今日もジーンズの話

今週は直し屋オリジナル商品

「NAOSHIYA CUSTOM FACTORY」

からお知らせが2つあります。


1つは昨年の秋から復活した「WAFFLE」を今年もやります。

準備中で今日の夜にはショッピングページに掲載予定です。



もう1つは「MODIFIED」のロゴT−Sの話。

今週の金曜日放送のテレビ番組で着用されました。

もちろん着用はあの方です。


何の番組でしょうね?

ダウンタウンDX? 浜ちゃんが?

それとも「HEY!HEY!NEO!」


もう説明不要ですね…

9/25(金) 23時〜放送なので皆様、見て下さい!!


◯グレー  ◯スミクロ  ◯ネイビー


着用カラーは当日までのお楽しみ。

すでに完売サイズもありますが悩んでる方はお早めに!


からのジーンズの修理屋なのでジーンズの話。

今日はペインターパンツです。

DSC_0884_20150913125648e55.jpg

オンスが低いので修理に向いてないんですが

ある程度は穿いて、直してが繰り返されると伝えて直します。


やりすぎないようにしないとですが

このパンツは厚手なのでいつもよりは少し縫い込みを増やしています。


洗わずにボロになったペインターは修理してもすぐに壊れるので

直す事を進めない場合も多々あります。

多々あります。

多々あります。

DSC_0561_20150913125651b76.jpg

からのレプリカジーンズ。

普段はこのような方法を使いませんが久々にやってみました。

レプリカ特有の壊れ方ですね。


洗濯回数と着用頻度のバランスでこのように色落ちしたジーンズは

何色と言えない色になり、糸の色が合わないので

このレベルにしか出来ませんでした。


あくまでも同じような穿き方で

同じように穿いていくと想定してこの方法にしました。

ビンテージジーンズにはもう少し目立たないように修理します。


ビンテージジーンズの多くはキズではなく

補強の入れ方に最も気を使いますが

特有の穿き方がされたレプリカの場合はちょっと違います。


自分だけが穿いたジーンズはキズ、へたり、色落ち等をみれば

その人がどのように穿いてきたのかだいたい分かります。


中古品を穿きだすビンテージジーンズと新品で穿きだすレプリカ、

現行、新品メーカーとでは直し方も変わる事が多い。

加工品はまた別の話なので別の機会にでも書きますね。


今週は水曜定休を木曜に変更して連休は全て営業しておりますので

皆様のご来店お待ちしております。



2015..21 デニム comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/2234-4c2e0c42

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30