デニムシャツJKT 製作日記 2

あれが1stです。

シンプルに作ってる感じが伝わります。


伝わりにくいってのがうちの物作りはポイントでもあるんですが、

デニムだし、何が行われてるかを見た瞬間に分かる仕様もありだなあ。


そう思って2nd製作に入ります。

デニムは同じままで、縫製をグレーから生成りに変更。

IMG_5434.jpg

ガラリと印象が変わりました。

シャツには見えない…


これぞシャツJKTです。

シャツとJKTの中間であり、どっちの要素も強い。


春、秋に最高です。

手ぶらで外出できちゃう男の上着。

IMG_5435.jpg

全体的に印象が変わりました。

ステッチの立ち方もですが、ラグランの入れ方も変えています。

IMG_5425.jpg

1stの感じも良かったんですが、

テイストは2ndを採用する事に決定します。


見比べるとぜんぜん雰囲気が違いますね。

ラグランの角度、流し方もイメージになっています。

IMG_5443.jpg

この辺は継続です。

好きなものを変える必要はない。

IMG_5441.jpg

1stは何度も洗ってますが

2ndは2回しか洗ってません。


なので色もまだまだ濃い。

皆さんも届いたら洗ってください。

IMG_5440.jpg

糸の色が変わるだけで印象が変わる。

この特大ポケットがすごいインパクトです。

IMG_5438.jpg

袖先の形が素晴らしい。

色落ちが楽しみだなあ。


って着たら洗うのでダサい色になりますが、

色落ちなんか気にしてるやつの方がダサい。

IMG_5442.jpg

細かい部分も目に見えるようになって

このシャツJKTのディテールが飛び出してきて面白い。

IMG_5445.jpg

もちろん背中は変更なし。

大きく生地を使う素晴らしい作り方。

IMG_5436.jpg

変更したラグランの作り方。

良くはなった。


良くはなった。

良くはなったんだけど、

やっぱり点で捉えてる。

IMG_5437.jpg

そうやって次の修正へ向かう。

ここしか主に変えていません。


写真ではわかりませんが2ndから肩のゆとりを増やした。

ラグランの作り方と、肩の大きさを変える事で

点が分散されて、面になればラッキーだと思って挑んだ2ndサンプル。


良くはなった。

でも、やっぱりクリアできなかった。



しょうがない。

3rdサンプルに向かいます。


チャコでチェックしてますが、

最初から考えてた最終手段に挑む。


これがダメならデニムシャツJKTはボツの可能性が大…

物作りのハードルは高い。


つづく


2021..02 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/3497-c091da22

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 07
2022
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -