NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 501 E FULL CUSTOM 完成

この数日、告知しておりましたカスタムジーンズが完成しました。

1年間のギャランティ(無料修理保証)をつけて、

「DENIM GARAGE」のトートバックに入れてお渡しします。


販売は10/19 (木) 12時〜 初日は店頭販売のみ

ショッピングページへの更新は10/20 (金) 12時頃掲載予定

サイズ感は掲載後に電話で話せると良いと思っています。


主観ですがこれよりもすごいジーンズは無いと思います。

そう言うジーンズがうちのカスタムジーンズです。

DSC_0069_20171017172602fb9.jpg

機械オンチの私が天気も悪いのに

いつものオートではなく、マニュアル操作で撮ってみました。

挑戦です。

DSC_0071_2017101717260162a.jpg

写真の技術と才能はありませんので

現物の凄みが半分も表現できません…

この程度でも凄みが出てますので現物はこんなもんじゃ無いと言う事です。


洗いたてだとフラットなので2分くらい私が穿いて少し立体にしました。

DSC_0032 (2)

うちのカスタムジーンズの経緯としては

ボロくて、無知なリペアによって壊れた無残なジーンズを

着用できるように調整した事から始まります。


そうやって作り出した実験的なジーンズは

感度の高いアンテナを持つ「通」な方に好まれて作り出しました。

DSC_0033_20171017172345079.jpg

実験的な意味合いで修理では絶対に試せない新しい挑戦や

ひらめきを落とし込んで作る事が最初は楽しかった。


このコインポケットを見てください。

LevisなのにLeeみたいにしてあります。

正確に言えばLee型でもありません。


これには長く着用するのに大きな意味合いがありますが

理由はここでは書きません。

オーナーさんが興味がある場合のみ聞いてください。

DSC_0035 (1)

何度も書いてますがこのジーンズは3年前から作りだしたやりかけ。

カスタムジーンズの製作を前期、中期、後期と分けた時に

後期はもはや縫込みがエスカレートして作っただけなので

作る面白さは半減していきます。

DSC_0042_20171017172325313.jpg

とは言え、

物としての完成度も高いし、縫製も安定してるしすごくちゃんとしてる。

逆に言えばちゃんとしてるから初期の頃の不安定な危なっかしい感じがない。

でも初期、中期よりもはるかに出来る事が増えてるので

物の凄みはすごくあります。

DSC_0044 (1)

このジーンズを作り出した時は

初期や中期のように「修理の延長線上にあるカスタムジーンズ」を

作りたいと思ってやりだした。

DSC_0045_20171017172322bd3.jpg

が、超多忙な私にこれを作る時間も余裕も無い。

2年前の移転もあって一度はやりかけのまま封印。

DSC_0053_20171017172518049.jpg

今年に入って封印を一度は解くも、忙しすぎてまた封印。

その封印を解いたのは久々に製作意欲が出てきたので

仕上げまでたどり着けた訳です。

DSC_0056_20171017172518ce6.jpg

初期は手を入れていない部分が多いので今でいうライトカスタム。

中期から全張りとなりまして、後期にはほぼ全ての部分に

縫込みによる補強が入るようになります。

DSC_0058_20171017172517945.jpg

このジーンズは修理の延長線です。

初期、中期の空気感を後期の技術力で仕上げました。

これは私にしか分からない事なので穿く人は特に気にしなくて良いです。

DSC_0062_20171017172516f12.jpg

このジーンズには私以外の人が昔に施した修理のせいで

壊れて、直してを繰り返しています。

今作はベースの空気感を残そうと思って3年前に準備だけしていました。

DSC_0064_20171017172515f00.jpg

これもオーナーさんにしか分からない事ですが

洗濯すると濡れてる状態で私が入れたミシンと「もともと」入っていた

意図的に残した前の修理がわかります。

DSC_0050_20171017172519b26.jpg

エンジニアブーツに合うように作りました。

裾もかっこいいですね。

DSC_0076_201710171726005a0.jpg

手抜きなし。

バックポケットは中期の空気感でサークル入り。

この空気感には我ながら惚れ惚れします。

DSC_0079_20171017172559899.jpg

ボロく見えるように仕上げていますので

ボソボソしてる部分があります。

見た目のボロいジーンズとただボロい無知なジーンズは全くの別物です。

フルカスタムを穿いた方にしか分からないでしょうけどね。

DSC_0081_20171017172558879.jpg

見れば見るほど色が浮かび上がってくる。

吸い込まれないように気をつけてください。

DSC_0083_20171017172641396.jpg

ものすごい雰囲気のブーツでも歯が立たないでしょう。

DSC_0085_201710171726408ea.jpg

穿き心地が悪そうに見えますが全体のバランスによって

見た目よりもはるかに穿きやすい。

20オンスのジーンズよりぜんぜん良いです。

DSC_0088_201710171726390d0.jpg

何色使ってるか自分でもわかりません。

暇な人は数えてください。

多分ハズレです。

DSC_0090_201710171726389cd.jpg

左より右は縫ってます。

これは右利きで右のポケットに財布を入れる人が多いから。

それ以上の説明に興味があればオーナーさんは聞いてください。

DSC_0093_20171017172637808.jpg

裾は左右でなんとなく変えてます。

これも何色使ってるかわかんないですね。

DSC_0095_2017101717263623d.jpg

ウエストに「3年」と書かれたタグを付けて完成。

作りたいと思って作った、自分で穿きたいジーンズ。

DSC_0069_20171017172602fb9.jpg

売れる事を一番に考えていない、

作り手が作りたいジーンズを作りました。

DSC_0071_2017101717260162a.jpg

ビンテージという言葉に逃げない技術の結晶を

魂を込めて縫込みました。

これを見て欲しいと思った方はぜひ、現物を見てください。


発売は休み明けの木曜日。

オープン時間の12時からで先着1名様のみ。


現在、フルカスタム系オーダーは受けていませんので

過去のやりかけを作る以外ないのですが

他のやりかけはバラしただけなので無しとお考えください。


ショッピングページに実寸を掲載しておきます。

現物見て、穿いて、サイズが合う方に穿いていただければ幸いです。

2017..17 カスタムジーンズ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/2700-ea41c6e1

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 07
2019
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -