修理+カスタム

ショッピングページばかり書いていましたが

久々にジーンズを連発します。


基本的にはジーンズの修理をする場合、

雰囲気を変えないように対応します。


カスタム感を出したいと言われれば

全く別物に仕上げます。


この中間で部分的なカスタムもできます。

ライトカスタムとして仕上げました。

DSC_1780_20140721185500e1d.jpg

「目立たせる部分」以外は

「目立たないように修理」

これがオーナーさんからのオーダー。

DSC_1783.jpg

ヒザには濃いデニムを入れて、

白い横糸も切らずに残したいとの事。

自分の中では「成長するジーンズの方法」。


このジーンズは洗濯しないで着用、

保管されていた時間が長いので

修理に重点を置きました。


コンディションの見極めで修理、カスタムの入れ方、

縫い込む順番等が全く変わってきます。


この見極めで全てが決まります。

DSC_1785_20140721185459b8c.jpg

糸色のバランスやデニムと

修理で使った糸の色落ちスピードまで

考えて行いますのでとにかく神経を使います。

DSC_1788.jpg

股は崩壊してましたのでカスタム感を

少し出す方法と補強を入れて

左右のモモ〜ヒザに入れた修理+カスタムとつないで

運動に対応できる新しいバランスを作りました。


この修理論の話は話すと長くなるのと

あくまでも持論であると言う事で

このへんで終了。


口では誰でも言えますので

作業を見ていただければと思います。



2014..24 デニム comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/1823-d33bde75

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -