加工ジーンズの加工を変える

加工品のリーバイスを再加工しました。

加工本は量産なのでどうしても…

と言う事で2万円予算でまとめました。


バンダナが縫い込まれてるダメージのやり直しを4カ所、

カスタムジーンズの製作で行うバックポケットの位置を下げる、

チェーンステッチがイマイチなのでやり直しを行いました。


洗えばすぐに馴染みますので今は馴染んでない状態です。

DSC_0391_20151012121203489.jpg

大人の穿くジーンズなのでやりすぎないってのもポイント。

再加工の場合はとにかく違和感が少ないように

元の空気感も残したい。

DSC_0394.jpg

グレーとネイビーの組み合わせ。

色落ちがどのように進んでも大丈夫な設定です。

DSC_0396_20151012121202680.jpg

このジーンズは紺の色が少し変わってるので

そこに合わせていつもとは使う糸も変えました。

感覚と言うか経験と言うか色落ちした数年後を想像します。

DSC_0398.jpg

今回のジーンズの1番ポイントになったのはこの2カ所。

すごく小さなキズがありましたので油染みっぽい感じを出してみました。

もちろん染みじゃなくて縫い込みです。

DSC_0399_20151012121200b72.jpg

右はモモで左はヒザでした。

ここはいつか壊れたら追加入れるイメージです。

すぐに壊れる事はないでしょうから

何年後になるか分かりませんが育てる楽しみです。

DSC_0402_2015101212115943c.jpg

この部分は本当に下手な加工でオーナーさんも嫌だった部分。

70年代の色落ちしたコーズを入れてサラッと縫いました。

やりすぎないんだけど元とは別のジーンズにしていきます。

DSC_0406_20151012121221b51.jpg

バックポケットは2.5センチくらい下げました。

シャツ着てもポケット見える視覚的効果と

この位置の方が単純にバックポケットが使いやすい。

DSC_0410_20151012121220df8.jpg

フルカスタムだとゴリゴリに縫いますが

部分カスタムなのでここもやりすぎないようにしています。


隠しリベットはもちろん抜いてます。

個人的には隠しリベットは意味がないと思いますので

カスタムの基本はいらない物を外すと言う意味でも外します。


隠しリベットの無くなる年代からはポケットの付け根に

中からカンヌキが打ち込んであります。

メリットもありますがデメリットの方が多い。


中から止めてあるとジーンズは縮みますので

付け位置で1センチくらいズレてくる。

直す側が抱える問題は初期で改善しておきますので

ポケットの付け根は上から目立たないような色で

カンヌキ打ち込んで終了。


とにかく穿いて、洗って馴染ませて下さい。


もう少しで6月終わるのですが7月は衝撃的に大変な作業が

10本はあるので相変わらず納期は短縮できないと思います…



2015..12 デニム comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/2253-8561d1bc

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -