CLIXジッパーの販売

当店はジーンズの修理屋なので

その他の修理は承っておりません。

とは言ってもビンテージ全般の修理問い合わせが多いので

出来なくてもお答え出来る範囲内で

お話させていただく事は多いです。


ですが個人的にライダースが好きで世の中から

ビンテージと呼ばれている物が減っている中、

ひどい修理のせいでもったいない状態にされている物も

残念ながら多いですね。


アメリカ物ならTALONのレプリカが使われる事も増えたので

多少、こだわってる修理屋さんなら直してくれますが

UKライダースを上手くまとめれる修理屋さんは

残念ながらほとんどありません。


そんな現状から当店ではライダースの

ジッパー交換は承っております。

当方には縫えないのでパーツの製作、調整を行い

縫製は専門の業者さんにお願いしております。


いつもはパーツの販売だけはしないのですが

欲しいと相談される事も多いので少しだけですが

UKライダースに使用される事の多い、「CLIX」をご紹介。

栓抜き5

いわゆる「栓抜き型」です。

70年代のルイス、ハイウェイマン等のUKライダースに

使われる事が多く「CLIX」と言えば

これを想像する方も多いかと思います。

栓抜き2

現在、手に入る「CLIX」には数種類のタイプが存在して

製造してる会社が違うからか同じ物とは呼べません。

当店でご用意した物はその中で

最も完成度が高いと判断したものです。

栓抜き1

長さは53センチあるのでほとんどの

メインジッパーに使用可能です。

スクエア1

お次ぎは「スクエア型」

シングルタイプに使われる事が多いのですが

サイクロンに使われてるのもありましたので

ダブルタイプでも問題なし。

スクエア2

「栓抜き」に比べると主張が少ないので

ライダース全体のバランスを考えたらこの「スクエア」の方が

ハマりが良いと思います。

スクエア3

両方とも黒の綿テープにアルミの組み合わせなので

70年くらいからのルイスレザー、ハイウェイマン、

インターステイト等には問題なく対応出来ます。


ウルフレザー、TTレザーは「CLIX」が使われていない場合が

ほとんどですが「スクエア」ならば問題なく合います。

こちらも53センチなのでほとんどに使えます。



通常、ライダースのジッパー交換は納期3ヶ月。

時間はかかりますが安心してお願い出来る方に

依頼しております。


遅いのには理由があります。

多くの代物をお願いされてるからです。

その方も当方と同じような生活をしております。


早い、安いには理由があります。

ライダースはヘタにやられると捨てたくなります。

と言う事でご依頼いただければ出来る範囲内で

一番良く仕上げます。



パーツだけストックで欲しい方や

他で縫ってもらうのでジッパーだけ欲しい方に

今回はパーツ販売いたします。

次は今のところ予定していませんので気になる方はお早めに。


ショッピングページ


それと当店で行っている「ジッパーの日焼け加工」は

ご依頼いただいた修理品のみに行いますので

単品販売時には対応いたしません。

ご了承いただければと思います。


2015..02 ライダース修理 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/2032-24682350

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -