NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「GOLD ERDL」

今日で8月も終わりです。


売り上げはひどいもんですが、

スケジュールで言うと

トップクラスに忙しい1ヶ月でした。


例年8月は暑くて集中力が続かないので

息抜きしようとYouTubeを見ます。


オオクワガタのライトトラップ採取です。


このロマンを見るくらいしか

YouTubeを見る事はありません。


今年は忙し過ぎて

そのわずかな息抜きすらしていません。


体力的にもそろそろ限界なようで

少しでも休息が必要だと感じています。


オオクワガタのライトトラップを

1年に1回見るだけの人ですから

最近の主力メディアとなるYouTubeを

ほとんど見た事がありません。


最近はこれが商品紹介なんかにも使われるようで

すごく便利な時代だと思います。


ですが、

作り手が自分で商品を企画してプロダクト化し、

撮影して、編集して、投稿。


商品の掲載して、梱包から発送までを

一人でやるなんうちのやり方では無理です。


会社の人は撮影者と編集者と喋る人が別ですから

商売の形としては分業化して楽で良いですね。


プロダクトの重みとかって今の人には不要なんでしょうが、

そう言う目には見えないような背景も想像できるプロダクトこそ

物好きが興味を持つ物だと思っています。


企業力には絶対に敵わないんですが

そもそもそことは戦っていない。


これが昭和の残党の生き方です。

IMG_6795_202308311224058ca.jpeg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「GOLD ERDL」


当店はそもそも何屋かよく分かりません。

それで良いと思っています。


何屋と言うと

それが主な仕事となり、

その次にくる事がランク落ちる感じがする。

IMG_6797_202308311224086ce.jpeg

飲食店で売ってるTシャツと

うちで販売してるTシャツって

同じTシャツでも全くの別物です。


そんな感じで主な仕事の次にくる物って

主を絶対に超えてこない。

あくまでも多くの場合です。

IMG_6798.jpeg

当店は企画して工場さんに作ってもらうプロダクトと、

自らの作業場で作り出すプロダクトの

2枚看板で物作りをしております。

IMG_6799.jpeg

自分で服を作る事が出来る人が作る服と、

そうでない場合も同様だと思っています。


少し有名な人がすぐに服を作りますが

それだけ一般的には服が儲かるって事です。

IMG_6800.jpeg

そんな物はいらないので

自分で服を作っています。


自分が着る服をこだわって作っていますので

ぜんぜん儲かりません。


服を作ってお金持ちになりたい訳では無いので

作りたい服を作って、暮らせればそれで良い。

IMG_6801_202308311224121f2.jpeg

だから利益を圧縮してでも

妥協しないで作れる一番を作っています。


販売価格を高いと思う方もいると思いますが

それでも一般的な服屋さんの倍近く〜倍のコストをかけています。


なので絶対的なお値段以上感を

味わっていただけると思っています。

IMG_6802_202308311224147b3.jpeg

話はやっと写真の内容に。


この迷彩は珍しいですね〜

これまでに3枚しか見た事ありません。


全てがRANGER製でしたので

ここしか作っていないんでしょう。


どれも70年代の個体でしたが

シャツ型もありましたのでいくつかのプロダクトには

なっていると思われます。

IMG_6803.jpeg

コットンのリップであれば

コットンタイガーで組み合わせますが

今回のベースはリップでは無いコットン素材。


と言う事で

薄手のアメリカは最新のリップで

タイガーを初採用しました。


予約終了してるキャップに使う生地です。

今回、洗ってから裁断しましたが

乾くスピードとんでもないです。

IMG_6804.jpeg

補強のウェビングも洗ってから使いました。

これが縮むので未洗いで縫製するよりも

引っ張りを少しは緩和できる。


そうは言っても

薄いコットンと組み合わせると

こんな感じにはなります。

IMG_6805.jpeg

この一周縫製は本当に難しいです。


左右身頃に後ろ身頃と、

歪みが全て違いますので

一本通すのは不可能です。


それを許容範囲内に収める

感覚を体にすり込む。


まあ無理なんですが

野戦型のように身幅が広い服には

こうやって一周通してふんわり仕上げる方法が

すごく適してると思います。

IMG_6806.jpeg

物作りと言うのは挑戦です。


それをしないで昔の物や、

誰かが作った物をまねる行為が

物作りを前に進ませない一番の原因です。


物作りをするべきでは無い人が

それをやってるからこうなる訳です。


とは言え

挑戦とは形になるのが難しい。


だからそれで生活するのは

本当に難しいんです。

IMG_6808.jpeg

私は自らの考えをプロダクトに具現化させる事で

量産ではできないプロダクトを作っています。


それがユーティリティカスタムです。

これは服をバラし、再構築し、

そこにその時代には存在しないパーツや

ポケットを付ける。

IMG_6809.jpeg

これは量産する事ができません。

全部が現物合わせなので物によって

付け位置も、寸法も違います。

IMG_6810_20230831122524c5e.jpeg

変な迷彩に何をどうやって組み合わせて、

どんな感じに仕上げるのか?


これが面白いと大変の半々です。

IMG_6811.jpeg

元々は裾ポケットでしたが

ポケットバラして再構築し、

胸ポケットに。

IMG_6814_202308311227559f5.jpeg

これまでもやってる手法ですが

今作から補強テープを胸にも採用。

IMG_6813.jpeg

このテープ内にフラップと、

ポケット付根を入れ込むのが大変です。

IMG_6819.jpeg

特大ポケットに今作は

小ポケットを付けませんでした。


暑い時期からの変わり目にも着るとなると、

軽さが正義ですので軽さにこだわりました。

IMG_6820_2023083112280303f.jpeg

スナップ2個でポケット自由に使ってください。

折り畳み傘、ペットボトルの収納も考えています。

IMG_6822.jpeg

ポケットサイズは大きいままですので

1つスナップを解放すればこんな感じ。

IMG_6821_20230831122806296.jpeg

全部でこんな感じ。

IMG_6823_20230831122809737.jpeg

後ろだけでこんな感じ。

使うシーンでご自由に調整してください。

IMG_6815.jpeg

今作は非常に珍しい遊び心が詰め込まれています。

それがこれです。

IMG_6816.jpeg

何これ?

カナブン?こがねむし?


うちで付けた訳ではありません。

もともと付いてる個体を仕入れました。


この手としては非常に高かったです…

IMG_6817.jpeg

アメリカから購入していますが

これが付けられたのはベトナムと思われます。


昔、聞いた事があるのですが

東南アジアのどこかの土地では

このような昆虫が祀られてるらしい。


ちなみにこがねむしは昆虫ではあるんですが、

甲虫に属しますので甲虫が神格化されてるのかもしれません。


それを初めて見たので購入しました。

まあ、考えればアメリカ人がここに

こんなパッチ付ける可能性なんてほぼゼロでしょう。

IMG_6714.jpeg

バラして再構築してますから

前立てステッチ入れる前にチェックもしています。

IMG_6715.jpeg

手縫いのボタンを外します。

ギザギザミシンでちゃんと縫製してありますので

素人の仕事では無いでしょう。


東南アジアのテーラーさんでしょうね。

IMG_6716.jpeg

裏はこんな感じ。


ここが穴なのかは不明のままですが

何だかロマンを感じて深掘りはここまで。


前立てステッチしれてるので

もうここは見えません。

IMG_6795_202308311224058ca.jpeg

こんな感じで1点1点に思いと時間をかけ、

その個体を現代的にアップデート。


このレベルの作り込みでも

最低2日はかかります。


無駄にダブルステッチですから

シングルステッチの倍以上の手間です。


構成もバラして再構築しながら考える。


求められてるようなプロダクトでは無いんでしょうが

1人でも欲しいと思ってくれる人がいれば良い。


そう思って作っています。


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。


2023..31 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 08
2023
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -