LANGLITZ LEATHERS CASCADE ダークブラウン

ちゃんと書くと長くなるので今日は軽く。

と言っても長いです。


ラングリッツの新旧問わず良いモデルだけを厳選しておりますが

カラーモデルは圧倒的に少ない。

良い物しか選ばないので50枚に1枚レベルな気がします。


年間で数枚しか店頭にはないのでカラーモデルの割合はほぼ無い。

ゴートのようにレザー違いもほとんど無いですがレザーと言えば

ほとんどの方がブラックをイメージしますから

そりゃあオーダー時もブラックが多いのは納得です。

DSC_0004_201902161301474b3.jpg

衿つきキャスケードのダークブラウン。

写真だけで説明不要かもしれませんがコンディション、雰囲気は抜群です。

60〜70年代のモデルは雰囲気すごい。

80年代のモデルはその空気感が残ってるけど

物のレベルが高いので古いライダースを日常着にするなら

80〜90年代の製造モデルがオススメですがとにかく綺麗なのが無い。

DSC_0009_20190216130146b9f.jpg

最初はライトウエイトかと思いましたが、

過去に1枚だけ販売したダークブラウンがライトウエイトでしたので

それに比べれは肉厚。

自分でオーダーしたダークネイビーに近いので

これはカラーレザーのミディアムウエイトですね。

DSC_0012_20190216130146ece.jpg

と間違うくらいカラーレザーはギシギシも無いし、ガシガシも無いし、

柔らかいので着やすいし、軽く感じます。


実は昨年くらいから大きめサイズでざっくり羽織れる、

衿つきのキャスケードでダークブラウンが欲しいと思っていたので

どんズバですが私には大きい…

肩幅53センチ 身幅59センチ 着丈70センチ 袖丈63センチ

ジャストサイズも良いんですが最近は1〜2サイズ大きめにし、

ざっくり羽織れば革ジャンの堅苦しさがなくさらっと着れるのでオススメです。

DSC_0040_201902161301450c4.jpg

84SまでのUSA表記の入らないタグ。

と言ってもタグは混雑するのであくまでも参考です。

これは本当に84Sのオーダー品でジッパーのチョイスも

同年代に見られるIDEALと無刻印のミックス。

DSC_0029_20190216130145e55.jpg

綺麗なのでクリーニング出さずに販売します。

と言っても水拭き、乾拭き、ブラッシング、スナップボタン掃除、ジッパー注油。

風通し〜秘密のオイル塗り〜拭き取り、乾燥までさせています。

すごい良い匂いがするオイルで先日、販売した60Sキャスケードとこれに使いました。


クリーニングの納期が2ヶ月なので今シーズンは着て、

気になる方はオフシーズンに出すのが良いと思います。

image1_201902161302141ef.jpg

綺麗な理由は…

オーダー時のレシートが残ってる1オーナー物だから!!

今の時代、なんでも調べれちゃうのでここでは全貌を出しませんが

もちろんこちらも付けます。


こう言う出物は私も初めてです。

綺麗な個体はワンオーナーだと思っていましたが

このように確実なワンオーナー物は貴重ですね〜


とりあえず週末は店頭販売のみ。

できれば試着して購入した方が悩まないので良いと思いますが

通販で欲しい方もいると思うので週明けにショッピングページに掲載予定です。

お時間ある方は見に来てください!!


2019..16 SALE comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY M-65 ミリ感抜き

3部作はここからテイストが変わります。

1枚目はミリタリー感ゴリゴリのフルパッチを

直し屋フルカスタムに施した代表作的な感じでしたが

次からは「抜き」を入れていきます。

DSC_0008_20190215125347f98.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY M-65 CUTOM  「US GARAGE COLLECTOR」 おまけつき

最近の感覚としてはミリタリー感を弱めると言うか、

どこかに抜きを入れたり、勝手な背景をつけてそれを作るのが面白い。

DSC_0027_20190215125346632.jpg

ユーティリティシャツにミリタリーじゃないパッチ付けたり、

ワークシャツのフルパッチ作った感じに近いです。

DSC_0010_20190215125346d87.jpg

まず、普通に良い感じのミドルパッチを作る。

ポイントはあくまでも変なのじゃなくて普通に良いのを作るところにあります。

DSC_0014_20190215125345a0d.jpg

それをどうやって「抜く」かです。

今回は好きな部分と嫌いな部分があるビンテージへの

愛情と皮肉を込めた素晴らしいパッチがあったので

それをチョイスしました。

DSC_0016_20190215125344739.jpg

「アメリカのゴミ収集家」

名誉であり、皮肉もある。

素晴らしいパッチをミリタリーウエアのオリジナルではなく、

フルカスタムに付けるのがうちらしい表現。

DSC_0022_20190215125412e74.jpg

「抜き」のパッチだけなければなかなかの良いパッチ構成。

ここに手抜きしないのがポイントです。

DSC_0019_20190215125344260.jpg

見た目だけの説明ですが着用感の良さは何よりです。

この気安さはノーマルを全部加工した方もいるので

説得力あると思います。

DSC_0026_2019021512541252d.jpg

今回もタグは裏地の首下。

ジッパープルも新品に交換してます。

DSC_0031_20190215125411197.jpg

これの面白さは首下のステンシル。

サイズをステンシルしちゃうアメリカ人には脱帽です。

DSC_0079_20190215132449d39.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY M-65 CUTOM 「WILLIAMS」 おまけつき

これもストーリー性のある入り口から製作した1枚。

DSC_0080_20190215132449996.jpg

ボルチモア水族館で働くウイリアムスさんの作業着。

ウイリアムスさんはブルーネームだから空軍所属だった人。

主観ですが陸軍よりも優秀な人がいそうなので再就職先も良い職場。

DSC_0085_20190215132448428.jpg

この大きめのパッチはユーティリティシャツにはデカすぎる。

なのでM-65に使いたいと思っていましたが適したボディが無かった。

DSC_0088_20190215132447f5e.jpg

刺繍の位置もズレてるし、

サイドも折られてなかった雑なパッチの雰囲気は残したまま移植。

DSC_0090_201902151324476e7.jpg

意味は別として配色合わせで袖にもパッチ。

あくまでも意味ではなく、全体のバランス。

DSC_0091_20190215132446f05.jpg

それを極上コンディションのアルミジップM-65に施す。

オリジナルで欲しい人がいるボディをあえてチョイスし、

うちでしか表現できないファニーな感じを出す。

DSC_0094_201902151325341fb.jpg

もちろんベースは直し屋フルカスタム。

DSC_0095_20190215132534220.jpg

ジッパープルは消耗品です。

古いの捨てて、新品入れました。

バイクもオリジナルにこだわる部分とそうでない部分は

きちんと線引きしてますから。

DSC_0099_20190215132533fcd.jpg

古い年代はここにもタグが付く。

だからそっちにタグ付けました。

DSC_0101_201902151325321ea.jpg

ウイリアムスさんが夜勤の警備だった場合、

同僚が不審者、侵入者と見間違わないようにリフレクター付けました。

DSC_0104_20190215132532246.jpg

これはミリ屋さんから入れてるアメリカ3M社のリフレクター。

ミリタリー批判ではなく、あくまでもこだわりと抜きのバランスがうちらしさです。


自転車で通勤してる可能性もあるのでリュック背負っても夜勤の通勤にも安心。

東海岸のワシントンから上に行った辺でニューヨークよりも下だから

アメリカのドラマなんかで見る川沿いを自転車通勤するイメージ。

アメリカ人はショート丈じゃなくてレギュラー丈着てる事が多いですね。

DSC_0109_20190215132531a4b.jpg

グーグルマップで見て、HP見て思います。

マジでここ行きたい…

最近、また海外へ行きたい願望が強まってるので

調べなければ良かった…

DSC_0117_2019021512173748b.jpg

こんな感じでうちらしさの直球と変化球を作りました。

おかけでスタンスの「ICON」付けますので楽しんでください!


ショッピングページ


よろしくお願いいたします。


明日、ラングリッツ出します!

衿付きのキャスケードのダークブラウンでLサイズくらいの着丈長め。

コンディション良好の80Sって完璧すぎるでしょう。

クリーニングは現在2ヶ月納期ですが

綺麗なのでそのまま販売します。


2019..15 NAOSHIYA CUSTOM FACTORY comment0 trackback0

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY M-65カスタム

昨日、放送のダウンタウンDX見ましたか?

無事、完売となりました。

明日には最後の補充分としてグレーのMサイズが少しだけ

EAST VILLAGE OTHERさんに入荷しますので

買い逃した方はチェックお願いいたします。


昨日は届いたラングリッツのコンディションチェックして、

今日出しの新作を撮影して、

シャツと新作の打ち合わせが6時間、

それからショッピングページの注文を梱包して、送り状出して…

鬼残業で久々にてっぺん超えました。

なので録画はしましたが私は見てません。


からの新作です。

昨日、写真撮っといて良かったあ。

まさかすごい曇りだし、雪がチラつくとは思っていませんでした

DSC_0117_2019021512173748b.jpg

数日の夜なべで4枚作りました。

1枚はEAST VILLAGE OTHERさんへ納品したので販売は3枚。

どれもストーリーをイメージして作った完全なるワンオフです。

DSC_0034_20190215121736cb0.jpg

NAOSHIYA CUSTOM FACTORY M-65 CUTOM  激レアフルパッチ おまけつき

10周年記念ではありませんがこの5年くらいを考えれば

ミリタリーカスタムが定着し、その代表作といっても良いのがM-65。

そこにゴリゴリのフルパッチを出し惜しみなく付けた渾身の1枚。

DSC_0067_20190215121816985.jpg

このレベルのM-65は存在しません。

50〜70年代のパッチで構成したブラスジッパーなので

年代統一ではなく、雰囲気とシルエット、着用感のバランス重視です。

DSC_0042_20190215121736e2c.jpg

すげーなあ。

こんなパッチはもう集めれない。

こうするから手持ちの秘蔵がもはや底を突く…

DSC_0045_20190215121735413.jpg

これですね。

1stユーティリティのフルパッチを落とし込むイメージ。

DSC_0048_201902151217344f1.jpg

これですね。

昔、古い1stユーティリティから外してベースは捨てました。

DSC_0050_20190215121733e69.jpg

これ、意外と無いんです。

味あり系を作る時にはデットは使わずにUSEDで馴染ませます。

DSC_0052_2019021512182039c.jpg

富士山。

オールドアメリカンで構成したフルパッチに

どこか抜きを入れたかった。

DSC_0059_20190215121819cfa.jpg

袖先はもちろんの直し屋仕様。

DSC_0062_201902151218180f9.jpg

いつもは前立てにタグ付けますが

今回は裏地に付けました。

DSC_0065_20190215121817d70.jpg

エポレット外し、フードカット、袖先スナップ、フロントフルスナップの直し屋フルカスタム。

最後にジッパープルもオリジナルの新品入れて完成。

コンディションも良いし、S-Sと需要の高いサイズだし、

このレベルはほぼ作れないのでお好きな方、よろしくお願いいたします。


ショッピングページ


今回の3枚にはおまけとしてスタンスの「ICON」を差し上げます。

履いたことない方はお試しあれ!

2019..15 SALE comment0 trackback0
 HOME 

検索フォーム

プロフィール

直し屋 BERBERJIN

Author:直し屋 BERBERJIN

  

原宿にあるDENIM CUSTOM SHOP


『直し屋 BERBERJIN』


〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-30-18
エルコート神宮前101

03-6804-1056



お直ししたい洋服の画像はこちらに
送って下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

date

<< 02
2019
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -