Convenience Leathers 2型

娘の保育園行事は

全て行くようにしています。


今の保育園は運動会がないので

体を動かす行事として

「サーキットDAY」

なるものがあります。


日々の会話からそれの練習をしてるのは

分かっていましたが

いまいちピンとこないものがありました。


「YOASOBI」


娘の話だと

今日は屋上で「YOASOBI」した。


何となく内容から察するに

YOASOBIの音楽に合わせて何かするらしい。


答え合わせの日。

YOASOBIの音楽に合わせて走ったり、

ジャンプしたりと成長を感じさせる3歳の娘を見て

目頭が熱くなったのは言うまでもありません。


今春から転入した保育園に馴染めず、

クラスターで1ヶ月登園できない事もあり

やっと少し馴染んだを繰り返すこと半年。


努力が報われるほど世の中は甘くなりませんが

努力を続ける事に意味がない事は無い。


自分の底が見えてしまってる大人には

努力しないつまらない人生しか残されていません。


そこの見えない子供はエネルギーで溢れてる。

子供から教わる事もたくさんありますね。


さて今回は2型です。

IMG_9929_20221031140642144.jpeg

1型の最後で重さについて

紹介が少なかったので少し説明します。


うちの革ジャンは軽いです。

正確に言うと重くありません。


もちろん単品で持てば

革ジャンですから軽いって事はありません。


でも

皆さん持って、袖を通すと

軽いと言います。

IMG_9931.jpeg

パーツの軽量化も、

レザーを薄くする事もしていません。


これは構成の結果です。

裏地のチョイスも良いので

ちゃんとハリはあるのに、滑りも良く、

そこが着心地にもつながります。

IMG_9934.jpeg

肩のラインを下げてるので

ライダースの特徴であるあの肩の合わなさ

それが全くありません。


まあ本当に良い革ジャンです。

IMG_9936.jpeg

2型はダークネイビーの

オリジナル制作ゴートスキンです。


写真は最初のサンプル。

私のです。


これよりもマットで

色味が沈んでるように作ったゴートスキンで

市販用は作ります。


1型のと違いですが

首の太さがきた時の一番分かる変更点です。

IMG_9937.jpeg

1型と2型を今は着てバイク通勤していますが

首の作りは明らかに違います。


首の太い方は1型の方が合うでしょう。

細い方は2型です。


1サイズくらい変えていますが

2型が細いと言うよりも、

1型が太いです。

IMG_9938.jpeg

ジッパーは同じ物を使っています。

このレベルのジッパーは日本では使われる事が少ないです。


パーツのこだわりはうちのポイントです。

日本でもアメリカでも良いと思った物を

自分で選んでオーダーしています。

IMG_9940_202210311406540b4.jpeg

私はこのConvenience Leathersで

ゴートスキンしか使わないでも良いと思えるくらい

素晴らしいレザーを作る事に成功しています。


質感、軽さ、風合い、汚れなさ、メンテナンス性の

全てに満足しています。

IMG_9941_20221031140657e78.jpeg

1型、2型の特徴は

メインジッパーの走らせ方と

スナップボタンの構成でしょう。


ライダースのどこが壊れるって

ジッパーです。


これは壊れる理由が明確で

差し込み口が着用時の運動性によるストレスの

最大になるからです。

IMG_9946.jpeg

ジッパーを閉めたら

その脇のスナップを止めてください。


これで予想外の力がかかっても

ストッパーになってくれます。


街着としては

そもそもジッパーを使わないで

スナップだけで着用できるので

この構成でジッパーの寿命を格段に伸ばせます。


それとスナップだけで着るスタイルが

すごくかっこいいです。


これはうちのオリジナルスタイルでもあります。

IMG_9939.jpeg

リブは1型がダークネイビー。

2型はブラックです。


サラッとツートンにしてるのもポイントです。

傷んだら交換できるので何も気にしないで

愛用してください。

IMG_9943_20221031140657fc1.jpeg

首の太さ以外の変更点は

背中の構成です。

スリースストライプを入れていません。


この2型は2021年に

Convenience Leathersを立ち上げたら

これが1型だったかもしれない。


それを具現化したのが2型です。

兄弟機でありながら1型は無骨で

2型はシャープに見えます。


なのに骨格が変わっていないのも

ポイントです。

同じような着方で違いを楽しんでいただけます。

IMG_9944.jpeg

ゴートスキンの良さ、縫製の良さを

十二分に堪能いただけます。


デパートに着て行っても

恥ずかしくないです。

IMG_9945.jpeg

写真のサンプルは私のです。

1型は吊るしのMサイズ。


2型は袖丈を3センチ伸ばしました。

なのでこの写真は袖ロングバージョンです。


バイクに乗る時に最高な形にしました。

1型はグローブにイン、

2型はグローブにアウト。


どちらも良いです。

IMG_9949.jpeg

この革質って

どれだけブログで伝わるんだろう…

本当に素晴らしいです。


前のブログでも書きましたが

この形のモデルはキャスケードの弱点を

克服した作り方をしています。


その中で一番大きな役割をしてるのは

裏地の作り方です。


あのラングリッツの作り方って

100パーセント壊れます。


首、裾で裏地の運動量を出すのですが

表アクションプリーツの運動量を何とかして

パターンで消せないのか?


それを近藤さんに相談して

まあ素晴らしくパターンに落とし込んでくれたので

うちの着心地が完成しました。


目に見える物なんて

こだわりの入り口程度です。

IMG_9951.jpeg

この首の作りもポイントです。


擦れるなら、擦れるところをレザーに。

そして裏地を表革に潜り込ませる。


これでこの部分の擦れによる

裏地交換はほぼ無いでしょう。


色んな昔のライダースが

この作り方だとこう壊れるを教えてくれました。


修理屋の作る服が

他と違う決定的な部分は

そこです。

IMG_9952.jpeg

革ジャン好きが

革ジャン難民となり、

自分で作る事になりました。


これが本当に必要な物作りの形だと思っています。

売れればなんでも良い物が多すぎる。


近藤さんなくして

Convenience Leathersはありません。

我ながらどこに出しても恥ずかしくない

最高の革ジャンだと自負しております。

IMG_9929_20221031140642144.jpeg

1型用のブラックゴートスキンは

現在、革のストックがありません。


1型はS〜Lサイズの通常版と

さらに特注でXLサイズに対応するゴートスキンも作りました。

現在はどちらも皮がない状態でです。


問い合わせいただいてるので

次の革はXL用だけを作ってスペシャル版として

S〜XLサイズをご用意したいと思っております。


数件のオーダーがあれば制作しようと思いますので

オーダーお待ちしております。


2型は革のストックがございます。

こちらは革の制作がないので

オーダーいただければ制作に入れます。


1型、2型は着丈と袖丈が

セミオーダー可能です。


この2か所で調整しますと

痩せ型で身長が高い、

背は低い、手も短い。


体型のお悩みで革ジャンを諦めてる方にも

良いシルエットでお作りできます。


どうせ革ジャンなんか

そんに着ないんだから

着たい時に最高の1枚を着れる準備をしましょう。


それが革ジャンの最高な楽しみ方です。


店頭で受注会をアポイント制で行っていますが

通販でも対応します。


電話で話しながらイメージを共有したいので

お気軽にお電話ください。


よろしくお願いいたします。


2022..31 Convenience Leathers comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 10
2022
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -