週末の店頭

今週も打ち合わせ地獄でした。


最近は毎週、必ず打ち合わせが入っていますが

それが形になるのは数ヶ月後の事です。

何なら来年のプロジェクトまであるくらいです。


新作カットソー、ショーツ、プリントTシャツ、ポケTと夏までは

昨年末から動いてきた完全オリジナルの新作シリーズが続きます。

自分で着たい物しか作っていませんので価値観の近い方には

かなり喜んでもらえると思います。


皆様の購買意欲に火をつけれるアイテムしかありませんので

楽しみにしてて下さい。


これだけ打ち合わせが続くとジーンズ修理はほとんど進んでいません。

新作のカットソーが今月末か来月頭には販売できそうなので

それまではどれだけ修理ができるかの戦いと、

9周年記念のHBTカバーオールが間に合うか…

厳しい戦いは続きます。


新作のカットソーは運が良ければサンプルを私が着てるので

ご来店いただければ見れるかもしれません。


木曜日に入荷した「スタンス」がものすごいスピードで巣立ち

ほぼ在庫が無くなってしまいました。

DSC_0199_20180215214057eae.jpg

こんな感じで鮮やかだったのにもういつもの暗い店に戻りました…

DSC_0197_20180215214058c78.jpg

こうやってみるとお店が明るくて良かったなあ。

春の新作が補充できるかまだ不明ですが、

当店はこれでも正規代理店なので取れたら確保します。

ちなみに夏物の新作は4月の予定です。

DSC_0202_20180215214056055.jpg

からの今年は春物を2月から投入したせいか

ユーティリティシャツの巣立ちがかなり早い。


掲載品以外にもストックがあるのでお探しのサイズがあれば聞いてください。

大きめサイズは全部出ちゃいましたが14ハーフはUSEDもあります。


カスタムの依頼も多く、冬に確保しといたコンディションの良い物から

巣立ていますので気になる方はお早めに。


ショッピングページ

2018..17 SALE comment0 trackback0

STANCEの新作入荷

昨日の休みは一日中バイク屋さん。

いい感じに進んできました。

スタイルがガラリと変わるので難しいけど楽しい。

1つ1つのパーツをイメージしながらバランスを考える楽しさがカスタムの魅力。

お金をいただいて作業する加工側よりも、

お金を支払う側の方が楽しいと思ってはいますが

共同作業で1つの形を作ってくってどちらも楽しい。

作る側は神経の消耗半端ないんですけどね…


DSC_0123_20180215144359a99.jpg

9周年記念HBTカバーオールは全く進んでいません。

とは言っても骨格はかなり形になってるので

ポケットや細かい部分の仕様を悩みに悩み中。


まだまだイメージが完全に決まっていませんが

ネクストアドベンチャーのフルカスタム予定なので

こんな感じでポケットがたくさんつく予定です。


毎日のように新作の打ち合わせがあって、修理の依頼も多いのに、

作業はそれほど進んでいませんから3/1には間に合わない可能性が高いです。


無理しても意味ないので決まったアイテムから

ちゃんと仕上げていきたいと思います。


からのスタンス入荷です。

DSC_0127_20180215144359b3c.jpg

STANCE SOCKS 「I CON」ブラック

当店では一番売れてるのが「ICON」

セレクトアイテムとしては唯一の定番品として展開していますが

最初は2,000円以上だったのに価格の見直しで540円も安くなりました!

DSC_0137 (1)

質が落ちた訳ではないので企業努力ですね。

こういう定番品の価格がここまで落ち着いてくれると

消費者としては本当に嬉しい。

私もずっと愛用してますがかなりオススメです。

DSC_0138_20180215144357720.jpg

STANCE SOCKS 「BOYD4 ホワイト」「JOVEN グレー」

今期はラインソックスだけをチョイスしました。

春に人気だったボイドと秋に即完だったジョベン。

DSC_0151_2018021514435735a.jpg

ボイドは定番のラインソックスでスニーカーに合わない要素が無い。

ジョベンは後染めで出したグレーの風合いが良い。

秋よりもボディが肉厚になったように感じます。

DSC_0145 (1)

私のようにスーツで仕事しない方は毎日履けますから

履き潰すくらいの気持ちでローテーションに入れてください。

DSC_0169 (1)

STANCE SOCKS 「HONEY ボーダー」「JV レッドライン」「TRY OUT ブルー」

春だから鮮やかな靴下も良いですね。

そんな気持ちで選んだ3色は派手すぎないうちらしいチョイスになったかと。

DSC_0179 (1)

ブーツというよりもサンダルやスニーカーで合わせてもらいたい。

DSC_0173_2018021515020249f.jpg

ショーツにも良さそうだなあ。

まだ寒いですが春以降のスタイルを想像しながら

何に合わせるか決めていただきたい。

DSC_0188_201802151501598ce.jpg

何でもうショーツって言うのか?

それは完全オリジナルでショーツも作ってるからです。

それにこの刺繍とか見たらイメージがハマっちゃったから。

DSC_0192 (1)

片方だけピンクのライン。

これは黒ショーツに合うなあ。

DSC_0195_201802151502226fc.jpg

赤ラインの中に赤の「S」ワッペン。

これも黒ショーツだなあ。

DSC_0190_2018021515022372d.jpg

ボーダー以外の2つにはつま先裏にプリントも入ります。

ボーダーはソフト系素材でゴワゴワ感のない優しい履き心地。


ブラックのアイコン以外はスニーカーとの相性を考えてチョイスしました。

個人的にはスタンスの差し色とミリタリー系のアイテム、

スニーカーは相性が良いので大人の休日スタイルとしても非常に良いと思っています。


ショッピングページ


確認お願いいたします。


2018..15 SALE comment0 trackback0

バイク修理のはずが…

昨年の11月末の話になりますが

バイクで帰宅中、ラフォーレの前でスロットルが効かなくなり、

フルスロットルで固着し、ジェット機のエンジンみたいな轟音。


エンジン切って、掛け直したらなんか怪しいけど走れそうだったので

再び走り出し帰路へ。


弱めのスロットル操作で帰れば何とかなると思っていましたが

上り坂で再び轟音。

これ以上は危険と判断してレッカーのお世話になりました。


もうちょっとでバイク屋に入庫し、

前々から気になってる怪しい部分を修理する予定だったのに…

image1 4

轟音はキャブで間違えなさそうなのでそこは後にして

秋頃に修理、改造を打ち合わせしてた部分を潰していきます。


まずはサイドスタンド。

とてつもない車高の低さと、スタンドを目立たせたくなかったので

アイアン用のノンロックを加工して付けてましたが

セルなし、キックオンリー車両には危険だったので

ちょっと古めかしいタイプのスタンドへ。


ステップがオープンプライマリーのベルトと干渉しちゃうので

そこも修正が必要だから色々と外していきます。

プライマリー付いて無いとエンジンむき出しかっこいいなあ。

image1 3

今回のメインはここ。

1次ドライブがプライマリーで2次ドライブがミッション。

ここから後輪に力を伝えるチェーンがオイルタンクに干渉。

これだとヤバいのでオイルタンクを削るか、作り直すか。


ここで考えてもいなかったアイデアがバイク屋さんから出て、

根本から今回の修理が変わっていく事に。

オイルタンクを加工してオイル容量が減るのはまずいので

有り物を付けてみる提案。

有り物と言っても古いハーレーに使われてたタイプのレプリカや

カスタムメーカーが販売してる物とたくさんの種類があります。


フレームが細すぎてワンオフしないと綺麗に収まらないのが難点でしたが

逆に古っぽいオイルタンクを付けてそれに合わせてシートを作っちゃう。


右が付いてた23丁。 左が新たに入れた26丁。

オイルタンクへの干渉が原因で小さなスプロケット入れてたので

1200ccもあるのに激遅だった私のバイクは3丁の変更でそうなるのか?

リアタイヤのスプロケはスプロケットブレーキだから変えれないので

フロントだけでどれだけ変わるかが楽しみです。

image1 2

プライマリー〜オイルタンクがメインだったのに

リアフェンダーはほぼセットだし、シートも作るならリアフェンダーも。

と言う事で外装をフルカスタムする流れに。

ジーンズの修理もそうですがここを直すならここもセットってなるんです。


オイルタンクを削って修理の予定は大きく変わり、

購入から12年目の愛車は新たなスタイルに生まれ変わります。


70年代のネス製ディガーフレームに、

70年代のキャストホイールにハイテクタイヤを履かせて、

フロントフォークは90年代のダイナ用付けて街中を走れる

ドラッグスタイルとディガーの中間を狙ったスタイルを目指していましたが

今まで全く興味の無かったチョッパーを作ります。


ちなみに私のバイクを製作したバイク屋さんではなく、

今回から先輩が長年お世話になってるバイク屋さんにお願いしました。


アメリカ人の作り出すチョッパーにはアメリカ人が乗るからかっこいい。

数年前のチョッパーブームはガラクタの寄せ集め感があって、

好きじゃ無かったんですが「走るチョッパー」を愛するバイク屋さんと

作り上げる事になりました。


人に何かを頼んで修理、カスタムしてもらう事はバイクと車しかないので

うちにカスタムしてもらう側の気持ちはこうしないと味わえない。


ワンオフやカスタムって本当に楽しいですね〜


次はシート〜リアフェンダー〜オイルタンク〜プライマー関係の煮詰めかな。
2018..13 バイク comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 02
2018
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -