NAOSHIYA CUSTOM FACTORY ポプリンシャツ

以前から告知しておりましたが

直し屋初のミリタリーシャツを作っておりました。


3月は6ポケットベイカーパンツ。

4月がこのミリタリーシャツのスケジュールでしたが、

全体的に前倒しで制作アイテムが入荷してくれました。


これまでに数百枚のユーティリティシャツを

加工、販売してきた当店がオリジナル企画として

わざわざ作る訳ですからただのユーティリティではない。


アメリカ軍が採用したOG107と言う

素晴らしいコットン素材よりも良いコットンサテンは

現代では作る事ができません。


あの時代の広大な土地で作られる綿のレベルは

今作れませんのでコットンサテンは

もともと考えていませんでした。


構想だけで言えば何年だろう?

そのイメージに物作りの経験を重ねる事で

作れる物のレベルが格段に向上した自信がある今、

ついに形になった直し屋のユーティリティ発表です!!

IMG_3007.jpeg

何だこれ?


よーく見てください。

見た事があるような?無いような…


モノマネであり、モノマネではありません。

IMG_2969.jpeg

お好きな方なら何となく分かってきますかね。

これは民間の2nd風ユーティリティです。


素材はコットンサテンではなく、

ポプリンです。


アメリカ軍がベトナム戦争の初期に

亜熱帯地域用に採用したコットン素材です。


即乾、吸湿性に優れた素材なので

採用されたと想像できますが、難点もありました。


突き刺しに弱いのです。

亜熱帯では枝が多いのでどうしても穴が開く。


これにより短命に終わった素材こそがポプリンです。

ミリタリーマーケットでは初期モデルという事もあり、

非常に人気で高価で取引されています。


主にファティーグに使われていましたので

古着屋さんでも人気のアイテムですね。

IMG_2970.jpeg

私はそれに興味がありません。


好きなのは「TROOPER」社が作っていた民間の2ndです。

これはコットンサテンとポプリンの2種類があり、

厳密に言えばポリ混も以後に出ますのであくまでも

60年代の中ごろの話です。


このポプリンの2ndは昔から無い。

あってもボロいとか、穴はなくても生地や糸が死んでいたり、

デットが出てもSサイズしかない。


もう10年以上古着屋さんでは無いので知りませんでしたが

最近はあの頃の3倍くらいの価格で取引されてるようでして

はっきり言えば着れるのが入手でいないアイテムです。

IMG_2972.jpeg

それを今のユーティリティとして

基本型から全てオリジナル設計で具現化したのが

このポプリンシャツです。

IMG_2974.jpeg

そもそもこのコヨーテカラーは存在しません。


良いのです。

レプリカを作ってる訳では無いから。


あくまでも現代服を作っていますので

何の縛りもありません。

IMG_2975.jpeg

TROOPERの2ndがイメージでありながら

このシャツを作るのにそれを一度も見ていません。


何かを見て物を作ると、

どうしてもそれに寄せてしまいます。


それが無意識だとしても

モノマネ作ってる訳じゃ無いので

あくまでもイメージがそれなだけです。

IMG_2976.jpeg

1stサンプルはぜんぜん違う民間の2ndで特大の個体。

それをベースにサイズ感を作る作業から始めました。


悪くないサンプルができましたが、

民間の2nd特有の細めの袖が今の気分では無かった。


それをベースに2ndサンプルへと向かしますが

予想外の壁にぶち当たりました。

IMG_2977.jpeg

縮みです。


コットンは縮みます。

ある程度なんですが生地段階で

防縮は何かしらの調整がされています。

なので縮んでも許容範囲で形に出来る。

IMG_2978.jpeg

服は洗うと縮みが出ます。

それにより「パッカリング」と呼ばれる

引っ張りが出てきます。


これをヴィンテージ感だと呼んでる

素人のファッション屋さんでは無いので

技術屋としてはそれを許容範囲にして物作りをしたい。

IMG_2979.jpeg

このポプリンは軽い素材です。

それを量産用の綿糸ではなく、

一般的には流通していない綿糸で縫製しています。


その綿糸の縮みと、ポプリンの縮みのズレが

予想以上にパッカリングを出してしまった。


これにより

何か一手を打たないとダメだってなりました。

IMG_2980.jpeg

そこで思いついたのは生地洗い。


生地を洗って、縮ませてから縫製すれば

この必要以上を許容範囲に出来るのでは無いかと。

IMG_2981.jpeg

2ndサンプルは生地洗いが出来ると確認してから

細かい調整も含めて制作に入りました。

IMG_2982.jpeg

その2ndサンプルがこのオリーブです。

コヨーテは3rdサンプル。


見てもらってる個体と説明は逆ですが

サンプルの話だからどうでも良い。

IMG_2984.jpeg

この2ndで基本型は完成しました。

生地洗いで作った個体を洗濯してこの表情です。


正直、もう少し縮みのコントロールはしたかったのですが

たぶんこれ以上は他の事を犠牲にしないとでしたので

ここで打ち止めにしました。


満足してないのではありません。

ここまで出来たって感じです。

IMG_2987.jpeg

3rdと2ndでタグの付け方が違います。


1stは普通に付けてましたが

そう言えば初期のTROOPERって

衿にタグが入り込んでたと思い出してこうしました。


いわゆるファッション屋さんとの大きな違いは

サンプルをアレンジして服を作るんじゃなくて、

サンプルはあくまでも好きな物のイメージでしか無い。

IMG_2988.jpeg

無駄な作業に感じますが

たたき台を自分で作るところからやるので

たかがシャツ1枚の販売までに1年以上の時間が必要になる。


これが当店の物作りです。

IMG_2989.jpeg

なのでこの特徴的な胸ポケットも

官給品の2ndでもなければ、

イメージのTROOPERでも無い。


最初の眺めた1stサンプル作る前に見た

民間の2ndにそれを再構築してこうしました。

IMG_2990.jpeg

それに味付けのピスネームを

どこに付けるか調整してこの2ndはこうなりました。


私の物作りは計画性が無く、

頭の中に無数に散らばったアイデアを

サンプル作りながら点を線に繋げていく方法。


文字で無駄なお金と時間がかかるので

他の方には勧めれません…

IMG_2992.jpeg

筒袖って最高です。

ある程度の長さがあれば短く加工できるし、

基本的には気温でロールアップすれば良い。


これでコヨーテの3rdサンプル制作に入っていきます。


最後の最後までボタンは当時物オリジナルを

使おうと思っていました。


けっきょくは止めました。

形になれば我々よりもこの服は残ります。


でも、ボタンは割れます。

当時のボタンは今のボタンと材料の配合も違うし、

単純に強度面が今より悪い。


なので販売個体でもボタンが割れてる事は多い。

それをストックと交換しているので

そのマイナスを後世に委ねてはいけない。


私が生きていればストックあるので交換できます。

でもその先を考えて今回はやめました。


と言っても

当時の配合で現代作ったレプリカを採用。

ここがうちです。


いわゆるボタン屋さんのボタンでは

他の人にも出来ますが、

今回の特別なボタンは絶対に出来ませんから…

IMG_2994.jpeg

そこまで決まって最後の最後に高い壁にぶつかりました。


この写真はサンプルですので

ボタン付けもテストで行った付け方です。


まず、普通に付けると細めの糸になる。

それは嫌でアメリカ軍の付け方にしたい。


それは今のボタン付け屋さんでは無理だ。

そうなりました。


次に手縫いです。

工場でやってもらったすごい下手…


最悪、自分で全部付けるしか無いかと

絶望を感じていたら奇跡が起きました。


いつもはお願いしていないボタン付け屋さんで

持ってる機械であのつけ方が出来るかもしれない。


そうやってサンプル作ってもらって

多少の調整は必要でしたがやっとゴールを迎えることが出来ました。

IMG_3007.jpeg

生地洗いで生地代が30%上がったり、

ボタンの付け方と、ボタンホールの変更で

予想外のコストアップになったり…


当初のイメージした販売価格では無くなりましたが

サンプル製作費も、私が用意したボタン代も、糸代も

下代の計算には入れない事でこの販売価格にしました。


たかがシャツ。

こだわってるように見えないかもしれませんが

その奥に秘めたこだわりの塊です。


どこに出しても恥ずかしくない物作り。

価格以上の満足感を保証いたします。


そしてこの企画には続きがあります。


続く。


2022..15 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://naoshiyaberberjin.blog16.fc2.com/tb.php/3798-4d74b6a1

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月別アーカイブ

date

<< 07
2022
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -