naoshiyaのポケT

昨日はスローペースかと思ったら止まることなく、

お客さん達が来てくれたので昼飯は差し入れのケーキのみ。

差し入れに感謝しております。


からのとにかく問い合わせが多い「naoshiya」のポケT

8割くらい巣立ちました!

お買い求めいただいた皆様ありがとうございます。


縮むと記載してるのでその件ががほとんどですが

コットンは基本的に縮みが出ます。

着心地とシルエットにとにかくこだわったので、

洗った時に狙ってるシルエットになるように少し大きめに作り、

そのサイズを未洗いサイズとして記載しております。


と言う事で着て欲しい質感、サイズ感になるように

Mサイズの白を普通に洗ってみました。

DSC_0115_20170722145549882.jpg

Mの未洗い 肩幅49㎝ 身幅54㎝ 着丈69㎝ 袖丈21㎝

Mの1WASH 肩幅48㎝ 身幅52㎝ 着丈66㎝ 袖丈20㎝


だいたい1〜2センチの縮みです。

素材的に黒、紺よりも白は縦に縮みが出ますので着丈は3センチ詰まりました。

黒と紺は2センチくらいです。


昨日のブログで若干の補充分があると書きましたが

全サイズ、カラーがある訳では無いのでサイズのあるタイミングで

ご検討お願いいたします。

現在、分かってる再入荷分は再入荷予定と書いたので

ショッピングページで確認お願いいたします。


DSC_0071_2017072216270978a.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ブラック

洗いのサンプル、すぐ着れるように洗ったのも販売しようかと思っていたら

残りがわずかとなっているので保留中。

DSC_0087_2017072216270767a.jpg

私のサンプルにはMサイズで着丈が1センチ、

身幅が2センチ縮んでいます。

20回は洗濯してるので普通の洗濯条件ではこのくらいの縮みです。

DSC_0158_20170722145850666.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ネイビー

白と黒がツートップだと思っていたら

昨日、ものすごい追い上げでスリートップとなりました。

DSC_0177_20170722145847faf.jpg

洗濯後のサイズになるように少し大きく作りましたので

実寸より少しだけ小さくなるイメージでサイズ選びしてください。

DSC_0182_20170722145847095.jpg

とは書いていますが

基本的にはいつも当店のT-Sを選ぶようなチョイスで

問題ないように調整しています。

DSC_0115_20170722145549882.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ホワイト

Sサイズは再入荷ありますがLサイズはありません。

むしろ欲しいと連絡くれた方にも足りませんでした…

DSC_0138_20170722145544fbd.jpg

最も需要の高いMサイズに生産を集中させたとは言え、

SとLがここまで早く無くなるとは思ってもいませんでした。

DSC_0140_20170722145544d3c.jpg

再生産は?とも聞かれていますが

完全オリジナルなので数枚だけ補充とはいかないので

今のところ考えていません。


 ショッピングページ


確認お願いいたします。


明日は水曜定休日となります。

2017..25 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

新ライン 「naoshiya」 ポケT すでに完売も

初めての完全オリジナル制作で不安がありましたが

とてつもない反響に驚いています!


2日で制作枚数の半分以上が巣立つという嬉しい悲鳴。

店頭でお買い求め頂いた方の反応はかなり良かったのですが

通販で注文いただいた方の反応も楽しみです。


すでに完売サイズも出ており、再入荷の希望連絡もいただいておりますが

若干数の入荷は今週中に判明します。


どういう事かと言いますと当初の制作枚数はすでに全てが納品済み。

B品の可能性、余り生地の調整で当初の予定数よりも

若干ですが多く制作してるのでその枚数を現在、確認中。

連絡いただいてる方から順番に連絡します。


全てのカラー、サイズは補充ありませんので

お悩みの方はお早めに!

DSC_0115_20170722145549882.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ホワイト

Sサイズは少しだけ補充できそうです。

Lサイズは現在、連絡いただいてる方に補充できるか微妙です。

「EAST VILLAGE OTHER」さんに少量ですがあります!

DSC_0124_201707221455471dd.jpg

言われないとわからない首リブの高さ。

着てみないとわからないでしょうね。

DSC_0071_20170722145447ba4.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ブラック

昨年の「BLOCKS」でもそうでしたが黒のポケTは反応が良い。

ヘビーローテが確定した方は2枚目も検討お願いします。

DSC_0087_20170722145444fea.jpg

フラットシーマ縫製。

これは盲点だったと嬉しいお言葉もいただきました。

通好み中の通好みでしょう。

DSC_0158_20170722145850666.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ネイビー

サンプルを着込んでいるから個人的には思い入れも強いのがネイビー。

写真では色味の出ないネイビーですが

90年代のビーフィーをイメージしてください。

DSC_0177_20170722145847faf.jpg

この色味が近いかなあ。

近いけど違うんだよなあ。

DSC_0169_20170722145848cd3.jpg

「オールド アメリカン ワークスタイル」を

直し屋フィルターで表現した魂のポケT。

DSC_0182_20170722145847095.jpg

皆様への感謝の気持ち。

ちょっとでも興味のある方は袖を通してみてください。

好き嫌いはあると思いますが几帳面で細かい私の作った完全オリジナル。


アメリカに青春を感じた世代には絶対に楽しんでいただけると思います。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


2017..24 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

新ライン 「naoshiya」 ポケT

完成系を初公開した新ライン「naoshiya」のポケT。

完全オリジナルは初めてなので不安もありましたが

多くの方から注文いただきありがとうございます!

本日から発送スタートとなりますので到着を楽しみにお待ちください。


サイズ感の問い合わせも多いので簡単に紹介します。

掲載サイズは未洗いのサイズ。

コットン100%なので全体的に1〜2センチ程度の縮みが出ます。

少しサイズ感が大きく感じた方も多いと思いますが

洗うといつもの当店らしいサイズ感となりますので

基本的には同じサイズで選んでください。

それが狙ってるサイズ感となります。

177センチ 64キロの当方がMサイズをゆったり目で着る感じです。


ゆとりのあるシルエットなのでタイト目に着たい方は小さ目を、

なのでSとMで悩む方はSをお勧めします。

真夏は肌と生地の間に空気の抜ける空間を作ると

体感の気温も違うし、質の高いコットン、ストレスの少ない縫製と

とにかくこだわりを感じれるように作っています。


予想よりもSとLに注文が集まったので店頭はSとLは各1だけ残して

ショッピングページへ補充しました。

お越しいただける方は店頭で現物を見て、手に取って見てください。

今まで見てきたポケTとは全く違います!

DSC_0115_20170722145549882.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ホワイト

夏は白って方も多いでしょう。

ヘビーロテ間違いなしです。

DSC_0134_2017072214554546b.jpg

ポケットのサイズをボディサイズで変えていますので

どのサイズも狙ってるバランスになります。

DSC_0071_20170722145447ba4.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ブラック

ホワイトとネイビーは「オールド アメリカン ワーク テイスト」ですが

ブラックだけはタグを変えてシャープな印象に。

DSC_0083_20170722145445f53.jpg

新品時よりも、洗い込んで少しくたびれてきたくらいの方が

良い感じになります。

DSC_0158_20170722145850666.jpg

「naoshiya」 オリジナル ポケT ネイビー

サンプル時からMサイズを着込んでいるのがネイビー。

数ヶ月着てますがヘタるどころか風合い出てかなり良い感じ。

DSC_0169_20170722145848cd3.jpg

普通に着て、洗濯機に投げ込んで、乾かして着る。

最強の日常着です。

DSC_0182_20170722145847095.jpg

ただの内タグではありません。

皆様への感謝の気持ちを刻みました。

DSC_0098_20170722162705fa0.jpg

洗濯表記も付いてるので

今のところ全く予定はありませんが

大手さんにも納品できる仕様です。


一般的なブランドさんで1万円で販売されてるポケTよりも

はるかに手間とコストをかけています。

何より質が良いです。


いつものT-Sより高価ですが価格以上の満足感を味わっていただけると

自信を持ってお勧めいたします!


ショッピングページ


確認お願いいたします。

サイズ感等のご相談はお気軽に電話、メールでください。

2017..23 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

新ライン 「naoshiya」 ポケT 完成!!

動き出して半年。

新ライン「naoshiya」夏のメインアイテム「ポケT」

やっと完成しました!


ちょっと長くなりますが製作への思いを書きます。


若い頃に憧れたアメリカの空気感を大事にしてきた当店の物作り。

良くも悪くもアメリカ物には雑な部分が多く、

味として楽しめる部分とそうでない部分がある。


その悪い部分を改善した本当に自分で着たい、皆様に着てもらいたい、

そんなT-Sが作りたいと数年前から思っておりました。


たくさんの物を見てきた当店でしかできない物作りで

初めてのゼロスタートアイテムとしてポケT製作はスタートしました。


生地選びから悩む。

最近、主流の軟弱な薄い生地なんて論外、

6オンス前後でタフ、洗い込むと風合いが出て、色落ちの心配もない

柔らかすぎなくて、固くなくて、肌触りの良い生地。


当店では抜染と言う特殊技法でボディから色を抜いてデザインを出す

特殊手法でT-Sのプリントをしますがいつも使ってるアメリカ企画のボディだと

ネイビーとブラックが色落ちして洗濯が大変って事でそこを何とかしたくて

この数年、オリジナルボディを作りたかった。


次は首リブ。

広めでゆるめが主流。

昔っぽいバインダーネックと言うリブで生地を挟み込む方法も

最近は見かけますが私は嫌い。

軟弱でタフじゃない。

私が求めてるのは日常生活のギアであり相棒なんです。

そこで今どき誰も作らないような高めの肉厚リブを採用。

ここの数ミリの戦いはとにかく悩まされた。


ポケットは各サイズで大きさを変えて一般的なポケットサイズよりも大きめ。

普通だけど普通じゃない良く見るとクセのある見た目に。


昔から筒胴がアメリカンスタイルですがここを一番に考えると

どうしても好きなシルエットに出来ない。

脇の縫い方は中で縫って縫い目が見えない方法が主流ですが

ここにはフラットシーマ縫製を採用。

触り心地がフラットになるので下着等の縫製に使われる非常に高い技術であり

縫製できる人も少ない高技術な縫製方法。

この縫製にするだけで無地のT-S買えるくらい高コストです。


生地の縮みも洗濯と乾燥、着用を繰り返し、

短めの着丈なのに短すぎない絶妙な長さへ。

身幅もゆとりをもたせて通気性を確保。

少し縮みの出る素材なので洗濯して目詰まりさせてから着ていただくと

最初から気持ち良い質感で着ていただけます。


今、作る事ができる最大を表現した魂のポケTです。


DSC_0115_20170722145549882.jpg

「naoshiya」 オリジナルポケT ホワイト

普通な物ほど個性は出しにくいから余計な味付けはしない

ストレートだと思ってバットを振ったら、

チェンジアップだった感じです。

DSC_0124_201707221455471dd.jpg

高めの首リブ。

ここはお店に来てくれる常連さん達の顔を思い出しながら

首の太さや体型を考えて設定しました。

DSC_0127_20170722145546390.jpg

首タグ付けると夏場は特に異物感を感じるので

1枚1枚当店でサイズ刻印は手打ち。

DSC_0134_2017072214554546b.jpg

着丈と身幅のバランスで各サイズポケットの大きさを変えました。

細かい部分にこだわったら1つのアイテム作るのに数ヶ月かかる。

こう言うところがうちなんです。

DSC_0138_20170722145544fbd.jpg

こだわりの脇縫い。

ヘンリーネックとか下着とかに主に使われる縫製方法。

要するにストレスを感じにくい特殊な縫い方です。

DSC_0140_20170722145544d3c.jpg

隠れちゃう内タグに感謝の気持ち。

DSC_0071_2017072216270978a.jpg

「naoshiya」 オリジナルポケT ブラック

黒には青タグを付けてシャープな印象に。

DSC_0093_20170722145447f9a.jpg

この写真ではわかりませんがリブとボディで少しだけ色味が違うので

数年後に何となくツートンになります。

DSC_0083_2017072216270847a.jpg

かっこいいと可愛らしいのちょうど真ん中。

そこを狙って作っています。

DSC_0087_2017072216270767a.jpg

明らかに違う。

見れば見るほど面白いT-S。

DSC_0098_20170722162705fa0.jpg

店の名前じゃなく、当店の物作りの基本中の基本

「NAOSHIYA CUSTOM FACTORY」を刻む。

DSC_0158_20170722145850666.jpg

「naoshiya」 オリジナルポケT ネイビー

紺色は写真だと色味が出ないのが残念…

90年代のヘインズ ビーフィーの紺色のイメージです。

DSC_0162_20170722145849f6d.jpg

今っぽくなくて、古くさくもない。

DSC_0169_20170722145848cd3.jpg

ネイビーにはこのタグが抜群。

カーハートではありません。

アメリカン ワークスタイルへのオマージュです。

DSC_0177_20170722145847faf.jpg

かなりヘビーローテで着ていますが

この縫製方法は本当に良いです。

DSC_0182_20170722145847095.jpg

どこに出しても恥ずかしくないクオリティだと自負していますが

ここがT-S作りのゴールではありません。


とにかく自分で着て、皆様に着ていただいて

修正点を見つけながら成長させていきたいと思います。

長々となりましたが是非、袖を通してみてください!



ショッピングページ


確認お願いいたします。


2017..22 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

「naoshiya」 カスタムショーツ

昨日からスタートした新ライン「naoshiya」

ポケTの為に作ったと言っても過言ではない新ラインは

ワークテイストの中に当店らしさを落とし込んだスタイルです。


看板商品であるミリタリーのカスタムやスケートスニーカーにも

抜群の相性となるように考えたアイテムです。

DSC_0043_201707101308057bf.jpg

「naoshiya」USA MADE REDKAP カスタムショーツ グレー×ネイビー

80年代ごろのREDKAPワークパンツをベースに

ショーツ化するところから始まります。

DSC_0046_20170710130804f45.jpg

ツートンって間違えると強烈にダサくなる。

あくまでも大人の日常着ですからバランスを重視する。

DSC_0074_2017071013080537c.jpg

サイドポケットは大型のスマホが入るサイズ。

右利きでも、左利きでも使いやすいように考えています。

DSC_0055_201707101308029c2.jpg

バックポケットが見た目で言えば最大のポイントです。

長財布を入れてもちょうど良い感じ。

バランスの妙です。

DSC_0061_20170710130802424.jpg

実はベースがグレー×グレーと違います。

何が違うかはまた今度。

DSC_0069_2017071020002638f.jpg

足のある金属ボタンの使いやすさは

プラのボタンと比べ物にならない。

ボディによっては裏に補強も入れています。

こう言う細かい部分がファクトリーブランドのこだわりなのです。

DSC_0066_20170710130801c7b.jpg

アメリカ製のREDKAP。

今となっては探しても見つかりにくいです。

ロングのパンツにしても良かったんですが

ここまで熱くなっちゃうと短パンですね。

DSC_0067_20170710124900447.jpg

「naoshiya」USA MADE リップストップ タイガーカモ キャップ DS

これ、かなりオススメです。

リップでタイガーカモのアメリカ製。

タグが欲しい方もいると思って未洗いで販売開始しましたが

すぐに被りたい方もいると思うので今、洗っています。

DSC_0071_201707101248597f2.jpg

店にしかいないので私は被り物を使いませんが

今年はこれを被ろうと思います!

フェス、キャンプ、バーベキューのお供にもオススメです。

DSC_0007_201706121232283c0.jpg

アディダス スケートボーディング「キャンパス」バーガンディ×ガムソール

足元はこれでしょう。

DSC_0043_201706121232273fe.jpg

アディダス スケートボーディング 「キャンパス」ネイビー×ガムソール

単品としてこのアイテムを見ると少しわんぱくに感じますが

トータルバランスはかなり良いです。


ショッピングページ


クソ暑い夏なんだからいつもより少しだけ色を増やして楽しみましょう!

2017..11 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -