8周年記念アイテム「打込み」最終仕上げへ

5周年は「縫込み」の黒シャンシャツ。

6周年はユーティリティシャツをベースにした

「縫込み」のシャツとカバーオール。

7周年はデニムのC-Aで「縫込みの先へ」と

周年記念製作アイテムは上着で縫込みを進化させてきました。

確か4周年の夏場にカスタムジーンズ作った気がします。


この4年間には共通点があってベースが古い物である事。

501XXは50年代、黒シャンは50年代、ユーティリティは60年代、デニムのC-Aは40年代.

ユーティリティだけはそのままでも着れるコンディションでしたが

古くて価値はあるけでそのままでは着れない物の再生方法だった訳です。

DSC_0006_201702061443224dc.jpg

で、8周年は全く違う考え方。

もともと新品で修理の必要がない物をベースにした上着です。


一昨年くらいにちょっと改造品を作ろうと思って

アメリカから取り寄せたMADE IN USAのコットンC-A。

一番小さいサイズが42インチで無加工じゃ着れないとボツになってました。

DSC_0009_2017020614433953b.jpg

「縫込み」を施す物のほとんが修理の延長線上にあるので

新品に「縫込み」入れる必要なんてない。


どのようにしてうちらしさを出せば良いかを考えて「打込み」と名付けた

見せる為の「縫込み」が誕生します。


新品を加工した理由は多かれ少なかれ価値のある物を加工するのではなく、

言い方は悪いですが価値の無い物に価値を付ける事が出来るのかの挑戦でもあります。

DSC_0001_20170206144323d98.jpg

で、これが今年の8周年記念「打ちみ」C-A。

ほとんど完成ですがここから最終の最終作業に入ります。


42インチだったベースを38インチくらいにサイズダウン。

ポリ糸をほぼ全部抜いて、綿糸に入れ直してるので

着込んで行けばどの年代の服なのか全く分からないでしょう。

DSC_0021_20170206144321399.jpg

ホワイトにはスミ黒の糸をチョイス。

生地を織り機で織る時にセットした縦糸に横糸を打込んで行く感覚を

ミシンを踏みながら感じたので「打込み」と名付けました。

DSC_0013_2017020614432274b.jpg

ホワイトはボコボコ感が大きめに出て欲しいので

縦、横に縫い込んで行く密度を少し大きめにしてあります。


ポケットは密度が細かいのでコントラストは出たかと。

DSC_0078_20170206144320fbd.jpg

HBTは密度を出して元々の素材感とのバランスで

より特殊な素材感が出せました。

DSC_0072.jpg

HBTには濃紺の糸をチョイス。

構成するすべてのパーツに縦、横と縫い込んだ物は上着でもズボンでも初めて。


周年記念は1年間の技術、感性、感覚を形にする物なので

とてつもないエネルギーと時間がかかります。

昨年は1枚だけしか作りませんでしたが

今年はここまでで2枚がほぼ形になりました。

DSC_0060 (1)

まだ完成していないので販売方法と価格は完全には決めてませんが

昨年と同様に数日間は店頭販売のみにしようと思います。


販売予定価格は20万円前後の予定です。

安いか高いかは現物を見て判断してください。

DSC_0123_20170206152336eb6.jpg

予約、取り置き等はせずに対面販売したいと考えております。

数日後に店頭にあればショッピングページにも掲載予定です。


これには理由があります。

全く新しい事に挑戦してるのでどんな人が興味を持ってくれて、

どんな体型の人が着た時にどんな感じになるのかを

自分の目で見たい。


それと写真では作り手の思いが半分も伝わらないので

直接見ていただきたい。


構想は数ヶ月、準備と縫製だけでも1着に40時間以上かけて、

魂を縫い込んだと言っても過言ではない1着を

製作者の手からオーナーさんに直接渡したいんです。


ネットの進化でボタン一つで買い物が出来て、

気に入らなかったら返品する服の買い方とは違い、

作り手と買い手の感覚が合わないと成立しない買い方が

合っても良いと思います。


現物は店頭にありますので興味のある方は見に来てください。

2月中の週末に販売しようと考えていますので

完成したら告知します。


よろしくお願いいたします。

2017..06 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/2548-5702632c

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -