N-1 デッキ ジッパー交換

基本的にはジーンズのダメージを直す作業以外は

行っておりませんので一般的な洋服の修理屋さんで

行っているサイズ直し等の作業は行っておりません。


ですが普通の修理屋さんで行うと雰囲気が

大きく変わってしまい残念な事になってしまう修理は

当店でパーツを作り、縫製は専門の上手な方にお願いして

対応しております。


◯ライダースのジッパー交換
(アメリカ物、UK物に合わせたジッパー製作かデットストックを使用)
CLIXジッパーも可能です。ご相談下さい。

◯フライトジャケットのジッパー、リブ交換
(リブはデットストックか見分けがつかないレベルのレプリカ使用)

特にジッパーはオリジナルの古い物をストックしておりますので

同年代のスライダーを使いよく見ないと

交換した事が分からないようにいたします。


さて、今回はデッキジャケット用のジッパー製作。

デッキはほとんどがジッパー故障してますので

本当に修理のご依頼が多いです。

DSC_2452.jpg

レプリカのテープは数色ありますが

濃い緑にアンティークゴールドのムシ。

DSC_2454_20141017122947c86.jpg

薄めの緑にゴールドのムシ。

DSC_2457_2014101712294747c.jpg

ベージュにゴールドのムシ。

テープ色は主にこの3色を使いまして

スライダーの色に合わせてゴールドか

アンティークゴールドを使います。

DSC_2459_201410171229460a1.jpg

現在はこの3タイプがストックあります。

在庫切れるとジッパーを制作する時間が入るので

その分、納期は遅くなります。


さて、ジッパー製作を開始です。

おそらく当店だけでしか行っていない

ジッパーの日焼け加工を施すとこうなります。

DSC_2466.jpg

濃い緑を日焼け加工でくたびれたベージュ系に。

40年代のミリタリーに付けても

違和感が出ないように制作しました。


当方の作業はここまでですが

ビンテージってやつを直すんだから

自分の出来る最大限を出さないと失礼だと思います。


さて、最後はイレギュラーの加工です。

ムラ感を出した「まだら」にして欲しいと

オーダーいただきました。


まだらって書いたら

「うちはマダラ」

が頭から離れません…。


理論的に考えれば出来なくない。

やった事のない事に挑戦するのは楽しいですが

時間も余裕もパーツもないので

ぶっつけ本番です。

DSC_2462_20141017122946ad7.jpg

完成です。

イメージしていたよりも完成度は高い。


次に作っていもこうなるか分かりませんが

こうなった理由も理解したので

数本作れば安定した不安定を作れそうです。


「まぐれ」で良い物が出来る事もありますが

物事にはそうなる理由があってそれをトライ&エラーと

考えて作業する事で形になっていきます。


とにかく頭と体と時間をかけないと

まともな物は作れません。

センスと気力とイメージも大事です。

当方は欠けてる物が多すぎるので

毎日が勉強です。


誰がやっても同じ仕事はありません。

誰がどのようにするかで変わります。


出来る事は少ないですが

できる範囲内でお力になれればと思います。


さて、ジーンズに没頭いたします。
2014..20 デニム以外の修理 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/1911-5ab286d7

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -