デニムシャツJKT 製作日記 3

3rdサンプル。

これにてサンプル製作は終了となりました。


今回は1stのたたき台がシャンブレーだったので

そこに時間がかからなかった。


なのに1年以上かかりました。

コロナのタイミングで、修理の受付を辞めた。

新規の依頼が無い事で自分の時間で動けた。


これはものすごく必要な時間だと思いました。

頭使って、手を動かして、工場に伝えて、サンプル作る。

今までよりもはるかに集中できたのにこれだけの時間がかかった。


必要な時間だったと思います。

このサンプル見て無駄じゃなかったと思えた。


物作りに必要な事ってその時でぜんぜん違うけど

私には自由な時間が必要だったようです。

IMG_5446.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY デニムシャツJKT

渾身のストレートをど真ん中に。


その球は綺麗なまっすぐなのか、

ホームベース手前で伸びるのか、

そこから浮き上がるのか。

IMG_5447.jpg

私は基本的に力のあるストレートが投げれません。

コントロールも良くありません。


強い球もありませんが 「くせ球」 は投げます。

ツーシーム、フォーシーム、カットボール…


その球はシュート回転したり、落ちたり、曲がったり。

投げる球が毎回違います。


それでも自分の球に自信を持っています。

IMG_5448.jpg

でも自信はありません。


もはや意味不明な説明ですが

薬の類はやっていません。


販売までたどり着いたアイテムに自信ありますが、

才能はありません。

IMG_5459.jpg

才能の無さは頭と手を動かす事と、

圧倒的な作業量だけで積み重ねた。


努力というと違うかもですが、

経験を積む事だけで自分なりの感性を育てています。


18歳から2年間、服作りの勉強をして服の世界に飛び込みました。

メーカー、ブランド等で服作りの勉強はしていません。


修理屋としての勉強もしていません。

師匠もいませんので基本的には全てが独学です。

IMG_5458.jpg

教えてもらえれば最短ルートがあったと思いますが、

自分なりの道を進んでここにいます。


自分なりにはこれが最短ルートだったと思います。

20年でこれですからまだまだ成長できる。

IMG_5449.jpg

物作りとは名刺です。


自分がどんな人なのかって

この「物作り」を見ていただければ

説明不要だと思っています。


紙切れ1枚より情報量が多いから

この数年、ほぼ名刺なんて配っていません。

IMG_5450.jpg

自分の好きな物だけ作る。


自分で着る服作ってるんだから

コストダウンなんて考えない。


自分で作って、自分で着る。

「今」を皆さんにも愛用していただきたい。


物売りではなく、技術者だから本当に商売が下手です…

IMG_5451.jpg

ディテールに目がいきますが実用性を重視してます。

この袖もそうです。

IMG_5452.jpg

このカフス〜剣先のバランス。

ここは特に気に入ってます。


一番は筒袖だと思いますが、

この作りでそれはおかしいからシャツ袖で

一番良いと思う形を作りました。

IMG_5453.jpg

長ければここで折ってください。


デニムシャツJKTはシャンブレーをベースに、

シルエットから作り直してる別物です。


なんですが、

同じサイズで選んでいただいて大丈夫なように

サイズ感はほぼ合わせてます。

IMG_5454.jpg

少し袖丈を伸ばしてるので長ければ

こんな感じで着てください。


めくればそこから痛むので布が重なってる部分で折ると良いです。

こんな感じで着ると袖先のスレも遅くなります。

IMG_5455.jpg

この大きなポケットは

子供と出かける時に荷物入れが必要だと思い、

シャンブレーから採用したディテール。


こんな仕様はそもそも見た事ないので

何て呼ぶのか知りません。

IMG_5457.jpg

「脇から手を入れる大型ポケット」


返しもあるので物も落ちにくいし、

いろんな物を入れれるので非常に気に入ってる。

IMG_5456.jpg

ベンチレーションです。

それを菊穴でやるとクラシックな感じですね。

IMG_5460.jpg

このデニムシャツJKTの最大のポイントでもあり、

これだけの為に全ての時間を使ったと言っても良いラグランは

こんな感じになりました。

IMG_5461.jpg

なんて構造か説明できません。

名称もありません。


悩んで、もがいて、挑戦して、失敗して、

極論を形にした「前立てに流し込むラグラン」になりました。

IMG_5462.jpg

人真似でも、モノマネでも、再現でも、パクリでもありません。

完全なオリジナリティであり、産み出した構造。


点でなく、面で力を分散する。

これで壊れる→壊れない構造になりました。

IMG_5463.jpg

縫製箇所が少ないのもポイントです。

縫製箇所が少ない服ほど壊れません。


デニムのデッキパンツでそれを証明しています。

基本スタンスはそこなのでこれもそうです。


布を大きく使うとロスが出ます。

なので一般的には縫製箇所を増やしてでも、

布の無駄が少ないようにすればコストは下げれます。


そうやってハギの多い服ができます。

IMG_5468.jpg

ポリシー持って物作りしてる人は皆そうだと思いますが、

ハギの多い服なんてみっともない訳です。


売れる物は作ってません。

自分が着続ける服だけを作ってます。

IMG_5464.jpg

私はそこに強いこだわりを持っています。


なのでこの背中です。

縫製箇所が数えれます。


そこがこだわりです。

IMG_5465.jpg

ラグランのつなぎはこの衿後ろの1箇所だけ。


ラグランにも縫製箇所はありません。

肘当て、カフス以外に余計な縫製箇所がありません。

IMG_5466.jpg

これを見て「貧乏くさい」って思う人いないでしょ。

何かみたいだってバカにする人もいないでしょ。

だって何も真似してないから。

IMG_5467.jpg

しかし

めんどくせー服だなあ…


自分で構成して言うのもですが、

これを形にしてくれた工場の方には感謝しかありません。

IMG_5469.jpg

このくらい縫製が少なく、流れるような服を作る楽しさ、

ハギの少ない服を作る為にパターンの構成を考える。


コストなんか考えない物作りこそ当店の物作りです。

IMG_5471.jpg

自分で作ったシャンブレー。

これを作るのにすごく苦労したけど

IMG_5470.jpg

それをぶっ壊して、もう一度作り直す。

IMG_5429.jpg

予想より簡単な事はほとんどありません。

てか、ありません。

IMG_5430.jpg

角度と流れ。

それと戦う事1年。

IMG_5436.jpg

努力のほとんどは報われない。

IMG_5437.jpg

報われないには理由がある。

それをどうクリアするか?

IMG_5460.jpg

引き出しの多様性と、

思い切った舵きりしかない。

IMG_5461.jpg

原子力空母には乗ってません。

一人のりの手漕ぎ船しか持ってない。

IMG_5462.jpg

エンジンも積んでないからオールで漕ぎます。

IMG_5446.jpg

目的地が明確ならば手漕ぎで大丈夫。

何とか今回もゴールできました。

IMG_5464.jpg

それが売れるかは別の話ですけど…


これが 「今」 です。


このデニムシャツJKTで1つ階段を上ったと思いますので、

もう一段上がれるように日々、精進いたします。


ショッピングページ


長々とお付き合いありがとうございました。

興味を少しでも持っていただけたら買ってください。


よろしくお願いいたします。


2021..02 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/3498-8bd862fe

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 07
2022
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -