NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型 A-2 DECK MOD

昨年の末に販売した新型A-2DECK MOD。

初日で完売となったアイテムを少しだけですが製作中です。


数枚ですが完成品から販売していくので

今回はショッピングページに先行で出しました!

DSC_0100_201801181448497a8.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型 A-2 DECK MOD SMALL

近年、価格の高騰が止まらないA-2デッキの貴重なSサイズ。

DSC_0133_20180118144948096.jpg

ノーマルはただ野暮ったいので作業着感が強いのですが

野暮ったさを残してうちらしい空気感に落とし込みました。

DSC_0105_20180118144848401.jpg

大人のA-2デッキ。

1着作るのにとてつもない手間と時間がかかりますし、

長く付き合えるベースしか使わないので作れる枚数は本当にわずか。

DSC_0111_20180118144847e78.jpg

最大の特徴はこのポケット。

オリジナル設計のマチ付きポケットにジッパーがポイント。

DSC_0108_20180118144848fe3.jpg

今作はジッパープルを作らないて当時物コンマーを特注レールに移植。

DSC_0110 (1)

主張しすぎないポケットとタグのバランス。

DSC_0127_20180118144935d4c.jpg

フロントに小穴が少しありますがこのくらいは問題ないでしょう。

DSC_0123_2018011814493540b.jpg

YKKジッパーを当時物スコービルに交換してジッパープル装着。

この時代のA-2に使われてるYKKジッパーはレールの精度が低いので

YKKスライダーでも滑りが硬い。

DSC_0121_20180118144936a4e.jpg

上げる時に少し上めに上げれば問題ないんですが

慣れてない人だと硬さを感じると思います。

DSC_0118 (1)

ウエストにはM-65のエポレットをベースに再構築したベルト。

DSC_0120_201801181449378bb.jpg

今作から少し小さくして主張をしすぎないようにしたのと、

このサイズの方がウエストベルトに打ち込むスナップの位置が

良い位置にできたので年末に販売した物とは少し形状が違います。

DSC_0115_20180118144846d1d.jpg

袖先は初期仕様のロールアップと使えるのにネイビーの二段リブに交換。

グリーンとネイビーのバランスがすごく良い。

DSC_0130_201801181449347e5.jpg

サイズは貴重なSサイズでタグも見ればコンディションも伝わりますね。

DSC_0100_201801181448497a8.jpg

パーツ代だけでボディよりもお金をかけて本気で作り込んだ

最強のA-2デッキをご堪能ください。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


次はMサイズを作ってるので早ければ週末くらいかと。


2018..18 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「501 66 FULL CUSTOM」

本日で年内の営業は終了となります。

ご来店予定の方は年末年始のスケージュルを

確認お願いいたします。

28日 (木) 通常営業
29日 (金) 休み
30日 (土) 休み 
31日 (日) 休み
1日  (月) 休み
2日  (火) 休み
3日  (水) 休み 
4日  (木) 通常営業



今年最後のブログは数年前にオーダーいただいたカスタムジーンズ。

数年前のオーダー品がまだ作れていないので

現在、カスタムジーンズのオーダー製作はしておりません。


今のところ来年もオーダーを受ける予定はありませんので

売り物以外に興味のない方は長文なので読まない方が良いです。

DSC_0042_20171226151518549.jpg

このジーンズは数年前のオーダーで完全にお任せ。

オーダー製作の難しいところはオーナーさんの体型が決まってるところ。

これだけの量を縫込むとレングスが約5センチは詰まりますので

ジャストで作ってしまうとツンツルテンになっちゃいますから

色んな調整が必要になる訳です。

DSC_0054_20171226151517770.jpg

うちのカスタムジーンズは古い501をベースに作り込んでいくので

すでにキズ、大きなダメージ、歪み等があります。


壊れ方をチェックしながら目立つ部分、目立たない部分、

目立たせない部分を調整して骨格を作っていきます。

DSC_0059_20171226151516ffe.jpg

自分の中でいらないパーツは外します。

コインポケットのリベットは残す時と残さない時がありますが

501XXの場合は隠しリベットを外してゴミ箱に投げ込みます。

DSC_0063_20171226151516d01.jpg

私の作るカスタムジーンズは同レベルの物を作るのに

私以上の時間がかかるので偽物を作る人もいないでしょう。

DSC_0067_20171226151515bcb.jpg

そもそも同レベルの偽物が作れるような技術と感覚を持ってる人は

いないので私にしか作れないジーンズだと自負しております。

DSC_0070_20171226151514755.jpg

このジーンズは中期頃の作り方を後期の方法でまとめたミックスっぽい仕上げ。

あくまでも自分の中での作り方なので私しかわかりません。

DSC_0072_20171226151600a6a.jpg

贅沢にも66の当て布が501XX。

昔の人なら66が壊れたら古い方のジーンズを部品にするでしょうから

修理の延長から生まれたうちのカスタムジーンズは

修理屋の作るジーンズなんです。

DSC_0073_201712261515598d3.jpg

裾はロールアップした時に良い感じになるように仕上げました。

ブーツよりもスニーカーの方が着用頻度の多いオーナーさんに合わせた仕様です。

DSC_0078_201712261515598e0.jpg

初期は部分的な作り込み、中期はほとんどに補強を入れ、

後期はほぼバラして全補強を入れるようになりました。


見た目の変化もあるんですがこのジーンズはほぼバラ。

ベルトループは全補強を入れて全てのボタンは補強入れて、打ち直し。

DSC_0085_20171226151558b3c.jpg

フロントポケットの中も全補強入れてるので普通にポケットも使えます。

ノーマルのジーンズと比べれば特殊な穿き心地になりますが

全体のバランスを考えて作ってるので一度穿いてしまうと病みつきです。

DSC_0088_2017122615155724e.jpg

このジーンズの製作で最も大変だったのは左右のモモ〜ヒザに

かなり大きな穴が3個あってそれをどうするか。

DSC_0090_20171226151557008.jpg

目立たせる部分、目立たない部分、目立たせない部分の作り方で

全く見た目が変わるので最初から最大の壁との戦いだった訳です。

DSC_0092_20171226151639865.jpg

こちらも501XXのデニムを入れてます。

モモとヒザに濃いデニムを入れると「うるさく」なりすぎるので

その辺の調整が修理脳だと出来ない。

DSC_0093_20171226151638882.jpg

常にカスタムジーンズのやりかけを考えながら日々の作業をしないと

このクラスは作れないんですが修理が忙しすぎてこの数年は並行して作れず。

なので3年前のオーダーがまだ残ってる訳です。

DSC_0104_20171226151637054.jpg

ダメージがすごくて、変なリペアだらけの

どうしょうもないジーンズの修理から生まれた当店のカスタムジーンズ。

DSC_0108_201712261516372e1.jpg

その作り方では作れないのが今回のベースみたいに

キズ以外は全く補強すら入らないようなジーンズ。

DSC_0111_20171226151636cdb.jpg

壊して、直して、補強してみたいにして作り込む時もありますが

今回はやりすぎないように作りました。

DSC_0115_20171226151635aeb.jpg

たまにやるんですがポケットには黒の綿糸を詰め込んで

修理と、補強と、目立たせる縫込みなんかも入れてまとめました。

DSC_0119_20171226151704e84.jpg

今が良いのは当たり前なんですが

穿き込んで表情が出てくるイメージで作ってるので

今が一番良くない状態です。

DSC_0123_20171226151704c05.jpg

パッと見ただけで誰が作ったか分かる物ってほとんど無い。

私はそういうギアが作りたいと思ってます。

DSC_0042_20171226151518549.jpg

現物はこんなもんじゃありません。

下手な写真では伝わりませんがオーナーさんが喜んでくれればそれで良い。

DSC_0104_20171226151637054.jpg

たぶんオーナーさんよりも長生きすると思いますので

何も気にしないで日常着として楽しんでいただければ幸いです。


今年最後のカスタムジーンズはこれにて終了。

11月、12月とフルカスタムを連続で製作したのは初めてかな。

我ながら良くやったと思います。


本当はパナさんの501XXも間に合えばでしたが

完全なるオーバーワークでも間に合わなかったので年明けから再開し、

修理しながら古株のオーダージーンズに入っていこうと思います。


最後にはなりますが今年も本当にありがとうございました。


ジーンズの修理屋としての骨格を一生懸命やりながら

新しい物作りに挑戦できるのも応援してくれる皆様のおかげでしかありません。


来年も物好きのおじさんたちに好んでいただけるような

面白いお店に出来るように色々と準備してますので

楽しみにしててください。


来年もよろしくお願いいたします。



2017..28 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment1 trackback0

新型A-2DECK MOD 完売

昨日から販売を開始した新型A-2DECK MODは

嬉しい事に3枚とも巣立ちました。

DSC_0053_20171214151612b45.jpg

Sサイズは1枚しかありませんでしたが欲しい方が多かったので

ボディの確保ができたら製作しようと思います。

DSC_0063_20171214151612741.jpg

とは言ってもMサイズも欲しいと声をかけてもらっています。

オーダー製作するほどボディの確保と製作する余裕がないので

作れたら作るような感じでやろうと思います。

DSC_0004_20171214144440373.jpg

こういう味のあるボディは面白かったなあ。

DSC_0004_20171210123018783.jpg

83S COLD WEATHER INPERMEABLE JKT Sサイズ デットストック

HOLDでしたがサイズが合わなかったので販売に戻ります。

風の強い日はA-2だと寒いので

こう言う防風性の高いアウターが良いと思います。


デットだとハリが強いので洗って馴染ませてから着るのも有りですね。

洗濯してから納品希望の方は当店で普通に洗って、

乾かしてから納品しますのでお届け希望日があれば

2、3日後に合わせて指定してください。

DSC_0163_2017112318112176f.jpg

ちょっと落ち着いた新型WAFFLEですが金曜の夜から昨日にかけて

かなりの枚数が動きましてほぼ完売となりました。

ブラックS、M以外は当店ではご用意できませんので

取扱店舗さんのストックをご確認いただければと思います。

EAST VILLAGE OTER

Legrow

Little Bastard

当店のストックはショッピングページ


確認お願いいたします。


2017..17 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

新型A-2DECK JKT ショッピングページ先行販売

今年の新年第一弾アイテムとして少しだけ製作した

「新型A-2DECK MOD」を製作しました。


長く付き合えそうなベースの確保が難しくなってきた事、

とにかく手間がかかるので枚数が作れないと言う事もありますので

年間数枚しか作る事の出来ないアイテムです。


とりあえず3枚しか作れませんでした。

今日、紹介するアイテムはショッピングページ先行販売です!


もう2枚は明日から店頭販売します。

その2枚は週末は店頭販売のみで

月曜日にショッピングページへ掲載いたします。

DSC_0004_20171214144440373.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 新型 A-2 DECK MOD MEDIUM

このペイントも強烈な1枚はショッピングページ先行販売です!

もちろん明日から店頭販売もいたしますが

サイズの分かる方は通販を優先します。

DSC_0009_20171214144440cc6.jpg

フライトジャケットの空気感をA-2デッキに落とし込んだ

超変化球ですがとんでもない完成度です。

むちゃくちゃカッコイイですね。

DSC_0014_201712141444394de.jpg

名前が落書きみたいで良い感じ。

こう言う1点物の個性を生かすのがワンオフの面白さです。

DSC_0017 (1)

右の胸ポケを左胸に移植してますが

別のA-2に付いてるやつをつける事でクレイジー仕様に。

カンヌキもポイントです。

DSC_0027_2017121414451520a.jpg

最大の特徴はこのポケット。

完成度が高すぎて美しいと感じてしまうレベルです。

DSC_0023_2017121414443756f.jpg

コンマーのオリジナルスライダーをレプリカのテープに移植したハイブリット。

そこに付くジッパープルはオリジナルと同寸法を

60Sブルックスのレザーパンツを材料に切り出して、

綿糸でつい付けたワンオフ。

DSC_0028_2017121414451520c.jpg

タグを外に付ける事は少ないのですが全体を引き締める為に付けました。

ポケットは別のA-2をパーツにしたので1着作るのに1着では作れません。

犠牲になるA-2とアルミジップのM-65にも感謝せねばなりません。

DSC_0032_201712141445142e4.jpg

裾のパーツはM-65のエポレットをバラして、小さくして作り直し。

そこに打ち込むグリーンのボタンは70SのDOTデットストックを使いました。

DSC_0034_2017121414451303e.jpg

このパーツはアメリカ企画の中でも少しサイズが違うので

調整と実用性でワッシャーを入れています。

こう言う細かい部分へのこだわりが生み出す「違い」が当店の個性だと思います。

DSC_0036_2017121414451374a.jpg

フロントはYKKでしたのでスライダーを胸と同じコンマーを移植し、

グリーンのコットンジッパープルを付けました。

DSC_0039_201712141445129a9.jpg

言われても分からないような細かいパーツへのこだわり。

これは豊富なストックと組み合わせ可能なパーツが頭に入ってるから出来る技です。

これは年月をかけて得た経験からしか得る事が出来ないでしょう。

DSC_0050_2017121414453504e.jpg

もっと安いリブ使えば良いのにデッキ用のウール二段リブ。

袖先ロールアップの初期型仕様へ。


お気付きの方もいると思いますが付属品、付属パーツ、ジッパー、リブ等を考えると

すでにプレーンなA-2デッキを1枚買うよりもお金がかかっています…

DSC_0021_201712141444383d1.jpg

袖にはアイロンプリント。

これはウチで打った訳ではなく当時の加工です。

DSC_0041_2017121414453707c.jpg

背中にはステンシル。

無いよりはあった方が嬉しいですね。

むしろ好きです。

DSC_0044_20171214144536b84.jpg

そこそこ集めたA-2ですがここまで大掛かりな加工をして

長く着用していただけそうなベースと考えたら半分も使えませんでした。


古着屋さんでは普通に販売されてるレベルでも

どうせここまで加工するならそれなりのコンディションしか使えないんですよね。

DSC_0004_20171214144440373.jpg

そう聞いてもう一度見てください。

最高にかっこいいと思った方は「通」です。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


最初に書きましたが明日12/16〜17日は店頭販売のみで

下記の2枚を店頭へ出します。

DSC_0053_20171214151612b45.jpg

クレイジー×クレイジーのSサイズ

元から生地がバラバラのクレイジーでポケットもクレイジー。

写真では伝わりにくいんですがかなり強烈です。

DSC_0063_20171214151612741.jpg

コンディションのかなり良いMサイズ

綺麗でバランス良くて大人のミリタリーって感じです。


この2枚はどんなアイテムか見た事ない方がほとんどなので

現物を見ていただきたいって事で2日間だけは店頭販売のみといたします。


もちろんショッピングページ先行も現物見て、お買い求めいただけます。


興味のある方は是非とも店頭にお越しください!

2017..15 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

新型WAFFLEの在庫状況

自分で毎日着たいサーマルを作ったのが「新型WAFFLE」

1シーズン分のまとめ作りだったので

かなり恐怖感を持って製作しましたが大好評で嬉しいです。

DSC_0100_201711231810589ae.jpg

店頭とショッピングページ分でストックを別にしておりましたが

スカスカになってしまったので現在は共有としています。

当店で完売となってるサイズは取扱店舗さんで確認お願いいたします。

DSC_0107_20171123181058fde.jpg

EAST VILLAGE OTER ホワイトM,Lのみ

Legrow ホワイトM ネイビーM ブラックMのみ

Little Bastard ホワイトS,M ネイビー3サイズ ブラックS,M


これが現段階での3店舗さんの在庫状況です。

お近くの方は是非とも現物を手に取ってください。

DSC_0117_20171123181056139.jpg

ネイビーはうちの看板かな。

DSC_0118_201711231810550d4.jpg

今回はホワイトが一番の押しです。

DSC_0120_20171123181055190.jpg

ブラックは汚れも目立たないしシュッとした感じが好き。

DSC_0163_2017112318112176f.jpg

どれかとは言えない。

全色自分で着たいから作りました。

だからどれもオススメです。


もうこれ以外のサーマルは着なくなると思いますので

手持ちのサーマルは年末の大掃除かレザーアイテムのメンテナンスに使ってください。


ショッピングページ


明日は水曜定休日。

ちょっと書いてたカスタムジーンズは無事オーナーさんに巣立ちました。

抜群に良かったので作って良かったなあ。

2年以上お待ちいただいたオーダージーンズは近いうちに紹介します。

2017..12 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 02
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -