8周年の打込みC-A

昨日は土曜で祝日と言う事もあり、

多くの方にご来店いただきありがとうございました。


ジーンズの修理屋ですからジーンズ修理の依頼がメインですが

カバーオールを見に来てくれる方も多くてびっくりしました。

DSC_0006_201702061443224dc.jpg

サイズ感はいわゆるMサイズくらいの感じにしたので

どんな体型の人が着るとどうなるかと言うイメージが少しできました。

DSC_0009_2017020614433953b.jpg

どっちの方が反応良いかとけっこう聞かれましたが

ほぼ同じでした。


衣類としてはこのカテゴリーのアイテムは存在しないので

本当に興味を持っていただいた方が気に入った方を着ていただければ

作り手としては嬉しいです。

DSC_0052_20170212122507c3f.jpg

今日は密度の話。

ホワイトとHBTで縫込みの密度を変えています。

写真だとホワイトに縫い込まれるスミ黒の糸があまり目立ちませんが

現物はそんな事ありません。

DSC_0055_20170212122506f17.jpg

見に着てくれた方の多くがホワイトが黒いと感じていました。

白い壁で白い上着を平面に撮影してるんだから

白くなって当たり前なんでしょうが技術がないので勘弁してください。

DSC_0065.jpg

元々の縫製が全てポリエステルの糸なのでほぼ抜いて

ステッチは綿糸に入れ替えています。

サイズダウンもしたのでどっちにしろほぼ縫い直したんですが

衿と見頃を中縫いしてる糸以外は綿糸です。

DSC_0068_201702121225046b9.jpg

全く目立ちませんがトリプルステッチ仕様。

3本針のミシンはないのでもちろん3回縫いました。

これは1年くらい着れば色抜けするので表情が変わります。

DSC_0114 (1)

HBTはホワイトよりも密度を上げました。

特徴的な織りなのでそこに埋め込むように高密度で縫込み。

DSC_0116_20170212122503146.jpg

ホワイトは大きく表情を出して、HBTは繊細な表情を出しました。

おおざっぱなアメリカ人と、目立たないけど芯がある日本人を

アメリカ製のカバーオールで表現できたかと。

DSC_0126 (1)

もちろんHBTもトリプルステッチ。

縫込みは濃紺でステッチは青系の紺なので

こちらも着込んで綿糸の色抜け出て来ると表情変わりますね。

DSC_0001_20170206144323d98.jpg

現物を見てくれた方はこの写真では全く質感、表情が伝わらない事を

分かってくれたので良かったです。

自分では現物の30%くらいだと思うのでお時間ある方は見に来てください。


販売は2/18 土曜日です。


2/16か17日には最終仕上げして、洗って、トートバックに入れて

ギャランティを付けて完成です。

それまではお店にあるのでお時間ある方はお越しください。

2017..12 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/2552-8cd62f5c

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 05
2017
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -