LANGLITZ LEATHERS 直し屋的カスタム

ポートランドの風として紹介してるラングリッツやウエスコ。

スケーボーの街であり、物作りの街であり、地産地消の街。


自然が豊かで妻が山形みたいだと言った。

シベールの工場の辺なんかは ほぼポートランド。

ダウンタウンからウエスコのファクトリーへの道で

妻が山形みたいと言った意味がわかります。


ポートランドには最低でも数十万円と1週間の休みが必要ですが

山形なら2日でも十分楽しめるので興味のある方は行ってみてください。

必要経費は3割以下ですから山形最高です。


ポートランドには雨季があるアメリカ最も自殺率の高い街。

室内にいる時間が長いから物作りが栄えたように思います。

DSC_0006_201902211319212b0.jpg

で、このライダースをいじるか悩んでいました。

最初からやりたかったんですがノーマルで抜群にかっこいいので

そのまま欲しい方がいればと思って感情は無視してましたが

加工した物が欲しいと言われたので取り置き中の状態で加工に入りました。


さすがに失敗の許されない作業は集中したい。

お客さんいる状態ではやりたくないので店閉めてから作業。

DSC_0052_20190331144200601.jpg

何したかは明確ですね。

キャスケードは本当にかっこいいが難点がある。

ウエストに向かって絞られてるからジッパーへの負担も大きいし、

着丈の長いモデルが欲しい場合は前を閉めないと割り切らないと買えない。


このスナップ仕様のカスタムはラングリッツの裏カスタムとして存在します。

現物見た事はありませんので200枚に1枚もないでしょう。


私は2枚目のオーダー品にスナップを採用してます。

これにはジッパーすらありませんし、基本的には作ってくれません。

日本からわざわざ行ったのと、英語の仕様書による熱意で作ってくれましたが

届いた物は仕様書と全く違いレザーシャツ…

そのショックって言ったら心が完全に折れたもんです。


そこからは写真とメールのやり取りで作り直してくれたのも

今となっては良い思い出。

裏地が分厚すぎて着にくいので日本で裏地交換してもらって着ようと思っています。

物作りとは勉強以外の何でもありません。

DSC_0059_201903311441594db.jpg

そのマイナスをプラスに変える方法としてジッパー脇にスナップを配置する。

これは視覚的なかっこよさと、真ん中2つか3つ止めれば

着丈が長くても前が止めれるって利点です。

DSC_0062_201903311441589ec.jpg

この加工にはプラスしかないと思います。

しいて言えばやらなければよかったと思った場合、

戻せない事です。

DSC_0064_20190331144158b4a.jpg

と言っても全てが完璧な物はないから

何を優先させるかだけです。


日本シリーズのセリーグ球場の場合、

打撃優先でデスパイネをレフトに入れるか代打で使うかみたいなもんです。

DHなんてルールはライダースに存在しません。

これは昨年の日本シリーズでもありましたが賛否のある諸刃の剣。


それと日本シリーズでソフトバンクと戦う場合、

柳田とはまともに勝負しません。

4連勝は無いでしょうから5戦は戦いますので基本ほぼボール球。

ノーコンは対戦させれません。


しびれを切らせて手を出してくれるまでファーボールで良い。

ランナーがいた場合は勝負しない。

ただし足も早いのでノーアウトで盗塁されるときついんだよなあ。

セリーグのキャッチャーで考えたら小林がいちばんの強肩だから

今年は我が悪しき巨人軍とソフトバンクの戦いが見たい。


それは分かってても左右、高低、緩急で何とか押さえてみたい。

これぞ野球の醍醐味です。


これはスナップとは別の話ですね…

DSC_0065_2019033114415781b.jpg

欠品だったジッパープルはラングリッツのオリジナルを入手したので移植。

このライダースはもちもちよりはムチムチ。

欠点だけを紹介したライダースでしたがそれ以外は抜群なんです。

DSC_0067_20190331144500cc8.jpg

加工したスナップを使ってるので無加工品よりはマシですが

時間かけて馴染むのを待ってください。

もう少しスナップの中古加工がうまくなれば良いのですが

そこも含めてサンプルとして作らせてもらいました。

今、加工してるスナップはもう少しマシだと思っていますが

金属加工業ではないのでバラつくし、

知識が無いのでこれまた実験あるのみです。


オーナーさん候補が気に入らなければ販売用にします。

DSC_0069_201903311445005b3.jpg

基本ラインはジッパーと並行させます。

もう少しゆるくしたい場合は真ん中の3個か2個の脇に

1インチずらしてスナップを追加。

ツイントラックなのか、トリプルトラックになるので

ここは現物あわせの調整が必要です。

DSC_0071_201903311444593b3.jpg

ほとんどの場合はこの状態で着れると思いますが

インナーの枚数で着れる時期を伸ばしたい方は足しも有りです。

DSC_0052_20190331144200601.jpg

これがスナップカスタムの基本型。

当店でキャスケード買ってくれてる方はほとんど前を閉めてない。

これを見てやって欲しいと思ったら持って来てください。

通販でお買い求めいただいた方でももちろん対応いたします。

電話してから送ってください。


使える足長スナップはゴールドとブラック。

シルバーもありますが似合わなそうなのでたぶん使わないかな。


ブラックにしたい場合は衿と裾の元からあるモデルは

スナップを抜いて、打ち直しの必要があります。


打つのもですが、外す方がはるかに大変。

失敗したらごめんなさいと言っても弁償できない1点物なので

寛大なうちのお客さん達からやりたいと思います。

DSC_0076_20190331152748e2b.jpg

そんなタイミングで販売用のキャスケード入荷。

90Sで40インチのバキバキです。

最初からカスタムして売るか悩み中…

これならゴールドですがスナップを抜いてブラックにしても良い。

興味のある方は現物見に来てください。

DSC_0112_20190331153412cfb.jpg

それと特大のダークブラウン 衿つきキャスケードも準備中です。

オーダーですがたぶん52インチくらいあるので

ラングリッツは着れないと諦めてた方も見に来てください。

今年のラインナップすごすぎて申し訳ございません


キャスケードにはやる意味が大いにあるのでやっても良いと思ってますが、

コロンビアにはパーツが増えすぎるとうるさいからお勧めしません。


そう思っていましたが全然ありだなあ。

考えるだけでワクワクします。


ショッピングページ


販売中のコロンビアにもやりますので

お気軽にご相談ください。
2019..04 ライダース comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/3017-4bf5f9f2

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 07
2019
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -