NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 1stユーティリティカスタムの新作

今日は大きめのユーティリティを出そうとしたら衿に傷が…

うちで出すコンディションでは無いって事で

縫込み入れないとだなあ。


早々に仕事が増えましたが他のアイテムは問題ないので

ユーティリティ3枚とカスタムの新作を2枚を

ショッピングページに掲載しました。

DSC_0142.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「1st ユーティリティ ブルゾン」

最近、ブルゾンと言えばブルゾンちえみさんですが

ちょっと前まではおじさん上着の代名詞的な言葉。

DSC_0134_20170528131133464.jpg

私は着丈が短めの上着をまとめてブルゾンと言ってるので

これを見てブルゾンという人は少ないかもしれません。

このブルゾンスタイルのユーティリティかっこいいです。

DSC_0144_20170528131131d4a.jpg

袖はちょっと長かったのでちょっとだけ短くしました。

元々の色落ちをわざと内側にくるようにして

ロールアップした時に味気なくならないようにしました。

DSC_0148_201705281311303e2.jpg

最大の特徴はパチポケ。

ペンキ汚れのあるコットンサテンを使って製作した

オリジナルスタイルのポケットです。

DSC_0154 (1)

付根には丸の補強。

機能美ですね。

DSC_0152_201705281311295ff.jpg

黒のドーナツボタンでフィニッシュ。

衿の縫込みはあえて入れていません。

入れたい方は備考に書いていただければ緑、黒、紺のどれでも対応致します。

写真よりも現物の方がはるかに良いです!

DSC_0179_2017052813272136e.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「1st ユーティリティC-A」

着丈が長めで全体的に細めの民間ベースで、

カバーオールスタイルにカスタムしました。

DSC_0173 (1)

パッチ、ポケットの外した色落ち、パチポケと

全く新しいオリジナルスタイルです。

DSC_0198_20170528132738909.jpg

衿にはパッチ外しの傷があったので縫込み。

緑の縫込みが1周して最近好きです。

写真撮ってませんがカスタムオーダーも多いです。

DSC_0196_2017052813271719b.jpg

緑の縫込みと13スターボタンの組み合わせは抜群。

それと「黒の縫込み」と「黒のドーナツボタン」の組み合わせが2トップです。

DSC_0201_2017052813273720f.jpg

いつもはパッチ外してシンプルにしますが

今作は色落ちとパッチのバランスが良いので残しました。

コットンサテンに青系のパッチはすごく合う。

DSC_0183_20170528132720777.jpg

このようにロールアップして着ると良い感じです。

DSC_0190_201705281327185f3.jpg

民間のさらっとしたコットンサテンに合わせるのは

官給品の1stユーティリティを部品にしたパチポケ。

1枚はベースで1枚は部品なんて贅沢すぎる…

DSC_0185_20170528132719594.jpg

機能美。

このパーツとステッチのようなよく見ないとわからない

こだわりを詰め込んだ2枚です。


お好きな方には響くと思います。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


フルパッチの1stとプレーンの4thも掲載したので

チェックお願いいたします。

2017..28 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「STAND -WL- COLLAR」

ミリタリーマニアだと思われてる時がありますが

60〜80年代の前半までしか基本的には興味がなく、

その中でも好きな分野以外は全く調べてもいないので

一部以外はほとんどミリタリーを知りません。


なので日常着にできない40年代はほぼ何も知りませんし、

近代迷彩も好きな迷彩以外はほとんど知りません。

あくまでも日常着で普通に洗濯機に投げ込めるってのがポイントなんです。


その中でも好きなミリタリーがLCリーフ。

ERDL〜LCリーフ〜ウッドランドと言うアメリカ軍のカモフラージュの歴史。

その中でもLCリーフへのこだわりが強すぎて、

ウッドランドは別にって感じでしたが最近、興味が出てきました。

DSC_0078_2017050814000951c.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「STAND -WL- COLLAR」

ポイントはリップストップである事。

リップストップにウッドランドプリントはLCリーフとかなり近い。

DSC_0082_201705091237032a3.jpg

よくよく考えればLCリーフの進化系がウッドランドですから

そりゃあ良いですよね。

DSC_0098_20170508140008957.jpg

BDUの好きな理由の1つが軽めのM-65にも見えるから。

スタンドカラーにしたらさらにM-65っぽい。

DSC_0095_20170509123621400.jpg

チンストを逆衿に付ければスタンドカラーで、

チンストが邪魔な時は付いてる側のボタンを使えば

隠す事もできる。

DSC_0085_20170509123624d46.jpg

迷彩は直射日光がよく似合う。

リップストップは特によく見える。

DSC_0088_20170509123623cd2.jpg

当時からアメリカで作られていてもおかしくない服。

DSC_0092_201705091236222c6.jpg

気軽に羽織れる良い服ができたと思います。


ショッピングページ


確認お願いいたします。



2017..12 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY「 STAND -6- COLLAR」

昨日、掲載したカスタムのBDUの評判が良いです。

すでに完売も出ておりますがまだまだ選べるかと。

個人的なオススメは昨年、このスタイルを確立したチョコチップ。

DSC_0007_20170508140013c60.jpg

パッと見は普通ですがよく見ると

やり過ぎていないカスタムを入れています。

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「STAND -6- COLLAR」

DSC_0023_20170509114122473.jpg

衿は元が大きすぎるので小さくしてチンスト付きへ。

衿を立てても、シャツカラーにしても良いです。

チンストは衿裏に収納できるようにボタン付けてあります。

DSC_0031_201705081400128fb.jpg

最大のポイントはスタンドカラーのこのバージョン。

3パターンはアレンジできるのでその日の気分で変えてください。

DSC_0026_20170509114121101.jpg

スタンドカラーはバイク乗りにも最低ですが冬のインナーにも使えます。

これは画期的なアイデアかと。

DSC_0013_20170509114124386.jpg

袖先はアジャスターを外してスナップ仕様へ。

この方がロールアップしやすいので春先は特に良い。

DSC_0016_20170509114123814.jpg

そのままでは太いという方にはこのように細くする事も可能です。

少ないパーツ数でシルエットを変えれるのは

70年代のアウトドアから得た手法。

DSC_0020_20170509114123d9c.jpg

このBDUにだけタグを外付け。

うちのタグはミリタリーウエアに良く似合う。

街着に最適ですが4ポケで乾くのも早いので

キャンプ等の屋外着用でも力を発揮してくれる事でしょう。


同仕様の「-3-」は完売。

「-WL-」と「-REBARK-」は衿がこれほど大きくなかったので

少しアレンジは違いますが同じような感じにしてあります。


ショッピングページ

明日は水曜定休日。

「-WL-」と「-REBARK-」は休み明けの木曜日にでも紹介します。

2017..09 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA COSTOM FACTORY 「STAND -○○○- COLLAR」

一般さんは今日から仕事で嫌だと思ってると思いますが

今日で7連勤の6日目で、その前からの8日間がものすごく忙しかった

私としては今日なんかはもはや地獄です。

この連休だけでとてつもない点数の修理、カスタムの依頼がありました。

ありがとうございます。

時間はいただきますが出来る範囲内で着用を一番に考える形にします。


すぐに出せる物とそうで無い物と3ヶ月はお待ちいただく物があり、

溜まってる納期完全オーバーの作業依頼の皆様にはご迷惑おかけしますが

今日あたりから落ち着いてくると思うので気長にお待ち頂ければ幸いです。

まだ、昨年の仕事も数点残ってるので

今年のオーダー依頼の方はせかさないでください…


ちなみにこれから作業に入るジーンズはすでに3日目。

そう言う作業が多いから進まないと愚痴を言ってますが

お客さんに恵まれているので本当に感謝しております。


さて、洗った新作が完成したので店頭と同時に

ショッピングページへ掲載します!

DSC_0007_20170508140013c60.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「STAND -6- COLLAR」

衿を数バリエーションにアレンジ出来るBDU。

昨年、製作して今年も作ろうと思ってGWに店頭投入しましたが完売。

そのタイミングでデットが少し入手できたので製作しました。

DSC_0031_201705081400128fb.jpg

大きすぎる衿を加工してスタンドカラーへ。

チンスト付きで袖先もスナップ仕様とよく見ると明らかに普通のBDUとは違う

直し屋的なライトカスタムBDUでプライスも抑えてあるので

気軽に着れるシャツジャケットです。

DSC_0107_20170508140057387.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「STAND -3- COLLAR」

チョコチップは2年目ですが「3C」はお初。

衿の作りはチョコチップと同じで、袖はスナップではなくそのままのカフス付き。

この作りはロールアップもしやすいのでそのままで価格もさらに控えめに。

DSC_0125_201705081400550eb.jpg

スタンドカラーはバイク乗り、自転車乗りにも良いですね。

そうなると袖丈は長めの方が良い。

リップストップなのも嬉しいですね。

DSC_0078_2017050814000951c.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「STAND -WL- COLLAR」

LCリーフが好きなのでウッドランドはほとんど扱いませんでしたが

リップストップでBDUならば有りですね。

実はリップのウッドランドBDUはアメリカでも価格が高騰中。

DSC_0098_20170508140008957.jpg

このタイプは衿も大きく無いので加工の必要はないんですが

チンスト付けてスタンドカラーに出来るようにしました。

袖もスナップにしてあります。

DSC_0045_20170508140011c34.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「STAND -REBARK- COLLAR」XS-R

先月、入荷早々に完売したツリーカモのBDUも少し入手できたので

スタンドカラー仕様のBDUへ。

DSC_0063_20170508140010cf0.jpg

ノーマルの野暮ったさを最小限に抑えて、シャープな感じになりました。

袖先もスナップでちょうど良い感じです。

DSC_0137_20170508140055e71.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY 「STAND -REBARK- COLLAR」S-R

ツリーカモのS-Rは初入荷。

XS-Rとは違う素材感で肉厚のコットンで

コットンカバーオールみたいな質感。

DSC_0157_20170508140054b4f.jpg

小さいサイズが見つからないミリタリー系の変わり種としては

このサイズ感貴重ですね。

普段Lサイズくらいの方でも着れるサイズ感です。


ショッピングページ


確認お願いいたします。

2017..08 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

「LOW SPEED RACING」 浜ちゃん着ます

東京は初夏みたいな気温で暖かいです。

そんな日はロンTでしょう。

上にシャツ着て、暑ければ脱ぐ。

まだ半袖は早いって今の時期にはちょうど良いです。

DSC_0239_20170404153447c30.jpg

黒がストックほぼ無くなってきました。

黒は色落ちするので物好きにしか勧めていませんが

風合い一番です。

DSC_0234_20170404153448e9a.jpg

手軽に着れて、何も気にしないで着れるのが白。

DSC_0251_2017040415344699f.jpg

暖かくなると白の動きがものすごいので

黒の倍くらい白は作りました。

DSC_0361_201704021420167f3.jpg

上着はウインドブレーカーでしょう。

夜は風も出て寒いのでこう言うのがあると便利です。

DSC_0365_20170402142015f29.jpg

スケート、バイク、ワークと好きな物をイメージして配色を考えました。

発色の良さも暖かくなるとポイントかと。

DSC_0116_201704021419583ae.jpg

ロンT着ない方にはやはりTシャツ。

さすがにTシャツ着ない人はほとんどいないでしょうから

春のインナー、夏は単品、秋は重ね着、冬はインナーと

年間着れます。

DSC_0111_20170402141957925.jpg

当店のTシャツはいわゆるTシャツとは違います。


古き良きアメリカの空気感を出す事を一番に考えて、

アメリカ企画のボディ、その中でも少しザラつく素材感を選びました。


プリント方法は染込みと抜染してから洗いをかけてボディの縮みと

プリントを馴染ませてあるのでもはや新品には感じません。


特に抜染はアメリカでもほとんど使われない特殊技法。

手間と時間とコストをかけて一生懸命作りました。


ショッピングページ


物好きに気に入っていただければ幸いです。

2017..16 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -