NAOSHIYA CUSTOM FACTORY M-65 ラインナップ

構想だけありながら形にできなかった今年のM-65。

やっと販売できるところまで作る事が出来ましたので

本日から販売を開始します!


昨年まではカスタム品の販売がメインでしたが

今年は違った試みをしてみます。

DSC_0082_2016110714195022a.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「M-65 SPECIAL CUSTOM」 コンプリートモデル


これが当店の考えるM-65の基本型です。

DSC_0113_2016110714200928d.jpg

ベースにはブラスジッパーのM-65を使いました。

エポレット外し、フードカットと袖先のスナップボタン化で

着心地が悪くて、重くて、着にくいアメリカ軍のM-65を軽量化。

DSC_0085_20161107141949e5e.jpg

見た目はすっきり、着用感は全くの別物です。

DSC_0099_201611071419474b4.jpg

フードも無いのでリュックを背負ってもゴロゴロしません。

DSC_0090_20161107141949ad3.jpg

袖先はマジックテープを外してUSA製のスナップボタン仕様へ。

内側に織り込む三角パーツを外側に止めるようにして

見た目のインパクトも大。

DSC_0096.jpg

スナップで袖先の調整も可能です。

安っぽいパーツを外して、スナップにしたので印象が変わります。

DSC_0109_2016110714201082b.jpg

エポレットが無いので本当にすっきり。

肩幅の狭い人にはエポレット付きの服なんて

似合わなすぎて着れません。

DSC_0102_201611071419467fa.jpg

前立の裏側にタグを付けて完成。

この仕様が直し屋的M-65のスタンダード。


このままでも素晴らしいM-65ですが

さらなるカスタムが出来ますのでここからは

オプションとして選択いただけます。

DSC_0058_20161107143559b3f.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「M-65 SPECIAL CUSTOM」 ブラックジップ

コンプリートモデルに追加のカスタムとして

フロントのフルスナップ仕様にしたスペシャル版。

DSC_0060_20161107143558776.jpg

見た目の豪華さが強調されていますが驚くべきは使い心地。

当店のカスタムは見た目と実用性のバランスを大事にしてますので

このカスタムはまさに当店らしさです。

DSC_0063_201611071435585cb.jpg

衿のマジックテープを外してスナップボタン化。

これによってマジックテープは無くなりました。

DSC_0075_20161107143557699.jpg

剥き出しのフロント スナップボタン

これに改造する一番のポイントは既存よりも大きめのスナップにする事で

とにかくスナップが使いやすくなる事。

こうすれば入口が傷みやすいM-65の欠点を無かったことに出来ます。

ジッパーなんて使わなければ良いのです!

DSC_0071_201611071435560f7.jpg

当店のカスタムはあくまでもオリジナルの良さを生かして、

余計なものを加えずに足し算と引き算を組み合わせる事。

フルスナップまで加工したM-65は完璧です。

DSC_0033_20161107144408600.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「M-65 SPECIAL CUSTOM」 アルミジップ

日常着として着れないビンテージに価値を見出していないので

ブラスジッパーのM-65NIこだわっていますがコンディションの良い

アルミジップならもちろん好物。

DSC_0034_20161107144407f72.jpg

1枚しかアルミは無いので販売用にスペシャルカスタムを施しました。

生地が違うので雰囲気はさすがです。

DSC_0037_201611071444062e8.jpg

アルミの場合は衿のマジックテープが付け位置違うので

スナップと共存できます。

DSC_0040_20161107144405a1b.jpg

現行のUSA製スナップを使っていますが昔からあるパーツなので

もしかしたら710年代の前半に東方と同じ考え方の人がいれば

黒じゃなくて緑スナップで同じ仕様があったかもしれません。

それくらいバランスの素晴らしいM-65に仕上がっています。

DSC_0042_20161107144405f70.jpg

袖先はもちろんのスナップ仕様。

古いM-65の袖先には三角マチが付いてますがそこは痛むのと

太すぎて着にくいのですがこのアルミジップにはそれが無いので

ブラスジップの感覚で着れるのでありがたい。

DSC_0050.jpg

普通に使えちゃうアルミのジッパー。

フルスナップにしてる場合はジッパーなんて使う必要ないので

ディテールを楽しんでください。


で、ここからが今年のスペシャル仕様です。

DSC_0118_20161107151208011.jpg

縫込みコブラパッチ M-65かユーティリティシャツに

カスタムの醍醐味と言えば自分で決める自分だけの仕様にできる事。

という事で当店で一番人気の60年代コットンのコブラパッチに

縫い込みいれたスペシャルパッチを作りました。

DSC_0115_2016110715120927b.jpg

写真は右胸にテープで付けてるだけですが

右胸か左胸を選んでいただければ2,3日で縫い付けてから納品します。

DSC_0123.jpg

縫込み特技兵パッチ M-65かユーティリティシャツに

それだけじゃ終わりません。

袖にも60年代の箱入りデットストックで入手した

特技兵のパッチに縫い込みいれてパッチを加工しました。

DSC_0125_20161107151206960.jpg

ARMYやAIR FORCEでゴリゴリのスペシャルフルパッチも

昨年までは作っていましたが今年はやりすぎないのに

すごく特別な感じを出せる仕様をご用意しました。

DSC_0003_20161107151910bbd.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「M-65 SPECIAL CUSTOM」 ウッドランド 

最後はデットベースのM-65スペシャルカスタムで

ブラスジップのウッドランドです。

DSC_0018_201611071519095a0.jpg

ミリタリー感が強いウッドランドですが見た目とは別で

意外と着てみると派手じゃないんです。

DSC_0007_20161107151909bc3.jpg

エポレットが無いだけでM-65に見えないのが良い。

見た目よりはるかに軽いです。

DSC_0010_201611071519086ff.jpg

フロントはフルスナップ仕様に改造済み。

これ着ちゃうと普通の着れないので昨年までに

持ち込みで何枚を加工したか覚えていません。

持ち込みは10,800円ですが当店でM-65の購入と同じタイミングでしたら

8,640円にして加工、納品いたします。

DSC_0020_2016110715190616c.jpg

ウッドランドに黒のスナップが合う。

最小限の違和感で最大限の威力を発揮します。

DSC_0012_2016110715190776b.jpg

袖先のスナップも今年だけで何枚やったことか。

当店が発信する完全オリジナルのM-65をご堪能ください。

DSC_0140_201611071526010ea.jpg

これをさらに進化されることも出来ます!

縫い込みコブラと縫い込み特技兵です。

DSC_0152_20161107152600487.jpg

縫込みコブラパッチ M-65かユーティリティシャツに

DSC_0144_20161107152601403.jpg

縫込み特技兵パッチ M-65かユーティリティシャツに

DSC_0161_201611071525585c8.jpg

テープで付けてるだけですが縫い付けて納品いたします。


とここまでが今年のM-65カスタムの紹介です。

最後にこのM65に取り付けるインナーを。

DSC_0162_2016110715294112d.jpg

80S USA M-65フィールドJKT用 ライニング DS

近年、セレクトショップなどでも単品で着てくださいと言って

意外と見つからなくて困ってるのに価格の高騰が始まってるM-65ライニング。

DSC_0184_20161107152941e94.jpg

デットストックで入手したのでこのタイミングで合わせて販売。

XSはM-65のXSかSサイズ用  SはM-65のSかMサイズ用です。


ご存知の方も多いと思いますがM-65のインナーは縫製も悪いし、

デットでも汚れ、糸切れ、小穴等があるので無傷の綺麗な物から納品します。

小穴が手縫いで直されてる物もあるので気になる物には

小さめのミリタリーパッチを縫い付けて納品します。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


気になる事がありましたらお電話いただければご説明します。

2016..07 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/2496-9608f67c

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -