ラングリッツレザーズ 50周年記念 コロンビア 値下げ

今の考え方では世界で一番のライダースはラングリッツ。

次元が違いますね。


レザーの修理はいつも外注でお願いするのですが

興味があるので60年代のキャスケードを自分で直しています。

初めてラングリッツの中を見ましたが素晴らしい箇所の1つが

何で素晴らしいのかを理解しました。


カッティングと縫製だけでなく、

アイデアも詰め込まれているから素晴らしいんですね。


からのライダースの話。

USED加工や軽くて着やすい物が最近では主流ですが

数年間着込んで自分の形になっていく

昔ながらのスタイルの方が個人的には好きです。


週末だけしか着れない方だと馴染むのに何年かかるんだと

着るのをやめてしまうかもしれませんね。


ジーンズをまっ紺から穿いて馴染ませるのと、

USED加工を選ぶのと同じような事がライダースに起こってると言うのは

ライダース好きとしては少し残念です。


時代の流れと言うものはどの分野でも必ずあるのですが

昔の人が考えて作り出した物には理由があって

今の人は見た目ばかり考えてるから中身が無い事が多い。


昔の物を見て考えさせられる事があるんだから同じように

現代作られた物が数十年後に我々が感じたような事を思ってもらえるような

素晴らしい物を作らないといけないと思っております。


と言う事でラングリッツに戻ります。

DSC_0273_201612061247016bd.jpg

LANGLITZ LEATHERS 「COLOMBIA」 50周年記念タグ

20年前の革質が素晴らしいバキバキのコロンビア値下げです。

151,200→129,600円と2万円もです!

DSC_0277_20161206124701934.jpg

このレベルの写真でもわかると思いますがレザーがすごい。

ミディアムウエイトの黒は着込んで馴染んだ時のバランスが素晴らしい。

DSC_0288_201612061246598ff.jpg

いわゆるアメリカンライダースですが見ただけでラングリッツと分かるのは

デザインと革質とオーラでしょう。

DSC_0283_20161206124700305.jpg

パーツは現行品にはタロンの現行が付きますがオールドモデルは

古いジッパーが使われれいるので雰囲気が違いますね。

DSC_0292_20161206124658c3d.jpg

オールドも現行も着ていますがオールドモデルの方が

レザーの質も違うし雰囲気の出かたが別格。

元モデルも20年後にはそう思えるんでしょうがさらにすごくなってるから

追いつけないでしょうね。

DSC_0299_2016120612474686e.jpg

スコービルのブラスは変色して良い感じ。

この時代はメインがスコービルでそれ以外はタロンが多い。

メインもタロンは80年代のモデルで見ますがディテールの違い探しも面白い。

DSC_0303_201612061247454fc.jpg

何度か書いてますがラングリッツの凄さはこのバックスタイル。

袖〜背中のヨーク〜袖のラインがつながります。

この美しさは多少でもミシンを使う人なら分かるでしょうが

とてつもない難しさです。

パターンの美しさもわかりますね。

DSC_0312_20161206124801d4b.jpg

アクションプリーツもすごい。

ショットは開いちゃうので好きではありませんがラングリッツは開かない。

袖下の作り込みとプリーツのバランスが抜群じゃないと

ここまでのレベルにはなりません。

DSC_0308.jpg

昔は嫌いだったサイドレース。

今は好物です。

若い頃には分からない実用性が今は痛いほど分かる。

DSC_0301_20161206124746166.jpg

見た目と実用性のバランスと言う作り方は

当店の目指すスタイルと同じです。

これをカスタムオーダーでもやるんだから次元は違いますが…

DSC_0296_2016120612474715f.jpg

50周年のタグ。

物のコンディションを見る時はタグを見ましょう。

傷んでたり、スレていればライダースでは特にですが

綺麗である可能性は極めて低いです。

このタグはピカピカです。


現行モデルが35万くらいですからオールドモデルで半値以下です。

ファーストオーナーではありませんがセカンドオーナーとして

長い年月をかけて自分のライダースに馴染ませてください。


ショッピングページ


確認お願いいたします。

2017..12 SALE comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/2529-b57597bd

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -