登り方を考えています。

DSC_0113_20200731160734426.jpg

そうやって当店のオリジナルアイテムは販売となります。

このカバン用ラッセルメッシュを袋布に使い、

強度と、ベンチレーション機能を持たせたアイデアなんて

他の人にやられたら悔しい。

DSC_0037_20200731171102e63.jpg

斜めポケットの使い方。

ほとんどのスマホが入ります。


座ってる時に出し入れしやすいってのもポイント。

角度も悩んだなあ〜

DSC_0104_202007311711072d0.jpg

ブラックはレプリカと言うか現行ボタンで、

オリーブは70年代のユーティリティに付いてたのを移植しました。


途中でスナップに切り替えましたが、

アウトドアっぽくなりすぎたのでやめました。


あくまでもテーマがアウトドアとミリタリーの融合です。

DSC_0040_20200731171104373.jpg

水抜き。

細かいけどこう言うのが大事。


そして外折の裾ステッチは当店の代名詞でしょう。

これでスルスルとした着用感になります。

DSC_0073_20200731171105799.jpg

安いの使えば良いのに特注で作ったコイルのWALDESジッパー。

余計なタグや、梱包はなく、使えるお金を全てコストにする。

付属品のレベルが高いのもうちの特徴です。

DSC_0081_202007311711104df.jpg

スパイスとしてワーク感のあるタグ。

最近のアメリカワークブランドもスポーツウエア、

アウトドアウエアを作ってるのでそんなイメージです。

DSC_0031_20200731171108651.jpg

タグの付け位置は今までで、一番悩んだかも。


このパーツは本来、もっと小さいのですが

3倍くらいに広げてタグ付けました。


財布やハンカチの出し入れを考えてもバランス良いでしょう。

DSC_0117_202007311606205ee.jpg

やっと私の分も確保できたのでオリーブを穿いてます。


抜けの紺Tに合わせてますがすごく良い。


明日はブラックかな。

そうなると昆虫クラブの白か黒が良い。

DSC_0129_202007311606217d1.jpg

自分で着るために作ってる服なので

何に合わせても合う。


今までのショーツを気に入ってくれてる方には

特にオススメです。


ショッピングページ



現物は店頭にございますので

お気軽に電話でアポ入れて見に来て下さい。


よろしくお願いいたします。


2020..31 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 07
2020
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -